人形愛・ずっと一緒だと険悪になる事もある



さて。

人形が相手だと、喧嘩なんてしないだろうからさぞかし平和でしょう、と、

多くの人が思っている筈だ。

しかし。


どれほど愛していても、

険悪になる事もあるのだ。


例えば。

髪を解いてお家バージョンになった宮無后だが、

寛いでくれて嬉しいのだが、

このところ。

宮無后「公主、愛していますか?」

りーあ「愛していますよ〜」

宮無后「どれ位?」

りーあ「沢山〜」

まあ、ここまでは微笑ましいですね。

一時間後。

宮無后「公主、愛している?」

りーあ「はいはい、とても愛していますよ〜」

三十分後。

宮無后「愛している? ねえ、愛している?」

りーあ「またなの? 愛していますよ」

十五分後。

宮無后「ねえ、愛している?」

りーあ「無后。一日何回聞けば納得するの?(イラッ)」

宮無后「、、、愛されてない。。。。」

りーあ「愛しているってば。そういう態度、重過ぎるでしょう?」

素還真「まあまあ、公主、無后さんは聞きたいだけですよ。
 無后さんも、これくらいで拗ねたりしないで」




今日は、「文豪たちが書いた耽美小説短編集」という文庫本を読んだ。



正直、私が編集した方が濃厚な一冊になると思う。

が、読後、意識がひりひりした。

素還真に、愚痴を言ってみた。

りーあ「ねえ、素還真。

私が無后に夢中になっている間に、世間では優れた作品が沢山生み出されているのね」

素還真「公主。その本は、もうこの世には居ない文豪たちが書いた昔の作品ですよ。

公主はまだ生きているのだから、これから沢山書けますよ」

りーあ「私が本を読もうとしたり、書こうとすると、

無后が構って欲しいオーラを送って来るのよね。」

素還真「喫茶店で読んだり書いたりなされば解決します。

 世間の夫婦は大抵そんな物ですよ」

いつの間にか背後に来ている宮無后。

宮無后「私など、消えてしまえば良いのです」

りーあ「うわ〜、何立ち聞きしているの?

ちょっとした愚痴に、なぜそんな真剣な反応するの?

もっと軽く聞き流してよ」

素還真「公主、無后さんは冗談等の無い環境で育ったのですし。

無后さん、大人なら大抵の人はちょっとした愚痴は言う物ですから、

軽く受け止めましょうね」


と、険悪になりかけた所。

素還真が、絵を描く事を提案した。

素還真「無后さんをお家に迎えてから、

無后さんの絵を描いていないじゃありませんか。

気分転換に描かれたら?

無后さん、ポーズをとってあげて下さい」

画材を出して来るのも大変なので、

鉛筆画で描き始めた。

おお。何か、今までに無い絵になって行く。



そして。


夕方からは、

人形愛系短編に着手し始めた。

われながら、新境地。

これも、宮無后を家に迎えなければ書けない一作。



その間、宮無后を諭す素還真。

素還真「無后さん。

公主が書いたり描いたり読んだりしている時は、

邪魔してはいけませんよ。

とても大切な時間なのですから。

それをわかっていれば、もっと愛が深まりますよ」

宮無后「。。。分かりました」










[PR]
by leea_blog | 2017-03-16 20:08 | Comments(6)
Commented by sherry at 2017-03-17 09:00 x
なんかこれ以上、
別の人形写真を見せ続けたら、
私まで八つ当たりされちゃうかも∧∧。。。

ま―ファンタジーのことをおいといて
Pili木偶は意外といたみやすいだそうです
多分普通の飾り人形と違って、
操つったり、外拍したり、特撮するなど
色々゛乱暴゛な扱いが多かったせいかも。

