<   2004年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ひかり・対話のけはい・きざはしをあがるきぬずれ


薔薇闇回廊に、【ひかり・対話のけはい】四点UPしました。
下の方からご覧下さい。

↑↑↑
いや、、、私が画像の、最後の方からUPしてゆけば良かったのですが。。。
[PR]
by leea_blog | 2004-04-11 22:11 | お知らせ | Comments(0)

大人な国家なら柔軟な対応力を見せて欲しい。。。。


イラク邦人人質事件。
家族の態度や言い分が立派。

それに引き替え、政府側の言い分は白々しい建前だし、そういう建前が通用しないからこそ今回の事件が起こった事を思うと、やりきれない気分。

「民間人三人の為に、苦労して派遣にこぎ着けた自衛隊を撤退できるかよ!」とか、「こんな時に手間かけさせやがって!」とか、「これを乗り切れば世界に日本をアピールできる!」とか、俗な本音の方がまだましと思えるくらいだ。自衛隊を引き上げる理由が無いとか不用意な事言うし。

テロに屈しないのは良いけど、勝算あるのか?

テロに屈しない、とは聞こえは良いが。
時と場合によりけり。
そもそもアメリカ主導のイラク暫定統治は問題あるのでは?
日本国の建前が何であれ、他国に軍隊を駐留させるからには反感必至だろう。反感買うなら他の方法で人道支援する道を探すのが筋だ。もし本当に「人道支援」したいなら。

ところで、民間人を巻き添えにする武装勢力が良いとは言わないまでも。今回、彼らの言い分はそれほど狂気の沙汰ではない。まともに話し合いを持ってくれて、自分たちの意見を汲み、検討してくれる相手では無かったのだ、アメリカや日本は。
[PR]
by leea_blog | 2004-04-11 22:09 | Comments(0)

それでもまだそんなに過激とも言えない状態



あ。
イラクで日本人三人が武装勢力に拘束され、三日以内に自衛隊を撤退させないと、三人を殺害すると主張しているとのことうんぬん、と。ニュースが。


拘束された三人の映像が繰り返し流れてます。


三日かぁ。
こういう事は予測の範囲だろうから、これで自衛隊を引き上げる事はないだろうが、政府の対応に注目したい。


過激派の皆さんがあの手この手で自衛隊を撤退するよう要求していってくれないものかと密かに思う日本人は多いと踏んでいる。


国際貢献をするなら、現地のニーズに応えるような人道復興支援であるべきだ。
[PR]
by leea_blog | 2004-04-08 04:20 | Comments(0)

桜花で一喜、また一憂

花冷えのお陰で、今年の桜は長く保った。

桜の開花予報に一喜一憂し、咲いたら咲いたで咲き加減や散り加減を気にする。日本人って変よね〜、と笑いつつ、私もしっかり桜は気になるタイプである。


桜は奇妙な花だ。
「わ〜、綺麗」とか「わ〜、素敵」と思わず声に出るような、木に咲く花一般がもたらす感嘆が無い。美しいは美しいが、しんと静まったたたずまいで、何やら死の気配が濃厚。花びらもほとんど白に透き通り、血の気のない肌を思わせる。遠方から望めば、地中に埋まった死体を養分にした大きな菌糸類のよう。
梅の、猛々しいまでの、植物の力がこぼれ出たような咲き姿と比べても、桜は、人界にさして関心のないすっきりとした装束の異界の一団が通過してゆくようである。


彼岸と此岸が分かちがたく現出する桜の木々のあたり。
酒盛りや歌舞音曲にふさわしい。人界の善悪を越えた異界の力を、祈ることによって豊穣に導く古い作法の一つ。


ところで、桜は花びらがはらはらと降る散りかけが美しい。
うちの職場の窓から、小さな公園の桜が見える。私の部署は四階にあり、桜の高さは四階よりやや小さく、三階よりやや大きい。


先日、高みから花びらが乱舞しつつ降るのが見られた。
四方を背の高いビルに囲まれた環境で、桜の花びらが四階の窓より高く吹き上げられ、ビル風に翻弄されながら舞い降りるのである。窓からは、天から花びらが降っているように見えて壮観である。


桜の散りどきに、風の強い日が重ならねば見られない。
生き物のようにふるふると震えながら多方向に舞い降りてゆく一面の花びらは、羽虫が一斉に孵化したようでもあり、雪が深海に降るようでもあり、美しく見飽きなかった。


新鮮な花びらが地面に積もり、地の凹凸で模様を描くのも美しい。公園の清掃担当が、朝からばけつ一杯の花びらを捨ててしまうのが残念だった。掻き残した雪のように、植え込みに残る花びらの堆積に手を入れて、桜の手触りを楽しむのもこの季節。
[PR]
by leea_blog | 2004-04-04 04:19 | Comments(0)