2017年 04月 24日 ( 3 )

今日の速報3・中村庶務課長とのメールのやり取りに耐えられない・5


疲れ果てた。

これだけ疲労困憊したら、
出勤出来る社員も、
メンタルで寝込む事請け合いである。

下の方に、本日最後の速報、
「中村庶務課長とのやり取りに耐えられない・5」として、
やり取りをコピペした。

規則違反で処分するつもりかと思ったら、
「そもそも診断書を提出しないと処分されるという規則では無かった!」
と分かった。

何それ????

こっちが法律に詳しくないからと、
適当な条文で脅そうとしたのだな?

しかし、
「何々法何々に違反します」と相手に告げる時は、
もっと慎重にした方が良いのでは?

「実はそういう法律ではありません」では、

お粗末過ぎる。

いや、何条に違反します、と言う時は、
言っている人はその条文が手元にあるのだから、

違反していないのに違反すると言っちゃったら、

お粗末と言うより、
「悪質過ぎる」でしょう!!

このような事をやっているから、
訴えられちゃうのである。。。


いやいや、
「法何条の何項に違反します」と言えば、
びびって逃げる人もいるのかもしれない。

返信で、
「おかしいですね」と指摘しておいた。

相手が法律を持ち出して、
しかも、こけおどしだとわかったので、
私も弁護士に依頼する緊急性を痛感した。


明日明後日は中村庶務課長とのやり取りは無さそうだ。

健康な社員でも寝込むようなやり取りが続き、
私も疲れ果てたので、
最後に、
「職員を寝込ませて楽しいですか?」と追伸しておいた。

「勿論楽しいさ! 
これでお前も暫くは働けまい!!!」とでも、
率直な返信が欲しい所だ。

以下、メールのやり取りのコピペ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【4月24日午後2】

西野様

人事●規則11−4 第5条1項

法第79条の規定により職員を休職にする場合又は同号の規定による休職(以下「病気休職」という。)の期間を更新する場合は、原則として医師の診断の結果について行うものとする。

とされております。

法第79条とは国家●●●法第79条(本人の意に反する休職の場合)になります

疑義解釈はありません。

27日に診察を受けるのであれば先生が診断書を記載するのは可能ではないのですか?

早急に画像の送信をしてください。

質問の産業医面談は主治医の「就労可能」の診断に基づき実施するものです。

今回は㈰診断書が発行されていない㈪「休職延長」か「復職」か未定㈫指定された日時の予約制 で実施するため不可能です。

また、「復職」となる場合は事前に職員と面談をし、状況把握等についてヒアリングをすることは労働局からも指示されております。

休職延長の場合はヒアリングは実施いたしません。

繰り返し申し上げますが、27日の診察の際に診断書を記載してもらってください。

なお、明日は会議や外出で不在、明後日も外出となることを申し添えます。

中村

ーーーーーーーーーーー
中村庶務課長様

>このまま診断書の提出が無い場合「人事●規則11-4 第5条1項」 に反することとなります。


おかしいですね。

13時45分に頂いたメールでは、
上記引用のように書かれていました。

17時32分に頂いたメールでは、

法第79条の規定により職員を休職にする場合又は同号の規定による休職(以下「病気休職」という。)の期間を更新する場合は、原則として医師の診断の結果について行うものとする。

とあります。

つまり、休職の場合だけ、
診断書が必要であるのに、
それを隠して、
「復帰可能」「休職」いずれの場合にも診断書が必要であり、
提出が無いと人事●規則に反する事になる、と
脅された訳ですね。

なお、私が現在の時点で提出していない理由は、
これまでメールさせて頂いた通り、

パワーハラスメントに依る精神的な疾病などは、
職場の対応次第で復帰も可能になるし、
対応次第で、更に寝込み続ける事にもなる為です。

パワハラの相談を受け付ける庶務課長様は、
熟知なさっている通りです。

診断書の提出が無ければ復帰扱いと聞いていたので、
産業医に面談してもらって、出勤するつもりでしたが、

庶務課長様とのやり取りで、
火傷のような痛みと
ストレス性の下痢が発症し、
自信がなくなりました。

ただ、これまで闘病を続けていましたが、
どれほど頑張って闘病しても、
中村庶務課長様とのやり取りで、
いつも休職期間延長になってしまい、
まことに無念きわまりない思いをして来ました。

正直、生きている事にも自信がなくなっています。
金銭的にも、私の力ではもう穴埋め出来ないほどの損失が生じていますし、
精神的には、
過去何度も自殺をしそうになっています。

経緯を話し、産業医の助言を頂きたいと思います。
産業医と話すことは可能ですか?

