横浜踏切事故/自殺救助か?

痛ましい事件が発生した。

昼休みはドトールコーヒーで煙草の吸い溜めをしつつ、携帯でその日のニュースなどをチェックしている。

今日の昼休みの記事。
以下にコピペします。

------------------------------------------------------------------

制止した父親の目の前で…踏切で男性救助の女性 電車にはねられ死亡

気丈に取材に応じ父・村田惠弘さん                           
 横浜市緑区のJR横浜線鴨居―中山間の川和踏切で、近所に住む会社員村田奈津恵さん(40)が、取り残された同区の無職男性(74)を助けようと踏切内に進入。電車にはねられて死亡した。男性の命に別条はない。奈津恵さんは父親の運転する乗用車の助手席に乗って踏切が開くのを待っていたが、父親の制止を振り切り救助に向かったという。

 父親の村田惠弘(しげひろ)さん(67)=同区台村町=によると、2人の乗った乗用車が踏切北側で停車していたところ、逆側の遮断機が閉まる寸前に男性が踏切に進入。線路上に首を置くように、うつぶせに横たわった。

 奈津恵さんは「助けなきゃ」と車を降りようとした。「やめろ。もう間に合わない」と制止する惠弘さんを振り切って踏切内へ。中腰になり男性を線路脇に引きずり出したが自身は退避できず、東神奈川発橋本行きの下り普通電車(8両編成)にはね飛ばされた。男性は鎖骨を折るなどの重傷を負い、病院で治療を受けている。

 目撃者は何度も非常ボタンを押し、電車は急ブレーキをかけたが間に合わなかった。現場近くの文房具店で働くパート従業員の女性は「凄く長い警笛と、聞いたこともない激しいブレーキ音が聞こえ、慌てて見に行ったら、女性が電車の下敷きになっていた」と当時の様子を語った。

(家業継ぐ矢先/) 奈津恵さんは現場の近くで、3人姉妹の次女として生まれた。近くで不動産業を営む男性(57)は「線が細く、人の体なんか持ち上げられそうにない。おとなしい人で、繊細という言葉を絵に描いたよう」と話す。

 一方で惠弘さんは「商店街の酔っぱらいを介抱してあげたりしていた」と、困った人を放っておけない奈津恵さんの心優しい一面を明かした。

 結婚歴はなく、実家を出てアルバイトをしていたが、家業の不動産業を継ぐため、4~5年前に帰ってきた。事務作業の傍ら、約1年前から本格的に仕事を開始。不動産関連の資格を取得し始めたばかりだった。

 この日も、内装工事を終えた物件を視察した帰りだった。「やっと娘がその気になってくれた。これで安心だ」と周囲に自慢げに話し、奈津恵さんの帰りを誰よりも喜んでいたという惠弘さん。「おじいさんが助かったのがせめてもの救い」と気丈に話しながらも「私より先に死んでほしくなかった…」と目を潤ませた。
[ 2013年10月2日 06:00

---------------------------------------スポニチのサイトより
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/10/02/kiji/K20131002006727600.html

>逆側の遮断機が閉まる寸前に男性が踏切に進入。線路上に首を置くように、うつぶせに横たわった。


うわっ、動けなくなったお年寄りを助けたのかと思ったが、これを読むと、
自殺を助けた可能性がある。

思わず涙がこぼれた。


まだ詳細は調査中なので、自殺ではないかも知れないが、仮に自殺だったとして、感想などを書き連ねよう。

自殺だったとすると、老人は、逞しくて大きな鉄のかたまりが線路を突進してくるのを、安らかな気持ちで待っていたはずだ。
確実に死ねる、これで終わる、という安心感と解放感。


一方、自殺に見えても自分の命の危険を顧みず、とっさに助けてしまう人の心理もわかる。

私も、自殺を苦しみからの解放ととらえて拙ブログでも持論を展開しているが、
実際に、急に目の前で飛び降りそうな人がいたら、とっさに、本当にとっさに、
しがみついて助けてしまうかも知れない。

飛び降りようとした人が怒りまくって、怒鳴る。
「なんだよ、お前、西野りーあだな?お前のブログ見たぞ?
 人がせっかく苦しい人生から解放されようとしているのに、なぜ止める?
他人の痛みが判らないのか????!!!!!!!」

「あっ、済みません、済みません、とっさにやってしまいました、ごめんなさい、本当に済みません」
「どうしてくれる、テンション下がっちゃったじゃないかよ!」
「済みません、本当にごめんなさい、また死ぬのをお手伝いさせて頂きます」
「テンション下がったと言ってるだろ?!手伝うんなら押してくれよ」
で、きっと押せない。

