よそとは違う、台北マッサージ事情



九月の夏休みは、台北に滞在した。

今回は、日本語が通じる同じマッサージ屋に三回出かけた。

一回目は、リンパマッサージ。
痛かった。


二回目は、足の角質取り。
角質取りに行ったら、「足マッサージもセットですれば安くするから」、と言われ、
足マッサージもやってもらった。

足の角質取りだが。
バンコクでやってもらった時は、時間が決まっていた。
が、台北の角質取りは、「一回いくら」の料金設定。
え? 「で、何分やってくれるの????」といった疑問符で臨んだのだが。


わかった。
バンコクでは、足湯して、日本でも売っている、やすりのようなものでこすって落とす。
時間が掛かるから、何分いくらになる。


台北のは違った。
足湯して、金属の刃物のようなもので、「剥く」感じだ。
時間が掛からない。だから「何分いくら」ではなく、「一回いくら」の料金設定なのだった。

ちなみに、取り残しも無く、つるつるになった!
オススメである。



足湯している間に、サービスで肩と首をマッサージしてくれた。
施術師さんが「固い!」と驚いていた。


足マッサージしている間に、別の施術師さんが、
マッサージしていない方の足の角質を取ってくれる。


「肩が凄く固い。健康の為に、時間があるならマッサージをした方が良い」と強く薦められた。
時間はあるけどお金が無いよ、と言いかけた。

表情に出たのだろうか、
「日本でマッサージすると、30分3000円でしょう? 台北は安いでしょう?」と言われた。
ううむ、さすが日本語出来るだけあって、日本の事情もご存知だ。


「マッサージなら、昨日ここでリンパマッサージしたよ」というと、
「リンパマッサージは気分だけでしょう(リラックス目的と言いたいらしい)。
マッサージは、健康の為ですよ。」


そうなのか。健康の為か。
自分で肩や首を触っても、「鉄板入り」にしか思えないほど固い。
これじゃ、どんな高価な化粧水使っても駄目だろう。



三度目。
翌日、マッサージを頼みに行った。

昼間はガラ空きだが、夜は混んでいた。

ツボを心得た、上手な施術師に当たった!



しかし、施術はたいそう痛かった。
「痛気持ちいい」ではない。
「痛いだけ」なのだった!


人生の中で、国の内外を問わず、マッサージでは、
「痛ければ言って下さいね」と言われてきた。


今回は大きく違った!!!!!


私が思わず「痛い」を連発すると、
日本語が上手な人を呼んできて、
「痛いマッサージは効きます。痛くないマッサージはあまり効果がありません。
どちらがいいですか?」ときくのだった。


えっ、そういうものなのか。
「痛い方でお願いします」と答えた。


それでも「痛い」と言ってしまうと、
施術師さんは「頑張って、頑張って」と励ます。
(「頑張って我慢して」という意味だろう)


90分の最後の方は、心の中で「早く終わって」と念じた。
大抵のマッサージは、気持ち良くて
「終わらないで」と思うものだが、
今回は人生史上初の、「早く終わって」だった。


「そんなマッサージ受けたく無いよ」って?????


これがね!


店を出て帰り道、足取りが全然違うんです。


仕事がデスクワークなので、前屈みのまま腰回りが固定されてしまった、
不健康な姿勢だったのが、それが治っているではないか!!!


しかも、姿勢が治ったので、ウエストのくびれが出来た。
同じく姿勢の歪みから来ていた、フェイスラインのたるみも大幅改善!


こんなに即効性があるなんて。


皆様、美顔エステやっている場合じゃないですよ。
まずは姿勢を正しくしましょう。
姿勢の歪みは万病の元です。

施術師さんによって技術は全然違うが、
次回は指名して入り浸ろう。

ああ、名前を聞いておくのだった。
でもお顔おぼえてます、次回もどうぞよろしく。
[PR]
by leea_blog | 2012-10-24 22:27 | Comments(0)
<< ネットに依存する? 独演!俳句ライブ19 その四 ... >>