2017年 11月 18日 ( 1 )

揺蘭14・ありがとうヤマト運輸さん

e0016517_22200684.jpg

揺蘭14が、無事出来上がりました。

「馬鹿日記」シリーズじゃないのに、

宮無后の画像かよ!

公私混同じゃないのか????

(人形とのバカップルな日常をつづった、
ヒンシュク日記のシリーズが「馬鹿日記」です)


いやいや、今回は、

特別です。

作品執筆を応援してくれたのです。



表紙の印刷色が、思った通りに選べなかった。

背景がカンボジアなので、

熱帯の、むっとする熱気を色彩でも表現したかったのだが、

涼しげな色を選んでしまったようだ。



実は、インクの色選びは、

紙の色と重ねた時どう出るか、を想像しながら選ぶ。


紙の色は、

12号の時のように、

発色の美しい紙を選ぶと、

出費が大変な事になってしまう。

予算とすりあわせながら、

ぎりぎりの選択をしている。






ところで、配送。

20時から21時の受け取り時間指定なのに、

21時になっても配達されない。


21時10分くらいまで待って、

「今日はもう配達されないだろう」と、

ドラッグストアに薬をもらいに出掛けた。


帰宅したら、

不在連絡票が入っていた。

21時23分の記録になっている。

「遅刻するなら、電話の一本でもくれれば、待っているのに」

と、内心思いつつ、


不在連絡票に記載されているドライバーさんに電話を掛けた所、

今日これから配達してくれるというのだ。


配達は21時までのはずなのに、

大変だろうなあ。


明日でもよかったのだが、

本心は、早く出来上がりを見たい!!!!


到着が22時10分頃。



無事受け取った。

残業お疲れさまです。



大変若いドライバーさんだった。


うーん、昨今話題の、

重労働超過勤務の職場、

時間内に配達しきれない量を受け持ったか、

慣れていないかだが、

遅れても使命を全うしようとする姿勢に、

感動した。



配達人は、

物を届けているようで、

実は、心を届けているのだと思う。


ネットで注文した品が届くのを待つ時も、

何度も時計を見たり、

他の仕事が手につかなくなる。


玄関のチャイムがなると、

喜色満面に出て行く。


心を届けるのだと言っても、

実際のところ、

大変な仕事だ。


郵便局、佐川急便、あとはマイナーな配送業者。

どこも頑張って届けてくれる。


配達業務の、仕事環境が改善して行く事を祈る。

今日はありがとう、ヤマト運輸さん。











[PR]
by leea_blog | 2017-11-18 22:40 | Comments(4)