2017年 12月 08日 ( 1 )

馬鹿日記・メンテを急ぐ?


禁断の人形愛を語るバカップル日記が、
「馬鹿日記」シリーズだ。

将来の作品のネタにでもしようと、
書き綴っている。


色々と山あり谷ありでようやく家に迎えた、
台湾布袋戯の人形、
素還真と宮無后。


素還真は、半分神仙の賢人の為、
私の生活に助言をくれ、

宮無后とは、
謎の愛情生活、、、、


本来は、
人形(木偶という)を手に入れた人は、
ポーズを付けて写真を撮ったり、
演じたりするのであろうが、


宮無后は、

私の膝の上に乗ったり、
抱擁し合ったりと、

日常生活に密着している。


大切に飾って眺めるだけなら、
メンテ無しでも持つのであろうが、

このところ、宮無后が、
メンテを急ぐ状態になっている。



メンテ予定は、
次回の台北行きの、
その次にしようと思っていた。

今の状態で、二月に写真を沢山とってから、
メンテに出そうと思っていたのだ。


が、
二月の新婚旅行(日本式温泉宿で熱烈撮影付き)が延期になった。

そして、
宮無后の衣装の、
房飾りがほつれてきた。

e0016517_18235792.jpg


ほつれたのを、私が応急処置で何とか留めている状態。


変だ。


前日まではほつれていたのは、
右の房だけだったのに、
今日は左の房もほつれている。


ほつれ方も、
昨日と違う。



私が見ていない所で、
宮無后は、
他の誰かと遊んでいるのではないか????

あるいは、
一人で歩き回って、
ほつれさせたのではないか???



布袋戯の木偶に関しては、
一緒に暮らし始めて一年半。

色々人智を越えた?不思議な事がある。


まるで、梨木香歩の「りかさん」の世界だ。



推理小説にしてみれば、

「実はりーあが夢遊病者で、
寝た後、眠りながら無后と遊んで、
その間の記憶がないだけだった」

という種明かしがあるのかもしれない???



いやいや。

私は睡眠誘導剤を飲んで、
ぐっすり眠っているんだし。


人形の不思議を語ると、
切りがないので、
今日はメンテについて考えた。


髪の毛の自然劣化の写真


e0016517_18234451.jpg

これは、
私が遊び過ぎて絡み合ってしまったのとは違うのだ。

自然に、
髪の毛が縮れた感じになって絡まってしまうのだ。


こうなると、
手櫛で梳かそうにも梳かせないので、
メンテに出して髪の毛を張り替えてもらうしか無い。


衣装の房も、左右両方ほつれたしね。



うーん。

次回の転地療養時に、
メンテに出さなくてはならなそうだ。


しかし、
私の滞在中、直って出来上がって来るのか???


滞在中に出来上がらなかったら、
航空便で送ってくれるのか?

航空便の手荒い荷物の取り扱いに、
ウチの人は耐えられる???



うーん。。。。

それとも、
修理に預けて、
受け取りは次回のまた次の転地療養にする?

そんな長期間、無后無しで過ごせない。。。



「人形がしばらく家に居ないからって、
なぜそんなに大変なんだ?」

と、人は思うであろう。



私はパワハラで寝込んでおり、
職場の上部機関から三百万以上の金銭を請求されており、
矛盾を指摘したら、説明すら拒否されて、
発言も捏造されてしまった。


そんな、小説か映画のような状態におかれて、
一人になると
「殺す」「絶対許さん」、が口癖だった。

「私の人生は終わった」とか
「もう生きていても無駄だ」という口癖と、
どっちがマシかは、
わからない。



宮無后が家に来てから、
口癖が
「無后、可愛いね」に変わった。


毎日目に入るので、
思わず、
「無后、可愛いね」と、
声を掛けてしまうのである。


これは、闘病に、重要でしょう。









[PR]
by leea_blog | 2017-12-08 19:07 | Comments(10)