陋屋日記・人形の無言アピールのメモ。湯上がりの素肌にまとわりついた一筋の髪。


今日は、湯上がりの濡れた素肌にまとわりつく、

一筋の長い髪、のお話である。



さて。

ここ最近の日記は、

通りすがりの方々には、

「頭の狂った人」と思われ、

リアル友人知人の皆様には

ストレス過多の日常をご存知なだけに、

「頭、大丈夫か?」と心配されていたのではないかと思う。

表現者が検索でたどり着いたら。

特になんとも思わないであろう。




後々のために、

ちゃんとメモとして記録しておかないといけないなあ、と

思う事が沢山ある。

沢山あり過ぎて、

書くのが追いつかない。

ほとんどがネットにはアップ出来ない事で、

次号の「揺蘭」にでも掲載しようと思う。




帽子が取れて、背中で結んでいた髪を解いて、

正装が解けた宮無后人形、

白い長襦袢をまとって別人の様相を示した彼と、

その後どうなったかを

いずれ書いておこうと思うが、


夜になって、お布団の上で待っている人形に、

あまりに自分の想像していた事と違うので、

美しさにびっくりしながらも、

ひるんでしまった。



大幅にはしょって、

結果としては、一緒に寝る事は、

無かった。

無后、ごめんね。

それには、色々訳が。




だが、

今日、風呂上がりにバスタオルで体を拭いていると、

濡れた素肌に、

髪の毛が貼り付いていた。

何気無しにつまんでよく見れば。

長過ぎる。

私の髪の毛ではなく。

宮無后人形の髪の毛だった。

うわ〜。



恐怖小説なら、

「可愛がっていた人形からお床入りアピールをされて、

ひるんで冷たくしたら、

人形の髪が素肌に絡み付いて来た」、という

「こ、怖い〜」という展開であろう。



自分の髪の毛だって、

「何でこんな所に落ちているのかな?」と

不思議に思う所に落ちていたりするから、

人形の髪が一筋バスタオルに絡み付いていて、

濡れた肌に貼り付いたとしても、

「よく有る事」ではないけど、

「滅多に無い事」だろうけれど、

まあ、不思議でも何でも無い。



が。

まあ、ウチの宮無后人形は、

口数が少ないし、

あまり本心を言わない。

そのかわり、無言アピールをするタイプである。


例えば、ボディタッチ。

「自動人形じゃ有るまいし、

そんな事有る訳無いだろう?」と、

皆さんは思うであろう。

これが、心霊現象でも何でも無く、

台湾人形劇の人形ならではの、

造りに関係している。


抱き起こすに従って、

腕が上がってこちらに差し伸べられる動画などを

アップ出来れば、人形に興味のある方々には、

大変参考になると思う。

私が動かしている訳ではない。

膝に抱き上げてパソコンに向かっていると、

長襦袢を着せているのといないのとでは、

私の鎖骨辺りに置かれた宮無后の手が、

力の込め工合が違うのも、

気のせいではなく作りを知れば、

道理なのである。



piliの木偶が、

ビスクドールやフィギュアや自動人形とどう違うのかを、

近日中に書いてみよう。




まあ、何やかんやがあって、

私は、人形の髪の毛が濡れた素肌にまとわりつく事件は、

言いたいけど言えないタイプの人形からの、

「無言アピール」だと受け止めた。


髪の毛には、

それだけ何かの呪力が有るのだと思う。

洋の東西を問わず、

本人の代わりに髪の毛を、という考えは古くからあった。

呪い殺したい相手の髪の毛を、

藁人形に入れるでしょう?

事情で遺体が無い場合、

故人の髪の毛を、

故人の代わりに、

墓に入れたりするでしょう?

恋人の髪の毛を、

装身具に入れておくとか、

日本では無いけれど、

ありました。






色々はしょったが、

素還真人形とも色々話し合い、


私は自分の冷たい行いを悔いて、

宮無后人形とお布団の中で語り合いました。

ふう。

憑き物が落ちた心地。











[PR]
by leea_blog | 2017-02-22 23:04 | Comments(4)
Commented by Sherry at 2017-02-23 14:20 x
Pili人形のかみは大変繊細で
正装版はともかく、しっかりしたへアスダールで
造形されたキャラがほとんどですが
無后のような散髮版は、
あっという間にめちゃくちゃになって
いたんで切れてしまうよ、
”三つ編み”とかで整えたら?^++^
Commented by leea_blog at 2017-02-23 20:24
よくpiliで、
髪がさあっと風に吹き上げられるシーンが出て来ますが、
後で髪を整えるのが大変だろうなあ、と思います。

ウチの素還真も無后も、
散髪版なので、
髪の劣化が心配でしたが、

Sherry さんのおかげで、
台中の人形屋さんでメンテしてもらえる事が分かり、
とてもほっとしています^^/
Commented by sherry at 2017-02-23 23:04 x
万が一傷んだら、
お金をかかっても、メンテを依頼するしかない
でも注意して整えれば、長く持つはず^^。。。
Commented by leea_blog at 2017-02-24 18:05
メンテしてくれるなら、
お金には換えられないです^^

何しろ、日本国内では
メンテが出来る人も居ないですからね;;

piliの人形&メンテは、
お金では換算出来ない価値が有ります^^
<< 人形に迫られるの段・個人的メモ... ホフマン「砂男」と自宅図書館化計画 >>