2017年 04月 13日 ( 1 )

産業医の闇。首切りビジネス。


企業側に都合の悪い社員を辞めさせるあの手この手をネットで吹聴したばかりに、
世間の非難を浴びた社会保険労務士がいた。

辞めさせたい社員を合法的に鬱病に追い込む、とか、
そういう話だった。

社会保険労務士が基本的にどこからお金をもらって成り立つ商売かを考えれば、
氷山の一角であろう。


今日は、ブラック産業医の記事が眼に入った。

ネットの世界は、
過去記事は消えてしまうであろうから、
以下にコピペをしておく。

パワハラやセクハラ等、

企業が事実関係を認めたくない事案で

これから休みに入る人、

休んでいる人、

復帰出来そうな人も、

頭に入れておいた方が良い記事である。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「ブラック産業医が復職阻止、クビ切りビジネスをしている」弁護士が警鐘

弁護士ドットコム 4/13(木) 18:02配信



(https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170413-00005963-bengocom-soci)

企業と組んで、不当な解雇に手を貸す「ブラック産業医」が問題になっているとして、労働問題に取り組む弁護士らが4月13日、厚生労働省に申し入れを行った。

50人以上の労働者がいる事業場は、産業医を選任しなくてはならない。産業医の仕事の1つに、職場復帰の支援があるが、従業員の復職を認めず、休職期間満了で退職に追い込む「クビ切りビジネス」に手を染める者もいるという。

●短時間の面接、主治医の意見聞かずに診断

神奈川県の団体職員だった女性Aさん(43)は、団体内のパワハラやいじめに悩まされ、うつ病を発症。2014年5月に休職した。体調が回復したので、主治医の診断書を添えて復職を申し出たが、団体は復職を認めなかった。産業医がAさんの復職を否とする意見書を出したからだ。Aさんは2015年6月、休職期間満了で退職扱いされた。



この産業医はAさんと30分の面談を1回しただけ。主治医への問い合わせは一度もなく、心理検査もしないで、「統合失調症」「混合性人格障害」など、Aさんがこれまで一度も受けたことのない病名をつけたという。

この産業医から同じような形で、復帰を阻まれ、退職を余儀なくされた人たちはAさんも含め、少なくとも3人。うち1人は別の企業の社員だった。3人はいずれも現在、裁判で退職無効を訴えている。

●「お金を出してくれる企業に迎合せず診断できるのか?」

「この産業医は精神科の臨床経験がない、内科の専門医です。にもかかわらず、主治医の話も聞かず、不合理な診断を下していました」。そう話すのは、Aさんの代理人で今回の申し入れを行った、北神英典弁護士。北神弁護士によると、医師であれば専門にかかわらず、50時間程度の講習を受けるだけで、産業医の認定を受けられるという。

「産業医は10社、20社と掛け持ちすれば、高額な報酬を受けることができます。お金を出してくれる企業に迎合せず、診断を出すことができるのでしょうか。現状は、本人の良心に委ねられているだけで、産業医の中立性、専門性を担保する制度が存在しません」(北神弁護士)



そこで北神弁護士らが求めたのは、次の3点。

(1)復職の可否について、産業医と主治医の判断が異なる場合、産業医が主治医に十分な意見聴取を行うことを法令で義務化すること、(2)法令による産業医に対する懲戒制度の創設、(3)メンタルが原因による休職の場合、精神科専門医でない産業医が復職の可否を判断できないようにすること。

「従業員が裁判を起こして引っ繰り返すことはできるかもしれないが、時間もお金もかかる。本人のメンタルも参ってしまう。きっちりとした制度を作ってほしい」(北神弁護士)
弁護士ドットコムニュース編集部

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

以上。

産業医の報酬がどこから出ているかを考えれば、
当然である。

雇ってくれた企業に都合の良い診断をするに決まっている。

私の復職への戦いの道のりには、
産業医との面談というトホホな戦いも、
視野に入っている。

ウチの産業医も凄いぞ。

「眠れなかったらホットミルクを飲むと良いですよ」と、
闘病歴ン年の私に、
ホットミルクの効用を語るのだ。

ホットミルクで眠れるような人が、
心療内科に掛かる訳無いでしょう。

大体、
普段会った事も無い人が、
二三十分話しただけで、
見知らぬ社員の健康状態を診断出来る訳はないだろう。

特に、メンタルな疾病だったら、
常識的に考えて、
人事部の指示通りの診断結果を出す以外無い。

ウチの産業医も、

短い時間の中で情報提供をしようと私が持参した書類には、

一切眼もくれなかった。

資料にすら目を通さない!!!!

すげー。

失礼ですが、資料すら見なくて、

貴方は何をどう診断しようというのですか????

という感じである。


それで、

あらかじめ決めておいた診断結果に対して、

私に丸を付けさせようとするのだった。

私の説明と異なる診断結果なら、

私が同意の丸を付ける訳がないではないか?

同意させよう、というか、

私の申し立てが最初から産業医の意見通りだった、としようとした。

しかも、断っているのに、

執拗に!

いやいや。断っているんだから。。。。


そのとき、私は冷静さを保てなかった。

「ぶち切れた」のである。

抗議の言葉を述べ、

荒々しく席を立って面談室を後にした。




これらの事に関しては、

詳細を書くときりがない。

要するに、

初対面の産業医が、

メンタルの疾患の社員が復帰出来るか否か、

何時間勤務に耐えられるかなど、

短い面談時間で分かるわけが、

そもそも最初から無いのである!、と言いたい。


医師なら分かるかもしれないじゃないか?

と、思う人は、自分が心療内科に行った事が無いか、

身近に心療内科に掛かっている人がいないから、

想像がつかないだけであろう。



専門家か否かの前に、

そういうのは、常識レベルの話である。

リトマス試験紙で分かる訳じゃないんだから!




人事部が、

「しょーがねーな、復帰可能の診断書も出されちゃったし、

こいつ絶対諦めそうにないし、

取り敢えず復帰させて、

復帰後また嫌がらせして休ませれば良いか」

と判断したら、

産業医の診断も、復帰可能になるのだ。


対策としては、

その場で産業医に、

診断の違法性を指摘した方が良いだろう。


あとは、

パワハラ・セクハラ系は、

そもそも企業側が認めたくない話なので、

病んだ人は、

切り上げて転職にエネルギーを回すか、

どうしても復帰したいか、

しんどいと思うが、

じっくり考えざるを得ないであろう。



私は戦う覚悟を決めているが、

ほとんどの人は、

泣き寝入りして辞めて行くのであろう。



大学受験よりもはるかに大変だった、

今の会社の就職試験。

風呂に入りながらも、

飯を食いながらも、

勉強した。

長年無理難題に耐え忍んだのに、

他人に事実関係を捏造されて、

辞める言われは無いし、


もっと率直に言うと、

辞めたら、

家賃とご飯のお金が出ないのである。


[PR]
by leea_blog | 2017-04-13 21:47 | Comments(0)