接続不能とひそやかなインターネットカフェ

e0016517_23135191.jpg
↑ 伊豆山中【滝の水】撮影/りーあ

先週、いきなりネットに接続できなくなった。青ざめた。大変な日々だった。

普段はパソコンは持ち腐れ状態で、アナログ脳宣言をしているワタクシだが。
気づかぬ内にパソコンが無いと困る生活になっていたのを知った。

 まず、金融機関の残高照会、各種振り込み、カードの請求金額予測チェックができない。ニュース、天気予報や電車乗り換えなどの日常的なチェックができない。調べ物が一切出来ない。例えば、ネット接続出来ないのでプロバイダに電話しようとしても、プロバイダの電話番号はいつもネットで調べていたため、わからないのだ。
 夕食を作るにもレシピはネット検索だし。

 上記だけならまだ良かった。折悪しく、ネットオークションには問い合わせの多そうな商品を出品していたのだ。アマゾンにも売れそうな本を安値で出品しているし。
 落札されたら大変だ。出品者の大変な状況を知らない落札者様が怒って出品者の評価を「大変悪い」にしたら、これまで積み重ねた良い評価が水の泡ではないか。

 エンジニアな知り合いに緊急電話を掛け、プロバイダの電話番号を調べてもらい、問い合わせた。すぐには復旧しないことが判明した。

 ああー、どうしてくれるのだ。こら、ナメてるのか、プロバイダ。ネットで何でも出来るようにして、私のようなアナログ人間までどっぷりネット依存にしておいて、すぐに通信を回復させられないなんて。モデムくらい土日も発送してよ。役所か、キミたちは。いや役所以下だ。官公庁ですら近頃は土曜対応の所が増えているのだ。ワタクシが「土日は発送してくれないなら、待てないから取りに行く」って言っているんだから、取りに行っても良いじゃないのよ〜。

 強烈に憮然として、「私は平日は仕事なので土日に集中してネットを使う用がある。週末にメールチェックが出来ないと大変困る。何か方法は無いか」と聞いたところ。あっさりあった。プロバイダのホームページからログインし、ウェブメールという方法で、メールの閲覧や送信ができるのだという!!!!!!!

 それだけ便利な物を今まで知らなかったワタクシもワタクシだが。IDとパスワードが有れば、世界中のどこのネットカフェでもメールチェックやメール送信が可能なのだった。
 ほぉ〜。すごいですね。とはいえ、自宅や職場を離れた時までパソコン画面に向き合いたく無いけどね。
 いや。「無い」ではなく「無かった」とすべきである。。。。。。

 そんなわけで、ネットカフェに入り浸る日が続いていた。
 ああ。差し迫った事務作業でなければ、良い気分転換になるはずだった。
 高めのネカフェだった為、お洒落で清潔、居心地も良い空間だったのだ。

 黒いフローリングの、照明を押さえた広々とした空間で、手前にオープン席、奥に個室が並んでいる。スリッパ、毛布、インターホンなどが無料貸し出し、各種ソフトドリンクが自由に飲めて、ゲルマニウム温浴やタイマッサージ(この二つは別料金)、ダーツやビリヤードのスペースもある。もちろん男女別シャワールームやフードサービスもあるから、終電を逃した人は始発までの何時間かを、ホテルより有益に過ごせるかも知れない。

 ワタクシはマッサージチェア付き個室を取って作業していたが、パソコンとテレビがあるので、ヒーリングビデオなどぼーっと見ながらマッサージし、考え事にふけることも可能だ。喫煙フロアと禁煙フロアがホールを隔てて別れているため、煙草が苦手な人も安心して長時間滞在できる。

 マンガにもインターネットにも関心無い人でも大丈夫。おびただしい各種雑誌、新聞、売れ筋絵本も置いてあるから、読む物が無くて困ると言うことは無い。個室も充実しており、マッサージチェア付き以外には、座敷形式や書き物が可能な机付き、ペアシート、Mac用もある。

 原稿作成にも使えそうだ。

 インターネットカフェにはほとんど縁がなかったワタクシだが、ちょっと感心してしまったのであった。

これがもっと進化すると、テーマパークタイプも出てきそうだ。
 メイド&執事インターネットカフェとかも出てきそう。疲れたOLが報告書作成で立ち寄ると、執事の恰好をした店員が「お嬢様、お帰りなさいませ。マッサージになさいますか。お食事になさいますか。それともお仕事をお片づけになりますか」とやるのだ。
 疲れたりり山用には、海際の別荘風の個室で鹿の首に腕を回し、膝に兎をのせながらパソコンに向かえるタイプをお願いしたい。
[PR]
by leea_blog | 2006-11-29 23:12 | Comments(0)
<< 秋 火の燃える古民家 旅人の時間が日常に流れ込む—「... >>