<   2005年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

梅花と寒波

この冬一番の、寒波が到来。

変温動物の私は、大変な警戒態勢。霜の付け入る隙もないほど。羽毛と毛皮と絹を積み重ね。

 部屋にはキャンドルを沢山灯し。お風呂には死海の塩を入れ。ヒーターやエアコンは勿論フル稼働。暖炉に火をけっして絶やさず、眠り掛けた人がいれば頬を叩いて励まし、雪山救助犬に命じてブランデーを飲ませて麓まで運ばせている。

 今年は暖冬のようだけど、この時期いきなり冷え込んで、体がとても持ちませぬ。
 とはいえ、香りも高い梅の季節。ああ、梅林が恋しい。

よたはこれくらいにして、九州の日嘉さんから原稿が届いたので、忘れた頃にWEB版【揺蘭】を近々アップします。

激烈アナログ愛護人の私のことゆえ、WEB版はあくまでWEB版で。大体、執筆人はほとんどインターネットなんかやってないし、「ネットだからアナログで出来ないネット向け作品をいかがですか」と言っても極端なムチャはできないのであります。

ああ、今週は始まったばかり。
[PR]
by leea_blog | 2005-01-31 01:44 | Comments(0)

活きた牡蛎、葡萄の美酒、ライ麦麺麭


【揺蘭】の鳩宮君の知人が、パソコンのメンテナンスに来てくれた。十五日は朝から雪と予報されていたが、雨だった。ほっとした。雪だと交通機関が麻痺しかねない。牡蛎と知人が私の家にたどり着けないではないか。

書物とメモ類で足の踏み場のない部屋をかたづけた。事前に「坐るところが有ればいいです」と言ってもらったものの、お客の坐る場所なんか無いよ。専用の客間が欲しい。勿論、書斎も!!!
現在、玄関といわず、キッチンといわず、冷蔵庫の前や電子レンジの前、流し台のキッチン用具いれの中にも書物とメモが溢れている。つまり、冷蔵庫から果物を出すにも、本をどけねばならないし、スプーンやフォークを出すにも本をどけなければならない。そうしたものが無いのは、浴室とトイレだけである。湿度で紙がやられてしまうからである。

無事、メンテ師さんと牡蛎が到着した。雨の中お疲れさまです。

氷付けで仮死状態の牡蛎は、皿に盛り上げて、部屋の一番暖かい所で温まってもらった。息を吹きかえさせるのは、両刃のナイフを固く閉じた殻の間にこじ入れ貝柱を掻ききる前に、牡蛎に西に向かって手を合わせ念仏を十遍ばかり唱える時間を与えるためである。「命ばかりは助けてください、何でもします」という牡蛎はいなかった。

食べた。海獣になった気がするほど、食べた。もうしばらくの間は活きた牡蛎の顔は見たくないほどだ。牡蛎が「ご用はございませんでしょうか」と訪ねてきても、追い返すだろう。満腹状態の獣。

井筒ワインのコンコードを、脚の高いグラスで空けた。赤いワインは、飽きないだろう。

ライ麦パンにクリームチーズと蜂蜜を付けて食べた。生牡蛎と赤ワインにとても合う。昨日の夜、デパートの地下を探し回って、ライ麦百パーセントのパンをようやく見つけたのだ。

牡蛎の殻をこじ開ける際に皿にこぼれ溜まった汁で、メンテ師さんがペペロンチーノを作ってくれた。作りすぎたと思った量は、二人でお代わりを重ね夜中には無くなっていた。

パソコンの状態は快適になった。
長時間作業に疲れたメンテ師さんにアロマオイルで腕マッサージをした。オイルマッサージの技術指導も兼ねていた。メンテ師さんの冷えて固くなった腕は、やがて柔軟性を取り戻した。
私がマッサージ後のハーブティー(必須!)を入れている間に、メンテ師さんはまたパソコンに向かって作業を続けた。
りり山は驚き呆れた。オイルマッサージの後にすぐパソコンに向かう人、初めて見た。眠くなるほどリラックスしたなら、大抵はもう細かい作業はしたくなくなるのだが。相当なパソコンジャンキーとのことである。

十一時過ぎ、強い雨の中をメンテ師さんは遠方まで帰っていった。無事帰れただろうか。

美味な食べ物と美味な酒と良い香りは人を幸福にして前向きにする。疲れた時こそ、少量でも上記の物を取り入れるといい。
生の花と、生の炎(キャンドルなどで)、気に入りの音楽があると更に良い。
[PR]
by leea_blog | 2005-01-16 01:41 | Comments(0)

