夜の帰宅にくちなしが香る  甘い季節

夜の帰宅にくちなしが香る

辺りが闇に沈むぶんだけ、香りが際立つ。
遠くからも香る、山梔子。
路地を曲がれば、緑濃い闇に、ほの白く浮き上がる、造花と紛う山梔子の花。遠くと近くでは香りの気配も異なって面白い。

この季節は甘い。百合の香、薔薇の香。雨の香、土の香。
[PR]
by leea_blog | 2009-06-23 21:59 | Comments(0)
<< 贅沢貧乏のマリア/夢の領域と夢... 森茉莉という快楽 /贅沢貧乏の美意識 >>