今日の速報3・中村庶務課長とのメールのやり取りに耐えられない・5


疲れ果てた。

これだけ疲労困憊したら、
出勤出来る社員も、
メンタルで寝込む事請け合いである。

下の方に、本日最後の速報、
「中村庶務課長とのやり取りに耐えられない・5」として、
やり取りをコピペした。

規則違反で処分するつもりかと思ったら、
「そもそも診断書を提出しないと処分されるという規則では無かった!」
と分かった。

何それ????

こっちが法律に詳しくないからと、
適当な条文で脅そうとしたのだな?

しかし、
「何々法何々に違反します」と相手に告げる時は、
もっと慎重にした方が良いのでは?

「実はそういう法律ではありません」では、

お粗末過ぎる。

いや、何条に違反します、と言う時は、
言っている人はその条文が手元にあるのだから、

違反していないのに違反すると言っちゃったら、

お粗末と言うより、
「悪質過ぎる」でしょう!!

このような事をやっているから、
訴えられちゃうのである。。。


いやいや、
「法何条の何項に違反します」と言えば、
びびって逃げる人もいるのかもしれない。

返信で、
「おかしいですね」と指摘しておいた。

相手が法律を持ち出して、
しかも、こけおどしだとわかったので、
私も弁護士に依頼する緊急性を痛感した。


明日明後日は中村庶務課長とのやり取りは無さそうだ。

健康な社員でも寝込むようなやり取りが続き、
私も疲れ果てたので、
最後に、
「職員を寝込ませて楽しいですか?」と追伸しておいた。

「勿論楽しいさ! 
これでお前も暫くは働けまい!!!」とでも、
率直な返信が欲しい所だ。

以下、メールのやり取りのコピペ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【4月24日午後2】

西野様

人事●規則11−4 第5条1項

法第79条の規定により職員を休職にする場合又は同号の規定による休職(以下「病気休職」という。)の期間を更新する場合は、原則として医師の診断の結果について行うものとする。

とされております。

法第79条とは国家●●●法第79条(本人の意に反する休職の場合)になります

疑義解釈はありません。

27日に診察を受けるのであれば先生が診断書を記載するのは可能ではないのですか?

早急に画像の送信をしてください。

質問の産業医面談は主治医の「就労可能」の診断に基づき実施するものです。

今回は㈰診断書が発行されていない㈪「休職延長」か「復職」か未定㈫指定された日時の予約制 で実施するため不可能です。

また、「復職」となる場合は事前に職員と面談をし、状況把握等についてヒアリングをすることは労働局からも指示されております。

休職延長の場合はヒアリングは実施いたしません。

繰り返し申し上げますが、27日の診察の際に診断書を記載してもらってください。

なお、明日は会議や外出で不在、明後日も外出となることを申し添えます。

中村

ーーーーーーーーーーー
中村庶務課長様

>このまま診断書の提出が無い場合「人事●規則11-4 第5条1項」 に反することとなります。


おかしいですね。

13時45分に頂いたメールでは、
上記引用のように書かれていました。

17時32分に頂いたメールでは、

法第79条の規定により職員を休職にする場合又は同号の規定による休職(以下「病気休職」という。)の期間を更新する場合は、原則として医師の診断の結果について行うものとする。

とあります。

つまり、休職の場合だけ、
診断書が必要であるのに、
それを隠して、
「復帰可能」「休職」いずれの場合にも診断書が必要であり、
提出が無いと人事●規則に反する事になる、と
脅された訳ですね。

なお、私が現在の時点で提出していない理由は、
これまでメールさせて頂いた通り、

パワーハラスメントに依る精神的な疾病などは、
職場の対応次第で復帰も可能になるし、
対応次第で、更に寝込み続ける事にもなる為です。

パワハラの相談を受け付ける庶務課長様は、
熟知なさっている通りです。

診断書の提出が無ければ復帰扱いと聞いていたので、
産業医に面談してもらって、出勤するつもりでしたが、

庶務課長様とのやり取りで、
火傷のような痛みと
ストレス性の下痢が発症し、
自信がなくなりました。

ただ、これまで闘病を続けていましたが、
どれほど頑張って闘病しても、
中村庶務課長様とのやり取りで、
いつも休職期間延長になってしまい、
まことに無念きわまりない思いをして来ました。

正直、生きている事にも自信がなくなっています。
金銭的にも、私の力ではもう穴埋め出来ないほどの損失が生じていますし、
精神的には、
過去何度も自殺をしそうになっています。

経緯を話し、産業医の助言を頂きたいと思います。
産業医と話すことは可能ですか?

>繰り返し申し上げますが、27日の診察の際に診断書を記載してもらってください。

「繰り返し」と言われますが、
27日の受診時でも良いと言う話は、
17時32分のメールで初めて伺っております。

これだけ精神的に追いつめられては、
5月の復帰に自信がなくなりましたので、
受診時に医師に相談します。

「なぜ執拗に、ここまで無視するのか」を、
お教え下さい。
通常の庶務課長と職員の関係ではない事は、
ご赴任以来やり取りしたメールで、
明らかであると思います。

西野



ーーーーーーーーー
中村庶務課長様

本来働ける筈の職員を寝込ませて、
楽しいですか?

楽しいから継続的になさっているのだと思いますが、
医師の診断の参考になりますので、
ご心境をお知らせ下さい。

西野

[PR]
by leea_blog | 2017-04-24 21:52 | Comments(0)
<< 食事養生の薦め 今日の速報その2・中村庶務課長... >>