【呪術としての日常】—針と糸—鉄器として、武具としての針。

森茉莉ではないが。
繕い物が苦手だ。

ボタンが取れても、スカートの裾がほつれても、基本は「放置」である。
スカートのほつれは意外と目だつらしく、
「裾がほつれていますよ」と他人に指摘される為、
しかたなく、東急ハンズで「衣類用接着剤」を買ってきた。

生活習慣の中に「縫い物」という発想が極度に少ない。

これは、繕い物をするより買った方が安い、使い捨て時代のせいもある。
が、昨今は「エコ」の思想が広まってきた。
使い捨ては、地球に優しくない、というのだ。

使い捨ては「もったいない」と考えられた時代の森茉莉だって、
衣類の繕い物をするのが苦手で、夜間、河に沈めに行ったというではないか。
これは、時代の考え方以前に、「その人のライフスタイル・生活思想」がある。

時代といえば。
昔は、ボタンがかんたんに取れたり、裾がかんたんにほつれたりしなかった!
今では、デザイナーズブランドの衣類でさえ、
「縫製」が緩すぎる!
「あのなぁ。これだけの金取って、なに、このいい加減な縫製!
糸は終わりの部分は抜けないように処理しておいてよ!」と叫びたくなる。
デザイナーズブランドだって、縫製は国内じゃないもんなぁ。

そんなこんなで、針や糸とは縁が薄かったが、そうも言っていられなくなった。
着る物が無くなってくるのだ。
いちいちリフォームに出す暇も、無い。

それに加えて。
和服生活を始めた訳だが。

これが衝撃的なのだ。
まず、半襟。
長襦袢の襟など、そのままの地色だとバリエーションに限界があるため、
襟だけ布地を変えて楽しむものだ。
長襦袢なんて外からは襟しか見えない訳だし、襟だけ取り換えて、色彩の妙を楽しもう、というのだ。

合理的で、なおかつ些細な色彩の違い、布目の違いを重要視する、生活の美学である。

それはいいとして。
半襟は。
いちいち「自分で縫い付けなくてはならない」代物なのだった!!!!!!!!

それを知って、私の頭は一瞬、空白になった。
ネットで「半襟」で検索すると、
つまりは「ただの端切れ」だったりもするのだ。
端の処理もせず、単に切れ端〜。半襟と言うより「布の切れ端」。

針や糸を家庭科の時間限定の物と思っている現代人向けに、
ワンタッチ半襟も、存在する。

だが、基本、ディープに日常を楽しむ人は、自分で縫い付けるのが当たり前なのだった!!!!!

一瞬真っ白になった頭に、古代人の姿が浮かんだ。

「良いかい、聞きなせぃ。
針は、基本、日本刀と同じだ。
熟練の職人が、いちいちしっかり焼きを入れ、鍛え上げた道具だ。
石器から青銅器、そして、鉄の発見。
それは、一民族の存亡に関わる重大事だったんだ。
鉄器が行き渡ると、今度は鉄の強度と柔軟性、精度が戦を決める。
日本刀に活かされた技術が、日本の針にはあったんだ。
そうした呪物を、姐さん、おろそかにしていいのかぃ?」

うわっ。
オーダーメイドのナイフにはこだわる私が、うかつであった。

今の針は、百円ショップで買うような、安物の使い捨て、量産品が主流である。
熟練の職人が鍛えた針など、和裁職人しか使って居るまい。

が、「鉄器かぁ」と思うと、確かにおろそかにしがたい。

昔は、針山の中には、人毛が詰まっていた。
針のサビを防ぐ為である。
小学生のころ、それが本当か、家庭科の授業の為に買わされた裁縫セットの針山を破って見た。
当時は、本当に人毛が詰まっていた!!!!

今の時代、人毛は無意味だ。
カラーリング、毎日のシャンプーで、人毛は化繊以下と化している。

人毛の針山に、職人が鍛えた鉄器としての針。
失われ掛けたこみちを整備する気分で、半襟を縫い付けるとしようか。
[PR]
by leea_blog | 2010-04-28 20:18 | Comments(0)
<< 黄金週間突入/思い出の美化と幻滅 疾病保険や人間ドッグ/保険のセ... >>