馬鹿日記・人形のメンテナンス


りーあと謎の愛情生活を送っている、
宮無后ですが、

無事にメンテナンスしてもらえそうです。

ありがたや、ありがたや。



三ヶ月ほどかかります。

三ヶ月も無后が家に居ないのか!!!

さ、さびしい。


ところで、
半分神仙の素還真人形が私と話をしたい時は、
寝かせてある着物の山の上から、
すりすりと滑り落ちてきます。


素還真「公主。無后さんのメンテが決まって、よかったですね」

りーあ「素還真。いつもありがとう」

素還真「お寂しいとは思いますが、
    半年とかではなくて良かったではありませんか」

りーあ「まったくです。。。」

素還真「公主は、来年の7月1日までには仕事に戻りたい、とおっしゃいました。
    逆算すると、
    復帰前の大変な時に、無后さんが帰ってきて、
    公主のお側に侍っていられます。」

りーあ「それを考えると、二月に新婚旅行に行ってから、とかの、
    当初のメンテ計画では、間に合わなかったですね。

    ところで素還真。
    無后を台湾に郵送するか、
    少し遅くなるけれど、
    来月転地療養に行く時に連れて行くかで、
    悩んでいるのです。」

素還真「郵送だと、どの位で届くのですか?」

りーあ「一週間くらいですね」

素還真「それなら、来月お連れになるのでも、
    それほど差はありませんね」

りーあ「確かに。。
    それなら、郵送で事故が無いか心配するより、
    台中まで連れて行きます」

素還真「それがよろしゅうございます。
    転地療養の予定が入っていて、
    ご幸運でございました」

りーあ「転地療養に掛かる出費がかさんで、
    泣きそうです。
    常宿も、値上げになったし」

素還真「公主のいつものパターンです。
    転地療養前になると、
    行く事に後ろ向きな気持ちになられます。
    必ず効果があるとお判りなのですから、
    必要経費だとお諦め下さい。

    無后さん、
    公主を、無事に台湾までお連れして下さい。
    いつもの通り、
    公主が後ろ向きになっておられますから」


宮無后は、昨日から暗い顔です。。。

りーあ「無后にゃん。
    髪の毛がきれいになって、
    あちこち修理してもらえますよ。
    良かったですね」

宮無后「三ヶ月も。。。」


いやー。
世間の人形は、
持ち主の気持ちに添うように、
こういう時は、
「嬉しいです!」とかリアクションをしてくれるのでしょうが、

うちの人たちは、
元々の彼らの人生と性格があるため、
私の気持ちに添おうとか、
特に考えてくれません。

りーあ「無后にゃん。
    人形師さんの所に行くのですから、
    実家に帰るようなものですよ。
    きっと寂しくないですよ。
    私は寂しいけれど」

宮無后「。。。。。
    綺麗になって戻ってきたら、
    公主は、きっと、
    頬ずりも抱っこもしてくださらなくなりそうです」

りーあ「そ、それは。。。
    少しは自重しますよ。
    メンテに三ヶ月も掛かるんだし」

宮無后「大きなお膝に座るのも、
    柔らかな頬に頬ずりされるのも、
    腕を回して頂きながら、
    物語をして頂くのも、無し。。。。。」

りーあ「いやいや、
    全く無くなる事はありませんよ、
    少なくするだけで。
    
    あなた方人形は、
    新陳代謝が無いのですから、
    持ち主があなた方の健康に気を配るのは、
    当然なのです」

素還真「無后さん。
    幸いな事に、
    当初は台湾に郵送するご予定が、
    もうこの時期だし、
    来月公主が直接お店に行く事になりました。
    名残を惜しんで、
    公主と色々お話する時間ができましたよ」

りーあ「無后にゃん。話し合いましょうね〜」

素還真「公主は、年末に向けて、なさる事が沢山あるのですから、
    少しずつ片付けて、
    心置きなく転地療養なさって下さい」





    

[PR]
by leea_blog | 2017-12-18 22:08 | Comments(2)
Commented by さらさ at 2017-12-20 15:33 x
「人形には新陳代謝がない」
確かにそうですね。
霹靂を知ってからは忘れていましたが、そうです。
お迎えしたばかりでも台湾より乾燥している日本の冬なので、人形髪の静電気がすごいんです。
いずれメンテナンスに送り出すことも考えてつつ、人形と同居ですね。
髪のメンテに三ヶ月、手作業なのでそのくらいは必要なんですね。
でもちょっと寂しい(ノ_・。)お気持ちはわかります。
先日の台北で「瀧の湯」も行ってきました。
りーあさんお勧めだけあって効用はすごかったです。
2回お湯に浸かっただけで体が軽くなって、しばらく足も暖かいままでした。
年中無休かと思ったら水曜日は公休日(公休日は必要ですね)で、一度しか行けなかったのですが、行ったかいは有りました。
りーあさんもごゆっくりご静養ください。
宮無后は郵送より一緒に移動の方がお互い精神的に気楽だと思います。
Commented by leea_blog at 2017-12-20 17:00
さらささん
霹靂を見慣れていると、
新陳代謝がいかにもありそうですよね〜。

髪、乱れやすいでしょう?
画面の中では、
あんなになびきまくっているので、
実際お迎えしてみると、
こんなに繊細な髪なんだ、と、
驚きます。

謎なのは、無后は、
一緒に遊んで乱れた以外に、
自然に縮れ絡まった髪の部分があるのです。

素還真の髪は、そんな状態にならないので、
髪の素材の質?に差があるのかもしれません。

綺羅さんとお幸せに^^

瀧之湯、行かれましたか〜!
凄く効くでしょう。
あんな良泉が台北市内からMRTで行ける場所にあるなんて、
台北凄い!

烏来も、
温泉はお薦めなんですよ〜
瀧之湯とはまた違った泉質で、
新陳代謝が促されて、からだが軽くなります。

瀧乃湯、サイトを見ると、
以前は年中無休でしたが、
改築してから、水曜定休になったようです。

ありがとうございます。
1月は雑念を払って、
養生してきます〜
<< 慌ただしい年末 人生の伴侶 >>