馬鹿日記・検査入院終了祝い




ふう。

懸案だった検査入院が終わった。



慈恵医大は、

びっくりするほど親切丁寧だった。

病室は、思いがけず、

東京タワーが間近に見えて、

日頃のストレスを一時忘れた。

新橋駅前では、

古本市もやっていた。

一泊二日だったが、

思いがけず転地療養効果があった。



仕事に出られていた頃も、

「どうしても明日出勤したくない!」と思う事もあった。

そういう時は、

強制気分転換。

都内のホテルに急遽泊まるのだ。

日常を忘れるような空間で、

レインボーブリッジを眺め、

風呂に浸かり、

外食する。

強制的に気分転換して、

翌日はホテルから職場に直行していたものだ。

出費は痛かったが、

働けなくなるよりマシだった。





e0016517_18453666.jpg

検査入院終了を祝う宮無后↑



以前の日記に、

宮無后の顔に血の気が差していておどろき、

目の錯覚だったのか?と思った事を書いた。

衣の紅が、

白い顔に反射して血の気が差しているように見えるのだった。

上記の画像参照。



ところで、

色白の無后と一緒に写る私の手は、

現実を映して、

血色が恐ろしく悪い。

まあ、病人だから仕方が無い。



e0016517_18455267.jpg

上の画像よりも上体を倒して、

私の手を温めてくれている所?

e0016517_18510174.jpg

表情が明るくて柔らかい。


それはそうと、

帽子を被って髪を背で束ねた盛装版の頃と、

まるで別人。

先日、柿餅をお供えしてから、

更に一皮むけて艶っぽい。


お腹の上に座ってもらい、

私は腹式呼吸の練習をしている所。

e0016517_18524838.jpg
盛装版の頃だって、もちろん綺麗だったけれど、

これほど綺麗・妖艶じゃなかった気がする。


やはり、

帽子を頭部に留めてあった長い釘が、

何かを封じ込めていたとしか思えない。



二本の長い釘が、

これでもか!という位、

小さないたいけな頭部に打ち込まれていたんですよ。













[PR]
by leea_blog | 2017-11-07 19:11 | Comments(2)
Commented by sherry at 2017-11-10 19:10 x
おかえり~
どう?検査結果は? =、=
まずい状態でなければいいけど
Commented by leea_blog at 2017-11-10 21:59
> sherryさん
ただいま〜^^
検査結果は、12月に教えてもらう事になっています^^
一ヶ月も先かあ、長い;;
悪い所があれば、今のうちに治しておきたいので、
悪い結果でも、気にならないと思います〜
<< 秋の恵み ぬいぐるみの世界・新井素子「く... >>