2017年 12月 06日 ( 1 )

睡眠時無呼吸症候群だった


さて。

慈恵医大の睡眠外来にかかり、
一泊の検査入院をしたことを、
過去日記に書いた。

昨日、
結果をきいた。


寝ているとき、
平均して、一時間に17回息が止まっているという。

呼吸が止まるので、
血液中の酸素濃度も、低くなったりしているらしい。

(うわーーー!)



睡眠時無呼吸症候群だったのだ。


軽症ではないけれど、
重症でもない、
真ん中ぐらいの、
「中等症」だと診断された。

おまけに、
寝て居ると足がムズムズする、
ムズムズ足症候群だった。


私の睡眠は、
ものすごく質が低いことが分かった。


朝起きると、ぐったり疲れているので、
「睡眠の質が低いだろうなあ」、とは
思っていた。

検査ではっきりして、
どちらかというとほっとしている。



「具合が悪いけれどなぜなのかが分からない」というのが、
一番困る。


重症ではなかったことが、
救いだ。



12月の25日に、
気道を確保するマウスピースを作ってもらいに歯科に行く。

世間はクリスマスだというのに、
私は病院だよ。。。。

いや、そもそも、
マウスピースなんか付けて、
眠れるのかいな???




睡眠外来では、
「ダイエット」を薦められた。

睡眠時無呼吸症候群の原因の一つが、
肥満である!


いや〜、
間食もしないし、
なぜ太るんでしょう。

やはり鬱の薬のせい???


とりあえず、
ダイエットに挑戦してみる。


単に食事を制限すると脳に栄養が行かなくて困る為、
栄養のバランスが良いものを、
少量食べることにする。













[PR]
by leea_blog | 2017-12-06 21:54 | Comments(2)