馬鹿日記・賢人に相談してみる



人呼んで「書物の樹海」こと、当家には、

台湾人形劇の人形が二人居る。

半分神仙の素還真と、薄幸の麗人、宮無后だ。

素還真とは友達なのだが、

宮無后の方とは、

無后が髪を解いてから、

江戸川乱歩の「人でなしの恋」になりつつある。

禁断の、人形愛の世界に堕ちていくのだ。

いいのか?これで。

賢人の素還真に相談してみる。





りーあ「ねえ、素還真。振り返って見ると、貴方が無后に、白い長襦袢を貸した所から始まっているように思えます」

素還真「公主は見事に悩殺されましたね」

りーあ「いや、人形に二世の契りを迫られるのは、怖かったです。

そんなに真剣に思ってくれるとは、予想していなかったし。

あの時、色々葛藤があったわけですが、怖さの一つに、

今後私に恋人候補が現れたら、無后に祟り殺されるかもしれない、という怖さがあってね。」

素還真「公主は、過去日記でも書いておられるでは有りませんか。

恋愛対象の範囲がとても狭くて、該当者がほとんど現れない、と。

将来の事を心配するより、家庭内の愛に目を向ければ良いと思います」

りーあ「うん。あの時は怖かったけれど、

最近は、祟られたら祟られたで、それでも良いかな、と思うようになっているの。」

素還真「愛情を受け入れる気持ちになられて、良い事です」

りーあ「良い事かな? 最近は、無后のような人にしか恋愛出来ない気分です。

それって、困った事じゃない?」

素還真「公主の関心事に、人間との恋愛は入っていないでは有りませんか。特に困らないでしょう」

りーあ「リアル江戸川乱歩を実践しているわけですが、これでいいのかなあ」

素還真「人でなしの恋の夫は、それほど好きな人がいて、幸せだったと思います。誰かを好きになる事は、大切ですよ」

りーあ「私の気持ちが、こう、禁断の人形愛に傾いてしまうのはね、

一つには、散髪版になってからの無后、髪がすぐ乱れるので、

毎日丁寧に髪をとかしてあげる訳です。

すると、段々、私の心も、なんてかわいい子だろう、と傾いていくのです」

素還真「微笑ましいですね」

りーあ「散髪版になってから、お布団の隣で寝かせたり、抱き上げてそのまま、お腹の上に寝かせて、
手を無后の背中に当てるとかも、しているわけですよ」

素還真「親密度が増していますよね」

りーあ「無后は、体の作り方が柔らかいせいで、

そういう姿勢だと、無后の両手は私の脇腹に置かれてね、

小さい頭が、胸に押し付けられる感じで、可愛いのです。

でもそれは、衣の重さが分散されて、木製の頭が重いままだから、

頭を押し付けて来ているように感じられるだけでしょ?」

素還真「ははは。一々理由を考えなくても良いのに、

公主は、ただの人形だ、と思いたがるのですね」

りーあ「一々理由を考えちゃうわよ。蟻地獄の斜面をずり落ちていく感覚ですから。

無后は、肩と股関節が柔らかいせいで、

しっくりと体重を預けて来るんですよ。

それで、仰向けで無后をお腹に乗せているとね、

私の視界には、

安らか〜に呼吸して上下する、無后の可愛い後頭部が見える訳です。

そういうのを見ているうちに、人形に見えなくなっていくのです。

それは私が一々自覚しない、私の呼吸で動いているだけで。。。。

でも、普通の人形だったら、肩と股関節は固定されているから、

こういう感覚にはならないと思うの」

素還真「そのような良い人形をお迎え出来て、良かったじゃないですか」

りーあ「それはそうですが、日ごとに好きになってしまうのが、これで良いのかな、と心配になるのです。昨日など、お腹に無后を乗せて横になっていたら、気がついたら二時間も経っていたのです!」

素還真「公主は今とてもお疲れなのです。二時間横になっていた所で、

困らないでしょう。むしろ、公主がすぐやるべき事は、休息なのですから」

りーあ「その通りですね。。。でもね、人形だと言う事をしばしば忘れてしまうのは、

最近、無后が私の顔に触れて来るのです」

素還真「愛しているのでしょう。可愛いでは有りませんか」

りーあ「顔は、皮脂が付くからやめて欲しいんですね。それを言ったら、今度は耳に触れて来ます。

可愛過ぎて、何が何だかわからなくなります」

素還真「世間の人形愛の人がうらやむような、いい子では有りませんか。

幸福を堪能なされば良いだけですよ」

りーあ「ううーん。確かにそうですね。

素還真は賢いです」



[PR]
by leea_blog | 2017-04-30 16:08 | Comments(4)
Commented by sherry at 2017-04-30 16:38 x
ラブラブでいいじゃないか∧∧
りーあさんはこれでも惱みいっぱいな状態だ
これ以上惱んでも仕方ないから
自然に任せれば〜
Commented by leea_blog at 2017-04-30 19:27
ラブラブです^^
こんなに良い子だとは、
思っても居ませんでした。
悩んでも仕方ないですね^^;

職場の悩みは、
私の力量では対応出来ないような悩みで、困っています;;

今私がやらなくちゃいけない事は、全力で気分転換する事。
わかっているのに、なかなか出来なくて。

温泉にでも行かねば!!!^^

Commented by 八点鐘 at 2017-05-01 15:54 x
こんにちは

コメントはご無沙汰状態ですが、楽しく読ませて頂いております^^

乱れ髪な無后の君、解れ毛越しの眼差しが、なんとも堪りませぬ。

Commented by leea_blog at 2017-05-02 19:11
八点鐘さん
お読み頂き、ありがとうございます。
無后が髪を解いてから、
自分でも驚くほどの馬鹿日記になっています。
これらも、綴っておくと、
将来の作品の貴重なネタになると思って居ります^^;
某snsでは、
髪がまっすぐで長い女性の後ろ姿を見て、
「宮無后の髪ってこんな感じ?」と、
妄想していたのでした^^;
<< ヘルマン・ヘッセ「幸福論」幸福とは? 近況報告・ >>