「何だよ、口ばかりだな! じゃ自分で飛び降りるから、テンション上げる為に軍艦マーチでも唄ってくれよ!」
「ひぃ、無理です。蛍の光じゃ駄目ですか?」

何だ、これ。
言う事とやる事が違うだろって?
違う訳じゃないんですよ、
アメリカのドキュメンタリーに拠れば、命の危険を顧みずとっさに他人を救助する行動に出るのは、人間の本能との事だ。
厳しい大自然を相手に人間が生き残ってきた本能の一部なのだ。

これがね、普段から苦しみを打ち明けられて、死しか救いが無いと理解出来ていれば、
軍艦マーチでも同期の桜でも唄います。


死にたい人が居る一方で、死んではいけない人が死んでしまう。

本当にうまく行かないものだ。


うまくいかないどころか、今回は痛ましすぎる。
何という勇敢な、心の綺麗な人だろう。



内心、複雑な思いだった。

拙ブログを見てくれている人はご存じかも知れないが、
私は、「抗議の自殺」のために、
インパクトの大きい焼身自殺を考えていた。

東京労●局の前で、
灯油をかぶって火をつけようとしていたのだ。

通院のかいあって、今はそれほど死にたいと思わなくなったが、
逆に、加害者を殺傷したいという思いが強まった。
死ぬか殺すかしかない。まだ病気なのだ。
特効薬は、海外逃亡。

日本語の通じない所に行くと、日本での悩みからしばし解放される。


さて話は戻って、灯油をかぶると。
自殺と判っていてもとっさに止めようと駆け寄って自分も火だるまになってしまう人が居るかも知れない。。。。。。。。と、今回の記事で痛感した。
自分だって、さっき、とっさに助けるのは本能の一部とか書いてるじゃん。
その通りだ。
浅はかだった。


そういう勇敢な人たちは、生きて世間の役に立たなくてはいけない人材だ。


ところで、今回の痛ましい事故で、
「人の多い所で死ぬとはまことに迷惑、ひっそりと樹海に行け」と
怒りを抑え切れない世間の皆さんも居られるだろう。


樹海に行く人も居るが、自殺する人は大抵、心の余裕が無い。
屋上から飛び降りて通行人の上に落ちてしまうなど、
本当に迷惑を通り越して大変な事件だが、
自殺しようという時に下を通るひとがいないか、
指さし確認をしてから飛び降りる余裕など無い人が多いのだ。

自殺を考えて実行しようとする人は、普段から重圧に耐えている。
その重圧は、死のうと思った事がない人には想像できないはずだ。
解放される瞬間、「今だ、行け」と天の声が降りて来るのは、
準備万端整った時ばかりではない。


「あ、まだ遺書書いてなかった」とか、
「見たひとのトラウマになるかも知れない」とか、
そういう配慮を期待するのは根本的に間違いだろう。

今回の踏み切り事故の老人は、

「逆側の遮断機が閉まる寸前に男性が踏切に進入。線路上に首を置くように、うつぶせに横たわった。」という記事が本当なら、死ぬ気は鉄の意思だ。

決して、「誰かが止めてくれるかも」と期待しての行動ではない。

この行動に出るまで、苦しんだ事だろう。
死を選ぶに至る過程では、誰も助けになってくれなかったに違いない。

ようやく苦しみから解放されるという瞬間、命を賭して助けてくれる人がいても、遅いのだ。

重症ながら命が助かったという老人は、病院でがく然としているだろう。

「助けて頂いた命、大切に生きて行きます」と思うのか?
事の重大さに衝撃を受けている事は予測できる。

お父さんのコメントがまた涙を誘う。
本当は、「死にたい奴は人目につかないどこかで勝手に死ね!
娘を帰せ」と大声で泣き叫びたいだろう。

ううむ、残酷な話だ。

人目の多い所で死にそうなそこのあなた。
ちょっと、今回の痛ましい事件で再考しませんか?
[PR]
by leea_blog | 2013-10-02 20:51 | Comments(2)
Commented by 三河線 at 2013-12-05 01:11 x
大丈夫ですか?あたま
Commented by leea_blog at 2013-12-05 07:46
おっしゃる事の意味がわかりません。
<< 高雄への行き方/台湾一人旅 台北マッサージ事情/セクハラに... >>