<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

古書市場に潜む業

家の更新料を捻出するため、身の回り品を少し売却中である。

身の回り品といっても、本や衣服だ。高級宝飾品や高級美術品は所持していない。


以前、元の値段より高値で売られる書物について書いた。
あの時は怒り心頭だったのだが、
読みたい人の足元を見る方法で申し訳ないと思いつつ、私もやっている。
マニアックな絶版本を元値の倍近い値段で売却したりしているのだ。

インターネットで売却すると、売れるとメールでお知らせが来る。
「わーい! 売れた」というのが通常の反応だろうが、ワタクシは様子が違う。
深い悲しみに襲われるのだ。

プロは売れそうな物を安値で仕入れて高値で売る。手放すつもりで入手する。
ワタクシは自分の為の物を仕方無しに売るので、手放すのはかなり悲しい。
余所様が高値でも欲しいと思うような本は、ワタクシにとっても二度と手に入らないな本だ。

インターネットの古書市場にも、頻繁に検索をかけまくった所でほとんど出てこない、出てきたところで、安値だとプロの商人がさっさと落札する、そういうたぐいの本が、高値を付けても売れるのだ。
(本当に凄い世界です。欲しいブツを登録して出品されたらお知らせメールが来るようにしておいても、ワタクシが駆けつける頃には売却済みになってるんですよ。素人に先を越されるようではプロは勤まらないので当たり前ですが)

そういうわけで、売れても嬉しくない。
悲しみに暮れながら「新しい持ち主はきっと私よりお前を可愛がってくれるよ」
と心で言いつつ、本を梱包するんです。
ちらとページをめくり、売られていく書物がしどけなく魅惑をふりまくのにどきっとしつつ
「はした金の為にお前を手放す私を許してくれ」とか
「私は定価ですらお前を買うのに逡巡した。新しい主は古書のお前を定価の倍で引き取ると言っている。余程お前を必要としているのだよ」とか言いながら、あのぷちぷちした梱包材でくるみ、受取人がじりじりと待っている姿を想像しながら宛名を書くわけです。(間違っても金の使い道に困った成金が高値がついている本を遊び半分に入手するケースは想像しない)

何としても手放したくない本は、別格として本棚の奥にかくまってある。手放す本は、貴重とはいえ、手放してもいいと判断した本だ。にもかかわらず、このいつまでも消えない悲しみは何だろう。

そんなことが続いて、ワタクシははっと気が付いた。
この異常な程の喪失感は、心身にとても悪い!!!
喪失感に利益が釣り合わないのだ!!!!!! 嫌なら売るな。

それにね、ワタクシの持っている本は、貴重な本とはいえ、貴重さもたかが知れている。
何万の利益が出るわけではない。泣く泣く手放して何千円の利益である。
付き合いで飲みに行けば一回で無くなる。いや、飲みに行くにはまるで足りない金額ではないか。
気づくのが遅かった。
貧すれば鈍する、とは良く言ったものだ!

よくも何千円の為にあの本やあの本を売ったよなぁ。
(本の名を挙げれば、知っている人は「そんな値で手放すなんて馬鹿だ」と思うに違いない) そういう訳で、カラオケは昼間限定、大人数の飲み会は、申し訳ないが私が居ても居なくても影響は少ないので、欠席します。


これには後日談がある。
「絶版本とはいえ元値の倍で買うか?人の足元見るんじゃねぇよ!」と買う方はひかえていたワタクシだが、先日買ってしまった。元値の倍以上で。世間の人はどんなに読みたい本だろうと古書に高額を出すよりも、図書館で我慢するのを選ぶはずだ。

書いたり読んだりの世界は、泣いてすがる妻子を蹴倒して別の道に足を突っ込むのに等しい。

いや、人間の振りをしていた怪異が隠しきれずに正体を現すのに等しい。
私が本当に欲しい物はごく幼少の時から、金では買えない物ばかりだった。
此の世では手に入らない物ばかりに惹かれるたちに出来ていたのだ。
書物や絵は、そうしたものと此の世をつなぐ呪術の手段の一つでしかない。
[PR]
by leea_blog | 2006-04-16 01:38 | Comments(0)

春だ。美術館は人で埋まっている。

いきなり荒天、いきなり晴れ、の今日。。。。

竹橋の国立近代美術館に藤田嗣治展を見に行った。
もの凄い人だった。。。。。
人垣で絵が見られない位に!!!!

