ネパールの少女生き神、クマリの事

ネパールの少女生き神、クマリをご存知だろうか。
試しにkumariで画像検索をしてみてほしい。言葉を失うような神々しい少女神らのブロマイドにお目にかかれる。

クマリを知らない人は、早速検索。
『検索してね』ばかりでは不親切、フリー百科事典のウィキペディアからコピー&ペーストした。
--------------------------------------------------------------------------------------------
クマリ(Kumari、Kumari Devi)はネパールに住む女神クマリの化身である。密教女神ヴァジラ・デーヴィー、ヒンドゥー教の女神ドゥルガーが宿り、ネパール王国の守護神である女神タレジュの生まれ変わりとされており、国内から選ばれた少女が初潮を迎えるまでクマリとして役割を果たす。中には初潮が来ず、50歳を過ぎてもクマリを務めているケースもある。

カトマンドゥのクマリの館に住むロイヤル・クマリが最も有名であり、国の運命を占う予言者でもある。 クマリという場合、概ねロイヤル・クマリを表す。(ネパール国内の村や町にも多数存在するクマリはローカル・クマリと呼ばれている。)

2001年7月10日に当時4歳で選ばれたPreeti Shakyaに替わり、2008年10月7日に当時3歳で選ばれたMatina Shakyaが現在のロイヤル・クマリである。

9月に行われるインドラ・ジャトラの大祭ではクマリが主役となり、ネパール国王がクマリの元を訪ね跪き祝福のティカを受ける。

顔は額から鼻筋にかけて赤い化粧が施されている。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%9E%E3%83%AA
-------------------------------------------------------------------------------


(引用させてもらっておいて申し訳ないが、ウィキペディアで関心を持った事は、必ず自分で裏付けを取る事をお薦めする。ワタクシの詳しいジャンルの記事にいいかげんな部分が多数発見された為である。ネットは便利だが、検証能力は自分自身が育てる物だ)

女人の神性について様々な事を考えるが、クマリの写真を見れば、理屈は置いておいて、御利益ありそうな素晴らしい気配が濃く立ち上っている。

人々に加護を与える為にこの世に転生したクマリ達が民の中から見いだされる。少女神として暮らす日常と人々の信仰の力によって、生き神にふさわしい気配を身につけたものなので、その辺の新興宗教の生き神さんとはスケールが違う。童女、いや、幼女の頃に伝統的な神の道に入った、その無心さ、非・俗悪さのパワーも大きい。

とはいえ、判断力のない幼児に特殊な境遇を強要するのは、人権的にいかがなものか? 近所の子供と馬鹿な遊びに興じたり、馬鹿なテレビを見たり、ゲームを親に隠れてやったり、馬鹿チャットしたり、草原で一人物思いに耽る事も出来ない。そんな幼児期を過ごして、成人後は普通の生活を送れとは、むごいではないか?

いやはや。取りあえずは年金により生活は困らないのだ。他の人生は、クマリ退任後も、本人さえその気ならやり直せる。どの国でも、生まれながらに自分で選択できる幼少期など、ほとんど無い。親が異常だったり、厳格過ぎたり、子供に暴行したり、監禁したり、捨てたり、自分の理想通りにしようとしたり。はたから恵まれた環境と映っても、本人には地獄、あるいは成人後地獄とわかる、ということはままある。クマリに選ばれなかったらどうだったのか、なんて、クマリの恩恵も受けていない外国人がどうこう言うのは傲慢である。

郷に入れば郷に従え。他郷の神には敬意を払え。

ワタクシが男だったら、「血を吐いて死ぬ」と言われても元クマリを妻にしたい。ああ、これは、ワタクシが男だったら相当な俗物に育っていたかも知れない、という前提の話である。

リンクコーナーに、賢そうな美少女クマリの写真のサイトを追加した。無許可で渡米しクマリ失格になった少女である。

e0016517_21432124.jpg

[PR]
by leea_blog | 2009-01-20 21:28 | Comments(0)
<< 祈りの美 クマリ 立体 スフィンクス 製作中 >>