馬鹿日記・幸運を人形に感謝。見つからないものも人形にお願いすること。



明日は、睡眠障害の専門クリニックに出掛ける。

初診の予約が、半月以上先、という、

繁盛しているクリニックだ。

睡眠障害に苦しむ人、多いんだね。



ところで。

家の中でものが無くなる事はよくあるが、

ここの所、

人形にお願いしたら出て来た、という事が続いている。


過去日記をお読みの方は、

この人形というのが、

通常の人形ではなく、

一体一体手作りの、

制作者の念も沢山籠っていそうな、

もはや「単なる物体」ではないことをご存知であろう。



見つからなくなった本、

ガルシア・マルケスの、「わが悲しき娼婦たちの思い出」。

「ここに置いておいたはずなのに」、という場所に、無い!

色々探しても、無い!


思い当たる事がある。

自殺してしまうような人形の、

宮無后に、


「無后、男子は90歳まで生きると、

この小説みたいな楽しみもありますよ。

今度読んであげますね」

と、言ったところ。


宮無后「どのような内容ですか」

りーあ「90歳を迎える老人が、90歳の誕生日に、

自分へのプレゼントに、処女を買う話です」


宮無后「。。。

そのような、女の人を馬鹿にした話は嫌いです」



そうだった。。。

宮無后は、極端な男尊女卑の煙都で育ったけれど、

男尊女卑も行き過ぎて、

女性は産む為だけの存在、

死んでも墓に墓標も建てられない、という酷さでしたが、


そういう環境に育っても、

女人への思慕や敬意の気持ちをずっと持ち続けた、いい子なのです。


まあ、確かに、

じじいが金で処女を買おうなんて、

けしからん話です。


ちなみに、

川端康成の、高名な小説に、

「眠れる美女」があります。


これも、高齢男性が、お金を払って、

睡眠薬で眠った少女と時間を過ごす話です。


そして、最近再読しているのは、

谷崎潤一郎の、

「少将滋幹の母」。

  ↑

これは素晴らしいです、近々拙ブログで紹介予定。


「少将滋幹の母」では、

70歳程の大納言が、二十歳程の美しい妻を、

宝物のように愛しています。



「少将滋幹の母」も、

再読している途中で、本が、

見つからなくなった。



ええええ〜!



「わが悲しき娼婦たちの思い出」は最初の方しか読んでいないし、

「少将滋幹の母」は、

大納言の美しい若妻が、引き出物として藤原時平に連れて行かれてしまう、

名場面なのに!!!!!



心当たりがあり過ぎます、

無后にゃんだ。



りーあ「無后、女性をもの扱いしている内容かも知れないけれど、

純文学ですよ、お願い、出して」

e0016517_15083233.jpg

宮無后「そのような話は、読み聞かせされたくありません」

りーあ「わかった、わかった、私一人でこっそり読むから、お願いよ〜」

宮無后「公主がお読みになるのも、無后は嫌でございます」

りーあ「ええ〜???!

いや、あのね、無后にゃん、優れた文学は、ですね、

毒にも薬にも、なる、という訳で、

ショッキングな設定だからといって、

女性を物扱いするのが趣旨なのではなくて、、、、

えーと、女性の優れた魅力を、むしろ描き出す、というか〜」


宮無后「知りません。そのような老人たちがこの世から消えれば良いのに」


りーあ「もっともです、もっともです。

男子は90まで生きればこういう楽しい事もある、なんて軽口叩いた私が悪うございました。

軽口、冗談ですよ、本当です。

隠した本、出してよ〜」



と、いうわけで、無后にゃんのお許しがなかなか出ず、

両方の本は、なぜか、

絶対あるはずの場所から忽然と消えて、

探しても探しても、見つからず。


もう、ね、素還真に依頼しました。

りーあ「素還真〜。

私が軽口叩いたせいで、無后に本を隠されちゃいました」

e0016517_15110066.jpg

素還真「公主。無后さんは、多感な年頃なのです」


りーあ「おっしゃる通りです。

反省しています。とはいっても、

純文学ですよ〜????」

素還真「無后さんに話してみましょう」



そしたら。

昨日。

両方とも、みつかりました。


「ここは何度も探した場所だ!」という場所から!!!!


隠しておいた本を、

こっそり元に戻しておいたとしか思えない!


素還真と宮無后に、

お礼を言って、読んでいる所です。


とほほ。

絶対、この人たち、人形じゃないよ。。。。




















[PR]
by leea_blog | 2017-08-14 16:08 | Comments(2)
Commented by さらさ at 2017-08-14 23:48 x
こんばんは。
素還真も宮無后も「動かない人形」の振りをするのを辞めて
思いのままに行動するようになってきましたね(^O^)
もしかしたら気がつかないうちに、戸締まり確認やガスの元栓閉めをしていたり。
「武具の手入れ」と信じて包丁を研いでおいてくれたのかも?

女性蔑視の文学作品は多いながらも、書き手が男性作家のせいか
女性キャラクターが現状に満足しているものも多く、説明が難しいですよね。
破天荒な生き方の芸術家さんも多いですし。
宮無后とは頑張って話し合ってくださいm(__)m
博識な素還真はともかく、宮の愛読書はどういう系統なのでしょうね?
家族にもトラウマがあるし、お勧め本のジャンルが思いつきません(?_?)

DVDの件はお世話になりました。
後日メールさせていただきます。
Commented by leea_blog at 2017-08-15 20:28
> さらささん
こんばんは〜。

DVDライフを楽しんでおられますか^^?

包丁が、長年研いでいないのに、
妖刀村正並みに、指を傷つけずに爪の伸びている部分だけ切り落としたのも、凄い。
研いでいてくれたのか???と、確かに思っちゃいますねー

そうそう、そうなんですよ、
書き手が男性だと、不当な境遇でも、女性は満足しているかのような作品が多いですねー。

特に谷崎潤一郎^^;
あの時代にマゾヒズム小説を沢山書いたのは、目を見張る程の偉業ですが、
現代人からみると、
(あるいは、当時ですら、女性の目から見ると)、
エゴマゾですもの〜。
無后への説明が大変です。

素還真は、近代文学も現代文学も、どんどん吸収して栄養にするタイプですが、
無后には、お薦めの本が、意外と見つからないんです。

トラウマ抱えまくりだったしね;;

何より、私の得意分野の、「神話伝説系・幻想文学系」が、
無后からみると、「別に面白く無い」と見えそうです。

彼の生きていた環境は、異界の人や神仙が普通に沢山居た訳で^^;

無后が楽しんでくれそうな本を、じっくり探していくのも、
私の楽しみにもなりそうです。
<< とほほ日記・睡眠時無呼吸症候群... 雑記・世間はお盆だ。鬱患者の一... >>