温泉の呼び声


今日は医者の日だった。

12月に「強制気分転換」として、
短い湯治を考えているけれど、
経済面で悩むうちに、
もう11月が終わりかけている、と話した。

医師は、大分県民だ。

大分県は、温泉天国のようだ。

別府温泉について色々教えてもらった。

草津や熱海がテーマパークにしか見えなくなるそうだ。


帰宅して、
検索してみた。

「温泉都市として知られる別府は、源泉数、湧出量ともに日本一」(Wikipediaより)。


ほお〜。
日本一でしたか。

ちなみに、九州には私は一度も行った事が無い。


鉄輪温泉は、湯治宿もあるようだ。


しかし、国内旅行は、
宿泊代も交通費も馬鹿高くて、
経費を計算するうちに、
諦めて安い海外に行っちゃうのだ。


試しに、
安い航空券が無いか検索してみた。

現地フリーのツアーの、
ヒット数が沢山あり過ぎて、
見当が全くつかない!!!


別府温泉も選択肢があり過ぎて、
どこが私向けの宿なのか、
見当がつかない!


分かったことは、
LCCをうまく使えば飛行機代はそれほど高くない、ということだ。



ちなみに、
都内から交通の便が良い温泉地だと、
いつでも帰れるだけに、
「家に帰りたい病」が出て、
気分転換ができない。

家を空けると、
「火事になったらどうしよう」、
「泥棒が入ったらどうしよう」、と、
心配になって帰りたくなるのだ。

ン十年生きて来て、
火事になったことがないのだから、
今日火事になる可能性はほとんど無い、

と、理屈では分かるのだが、
全身が引っ張られる感じで、
気分転換が出来ない。

まあ、そんなだから、
引き籠もりになる訳である。


飛行機でしかいけないような場所は、
急に帰れないので、
あきらめがついて気分転換が出来るのだ。

別府温泉は知識が無さ過ぎて当分行かないと思うが、
知識を仕入れようと、
脳が働くのを感じた。

脳が働く、、、
これは、
心を病んでいる人にとって、
重要なことだ。




























[PR]
by leea_blog | 2017-11-25 21:51 | Comments(0)
<< 馬鹿日記 幸福のハードルを下げる 人形怪談集 「人形レストラン」... >>