疾病保険や人間ドッグ/保険のセールスレディーなど

【揺蘭】締め切りが迫っているのに、世俗の暗い話ばかりで、
申し訳無い。

疾病保険に諸氏は入っておられるだろうか。
高確率で入っていますよね?

ワタクシも友人から
「疾病保険に入っていないなんて!
人間なんか必ず病気になるんだから」
と、もっともな助言を受けて、掛け捨ての安目のヤツに入ったのさ。

給料から天引きされると給料が減った気がして腹が立つから、
年に一度、一括払いにしてましたのさ。
私の業界は、年収が決まっているから、
分割で払おうと一括で払おうと、年内に別の出費を抑えなくちゃならないのは同じ。

既往症には保険は勿論出ませんのさ。

で、先日保険のセールスレディが、
もっと有利な保険への掛け替えを奨めに、
職場に来ました。
良い話だったので、その場で契約、と思ったら。
彼女が持参した契約書は、給与天引き用の用紙で、
一括払い用の用紙を自宅に郵送してもらうことになりました。

セールスレディ様。
詰めが甘いよ。
私は「万一のことなんか考えてられないよ」という家庭で育っている。
元々将来への不安に対して金を出すタイプでは無い。
ノッた時に即座に契約取らないと。

案の定、次の日になるとワタクシは年七万程の保険料が、
馬鹿げた出費に思えてしまい、セールスレディからの督促の電話も無視状態である。

人間ドッグへの出費も同様。
補助が出たところで、自己負担額が馬鹿高い。
一度も受けたことが無い。

ウチの父は、毎年人間ドックを受けていたが、肺癌で逝った。
重要さは理解しているが、あまり信用していない。

癌が見つかったら、たとえ初期でも、仕事を辞めて旅に出るだろう。
近い内に必ず死ぬ病気なら、生活の心配から解放される。
放浪しながら思いきり書きまくるぞ〜、という感じ。

疾病保険だが。
死なない程度の病気になった時が一番困るので、
入っておくと安心ではある。

でもさ。
安心料に年間七万。
高いと感じるか安いと感じるかは、その人の価値観で違ってくる。

「パワハラ上司に当たった時用・ストレス保険」になら、
月額一万円でも入ると思う。
人生がどれだけ悲惨になるかは、「疾病」の比ではない。

ワタクシは金が無くて保険に入るのを渋っているのではない。
傍から見れば無意味なものに、かなりの金額をつぎ込んでいる。

傍から見て無意味でも、ワタクシには保険や人間ドックより重要なのだ。
メシを抜いても、書物と画材は買う。

年収が決まっている為、出費には優先順位を付ける必要がある。
疾病保険に払うより、壊れかけたプリンタをどうにかしないと。
そっちの方が先。
揺蘭締め切りが迫っているのに、このプリンタ、今にも逝去しそうなのだ。

収入や時間には限りがある。
有益に使いたい。

他人には、人間ドックや疾病保険を、
「安心料だと思えば?」と推奨しているけれどね。
[PR]
by leea_blog | 2010-04-23 00:41 | Comments(0)
<< 【呪術としての日常】—針と糸—... プロレタリアと娼婦と信仰と武士道 >>