自殺の心理3 自殺の心理の種類など




人間は生き物であるが故に、通常は、生きる本能が意志には関わり無く働いています。


自殺する人は、重圧を耐えてきて、脳から分泌される物質が狂って、
「死」に導きます。


意志の力で生の本能を克服する人もいますが、
一般的な、ストレスに耐えてきて、結果、自殺してしまう人の例を考えてみます。


自殺の危機は何通りかあります。

まず、

日頃重圧に耐えてきた人が、天啓によって自殺する。

例えば、鉄道の飛び込み自殺。
この心理は、拙ブログ「鉄道自殺の心理状態」で書きました。

http://leea.exblog.jp/19205552

(拙ブログは、セキュリティーの観点から直接リンクが張れません。
URLをコピーしてペーストして飛んでくだされたし)


次は、日頃重圧に耐えてきた人が、死ぬ決意が固まって、
心身の重みが取れて順調に死への脳内物質が分泌される場合。


この心理は、「自殺防止は可能か?自殺者の心理、自殺のサイン」に書きました。
http://leea.exblog.jp/21759075/


決心が固まると、体が楽になって、心が煩悩を脱して、清澄な気持ちになります。


遺書などを書いたり、死ぬ前に豪遊したりして、心残りが無いように準備出来るタイプの心理状態ですね。


三つ目は、「死にたいとは思うけど、死にたくないとも思う」人が、
疲れ果てて、ロープから手を離してしまうように死ぬ状態です。


今回は、この三つ目について書きます。


今まで、死にたいのに、「いのちの電話」に電話する人の気持ちがわかりませんでした。


が。


今回、体験しました。


重圧に堪え兼ねて、脳から「今死のう」物質がどばどば出るんですね。


でも、その時の私は、
粘り強く戦う決意も生まれていたし、「今死んだら無駄死にでしょ」と思うのですが、
「もう駄目だ、もう手を離すよ」という物質が出まくるんですね。


こういう状態は、遺書を残す余力もありません。
散歩に出るようなノリで、駅に行き、飛び込んだり、
新鮮な空気を吸おう、というノリでベランダに出て、高層階から飛び降りてしまいます。


通常、この状態は、死の直前まで、普段と変わりない生活をします。
疲労困憊のあまり、普段と違う事が出来なくなっているのです。

私の場合は、直前までスーパーで安い食材を探しました。

死ぬ人がそんな心配するのか?
します。死ぬ前まで普段と変わらないのです。


この「今死のう」という脳内物質は、かなり強力です。


喜怒哀楽の感情を表に出さない事は出来ても、
脳から出てくる「嬉しい」「悲しい」「怒り」などの感情を抑える事が出来ないのと同様に、抵抗するのが難しい、というか、ほとんどの人がこれで死んでしまうのではないでしょうか。



私は、違法支給に関わるねつ造のパワハラ、という原因がありますので、
「死ぬなら抗議の焼身自殺」と決めてあります。

だから、必死に、「単なる鉄道自殺」をしたくなる脳と闘ってみました。


結論から言うと、この強烈な状態から逃げるのには、
「眠り」しかありません。


人間は生き物だから、寝ている間に、少しでも「生の本能」が修復されるのを待つ、
やり過ごしながら、「寝る」しかありません。


三月三日からの、「死の脳内物質」と「生の声」の闘いを、無理矢理文字化してみましょう。





死の物質「今まで頑張ったけど、もう駄目だ。東武東上線のホームから飛び込もう。これからすぐ行こう」

生の声「え?今?ちょっと待った! 抗議の焼身自殺でも無しにただ自殺?」

死「もういいよ。疲れ果てた。限界」

生「今、ただの自殺をしたら、ねつ造上司たちが喜ぶだけだよ?」

死「喜ばせとけばいいじゃん」

生「じゃ、抗議の自殺じゃなくても、嫌がらせの自殺にしない?
  厚生労働省の前で自殺したら?」

死「死んだら後の事はもう一緒」

生「遺書くらい書かない?」

死「余力無い」

生「今日買った、沖縄のもずくとてびちどうするの?食べないの?」

死「もういい」

生「こんな事もあろうかと、台湾旅行を予約したじゃない?行ってからにすれば?」

死「自動キャンセル」


生(あちゃー。これは駄目だ。今までの苦闘はなんだったのか。
   否定すると躍起になって死ぬから、話を合わせて時間稼ぎするしか無い)

生「そうだよね、生きる事は地獄だよね。続ける意味が無いどころか、
 終わらせるのは早い方がいいよね」

死「うん。もう限界」

生「そうだよね。明日にするのはどう?」

死「早い方が良いよ」

生「今日は寒いね」

死「寒いね」

生「お湯を沸かして、湯たんぽ作ろうよ。それ抱いて、
  お布団でちょっと暖まらない?」

死「うん」




で、あまりの寒さに湯たんぽを作って、布団に入り、寝ました。


そこから数日、脳から出る死の物質と生の声の激しい闘いが展開され、
ひたすら湯たんぽを作り続け、ひたすら寝て、ともかく時間を稼ぎました。



「いのちの電話に電話してみようか」と思ったのもこの時期です。

死にたいのに、いのちの電話に電話する人の気持ちが、初めてわかりました。


結局、いのちの電話には電話しませんでした。


十日ほどでとりあえず物質の激しい湧出は収まりましたが、
自分の内部で起こっていたこの死闘で、
脳の細胞が大量に死滅した感じです。


大変な死闘でした。


自殺の危機は、波があって、「今だ」という状況をやり過ごすと、
あとはひたすら辛さに耐える時間になります。

「今だ」、で、大抵の人が死んでしまうでしょう。


死にたい、でも、生の声も聞こえる、という人は、
今が死ぬ時期では無いのです。


生の声が聞こえるうちは、ともかく寝てやり過ごしましょう。


まずは心療内科に出かけて、
睡眠導入剤をもらっておくのは必須です。








[PR]
by leea_blog | 2014-03-16 14:20 | Comments(4)
Commented at 2015-10-23 18:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leea_blog at 2015-10-24 11:00
非公開様
返信も非公開にすると、私以外には読めなくなってしまうので、公開コメントで内容がわからないように返信させて頂きます。
コメントありがとうございます。大変お辛いこと、お察しするにあまりあります。拙ブログでは、敢えてきれいごとを排除し、赤裸々に綴っております。ほんのわずかでもお役に立てたなら、綴り続けた甲斐がございます。非公開なので、内容がわかるような返信が出来ないのですが、深くご心中お察しし、目を閉じて御身内の方の事を思います。
Commented at 2015-10-24 21:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leea_blog at 2015-10-25 21:55
非公開様 拙ブログを読んで下さり、心よりお礼を申し上げます。検索でたどり着くまでに、どれほど苦しまれただろうか、と拝察します。ささいなことではございますが、拙ブログは、ゆりの花がうたた寝をしている心地、というニュアンスで、「ゆりのうたたね」と題しております。書いているのは、西野りーあと申す者です。非公開様のお辛さを拝察するに、人が自ら死ななくても済むような、人を追いつめない世の中にならないかな、と強く思います。非公開様にも、良い事がますます訪れますよう、心よりお祈り申し上げます。
<< 成仁病院/自殺希望者、精神病院へ行く 自殺の心理 /過労自殺も防げる? >>