江戸川乱歩「百面相役者」 乱歩さんの語りの妙。



拙ブログでは、

幻想文学を中心に、

堅苦しさを排除して、

「偏った名作」を紹介しております。


通りすがりの方々にも、

文学の面白さに、触れて頂きたいと思う次第。



さて、

今日は、江戸川乱歩の短編、

「百面相役者」です。


人面を剥いで面とし、被り、役者をするという、

これまた極まった不気味な趣味の話です。


人面を剥いで被る、というと、

アメリカのホラー映画、

「悪魔のいけにえ」に出てくる、

レザーフェイスを思い出す方も多いでしょう。

アメリカに実在した、猟奇殺人鬼がモデルになっています。


さて、日頃様々な報道に接しておりますと、

狂っているとしか思えない事件が沢山あります。

(猟奇に限らず!)


私も、若い頃は、

「現実の方が創作を大きく上回ってしまっているのではないか?

純文学に、今更何ができるのであろうか?」

と、思った事があります。


しかし、文学は、「文字を通して語る」あるいは、

「文字を通して語り直す」、という、「語り」の道であります。

テーマやアイデアがいかに優れていようとも、

文章が上手でなければ、読み進める事が出来ません。


逆に、文章が優れていれば、

目新しいテーマではなくとも、

読むに値する視点を提示出来ます。


例えば、「生きるとは、死ぬとは?」、

「愛とは?」、「美とは?」、「真実とは?」、

などというテーマは、大昔から世界中で繰り返し書かれたテーマです。

しかし、古くさいどころか、おそらく千年経っても、

くり返し問われ続ける事でしょう。


横道にそれました。

話は戻って、江戸川乱歩の「百面相役者」。


これは、オチが余りにつまらないのです。

しかし、再読してみると、

「オチ」を期待するべき作品ではなかったのです。


だましてくれてありがとう、と、

日常に良い意味での活気を注入してくれた、

語り手の中学時代の先輩、Rさんのような存在に、

感謝しなければならない話だったのですね。


さて、語り口の妙の一例として、

本当は冒頭から引用したい位ですが、

冒頭の次のページ位を以下に引用します。


ーーーーー

当時、日曜になると、この男をたずねるのが僕の一つの楽しみだったのだ。というのは、彼はなかなか物知りでね、それも非常にかたよった、ふうがわりなことを、実によく調べているのだ。万事がそうだけれど、たとえば文学などでいうと、こう怪奇的な、変に秘密がかった、そうだね、日本でいえば平田篤胤だとか、上田秋成だとか、外国でいえば、スエデンボルグだとかウイリアム・ブレークだとか、例の、君のよくいうポーなども、先生大好きだった。市井の出来事でも、一つは新聞記者という職業上からでもあろうが、人の知らないような、変てこなことをばかにくわしく調べていて、驚かされることがしばしばあった。

彼の人となりを説明するのがこの話の目的ではないから、別に深入りはしないが、たとえば上田秋成の「雨月物語」のうちで、どんなものを彼が好んだかということを一言すれば、彼の人物がよくわかる。したがって、彼の感化を受けていた僕の心持ちもわかるだろう。

彼は「雨月物語」は全編どれもこれも好きだった。あの夢のような散文詩と、それから紙背にうごめく、一種の変てこな味が、たまらなくいいというのだ。その中でも「蛇性の淫」と「青頭巾」なんか、よく声を出して、僕に読み聞かせたものだ。

下野の国のある里の法師が、十二、三歳の童児を寵愛していたところ、その童児が病のために死んでしまったので「あまりに嘆かせたまうままに、火に焼きて土にほうむることもせで、顔に顔をもたせ、手に手をとりくみて日を経たまうが、つひに心みだれ、生きてある日に違わずたはむれつつも、その肉の腐りただるをおしみて、肉を吸ひ骨をなめ、はた喰らひつくしぬ」というところなどは、今でも僕の記憶に残っている。流行の言葉でいえば変態性欲だね。Rはこんなところがばかにすきなのだ、今から考えると、先生自身が、その変態性欲の持ち主だったかもしれない。


ーーーーーーーーー


さりげなく、「「雨月物語」の中でも、

一番衝撃的な部分を引用してあります。

腐乱死体の肉を吸い、骨を舐めて、全部食べてしまう、僧侶。。。



語り手の話に登場する、Rという人物を語ることに依って、登場人物以外の作者や作品が語られる、という、

入れ子式の、私の好きな構造ですね。

読者はそこに挙げられる作品にも興味をもって読みたくなる。


で、その変な、偏ったことばかりを詳しく調べるRさんという人物、

わ、わたしの事か????

いやいや、乱歩さんじゃないのか?


偏った、変な、おどろおどろしい話をもっともらしく話して人を惹き付ける、

一昔前は、散見された、貴重な人種であり、

また、扱うテーマはそれぞれ違えど、

物語の書き手は、

はたからみれば、そのような人種でありました。


もっと身近な、多くの人が体験しているであろう、例は、

幼い子供に、寝る前のお話をしてくれる、親。


あるいは、小学校などで、

妙に怪談や犯罪の話や、戦争の話などに詳しい子が、

周囲に、語って聞かせる、とか、

昔は学年に一人二人はいました。

今はどうなのかな。

ちなみに、私も、幼少時、

自分の読んだ本を周囲に布教していました。

古典とか、神話伝説、幻想文学が守備範囲でした。




「語る」、「語られる」。


その醍醐味を、わかりやすく語った短編であります。


オチにがっかりするかもしれませんが、




つまり、Rが事件として調べている百面相役者の話が、

Rの作り話だった、というオチですが、


がっかりする所ではなく、

怖い話を作って友人たちに聞かせる子供みたいな、

子供心を濃厚に持ったまま大人になって、

周囲に影響を与えているRさんに、感嘆する所なのです。






[PR]
by leea_blog | 2017-08-08 22:28 | Comments(0)
<< ハローワークでパワハラ・記事。... 江戸川乱歩「押絵と旅する男」あ... >>