冬至 そして煩悩・着物の美は職人の魔術


今日は冬至だ。

1年で一番昼が短い日だ。

明日からは、
一日ごとに昼が長くなる。

寒さも厳しくなってゆくのだが、
外が明るくなって来ると、
心も晴れやかになってゆく。

一月二月は、
日差しの質も変わり、
服も、
春を待ち望む、明るい色が似合うようになってくる。


昨日は医者の日だった。

カウンセラーと、
つい先頃世間を震撼させた、
「富岡八幡宮宮司刺殺事件」の話になった。

以下、デイリー新潮の記事のURLを貼っておく。

年間収入数十億円の「富岡八幡宮」ファミリー 殺人に発展した姉弟の確執


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171221-00534554-shincho-soci

(拙サイトは、セキュリティーの観点から、
直接リンクを貼れません。URLをコピペして飛んで下されたし)


日本刀で襲撃、
犯人夫妻もその場で自殺。

事件そのものも衝撃的だが、

別の意味で衝撃的なのは、
年間収入数十億円云々である。

世間では、
人々が、宝くじ売り場に行列を作る。
「一億当たったら、仕事を辞める」等等、
夢を描きながら、
一生買っても、当たらないのが、
一億円だ。

年間数十億となると、
一生かかっても使い切れない。


正直、それだけ裕福な人は、
芸術の道を探求する喰えない人々を援助したらどうであろうか。

「詩集を出すのに百万ほど寄付を頂きたい」と、
出向きたいくらいだ。

私がもし、宮司の家に生まれていたら、
毎年詩集を出すことも、
毎年個展を開く事も、
可能だろう、と想像したら、
卒倒しかけた。

今生で徳を積んで、
来世は裕福に生まれたいものだ。


まあ、一般の日本人が手に出来ないようなお金を手にしても、
犯人夫妻の心はどす黒い怨恨に満たされて、
姉を殺害しただけではなく、
自分たちもその場で死んだ、

という、
共感も同情もしにくい、
犯罪を憎むにしても、
どういう生活なのかが想像出来なさ過ぎて、
ひたすら驚き呆れるしかない。



医者の帰り道、
池袋に立ち寄り、
東武デパートに入った。

「歳末きもの大市
たんす屋まつり」が開催されていたのだ。

君子危うきに近寄らず。。。。

だが、近寄ってしまったのは、
「特別企画 辻が花と佐波理帯特集」の文字が目に入ってしまったからだ。

辻が花は大好きだし、

ネット上の画像でしか見たことがなかった佐波理帯の、
宝石のようなきらめきの、実物をみてみよう、と。

久保田一竹の辻が花に、
目がくらんだ。。。。

帯も着物も、
お値段が立派過ぎる。

百万円とかが、
ポンと飛んでしまう世界である。

しかし、美し過ぎる。

名工が魂を込めて作り上げた、帯、着物の、
ほとんど魔物のような、美。


宝石と違って、
帯や着物は、着れば必ず劣化するし、
着なくても経年劣化するものだ。

そして、その美に引き込まれたら、
お金がいくらあっても足りないだろう。

諸行無常。盛者必滅。

そして、帯も着物も、
一枚だけ持っていれば一生それで満足するたぐいの物ではない。

季節と年齢に応じた、装いの世界に、
はまりこむのはたやすい。


まあ、成人式に着物を作って、
それ以外は特にそそられない、という人も多いだろうが、

私は、着物をまとった時の、
安心感、心地よさを知ってしまった身だ。


そして、
名工が魂を込めた作品の放つ力に、
取り込まれやすい。

美しい着物が美を放っているのを、
感受してしまう体質である。

これは、着物に限らない。


「私の餓えを満たす美しいものは無いかな」、と、
無意識に探しており、

獲物を探していた「美」と、
目が合ってしまう、という感じであろうか。


物欲とも、
ちょっと違う。

「美」とは、物から放たれていても、
物ではないからだ。


着物は、
私のように資産が無い者は、
近づいてはいけない世界だ。


あまりの美しさに頭がくらくらしながら、
会場から退散した。


私が上記宮司の家に生まれていたら、
この着物も帯も、
「手が出ない」とは感じないのであろう、
と、思うと、

もともと数学が苦手な私の頭は、
違う世界に行ってしまった。

家に帰ってからも、
着物と帯の色彩の幻影が、
まなうらから離れなかった。


宮無后を膝に抱いて、
ほっと息をついた。

ようやく現実に戻ってきた。




















[PR]
by leea_blog | 2017-12-22 16:22 | Comments(2)
Commented by sherry at 2017-12-22 21:26 x
晚安--りーあさん
私も着物の画柄大好き^^
(服ほしいわけじゃない)

お金持はお金多すぎたこそ、
不幸になったのかもしれない
どの道、我々と無縁の世界です

自分の小さい幸せを一生懸命守ります
それこそ、私達の現実世界です

年末は忙しくて
あすまた店番です^^。。。
Commented by leea_blog at 2017-12-22 22:03
sherryさん 晩安〜^^

ほとんどの人はお金の無さで苦労するんだから、
お金持ちが幸せになるには、
心の持ち方を変えれば良いだけ。

この事件は、
本当に自分に無縁過ぎて、
あっけにとられました^^;

小さい幸せ、頑張って守って行きましょう!

端から見ると小さい幸せでも、
私たち自身から見れば、
結構大きい幸せ。

霹靂と出会ったのも、
私にとって、
大きな幸せ^^

年末に向けて、
sherryさんも健康に気をつけて〜。
<< 聖夜。 慌ただしい年末 >>