さっそく、年末年始の懺悔

e0016517_18553040.jpg
↑ 台湾人形劇の登場人物、宮無后
 赤い衣と色白な肌で、お正月っぽい。


年末年始は、思い切りだらだらと過ごしてしまった。


以下は、幻想詩人とは思えない自堕落振りである。

耽美のたの字も無いのでご注意。



まず、「食」がいけない。


年末に、骨折で入院した母の見舞いに行った。

差し入れでチョコを持って行ったが、
糖尿病予備軍となった母は食べられず、
持ち帰った。

それを、三が日食べた。

体に悪いからと普段は食べない、
インスタント麺とレトルトカレーも食べてしまった。

ラ王シリーズが、美味しかった。

お正月気分で、
普段食べないものと言えば、
ファーストフードも食べた。

駅前のマクドナルドの、
ビッグマックセット。

これ絶対からだに悪いな、という
自堕落な食生活だった。

反省。


新年の抱負。
今年はなるべく質の良い肉と野菜と魚を沢山採ります。

食べた物が体を作る!



年末年始の反省、「消費」篇。

ユニクロで買い物をしてしまった。

私は、プチ抵抗として、
ブラック企業にはお金を落さないように心掛けている。

が。

年末年始は三月なみの暖かさだったとはいえ、
氷河期の2月が、もうそこまで来ている。

過去ログをお読みの方はご存知と思うが、

私の家はロフト付きで、天井が高く、
エアコンが古い。

そのため、電気代が掛かって、
ちっとも暖かくならない。

本が至る所に山積みなので、
ストーブ類は危険で置けない。

と、いうわけで、
冬は暖房無しで乗り切るのである。

東京の冬は底冷えして、
氷河期のごとし。

部屋の中にサーベルタイガーでも出そうである。



越冬用に、
毛皮コートが三着ある。

羽根布団の上から、
毛皮のコートを広げて眠ると、

「今までなぜ試さなかったのだろう」というくらい、
快適である。

現代日本で、
ネットを見られる環境にある人が、
暖房無しで過ごす可能性は低いが、

そういう人が居られたら、
是非試して欲しい。


ちなみに、毛皮のコートは、
USEDなら、
ネットオークションでダウンコートくらいの値段で手に入る。

上手に買えば、
フォックスのコートで四千円以下、
ミンクのコートで七千円以下。

動物が飼えない賃貸住宅だと、
毛皮に頬をすりすりして、
動物と居る気分になる、という副産物もある。

個人的には、
毛皮をまとう事で、
現代の環境で失われた、
けものの健全さを取り戻せる感覚がある。

「毛皮フェチなだけでしょう?」という突っ込みは無用である。



話は戻って、
ユニクロ。

商売がうまいんだなあ。

池袋は、東武デパートにユニクロが入っているのだが、
デパート系の高級衣料を眺めたあと、
うっかりユニクロを覗くと、

物凄く安く感じられてしまうのである。


品物の配置も、上手いよね。

安いけれど、
正直、ニット系は、すぐ表面が毛羽立ってしまい、

カシミアは、
「本当にこれ、カシミアなの?」と思う位、
手触りがごわごわである。

シャツなんか買った日には、
すぐ型くずれして、
すぐに着られなくなる。


ゆとりがあれば、
もう少し出してちゃんとしたものを買った方が良い。


しかし、そういう事がわかっているはずなのに、

病中で金銭が心もとない私は、

つい買ってしまった。

しかも、安いからと越冬用の衣類を選ぶうち、

レジで精算する頃にはまとまった金額になってしまった!

「はー、負けた」という気分である。



こういうファーストフードならぬ、
ファースト衣料は、

今季着られればいいかな、というもので、

良いものを長く使いたい気質の私には、本来はあまり合わない。

が。

昨今は、流行の移り変わりも早く、
良いものを長く着る時代でもないのかもしれない。


太ってしまい、
今まで着ていた服が入らなくなり、
急遽新しい服を入手している私としては、

うっかりファースト衣料にまとまった金を落してしまったのであった。


痩せれば、

これまでの服が着られるのだから、

痩せれば良いだけの話だが、

この日記のはじめに「食」の懺悔をしたように、

そんなものを食べていては、
駄目である。

痩せなければ、と、
それほど真面目に思っていない所も問題だが、

「運動しなければ」とは、思う。

新年の抱負。

今年は沢山歩きます。



「住」の懺悔。

今始まった事ではないが、
昨年も大掃除をしなかった。

限られた体力なので、
人間埃では死なない、とばかりに、
省略したのだ。

何処から手を付けて良いのか分からないしね。

ちょっとこれはいかんな。

新年の抱負。
今年は、
大掃除ではなく、
「小掃除」をマメにしよう。

住といえば、

私は長く賃貸物件に住んでいるが、

定年後は、払える家賃ではない。

世間の皆さんは、

「家賃は捨てるだけだけれど、
マンションを買えば、
月々同じ値段で自分の財産になる」と
いう。

私は、ローンと云うものが怖くて組めないのだ。

都内のマンションは、
以前私が物色していた頃より、
軽く一千万は上がっているしね。

一体どんな人たちが買うのであろう????

結果として、
現在のように病気で寝込む状況になってみれば、
「住宅ローンを組まないで良かった」
と思うわけである。

そうはいっても、
定年後は「住」をどうするの?

と、考えると。

結構差し迫った問題である。

新年の抱負。

「今年は、住の問題も少しは情報収集します」。


年末年始で良かった事。

DVDの再生機が調子が悪くて、
積んであるピリのDVDが見られず、

積んである本を沢山読めた。




というわけで、

本年もよろしくお願い申し上げます






[PR]
by leea_blog | 2017-01-03 19:29 | Comments(0)
<< 年末年始に貧困を考える・「絶対... 謹賀新年! 書物の樹海より >>