>繰り返し申し上げますが、27日の診察の際に診断書を記載してもらってください。

「繰り返し」と言われますが、
27日の受診時でも良いと言う話は、
17時32分のメールで初めて伺っております。

これだけ精神的に追いつめられては、
5月の復帰に自信がなくなりましたので、
受診時に医師に相談します。

「なぜ執拗に、ここまで無視するのか」を、
お教え下さい。
通常の庶務課長と職員の関係ではない事は、
ご赴任以来やり取りしたメールで、
明らかであると思います。

西野



ーーーーーーーーー
中村庶務課長様

本来働ける筈の職員を寝込ませて、
楽しいですか?

楽しいから継続的になさっているのだと思いますが、
医師の診断の参考になりますので、
ご心境をお知らせ下さい。

西野

[PR]
by leea_blog | 2017-04-24 21:52 | Comments(0)

今日の速報その2・中村庶務課長とのメールのやり取りに耐えられない・4


昨日、「中村庶務課長とのメールのやり取りに耐えられない・その2」を
アップし、

「その3」を午前中アップし、

その返信が午後有ったので、
私も返信し、
記録の為、
「今日の速報2」として、
コピペしておきます。

なるほど、
一ヶ月近くメールのやり取りをして、
今日の午後になって、
人事●規則違反だと初めて通告して来たのは、
最初から私を規則違反者にするつもりだったのだな、と
納得。

もっと時間に余裕があれば、
さすがに私も、
弁護士に相談に行ったのだが、
遅過ぎる。

ちなみに、
金曜のメールで私の心身の不調がMAXなのは、
伝えてあるし、
午前中のメールで、
火曜の午後と水曜は医者が休みだと言っているのに、

月曜の午後になって、
早急な対応をしなくてはならない無理難題を言われても、
普通の職員でも対応出来ないと思う。

ストレスで体中火傷したように痛いし、
ストレス性の下痢しているのだし、
クリニックは遠いし。

ところで、

診断書が無ければ復職扱いと聞いているのに、
復職に診断書が必要だと執拗に言われるのが、
分からない。

休職を続けるなら診断書が必要なのは分かる。

それに、
主治医の診断書が無ければ、
復職扱いの社員に対しては、
産業医に診断させると思うが、
今日の時点で一向にその話が無いので、
返信で書いておいた。

いずれにしても、
これまでのやり取りでは、
「管理部長の指示」というのは、
中村庶務課長の話でしか無く、
これらがすべて、
中村庶務課長一人の思惑で進められているのか、

管理部長の指示なのか、
だとしたら
「何の為に?」なのか、

もっとざっくばらんに、
「復職されたら職場で局の違法行為の話をされるから、
寝込むようしむけろ」と、
局から指示が出ているのか、

現在今日の時点では、
さっぱり不明で、推測の範囲を出ない。

以下、午後のやり取り

ーーーーーーーーーーーー

【4月24日午後のやり取り】

ーーーーーーーーーーー

西野様

当方は5月1日以降主治医の診断により「休職期間延長」「復職」いずれかの判断を求めております。

「今後の状況確認」及び「4月13日が労働局報告」である旨の連絡は4月上旬に連絡しております。

このまま診断書の提出が無い場合「人事●規則11-4 第5条1項」 に反することとなります。

以前も申し上げたとおり、、診断書が発行されない場合5月1日からは「復職」扱いとなり、取扱いが大きく異なります。

なお、5月1日以降「復職」扱いとなる場合は取扱いを説明をします。

訪問での説明が難しいようであれば電話連絡をいたします。

従いまして27日(木)は同席いたしませんので報告いたします。

診断書が発行されましたら、早急に画像を転送してください。

よろしくお願いします。

中村

ーーーーーーーーー


中村庶務課長様

このまま診断書の提出が無い場合「人事●規則11-4 第5条1項」 に反することとなります。

私は一般の職員ですので、
人事●規則が具体的にどのようなものか、
庶務課長様が教えて下さい。

条文の引用を、お送り下さい。

なお、庶務課長に悪意がある場合の、
疑義解釈等があれば、それもお願い致します。

というのも、
人事●規則等は、
常識の範囲内での庶務課長の対応を前提としたものであり、
中村庶務課長様の赴任以降の休職中の職員への、
継続的な無視は、尋常の対応ではありません。
救済措置がどこかに講じられていると思われます。

