今日の速報その2・中村庶務課長とのメールのやり取りに耐えられない・4


昨日、「中村庶務課長とのメールのやり取りに耐えられない・その2」を
アップし、

「その3」を午前中アップし、

その返信が午後有ったので、
私も返信し、
記録の為、
「今日の速報2」として、
コピペしておきます。

なるほど、
一ヶ月近くメールのやり取りをして、
今日の午後になって、
人事●規則違反だと初めて通告して来たのは、
最初から私を規則違反者にするつもりだったのだな、と
納得。

もっと時間に余裕があれば、
さすがに私も、
弁護士に相談に行ったのだが、
遅過ぎる。

ちなみに、
金曜のメールで私の心身の不調がMAXなのは、
伝えてあるし、
午前中のメールで、
火曜の午後と水曜は医者が休みだと言っているのに、

月曜の午後になって、
早急な対応をしなくてはならない無理難題を言われても、
普通の職員でも対応出来ないと思う。

ストレスで体中火傷したように痛いし、
ストレス性の下痢しているのだし、
クリニックは遠いし。

ところで、

診断書が無ければ復職扱いと聞いているのに、
復職に診断書が必要だと執拗に言われるのが、
分からない。

休職を続けるなら診断書が必要なのは分かる。

それに、
主治医の診断書が無ければ、
復職扱いの社員に対しては、
産業医に診断させると思うが、
今日の時点で一向にその話が無いので、
返信で書いておいた。

いずれにしても、
これまでのやり取りでは、
「管理部長の指示」というのは、
中村庶務課長の話でしか無く、
これらがすべて、
中村庶務課長一人の思惑で進められているのか、

管理部長の指示なのか、
だとしたら
「何の為に?」なのか、

もっとざっくばらんに、
「復職されたら職場で局の違法行為の話をされるから、
寝込むようしむけろ」と、
局から指示が出ているのか、

現在今日の時点では、
さっぱり不明で、推測の範囲を出ない。

以下、午後のやり取り

ーーーーーーーーーーーー

【4月24日午後のやり取り】

ーーーーーーーーーーー

西野様

当方は5月1日以降主治医の診断により「休職期間延長」「復職」いずれかの判断を求めております。

「今後の状況確認」及び「4月13日が労働局報告」である旨の連絡は4月上旬に連絡しております。

このまま診断書の提出が無い場合「人事●規則11-4 第5条1項」 に反することとなります。

以前も申し上げたとおり、、診断書が発行されない場合5月1日からは「復職」扱いとなり、取扱いが大きく異なります。

なお、5月1日以降「復職」扱いとなる場合は取扱いを説明をします。

訪問での説明が難しいようであれば電話連絡をいたします。

従いまして27日(木)は同席いたしませんので報告いたします。

診断書が発行されましたら、早急に画像を転送してください。

よろしくお願いします。

中村

ーーーーーーーーー


中村庶務課長様

このまま診断書の提出が無い場合「人事●規則11-4 第5条1項」 に反することとなります。

私は一般の職員ですので、
人事●規則が具体的にどのようなものか、
庶務課長様が教えて下さい。

条文の引用を、お送り下さい。

なお、庶務課長に悪意がある場合の、
疑義解釈等があれば、それもお願い致します。

というのも、
人事●規則等は、
常識の範囲内での庶務課長の対応を前提としたものであり、
中村庶務課長様の赴任以降の休職中の職員への、
継続的な無視は、尋常の対応ではありません。
救済措置がどこかに講じられていると思われます。

これまでのやり取りはメールに保管しており、
また、その都度主治医に相談し、
主治医は記録を取っておりますので、
よろしくお願い申し上げます。

なお、人事院規則云々は、
本日、4月24日の午後に初めて知らされた訳ですが、
これまで隠しておられたのは、
どのような意図かも、
お教え下さい。

一体、今日のこの時間で、
今からどうしろと言うのですか?
貴方とのやり取りに心身が疲れきって、
ストレス性の下痢をしているのですよ?
それはお知らせしてありますから、
ご存知ですよね?


「今後の状況確認」及び「4月13日が労働局報告」である旨の連絡は4月上旬に連絡しております。

連絡を頂いたのは知っており、
勿論、そのつど返信を差し上げております。

中村庶務課長様様からは、一向に御対応がありませんでした。

私からのリアクションが無かったかのような話にするのは、
固くお断りします。

中村庶務課長様の、継続的かつ明らかな悪意で、
心身がもう限界である事は、
21日に既にメールをさせて頂いております。

具体的にどのような症状が出ているかも、
お知らせしていますので、
すでにご存知の通りです。

悪意のある庶務課長とのやり取りは、
一職員にすぎない私には、
精神的なダメージが大きく、
直接局とのやり取りの希望を伝えたのは、
勿論初めてではありません。

何度も申し上げている通り、
局の担当者との直接のやり取りを希望しますので、
担当者のお名前とメールアドレスをお教え下さい。

>なお、5月1日以降「復職」扱いとなる場合は取扱いを説明をします。
>訪問での説明が難しいようであれば電話連絡をいたします。

携帯の通話機能が不調の為、
メールでご説明下さい。
復職の取り扱いのご説明が、
なぜわざわざ、
女性一人暮らしのアパートへの訪問であったり、
記録の残らない電話連絡にする意図が分かりません。

必要なのであれば、
その理由をお教え頂ければ、
対応の方法を考えてみます。

なお、これだけ衰弱させられていては、
残念ですが、口頭で伝えられてもどの位理解出来るか不明です。
メールでお送り頂ければ、
理解出来ます。

ところで、休職していた職員が復職扱いになる場合、
産業医との面談があると思うのですが、
それはどうなっているのですか?

私がこれまで頑張って返信していたにも関わらず、
中村庶務課長様のせいで、
とうとう今日は24日の、
現在14時30分ですし、

現在庶務課長様とのやり取りでストレス性の下痢をしていますし、
産業医が判断すれば良いのではないですか?

早急にご返答下さい。

西野


[PR]
by leea_blog | 2017-04-24 15:08 | Comments(0)
<< 今日の速報3・中村庶務課長との... 速報・中村庶務課長とのメールの... >>