2017年 05月 24日 ( 2 )

無后の輿入れは大変だった・七月になれば同居一周年

将来設計を考えて脳が疲労したため、

美しいものを張って中和だ。
e0016517_09480178.jpg
e0016517_23364443.jpg

うーむ。

こんなに綺麗な、雰囲気のある人が、

ウチに居る。

しかも、日ごとに、ますます魅力的に見えてくる。

性格も、とても良い子だ。



一年前の今頃は、注文制作の納期をはるかに過ぎており、

「人形屋に騙されたのではないか???」

と、心配しつつ、それでもひたすら待っていた。


出口の見えないトンネルのようだった。

いや、素還真は、

ちゃんと納期に出来上がって、

ウチに来てくれていた。


二年前のゴールデンウィークには、

人形を求めて台湾に行っていた。

高雄のゲストハウスで、オーナーに、

「今日は布袋戯の人形を探しに、

台中までバスで行くんです」と言ったら、

「そんな店に今まで行った日本人は、

5人くらいしかいないんじゃないですか?」と言われた。

観光客が行かないような場所にあるのだ。



うむ。

滅多に無いような災厄に見舞われてはいるが、

滅多に無いような良い事も、有ったではないか。


と、脳を中和する。





[PR]
by leea_blog | 2017-05-24 20:36 | Comments(0)

楽士と会談の事


昨日は、池袋で、

楽士の田中一夫さんと、会談した。

田中さんとは、朗読ライブで、

様々な試みを重ねて来ている。

田中さんは若い頃イスラム圏を彷徨ったとのことで、

私も若い頃はイスラム圏を彷徨ったため、

ライブをするに当たって、

ライブ論が噛み合う。

有り難いことである。


ところで、田中さんは、

最近、会社員を辞めた。

定年ではなく、自主退職である。

長い事、お疲れ様でした。



「りーあさんも、早く辞めると良いですよ」

と、にこやかに言われた。



うむむ、

実行した人から言われると、説得力が有るな。


しかし、私は、

パワハラで寝込むとか、

途中退職する事は、

人生設計の中で全く想定していなかったため、

辞めたら、すぐさま金銭的に困ってしまう。


生活能力が大変低い私なので、

なるべく想定外の困窮に合わないで済む仕事に就いたのだ。



十年以上かけて、

労●局から、

請求されている三百万ほどの金額は、

退職金と法的に相殺は出来ない、と回答を得たので、

退職金を持って、

しばらくどこかに避難して、

疲労した心身を休めるのも、

一つの選択肢だなあ、と、実感している。


まったく、法的には違法なのにも関わらず、

私を辞めさせて退職金から回収しようとした人たち、

今までの私の時間を返してよ、と言いたい。




4月に、中村庶務課長とメールのやり取りをして、

そのストレスの後遺症が、

五月も終わりに近いのに、

癒えていないのだ。

そんな職場に、本当に復帰出来るのか???



そもそも、健康で過ごせる年月が、

残り十年か、長くて二十年くらいしかないなら、

本当にやるべき事が、

有るのではないか。。。。。



会社を辞めて自由人になった楽士の田中さんと話していると、

上記の事は、実感出来る。



が。冷静に考えれば。

退職金をもらっても、

わずかな期間で尽きてしまう。

持ち家も無い。


今辞めたら、

本や絵の具を買う金が無くなるどころか、

住むところも無くなる。

次の詩集を出すなんて、

夢のまた夢になってしまう。



とほほ。


心身を病んでいるから、

八方塞がりになってしまう訳で、

今やるべき事は、

「全力で療養」、であろう。















[PR]
by leea_blog | 2017-05-24 17:22 | Comments(2)