冷蔵庫と洗濯機が使えない状態・職業、旅人



今朝の天気予報に依れば、

東京の最高気温は、28度で、

最低気温は14度。

一日の気温の差が、

14度もある!

皆様、体を壊さないように気をつけましょう。

e0016517_19395078.jpg
冷蔵庫の一番上の扉にまで達している、再読用書物。
野菜室や冷凍室を使うには、本の山をどけなくてはならない。
その為、せっかく大きな冷蔵庫が有るのに、
実質、冷凍室と野菜室は使っていない。

ちなみに、洗濯機の上にも、絵や額や画用紙や何やが積み上げられており、
どけるのは重労働だ。

普段の洗濯は、洗濯機を使わずに、
浴室で手洗いをしている。

タオルケットなどの大きなものや、
衣替えの時しか、
洗濯機が使えない。


こんな生活になると分かっていたら、

小さい冷蔵庫で良かったし、
洗濯もコインランドリーで良かったかも知れない。


こんなに本や絵が有って、
幸せなのか、
日常生活を破壊されて悲惨なのか。

世間の人から見たら、
「ゴミ屋敷」に見えるであろう。





今日は医者の日だった。

ところで、医師は、

黄金週間に香港に出かけたとの事。

寒い所が好きな医師としては、

湿度が高くて暑い香港より、

アラスカ辺りの方が好みとの事だが、

彼女さんの趣味で、香港に決定したようだ。


しかも、彼女さんの意向で、

ペニンシュラホテルに泊まったとの事。

ホテル代が高いので、LCCを利用したとの事!


医者なのにLCCかっ!!!!