月長石細工の爪・桃色肉球

小中学校時代の同級生の家に、たまにお邪魔するが。なんと、仔猫が二匹住むことになった。
「うへへへへへへ、かっわいぃぃ〜」、と、オヤジな笑みを内心浮かべつつ、暖かく柔らかな肉球と月長石細工のような繊細な爪をさわり、毛皮に指をくぐらせて盛んな体温を堪能した。冷え性低血圧にとって、この手の生き物の、高い体温やしなやかでバランスの取れた動きは極楽である。

白い和毛に桃色の地肌が透けて見えるのも、あくびの時の繊細な薄い舌先がくるりと丸まっているさまも、凄い早さで飛びつく仕草も、素晴らしいっ。

動物の体温を感じていると、磁気とか何かが伝わってきて、冷え性の身体活動を活性化する感じがある。即物的な表現だなぁ。つまり、「可愛いものに癒される」のような『気持ち的』なものもあるかもしれないが、それ以上に、理学療法室での治療に類した効果があるのであ〜る。


うううううーーーー、私も猫欲しい。犬も好きなのだ。困った。何が困ったかというと、賃貸住宅なので飼えないのだ!!!!

昔から私は犬や猫やあざらしや牛や馬や羊や鹿や兎が好きなのだ。動物には、人間族には絶対持て無い、あるいはとうの昔に失われた何かがある。古い時代の息づかいが、燃える目でこちらを見ている。

子供の頃、「抽選で一名様に仔牛プレゼント!」というのがあった。何のキャンペーンか忘れたが、子牛なんかもらっても飼えないだろ!、と子供心に突っ込みつつ、応募葉書を何枚も出した。仔牛と寄り添って眠る所を思い描きつつ、家の前に仔牛を乗せたトレーラーが止まる日を待った。勿論外れた。

学生時代、夜行バスに乗って早朝の奈良に着いた。奈良公園のベンチに坐って、池をみながら持参のサンドイッチと缶ミルクで朝食を取っていると。どこからともなく大きな牝鹿があらわれた。私の朝食が目当てらしい。毛並みに触れようとする私の片手を驚くほどの狡猾さでかわしつつ、鼻面はぐいぐいと私のもう一方の手にあるサンドイッチに延ばされる。あげたい所だが、私はお腹がすいており、しかも早朝のことで店も開いていなかった。鹿にサンドイッチをやっては、晩秋の寒さで行き倒れるだろう。鹿は繊細な顔に似合わぬ厚かましさでついにサンドイッチを包むビニールを銜えた。そのままもぐもぐと食べようとするのを見て「奈良公園の鹿、観光客にゴミを食わされ死亡」との新聞見出しの幻影が脳裏を横切った。「やめさない!!」と鹿の口からビニールを引っ張り出しつつ、「そんなに欲しいなら、半分あげるわ」とサンドイッチを手でちぎろうと見た所、、、、。難から救ったと思ったサンドイッチは、鹿の唾液がべったりと付いていた! 私はがくりと肩を落として、鹿にぜんぶやった。鹿は有り難い様子も見せずに続きを催促した。こんな事を書くとヒンシュクだが、当時の私は、近くに身を寄せていかにも触らせてくれそうにしつつ、触らせず餌を奪い取る力量は、人間の女も鹿の牝も同じなんだなぁ、と妙に感心した。
(鹿も人間の女も決してそういうわけではないのだが、モテない牡がふんだくられたと勝手に思っているだけで、その時の私ががつがつした気分になっていたからそんなことを思ったわけだが)
「もう無いわよ」と凍える片手をコートのポケットに入れながら、飲みかけの缶ミルクを飲もうとすれば。いつのまにか、缶の口にも鹿の唾液がべったりと。。。やられた。ミルクもあげた。餌がもう無いのを知ると、鹿は振り返りもせず去っていった。

動物の思い出、馬編、らくだ編、うさぎ編、巨鳥編、ゾウ編、羊編、と際限なくあるのだが、際限がない。

賃貸ではない家のころは、親が大の動物嫌いで、犬や猫はとても飼えなかった。ああ。悲しい。。。。
[PR]
by leea_blog | 2005-01-07 01:38 | Comments(0)

謹賀新年2005


 明けましておめでとうございます。

2005年が、良き年となりますように。

 年賀状作成中、プリンタのインクが無くなってしまった。
 あああ。
 これから小学校の同級生のお家に出かけて
 ハンサムで性格の良い子息達と葡萄酒を飲んできます。

 庭の湯にもラクーアにも行けずに三が日が開けてしまいそう。
[PR]
by leea_blog | 2005-01-02 01:38 | Comments(0)