2017年 02月 12日 ( 1 )

人形の不思議・崩壊してゆく胡蝶瓶



ウチに居る宮無后人形だが。。。


宮無后を家に迎える前に、

胡蝶瓶を手に入れてあった。


大宗師の元で、宮無后が、蝶を瓶の中で飼い、

自由を奪われて愛でられながら死んでゆく胡蝶に、

自分の身の上を重ねていた、あれである。


一年以上を経て、

紆余曲折の末、

宮無后を家に迎えて、

胡蝶瓶を持たせてみたら、

どうもしっくり来なかったので、

放置していた。



そこまでは良いのだが、

胡蝶瓶は、

日増しに崩壊して行くのであった!!!!!


e0016517_10444765.jpg
取っ手が取れ、飾りも剥落していく胡蝶瓶。瓶の左手に、

剥落した飾り。


うわーーーー!

ひどい。

こらー!メイド イン 台湾!

台湾の人よ、もっとしっかり作ってよ!


最初の内こそ、剥落した装飾を接着剤で付け直していたが、

追いつかないので、

放置してあるが、

日増しに崩壊してゆくのであった。


りーあ「それなりのお値段したのに、酷過ぎる」

素還真「公主の家に迎えられたので、

    宮無后さんには、もう胡蝶瓶は必要がない、

    という事でしょう。

     胡蝶瓶は、過去の哀しい思い出に過ぎないのでは」

りーあ「確かにねえ。。。。

    それにしても、あからさま過ぎる崩壊振り。

    無后を迎える前はこんな事は無かったのに」

不思議である。



e0016517_10530370.jpg
せっかくだから、記念に胡蝶瓶を持っている所を撮影。

e0016517_10544786.jpg

瓶の中の胡蝶を取り出して、肩に止まらせてみた。

満足そうな表情です。








[PR]
by leea_blog | 2017-02-12 10:58 | Comments(2)