これまでのやり取りはメールに保管しており、
また、その都度主治医に相談し、
主治医は記録を取っておりますので、
よろしくお願い申し上げます。

なお、人事院規則云々は、
本日、4月24日の午後に初めて知らされた訳ですが、
これまで隠しておられたのは、
どのような意図かも、
お教え下さい。

一体、今日のこの時間で、
今からどうしろと言うのですか?
貴方とのやり取りに心身が疲れきって、
ストレス性の下痢をしているのですよ?
それはお知らせしてありますから、
ご存知ですよね?


「今後の状況確認」及び「4月13日が労働局報告」である旨の連絡は4月上旬に連絡しております。

連絡を頂いたのは知っており、
勿論、そのつど返信を差し上げております。

中村庶務課長様様からは、一向に御対応がありませんでした。

私からのリアクションが無かったかのような話にするのは、
固くお断りします。

中村庶務課長様の、継続的かつ明らかな悪意で、
心身がもう限界である事は、
21日に既にメールをさせて頂いております。

具体的にどのような症状が出ているかも、
お知らせしていますので、
すでにご存知の通りです。

悪意のある庶務課長とのやり取りは、
一職員にすぎない私には、
精神的なダメージが大きく、
直接局とのやり取りの希望を伝えたのは、
勿論初めてではありません。

何度も申し上げている通り、
局の担当者との直接のやり取りを希望しますので、
担当者のお名前とメールアドレスをお教え下さい。

>なお、5月1日以降「復職」扱いとなる場合は取扱いを説明をします。
>訪問での説明が難しいようであれば電話連絡をいたします。

携帯の通話機能が不調の為、
メールでご説明下さい。
復職の取り扱いのご説明が、
なぜわざわざ、
女性一人暮らしのアパートへの訪問であったり、
記録の残らない電話連絡にする意図が分かりません。

必要なのであれば、
その理由をお教え頂ければ、
対応の方法を考えてみます。

なお、これだけ衰弱させられていては、
残念ですが、口頭で伝えられてもどの位理解出来るか不明です。
メールでお送り頂ければ、
理解出来ます。

ところで、休職していた職員が復職扱いになる場合、
産業医との面談があると思うのですが、
それはどうなっているのですか?

私がこれまで頑張って返信していたにも関わらず、
中村庶務課長様のせいで、
とうとう今日は24日の、
現在14時30分ですし、

現在庶務課長様とのやり取りでストレス性の下痢をしていますし、
産業医が判断すれば良いのではないですか?

早急にご返答下さい。

西野


[PR]
by leea_blog | 2017-04-24 15:08 | Comments(0)

速報・中村庶務課長とのメールのやり取りに耐えられない・その3


もう限界です、という中村庶務課長との、
メールのやり取りの記録、その2を、
昨日アップした。

今日は、その3、午前中の速報だ。

「もう限界だ」と、言っているのに、
相変わらずである。

精神力を振り絞って返信した。

下の方に、
記録の為に今朝のやり取りをコピペした。

庶務課長と管理部長が、
26日、水曜日に私の家を訪問するとの事である。

犯罪被害者が加害者に、
第三者の眼のない所で会うのに準じる為、

22日土曜日に急遽医師に相談し、
医師立ち会いの元で
上司に話があるなら話してくれるよう、
医師から了解を取った。

悪意ある上司が、
女性の一人暮らしのアパートを
二人して訪問する、なんて、
まあ、ちょっと考えられないので、
それはお断りし、
代わりに医師立ち会いの元で、と、
返信しておいた。

こういうやり取りが、
金曜まで続くのかと思うと、
ストレスで体中が焼けるように痛い私としては、
「私の心身が、これ以上持つのかな」と、
今真剣に困っているところだ。

健康なら、こういう時は、
「スッポンでも食べて頑張ろう」と、
精力の付くものを食べに行く所だが、

21日の時点で限界だった私は、
もはや、
食欲が無いどころか、
食事をすると吐き気がする。

どうしてくれるのであろうか?

