<   2002年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

   天の舞姫、蛇神の都


リンク集・遊行小径に『クメールの遺跡』を追加しました。


アンコールワット、アンコールトム関係の調べ物をしている内に見つけた、サイトで、写真充実です。わかりやすく分類されていて、なじみのない方にも、きっとたくさんのきっかけを与えてくれるでしょう。


建築物の素晴らしさだけではなく、浮き彫りの美しさも細かく紹介されています。


お薦めは“女人の砦”バンテアイ・スレイの女神の浮き彫りと、バイヨン寺院の“天の舞姫”アプサラの浮き彫りでしょう。


勿論、バイヨン寺院の巨大な人面像(観音)も圧巻です。


ひたすらな実用美よりも、瞑想宇宙の模造のような建築物に惹かれます。
巡り歩く内に土地の霊と一体化する装置のような、構造。
射す光、翳る光に生身の伝説が踊る、回廊群、あまたの塔。


遺跡は、かつてあったものと、今あるものと、未来にあるものが交錯する磁場だと思います。かつて無いもの、今は無いもの、未来に失われたものも、同時に揺らぎ上る、たぐいまれな交差点であります。
[PR]
by leea_blog | 2002-09-24 01:19 | Comments(0)

  無花果・・・・・・・極楽の感触

此の世の極楽 旬の感覚



野菜や果物が、季節に関係なく出回るようになって久しい。
味気ないことだ。真冬に食べるとまとは、とまとのおいしさが無い。
旬のものは、びっくりするくらい美味だ。


池袋の地下は、デパートや商店街の食品売り場で迷路と化している。
三越の地下食品店と繋がった商店街食品コーナーを通り抜け、地下鉄の改札にたどり着く前にまた西武デパートの地下食品館があり、そのまま西口方面に向かって歩けば東武デパートの食品街がある。
背筋力が足りないので重い買い物は出来ない身ながら、軽めのものは何でもそろう。
ありがたいことだ。


+++++++++++++++++++++++++


さて、いちじくが旬である。「無花果」と書く。
色も形も女性的。
迷路状の地下を地下鉄の改札に向かう途中で、いちじく発見。熟れすぎてはち切れて、明日あたりには無惨な姿になるのが想像できる大振りのいちじくが、まばらに売れ残っていた。
家につれて帰った。

容器から出すと、薄い皮がずるりと剥ける状態である。


いちじくの、ぽてっとした形、根本の瑞々しい緑から尻に向かってくれないが濃くなってゆくさま。
もいだとき、緑の茎から乳のような汁がでるさま、切ったときの、乳白色の外側から内にむかって、上品な紅の触手めいた果肉がみっしり詰まっているさま。
皮が大変薄くて、傷がつきやすく、すぐいたんでしまうさま。


食べる前に感嘆しつつ眺め回した。
観察力はオン、オフが効かない。早いうちに食べるなり調理するなりしないと、明日まで持たないいちじくを、夜更けまで眺め回して酒を飲んだ。


子供の頃は、近所の家の庭にびわだのいちじくの木があって(もちろん果実が成るような大きな木のある家は、以前からそこに住んでいた人たちの家だ、わたしの住んでいた辺りは、余所から土地を求めて移住してきた家が多かった)、わんぱくな子供は木に登っていちじくをもいで見せ、「おいしいよ」と食べて見せるのだった。
私も試しにもいでみたが、乳みたいな汁が出て青臭いのと、果肉の見かけが気味悪いのとで、とても食べられなかった。


そう、気持ち悪かったのである。
今見れば、ほんとうにたぐいまれな美しい果実なのに。妖しくもあるのに。可愛くもあるのに。


いちじくは大人の果実だ。ほんのりと淡い甘み、繊細な味わい、やわらかな歯触りの中にぷちぷちとかすかな種の感触が混じる、この悦楽は、子供にはわかるまい。


一つ食べ、残りはワインと蜂蜜で煮て明日以降の保存食にした。
[PR]
by leea_blog | 2002-09-01 01:19 | Comments(0)