世間は、自殺対策強化月間のようだが・心療内科には早めに行こう!



自殺大国日本。

ところで、

世間は自殺対策強化月間のようで、

行く先々で、

関係サイトへのリンクが貼られている。


私の地元の公的施設でも、

徒歩圏内で心の病の相談に乗ってもらえるらしい事が記載されていたので、

駄目元で電話をしてみた。


結果は、役所主導だと、

本当に駄目だな、と痛感した。



何もしないより相談窓口を形のみでも設置している事を評価したいので、

駄目だった点はここに書かない。


しかし、まあ、

大抵の人は、

そういう所に電話をするという行為だけでも、

物凄く葛藤して、

ようやく電話するのには、

崖から飛び降りる気持ちで掛けているのだと思う。




自殺しそうな人は、


「がんばらない」を自分に言い聞かせつつ、



まずは、

心療内科を色々受診して、

合う所を探してみる事をお勧めする。


私の体験上、

自殺への強い衝動を回避する一番有効な手段は、

眠りを繰り返してやり過ごす事だ。


自殺しそうな人は、

食欲が無い、

眠れない、などの症状が事前に出ている事が多い。


脳は体の一部である。


動物として備わっている能力、

食べる、眠るが満足に出来なければ、

病む。

まずは、休ませる事だ。


家にいても、

動かなくても、

脳は休んでいないのだから、

眠る薬をもらうのは、必須である。



ところで!


眠りに誘う作用がある筈の薬は沢山あるが、

どれが自分に合うかは、

実際処方されてみなければ分からない。


効かなければ変えて行く、の繰り返しで、

自分に効果があるかどうかが分かる。


つまり。

心療内科にかかる事で、

すぐ解決する訳ではなく、

できるだけ軽症のうちに、

かかるのが良いのも、

そういう手順が必要だからだ。


私も、

パワハラに依る鬱状態で、

長年強度の不眠症に悩まされて来た。


合う薬が、なかなか見つからず、

大変であった。


薬以外も、

眠れるCDはもちろん、

アロマテラピーやマッサージ、

入浴方法、イメージトレーニング、

ハーブ茶その他、

殆どの事はやってみた。


結果として、

眠れる薬が見つかった。

これが無かったら、

自殺衝動は乗り切れなかっただろう。


そもそも、過去日記に詳細は書いた通り、

死にたいときは、

死が最良の選択にしか思えない状態になる。


嶮しい山道を重い荷を負って歩き続ければ、

降ろしてほっとしたい。

それと同じだ。


だが、自分の命という荷は、

一度降ろしたら、休憩して負い直す事が出来ないだけだ。





そのような訳で。


心療内科にまだ行った事が無い方々は、

「心療内科に行けば、

眠れる薬がすぐ処方されるだろう」と、

ぎりぎりまで我慢するかもしれない。


しかし、現実は、

そうではないのだ。


まず、自分に合う心療内科かどうか分からないし、

沢山の眠れる薬のどれが自分に効くかどうかも分からない。


ぎりぎりまで我慢しないで、

ショッピングの冷やかしのつもりで、

心療内科のドアを叩いてみよう。






[PR]
by leea_blog | 2017-03-08 22:16 | Comments(0)
<< パワハラ日記・庶務課長のメール... 池袋の会談・歌人の相田邦騎氏と >>