今週を乗り切るには、
どうしたら良いだろうな、と
考え中である。



ーーーーーーーーーーーー

【4月24日午前中】

西野様

前回も報告したとおり組織の対応となります。従いまして窓口は私となります。

本日は医師の診察が出来ない旨労働局へ連絡しておりますが、既に報告期日は経過しております。

明日迄に診断書の提出が無い場合は水曜日の午後に管理部長と私で訪問する予定としています。

診断書が発行されましたら至急データ転送してください。

よろしくお願いします。

中村

ーーーーーーーーーー

中村庶務課長様


毎回申し上げておりますが、
私の過去に送ったメールを、お読み頂くようお願い申し上げます。

中村庶務課長様が私のメールへの御対応が全くなさらないので、
とうとう、
過去メールに書きました通り、
ストレス性の下痢を発症し、
ストレスのため体中が火傷をしたように痛む症状が出ております。
大変な苦痛です。

どれほど健康な職員でも、
無視され続ければ、
ストレスに耐えられなくなるのは、
パワハラの相談を担当する庶務課長様が熟知なさっている通りです。

幾ら私が闘病に投資しても、
中村庶務課長様とのやり取りのストレスで、
無に帰してしまう。
こうした事が続いて来た訳です。


>従いまして窓口は私となります。

通常の庶務課長と職員の関係であれば、
私もそれに従います。

が、中村庶務課長様が赴任なさって以来、
上記理由で、私は大変なストレスを受けております。
それが、積み重なって、精神的にもう限界に達しているのです。

私が何度も送ったメールに返事を頂けない所をみると、
局には、診断書が上がって来ないのは
自分と管理部長のせいだとは言わず、
西野のわがままかなにかだと報告しておられるのでしょう。
精神的苦痛に耐え得ません。

このままでは、遺書を残して電車に飛び込むか、
抗議の為に焼身自殺をするかになりかねません。

このような状況にかんがみれば、
通常の庶務課長と職員の関係ではない為、

庶務課長が悪意ある人の場合、
弾力的な運用も可能と思われます。

局に問い合わせればいいのではないですか?
それすらしないのですか?

過去メールを読んで頂ければ分かる通り、
私は診断書を期日までに提出出来るよう、
待機しておりました。
期日を経過したのは、中村庶務課長様が、
私のメールを無視し続けるため、
診断に影響が出るからです。

局にこれまでの経緯を説明し、
弾力的な運用をお願いしてみようと思っていますので、
局の担当者のお名前とメールアドレスをお教え下さい。

これを書きながらも、
ストレス性の痛みをこらえております。
ここまでされるいわれがあるのか?

なお、
女性の一人暮らしですので、
ご訪問はお断りします。

仮に一人暮らしではなかったとしても、
これまでのやり取りから、
庶務課長様と、庶務課長様の話に依れば、
部長様の指示であるとの事ですが、
そうした悪意ある上司と、第三者の眼のない所で合うことは不可能です。

それは、犯罪被害者が第三者の眼のない所で加害者と会うのと同様で、
激しい恐怖心しかありません。

そのため、医師に状況を相談、依頼し、
クリニックでお会いする許可を得ました。
今後の診断に大きく影響する事ですので、
お話がある場合、医師の前でお願いします。

何度も申し上げている通り、
私は生活がかかっており、
これまで中村庶務課長様のせいで休まざるを得なかった為に発生した、
金銭的、精神的、社会人としての信用、その他多くの損失を思うと、
激しい苦痛に襲われております。

水曜日は、
クリニックが休みですので、
他の日にお願いします。

ちなみに、木曜の10時にカウンセリングの予定が有り、
その後診察の予約を入れております。
もし木曜日にいらっしゃるのであれば、
木曜日の医師の予約状況をクリニックに確認しますので、
早急にご連絡下さい。

「ご訪問の目的・趣旨」もお知らせ下さい。
医師に伝えます。

なお、月曜日が休診と記憶していたのですが、
問い合わせた所、現在のクリニックは、
日曜日と、水曜日と火曜の午後が休診で、
25日火曜日は、午前中の診断も休みと聴いております。

完全予約制ですので、
早急にご返事を賜わりたく。

西野




[PR]
by leea_blog | 2017-04-24 12:45 | Comments(0)