真珠月が近づいている・あざらし体型


六月は私の誕生月だ。

日頃自分に厳しい私だが、

六月は、

「真珠月間」と称して、

自分に甘く、を心掛けている。


早めの誕生日プレゼントをもらった。

e0016517_20125140.jpg
e0016517_20125653.jpg
ヘアコームだ。

夏は、髪をアップにする道具が必需品。

上品な色で、

私の持っている大抵の服に似合う色のヘアコームだ。

私の髪の色とも合う。



今日は、友人に誘われて、

バーゲンに出かけた。


激太りで、

持っている服が入らなくなった私としては、

服を補充しなくてはならない。



試着室で、青ざめた。

どんなに素敵な服を着ても、

着ている人が酷い体型だと、

醜いのだ!


ポチャ体型の人でも、

均等に健康的に肉がついているなら、

それは美の一つだが、

私の場合は、

いかにも血行不良と運動不足が原因の、

醜さだった。。。。


とほほ。。。。。


西洋の服なんか着ようとするからいかんのだ、

こういう時は、和服だ〜、と、

叫びたくなった。


いや〜、

和服は、日本の気候に、凄く合っている、

素晴らしい伝統衣装だ。

湿度が高く不快な夏になると、

浴衣の、すうすうと風が入って来るあの感覚が、

とても快適だ。

冬は冬で、

冷えやすいお腹をしっかり帯が暖めてくれる。



とはいえ、

私は会社員である。

会社員は、通勤には、「会社員らしい服」を着なくてはならない。


伝統衣装で、

「おはようございます、今日は暑うございますね」、

と出勤するわけにはいかんのだ。


ちなみに、幾ら愛していても、

布袋戯の人形と同伴出勤する事も、

ヒラのOLには許されていない。



話は戻る。


試着室で、自分の体型に直面した私は、思った。


「これは、もう人間の体型ではない。

動物の体型だ。

例えば、あざらし!

シャチ。

牛。



神々が私を哀れんで、

私を動物に変えて、

もう悩まずに自然とともに暮らせるようになさろうとしている、

変身物語の途中過程の体型なのではないか?!!!」



「いやいや、引き籠もって悩んでいるからそういう体型になっただけだよ」

と、無慈悲な突っ込みを自分にしながら、

あたかも煙の揺らめくように

プリーツのチュールが揺れるスカートを買った。




[PR]
by leea_blog | 2017-05-26 20:38 | Comments(2)
Commented by sherry at 2017-05-27 21:43 x
こんばんわ〜羽織の写真を撮ってみました^^

そろそろお誕生日か
おめでとうです、
素素と無后と一緒に楽しく過ごしてね〜
Commented by leea_blog at 2017-05-27 22:53
見ました^^
まるで、どこかの国の王侯のように映っている^^
似合いますね〜

ありがとうございます、
素還真と無后と、三人で誕生日を迎えられるのが、
嬉しいです〜
<< バカップル画像・その2 無后の輿入れは大変だった・七月... >>