バレンタインはデパートでチョコ買おう! 特設会場は女性で満杯

昨日は、友達に誘ってもらって、
池袋の西武デパートに、
チョコレートを見に行った。

この時期、デパートでは、特設会場を設けてチョコレートを売る。

職場や学校の義理チョコ等は、
心底虚礼廃止にしてほしいが、

チョコレート好きにとっては、
商戦に踊らされるのも一つの手である。

というのも、デパートの特設会場では、
日頃手に入らないレアなチョコレートが目白押しなのである。

会場は、大変な熱気で、
人ごみが苦手な私は、あっというまに憔悴してしまったが、

人にあげる用のチョコも、
自分用のチョコも無事買って、
ゴディバのチョコレートドリンクを立ち飲みして
(憔悴した私は整理券を無くし、
なぜなくすのか自分でも不思議だった)
脳にエネルギーを送り込み、
地下鉄が止まったのにもめげず
振替輸送で無事帰宅した。

ともかく、すごい熱気である。
女性ばかりの客が、ひしめいている。

異性にチョコレートを渡して、
思いを伝えるチャンスだと、
心の底から思っている人は、
小学生や中学生なら別だが、
実際には少数派で、

デパートの特設会場で、
高価なチョコレートを探す大人の女性たちのほとんどは
本音のところは、自分が楽しみたいのである。

そういうわけで、

デパート側の用意するブースも、
薔薇の花の形のチョコレート、
花の風味のチョコレート、
女性用の靴のチョコレート、
可愛い動物がモチーフのチョコレート、
口紅型のチョコレートなど、

女性心をくすぐる品揃えである。

出来立てのチョコレートを空輸している、と、
新鮮さを強調する店も多かった。

生チョコなら話は別だが、
出来立てと出来て日が経っているチョコレートで
味が違うとは、今まで考えていなかったので、

普段の自分のスイーツ生活の貧弱さを痛感した。

買う時に、いちいち賞味期限を聞く訳だが、
中には二月十四日ぎりぎりか、
その前に賞味期限が来るチョコもある。

バレンタインデー当日に人にあげるなら、
今買うのではなくて、
もっと直前に買いに来なければならないのだ。

ちゃんと職人が素材を厳選し、
手間をかけて作ったチョコレートは、
普段口にするチャンスが多い工場で大量生産されるチョコレートとは、
別もののお味である。

ベルギーのチョコレートは、
どれも私の好みに合った。

ひとつぶひとつぶに込められた、
技とこだわりの世界に、
実に幸せな気分になった。


とはいえ、あの人ごみは、
私一人だったらめげて、
買えずに帰って来てしまうだろう。

商戦に踊らされる事の少ない私だが、
大人用チョコの世界は、
ちょっとぐらい踊ってみるのもお勧めである。










[PR]
by leea_blog | 2016-01-30 13:14 | Comments(0)
<< 上野のボッティチェリ展のこと 冬眠 >>