これから行こうと思っている方は要注意。
ちゃんと近くで見ようと思うなら、ひたすら並んで、のろのろとすり足状態で人の流れに沿って進むしかない有様です。
絵はがき等の販売コーナーは人垣で商品に近づけません。
平日に行くのをお薦めします。
え? 休暇が取れない?
そおだろうなぁ。私も同じだ。
さもなければ、会期終了間近が良い。 少しは空いているかもしれない。

ううーん、かなりの数の作品が来ているし、作品は美しいし、季節も良いしで、人がどっと繰り出すのはわかるけど。
いつもと同じ愚痴で恐縮だが、もうちょっと何とかならないのかな。あんなのは作品を見る空間じゃないよ。
作品との対話なんて無理。思索にふけるなど論外。
立ち止まれないし、ぼーっとしていたら人にぶつかられまくりです。

仕方ないので私は、離れたところから人垣越しに作品の上半分を眺めたりしているわけです。そして、年輩者や若い子ちゃんが多い事に気づいた。
こらこら、お年寄りや学生、専業主婦は、極力平日行きなされ!
聞くとも無しに耳に入る会話からすれば、君らは地方から見に来たのでも何でもない、近場在住じゃないか。土日祝日は会社員に譲って、空いてる平日に行きたまへ!

美術館も、混雑緩和の工夫して欲しい。
平日割引とか導入すれば、少しは平日に流れるのでは。
あるいは、土曜日も夜遅くまで開館してよ。
金曜だけだと、美術館の近くに勤務してるサラリーマンしか恩恵に預かれないでしょ?

そして。絵はがきやカタログの印刷が良くない!
メイドインジャパンとは思えない。
客を舐めてるのか〜。
ううーむ、公立の美術館・博物館も独立行政法人→民営化のアレで、厳しいのだろうか。今回に限らず、昔に比べて絵はがき等の印刷が悪い。

いやはや。美術館・博物館系では、客の行列が館外に延々と延びて、延びるだけでは収まらずとぐろを巻くに至る光景を上野で目にし、憮然として引き返した記憶が多々。

文化に餓えた時代があったよね。
終戦直後の食べ物と物が無い時代みたいに。(済まぬ、これは伝聞だ。その頃私は生まれていない。親からさんざん聞かされた)
ワタクシの子供のころも、物資は取り敢えず足りていたが、文化的には貧しかった。衣食住を何とかするのに必死な時代だったのだと思う。

しかし。大人になっても。
日本国は時間の余裕の無さにおいて高名な国だ。一家族に複数台のテレビや車はあっても、時間は相変わらず足りない。時間が足りない生活は、楽しみを成熟させないから、文化も即効性に走る。時間や空間のゆとりが無いとゆたかの実感も無い。

えー、そんなこと言われても、ととまどう人も多いが。
日本人の現代の時間感覚は、旅行といえば海外で一週間、国内なら二泊三日ほどではないか。

ワタクシは単独でほっつき歩く事が多いので、勢い出先で隣り合った人たちと話すことになる。お決まりのパターンだが、休暇の日程の話になると、相手の観光客は「え? 日本からここまで来たのに、一週間で帰るの?」「飛行機での移動時間が有るから正味三日位ですね」「ここまで来るのにお金掛かったんでしょう? たった三日?」「日本では時間はお金より貴重なのです。会社員が一週間休みを取るのは大変で、取れれば幸運ですから」

ま、私は海外に出るととたんに愛国者になるので、こうした日本人の勤勉さが短期間に生活レベルを押し上げ、高品質の物を生みだす国にしたのだ、とか付け加えるのだが。
大抵の反応は、「我々は自分や家族の楽しみのために働いて、こうしてここにいる。あなたがた日本人は、休暇もビジネスのように急ぎ足だ。なら、何のために勤勉に働くのか」である。

 「ほほほほ。稼いだ金は、来るべき神の国の為に宗教団体に寄付しているんです」とか、「人類の為に、遺跡の保護に寄付しているんです」とか、「発展途上国の援助や国際紛争の解決に資金を投じるべく、わたくしどもは単身赴任も過労死も厭わないのです」とか、理念の為ではない。単純に、長期休暇が欲しければ仕事を辞めなくちゃならない人がほとんどだからだ。
 衣食が足りたのなら、時間と空間のゆとりに目を向けたいものだ。

時間と空間のゆとりを求めると、とたんに職を失って衣食も足りなくなる。21世紀に入っているし、我が国も悪循環を少しずつ脱却して行くものと信じている。
[PR]
by leea_blog | 2006-04-08 22:14 | Comments(0)