<   2003年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

梅花の季節。知人宅での鑑賞、旅の仲間映画版。


ろーど・おぶ・ざ・りんぐ、見ました。第一部ですが。
知人の家で、DVD。夕食をごちそうになりながら。
この場をお借りして歓待の御礼を申し上げます。


背景が美しかった。景色を見てるだけでもいいかもしれない。
フロドが大変美しかった。美しいものは目を歓ばせ、心を歓ばせる。
火が美しかった。火は元々美しく力があるから、火が退屈な映画は論外だ。
アラゴルンの立ち居振る舞いに妙な色気があって、これは良かった。

「面白かったか」と聞かれれば。
面白いから是非見て〜、とは言いかねる、微妙な線。


ええと、綺麗と言えばすごく綺麗なんですよ。
エルフ以外は。。。。。。
どうしてエルフ族を必要以上に判りやすく俗っぽく描かねばならなかったのか?
人間を越えたものに対する想像力が足りなかったか。
或いは人間以上の美しく力に満ちた存在が許せなかったか。
唯一神の教会に通っている人々には神々しいエルフ族は冒涜になるので差し障りがあったか。
エルフを俗に描かねば他の登場人物たちがかすんでしまうと判断したか。


指輪物語にとってエルフは、植物が光合成をするための光のようなものである。

主人公たちの素朴な里では、エルフにあこがれたり、エルフ語を解したり、エルフの友だったりするのは、常軌を逸した、分別の足りない事とされている。『ホビットの冒険』の主人公ビルボも、ビルボの養子フロド・指輪物語の最重要人物も、フロドの下男サムも、上記に該当しておりホビット庄では神隠しにあって当然の気質を備えていた。

物語全編を通して、エルフの登場場面はそれ程多くはない。
にもかかわらず、主人公たちが苦難に見舞われる折り知らず発せられるのはエルフの言葉であり、身に帯びるのはエルフの剣であり、語られるのはエルフの思い出であり、長い行程の間中、口にするのはエルフの食べ物であり、ビルボやフロドが中つ国を去るのはエルフの船でエルフたちに伴われてであり、物語の最後に、暖かい我が家に帰ったサムが膝に抱く幼い娘にはエルフの花の名が付けられており、と、簡単に拾うだけでもエルフの髪にきらめく微光が物語を浸し尽くしているのがわかる。それは、遙か彼方につながる光である。

著者J・R・R・トールキンによれば『とりわけこれをわたしに書かせようとしたのは、主として言語学的な関心であり、エルフの言語に「歴史」的背景を与えるために始めたものだからである。』とのことで、当然なのであった。


そのようなわけで、ロード・オブ・ザ・リングに出てくるエルフが俗である点は、背景が美しい点以上の話題となったのであった。
[PR]
by leea_blog | 2003-02-18 01:46 | Comments(0)

三月並みの。すでに昨日の事であるが。そして指輪物語の映画を見ていない。


さんかんしおん。山間紫苑。燦感熾音。
いえいえ、三寒四温。


寒さに弱い生物である私は、裾長の英国のコートに獣毛の襟巻きでお昼ご飯から戻った。口紅をひきながら「寒いですね」と型どおりの挨拶をすると、その場にいた人たちは口々に「今日は暖かいですよ〜」「三月上旬の陽気だそうですよ」と返してきた。そうなのであったか。冷え性の私はわからないが、冬らしからぬ暖かさであるらしい。

この時期、街の人通りは、春めいた彩りが混じる。素材は冬物でも、明るめの色彩を選ぶ人が多くなるのだ。
三日寒い日が続いても四日暖かい日があり、そのうち、全部が暖かい日となる。
春の嵐に悩まされ、五月の、夏かと思う陽射しに射られ、梅雨どきの湿気と寒さに音を上げるうちに、夏がやってくるのだ。

獣の毛皮を寄り合わせた襟巻きをなでながら、この手触りとももうじきしばしのお別れか。来冬まで、虫に食われずに生き延びておくれね、と心に呟くのだった。なめし革の手袋とも、羊の毛皮の敷き布ともお別れか。
水鳥の掛け布団は、夏でも必需品、冷房の寒さを防ぐために、さまざまな絹のストールや、レースの手袋が衣装箱から引き出されるだろう。

四季の国。
また、都市部の夏の異常な暑さを嘆くのであろう。
輪の時間。


*****   *****  **** 

やり過ごしはぐる。

実は、『指輪物語』のファンである。映画になったのを見に行かないかと声を掛けていただいたが、ひたすら時間が無かったのと、腰痛で二時間も同じ姿勢は耐え難いのとで、一作目は見ていない。

関心が全くなかったわけではない。
しかし。「ロード・オブ・ザ・リング」って何。
先頭にも「ザ」が入るのでは? リングス、と複数形なのでは?
題からして「期待するな」と言わんばかりで。

そして。文字を映像化すれば「イメージに合わない」と苦情が出がちなのを差し引いても! エルフが普通のおっさんやおばさんやにいちゃんみたいであっては、論外である。容姿が好みかどうかは別の問題で、まずエルフは人間族とは違うのだから。洋物時代劇の地方豪族か、SF映画の異星人っぽくては、話にならないのであります。

指輪物語はエルフの物語だと私は思っているので、たとえ他がむちゃくちゃでもエルフ役さえエルフを見た気にさせてくれるなら、万難を排して見に行くのだが。
表情が人間くさくなければ、人間以外の感性を表せるはずではないか?  

そのようなわけで、関心はすぐに消えた。

しかし。最近、第二部も映画化されて、タイではDVDが売っていた。上映前なのに、さすがである。そして、日本では毎日の通り道に、やたら大きなポスターが貼ってあり、毎日見てる内に、何となく気になってきた。背景以外は相変わらずあか抜けないが、背景は第一部も良かったような気がする。
よく見ると「ディズニーランドじゃないんだから!」と突っ込みたくなるから、さらりと見るのがいいかもしれない。で、エルフ語聞くだけでもいいかもしれない。

調べてみたら、まだ上映していないのである。
え、まだなの? 見たいと思った時が旬なのに。
気を持たせるほどの玉か!?、と、ついつい口が悪くなってしまう自分がいた。
[PR]
by leea_blog | 2003-02-08 01:44 | Comments(0)