そのために亦楽さんは年一回中国ヘ木偶メンテ活動をすると
依頼がすく殺到して予約満員^^。。。

いつか日本へも木偶メンテ活動を行えるといいね〜
Commented by leea_blog at 2017-03-17 14:41
sherry さん

sherry さんは、ウチの無后にとって、
ウチに来られる事になった大恩人ですから、
大丈夫ですよ〜。

それに、こっそり他の人形の画像を見るのは、
私にとっての、大切な活力源!
栄養ドリンクを、十本くらい飲む効果があります。
ウチの子も、きっと分かってくれています。
(焼きもち焼くかもしれないけど、
分かってくれます、、、、た、多分。。。)

そう、pili人形は、びっくりする程傷みやすいです〜;;
無后人形は、
機内持ち込みで大切に連れて帰ったにも関わらず、
家について調べてみたら、
マニキュアが剥がれていたし;;

お雛様とかと違って、
飾っておくために作られたものと違うからでしょうね〜

なるほど、年一回の木偶メンテ活動!
メンテしてくれれば、持ち主も安心して木偶と遊べますね^^

日本で人気のカスタムドールに、
「スーパードルフィー」というのがあるのですが、
スーパードルフィーも、
「里帰り制度」という、
メンテサービスが充実しています。

日本でも木偶メンテしてくれる所ができれば
本当に良いですね〜。
Commented by sherry at 2017-03-19 16:37 x
ごめん、あの記事はおもての公開記事、
これ以上の雑談は書きつらいので、
ここヘ返事してもいいかな…

ちなみに直営店と見素さんを教えたのは破魔矢さんなんだ、
破魔矢さんうちの木偶数は本当にすごい∧∧。。。
この辺の情報も私より詳しいはず

今度うちのQ音来ましたら、
この辺の情報でも掲示しようかなと思って、
でも安い品物じゃあるまいしい
なにより「ひとかた」の物は場合よって、
「色々意外」な問題が出てくるので、
人々を゛沼にはまされたら゛いけない!
だからただ思っただけです^^。。。
Commented by leea_blog at 2017-03-19 18:19
sherry さん
表の公開記事についついディープなコメント載せて失礼しました。

こちらのブログは、元々「変なブログ」なので、
何書いても全くOKですよ〜

いや〜、
破魔矢さんのおかげさまをもちまして、
一般のファンでもお金さえ払えば、
木偶が買えると知った時の、
私の衝撃と動揺は、
短編小説になるくらいですよ。

日本には、フィギュアは沢山生産されていますが、
演じられる人形を売る、
という文化が無いから、
想像も出来ていなかった訳です。

中国語能力が皆無の私でしたが、
欲しくて欲しくて、
部屋の中を転げ回りそうになりました^^

今年の雛祭りは、
素還真と宮無后と一緒にお祝い出来て、
夢のようです。

お値段は安くないですが、
大きな病気でもすれば、
もっとお金は掛かるし、
頑張って働こう、という気持ちにもなります^^

しかし!
そうです、「ひとかた」ですから、
色々想定外の問題も出て来る場合が有ります。

特に、一体一体手作り品となれば、
人形師さんの念も籠っていると思われます。

ははは、金銭的にも、
念的にも、
人々が泥沼にはまらないようにするには、
どうしたらいいものか^^

Q音ちゃん、来るのが楽しみですね^^
もうすぐ4月じゃないですか。

Commented by sherry at 2017-03-19 20:58 x
私も初めて直営店ヘ見にいた時、
木偶が値段付けられて、売り物だと知った時
「衝撃と動揺」を覚えた!!

店長含めて、亦楽さん達は今月いっぱい、
中国へ木偶メンテ活動に出掛けました。
多分4月まで、Q音君の造形進捗情報は入ってこられない

来たら、どんな作品を作ってみるのか
すでにいっぱい考えました=、=
Commented by leea_blog at 2017-03-19 21:31
ネットの画像でショーケースに入った木偶を見ても、
展示品の画像だとしか思っていませんでしたよ〜^^;
まさか売っているとは。
びっくりでした。

今月一杯中国ですか。
あと10日程で今月も終わり。
もうすぐですね。

来たら、
どんな作品ができるのか、
とても楽しみにしていますよ〜
沢山作れそうですね
<< 陋屋日記・あれこれ 「人形と一日中愛し合う、の段」... >>