びっくりするほど庶民的である。



ちなみに、私はまだLCCを利用した事がない。

深夜とか、早朝とか、変な時間に発着しており、

私の体力では対応が難しいのと、

飛行機が遅れたり飛ばなかったりキャンセルされた時には、

英語力と交渉能力が必要なので、

どちらも自信がない私には、

それほど便利には感じないのと、

何より、座席が狭いらしいので、

歳をとってエコノミークラス症候群になりやすい私には、

広めの座席が必要な為、

LCCは安かろう悪かろうにしか見えないのである。


普通の航空会社を利用するメリットは、

「何か有った時にしっかり対応してくれる」点である。

以下、いざという時に良かった体験をざっと挙げてみよう。

  ↓




飛行機が遅れて終電が無くなってしまった時には、

タクシー代を出してくれたし、

スーツケースが壊れた時には、

無料で修理してくれたし、

出発が遅れる事が早めに分かっている場合は、

メールだけではなく電話でも教えてくれるし、

今もそういうサービスが有るのかは不明だが、

飛行機が遅れて乗り継ぎ便が出発しちゃった時には、

豪華なホテルを一泊無料で提供されたし、

職場には飛行機が遅れて帰国が一日遅れる由を、

ファックスしてくれたし、

決められた年休で定時に出発して定時に帰国する事が重要任務の勤め人としては、

LCCを利用するメリットがほとんど感じられない。


三時間乗っていると、足がパンパンに張って来て痛くて、

通路でストレッチをしなくてはならない私としては、

座席の間隔が狭いLCCは、嫌である。


そうはいっても、一度位は、話の種に乗ってみたい。



話は戻って、ペニンシュラホテル。

大変豪華だったそうだ。


この豪華さなら、むしろ安い、と思えるそうだ。


うむ。

私は、バンコクでペニンシュラに泊まった事が有る。


日本で箱根の富士屋ホテルに泊まるくらいの値段で泊まれたのだ。

一度は体験したい、と泊まってみた。


バンコクのペニンシュラは、

リピートしたい気持ちにならなかった。

私が高級ホテルに期待する、

おもてなしのきめ細かさが、全くなかったのだ。

あとは、主なお客さんが、

大声で騒いでいたり、

マナーが酷かったりで、

高級ホテルに泊まっている気分になれなかった。。。。。

ルームサービス担当担当者は素晴らしかったし、

清掃担当者もとても良かった。

それ以外は、接客も全然だめだった。。。。

だいぶ昔の話なので、

今は違っているかも知れない。

が、良くない印象を持つと、

また利用したいとは思わない。

商売は、信用が大切である。





それはそうと、香港は近いのに、

まだ一度も行っていない。


トランジットで降りただけだ。

日本から乗り継ぎ地の香港に着いただけで、

疲れ果て、食欲もなく、

困ったが、

さすが香港で、

空港内には、体力を増進してくれそうな食べ物、飲み物が沢山あった。


亀ゼリーと、

高麗人参のお茶と、

そういう類いのものを摂取したら、

血行が良くなって、

無事旅を続けられた記憶が有る。



話題に出たので気になって、

ペニンシュラ香港の宿泊料金を検索してみた。


むむむ。

今の私の経済力では、

泊まりたいとは全く思えない値段であった。

しかし、富裕層からみれば、

このお値段なら、お値段以上に見える筈だ。


香港。

ところで、

拙ブログにコメントを下さった方のブログで、

東日本大震災の時に、

香港の方々が応援して下さった様子を知り、

とても胸が熱くなった。

多くの、見知らぬ方々の善意に、

支えられているのだ、と、痛感する。

そうした善意は、すべて、

見返りを求めない、

無償の善意であり、

貴いものである。




そのブログに張ってあるリンクを辿ると。。。。

余談になるが、

台湾人形劇の、PILIの漫画シリーズが、あった!!!

長い!

中国語は出来ない私だが、

漫画なら、DVDと違って、

セリフの字幕がすぐ消えてしまう事はない。

辞書を引きながら読めるのではないだろうか????

と、

大変気になっている次第である。











[PR]
by leea_blog | 2017-05-11 20:45 | Comments(11)
Commented by sherry at 2017-05-12 09:22 x
28-14度=”= 温差激しいですね
来週月曜行くけど、
りーあさん、夕食を一緒に食べにいかない? ^^
Commented by leea_blog at 2017-05-12 13:50
台湾からみると、東京はまだ涼しいと思えるかもしれません。朝夕は冷えますので、薄い上着があると良いですね。

夕食、行きます行きます!!!
何処でどんな料理がご希望か、
教えて頂ければ調べますよ〜
Commented by sherry at 2017-05-12 19:47 x
メールした^0^
Commented at 2017-05-14 14:30 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leea_blog at 2017-05-14 22:32
内緒のコメント、ありがとうございます。
そうですよね。
東日本大震災のチャリティーの件は、
報道されていない素晴らしい話を、
偶然ネットで知る事が、いまだに多いです。
是非情報発信して下されませ。

ええ〜、霹靂漫画、フルカラーなんですか!!!
それは豪勢。

えええ〜、
中国語辞書って、発音で引く物だったのですか。
そういえば、日本の漢和辞典もそうですよね;;

今までどうしていたかと言うと、
ネットで、単語や動詞など、簡単なものを、
中国語翻訳で検索していました。
漢字を入力して、中国語翻訳で検索していたのです。

手書き入力、必須っぽいですね。

とても参考になりました。
私のレベルですと、まずは、
簡単な中国語入門書でも読んだ方が良いかもしれません。

以下、貴ブログの、感想をここに書かせて頂きます↓

ブログのイタリア料理が素晴らし過ぎました。
それほど感動出来る食べ物に、近頃出会っていません。

あと、肉を食べて血行が良くなったお話、
重要です!
そんなに短期で結果が出るなら、
貧血気味の人は、
早速実行して欲しいです〜

私も、似たような肉効果の体験が有ります。
菜食にしようかな、と、
普段の生活は、タンパク質は、
卵と納豆で採っていた私。

ある時、急に肉が食べたくなり、
何日か続けて食べたのです。
髪の毛に、劇的な変化が出ました。
カラーリングのせいで、
パサパサで、
指通りが悪かった髪が、
滑らかな指通りになったのです!
びっくりでした。

肉食って、必要なんですね〜


Commented at 2017-05-15 05:07 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leea_blog at 2017-05-15 10:39
おはようございます。

本の中身、拝見!
どういう物か分かって、嬉しいです!
ありがとうございました^^

想像していたより、豪華です!
夏までに購入予定です〜^^
Commented at 2017-05-15 13:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leea_blog at 2017-05-15 21:21
私の為にアップして頂いたようで、ありがとうございます!
恐縮しています。
とても参考になりました。
思ったより豪華で、素敵でした^^
Commented at 2017-05-15 23:51 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by leea_blog at 2017-05-16 17:29
なるほど!
お心遣い、感謝いたします^^
在庫のみでは、
夏まで待たずに早めにゲットしないとですね。
色々ありがとうございます^^
<< なまめき。・若後家さんという言... 谷崎潤一郎「麒麟」あらすじ・孔... >>