<   2002年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

  前向き風邪対策のすす



風邪を引きました。



引いたかな〜、と思ってから立てなくなるまで、半日しかかかりませんでした。凄い威力の風邪です。


家に帰って、着替える体力もなく、床に伏しました。何か食べたら吐きそうなので、当座はゼリー状補助食品を飲んでしのぎました。

当然、ゴミ出しをする余力は無く、家の中は悲惨な状態。

あんまりだ。友人と、牡蛎バーに生牡蛎を食べに行く約束していたのに。。。。最初はそんなことも考えたけれど、間もなくそれどころではなくなりました。思い切り寝込みました。


風邪は悪者扱いされますが、とことん悪役でも無いんですよ、風邪。

「ひたすら寝て、身体が自動的に風邪を克服してくれるのをサポートするのみ」の状態は、一年に一回くらい必要ではないのか。
長期に寝込むのは勘弁して欲しいけど、風邪なら短期だとわかっているし。現代人は休み方が下手です。風邪でどっと寝込んだら、「ああ、疲れが溜まって抵抗力が落ちていたんだなぁ。重病になる前に気付けてよかった!」、と日頃の生活を見直す機会にもなりますし。


私は頚肩腕・腰痛症をわずらっています。
これは、暖めるのと休むのが日課なんです。風邪を引くと、自動的に寝込むし、身体の深部から発熱するので暖かいと言えば暖かいんですね。頭がもうろうとしているので、たまった仕事を心配することも不可能。

日頃の不眠も一挙に解消です。横になるとすぐに夢状態に入れるのは、高熱時ならでは。とろとろと脳が溶けていくような眠りは、普段は味わえません。




    --------------------

今年も風邪におすすめします、葛湯と蜂蜜檸檬。


葛粉は保存が利くので、常備しておけば寝込んだときに重宝します。黒砂糖や蜂蜜も、すぐに栄養が採れて便利です。常備して、普段は甘味料に使いましょう。


    0— 葛湯の作り方 —0
お鍋に水と葛粉を入れ、火にかけながら木べらでかき混ぜます。お鍋に接している部分から透明になります。混ぜ続ければ間もなくとろりと口当たりの良い葛湯が完成。
葛粉が水に溶けている状態で火にかけないと、固まっちゃいます。


蜂蜜や黒砂糖、ミルクをお好みで入れます。水と一緒にあらかじめ入れておくと良いでしょう。固さは、お好みで水加減を調節します。
できあがりに生姜をすり下ろして混ぜると、体がぽかぽかしてきますよ!
生姜すり下ろす体力が無い時は、ドラッグストアなどで売っている「生姜湯のもと」(粉末状)を混ぜるのも手ですね。


檸檬を搾ってお湯で割り、蜂蜜を混ぜるレモネードも、本当に暖まります。
手軽だし、普段から湯上がりに飲むのもおすすめです。
[PR]
by leea_blog | 2002-11-16 01:30 | Comments(0)

   毛皮は触れるためにある、とやら


まだ十一月だというのに、ひたすら寒い。


昨夜は、あまりの冷え込みに、家の中で凍死するかと思ったほどだ。


気候の良いときは、部屋の狭さを嘆くが、冬になると、手狭なくらいがちょうど良い。広いと暖気が行き渡らないのだ。


夏と冬には、別の館で暮らす。。。。それが理想だが、そうもいかない人は、せめて家の構造を「夏用」と「冬用」に分けるというのはどうだろうか。

夏と冬では、陽射しの高さや強さも違うし人の行動も違う。「夏の部屋」と「冬の部屋」の二通りは欲しい。夏に中心となる部屋と、冬に中心となる部屋を区別する、住み方の可能性。「春の部屋」と「秋の部屋」は兼用でも良い。
 その他、寝室、書斎、画室は勿論別に欲しい。


     寒いと、毛皮が恋しくなる。
     毛皮は、着るものではなく触るものだ。
     軽く柔らかくしなやかな、あの感覚は、
     絹の感覚と同様にくせになる。

生きていればさらによい。動物の体温は高い。毛皮を通して、熱い、生き生きとした、人間には無い筋肉と骨格に触れていると、時間を忘れる。


あざらしの赤子の、生きているのが迷い込んできたら、あなたはどうするか。

1 警察に通報する。
2 水族館に通報する。
3 逃げる。
4 かくまう。家をこっそり改築して、あざらしが住めるよう にして、好きなだけいてもらう。
5 捕まえて食べる。毛皮は密売人に売る。


わたしは4番です。
[PR]
by leea_blog | 2002-11-06 01:29 | Comments(0)