<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

暁のカーテン、南の窓

e0016517_22424773.jpg


携帯で撮ってみる。
デジカメに比べて、手軽で良い。
[PR]
by leea_blog | 2007-06-26 22:43 | Comments(0)

桜桃狩り ほら、ここに

e0016517_2262961.jpg

[PR]
by leea_blog | 2007-06-25 02:26 | Comments(0)

桜桃狩り 横割れ

e0016517_2243913.jpg


横にふくらんでお尻がはじけそうなさくらんぼが甘くて食べごろ。

右上の子が、おいしそう。
色はそれほど関係ないらしい。
[PR]
by leea_blog | 2007-06-25 02:25 | Comments(0)

桜桃狩り つややかな玉

e0016517_1212663.jpg


ああ、まぶしいほどの。梅雨時なのに夏の日差し。
昨夜の雨で、植物の生気が立ちこめている。
[PR]
by leea_blog | 2007-06-25 01:23 | Comments(0)

桜桃を狩る 手の届くあたりは既に食べ尽くされ

e0016517_16364326.jpg
e0016517_1637273.jpg


手の届くあたりで熟した実は、おおかた食べられてしまっている。

脚立にのぼって、上方に隠れている赤い実を探すのだ。
鳥か獣になった気分で、合図をしている食べごろの実を摘んでは、日にぬるんだ可愛い果肉を味わう。

さくらんぼ食べ放題のプランは、大抵30分までだ。
30分以内だと、撮るか食べるかどちかに絞らなくては。

今回は撮るのは諦めて食べる方を重視した。
とはいえ、目は被写体を探してしまい、摘み取る方がおろそかになった。
30分は短すぎる。

さくらんぼの園で、半日くらいぼうっとしていたい。
[PR]
by leea_blog | 2007-06-24 16:38 | Comments(0)

桜桃を狩る 

e0016517_1629269.jpg


まだ色付いていない桜桃。
ぎっしり実っている。

農園のお兄さんに依れば。
横に膨らんで、お尻がはじけそうなさくらんぼが食べごろで美味とのこと。

木によって味が違うので、美味しい木を見つける。

日にぬくもった、肉厚の果肉は可愛くて美味だった。
赤くつやつやとした実がきらめきながら緑の葉陰から覗いている様は、
小さく可愛い子たちが、ここよ、ここよ、食べて食べて、とこっそり合図しているよう。
[PR]
by leea_blog | 2007-06-24 16:35 | Comments(0)

桜桃を狩る つややかな玉

e0016517_16252983.jpg



【さくらんぼ狩り。原田農園にて。同行者の人妻の手の上の、佐藤錦】撮影・りーあ
[PR]
by leea_blog | 2007-06-24 16:28 | Comments(0)

日本の酒

e0016517_0181945.jpg


 とりあえず、酒でも飲んで休憩しましょう。


 ↑ 高尾山のふもと、老舗割烹橋本屋にて。
[PR]
by leea_blog | 2007-06-20 00:20 | Comments(0)

6月6日の真珠週間も過ぎて

e0016517_012835.jpg

e0016517_048416.jpg


【薔薇の衣1,2】撮影・加工 りーあ↑

遅ればせながら、誕生日のお祝い、メール&カード、ありがとうございました。

梅雨入り宣言があったかと思うまもなく、梅雨明けとまごう夏日が続いています。

編集人リリ山が、災いが降り注ぐのを逐電を織り交ぜながらやり過ごしている為、揺蘭編集作業が遅れに遅れております。


都内温泉での盗難遭遇で、つくづく思った。
女性のポーチの中身は、持ち主だけに重要な物が詰まっている、と。
お気に入りの色のルージュ各種、限定品のアイシャドウ、繊細な色のアイライナー、薔薇の製油入りオイル、ブルガリア薔薇水、熊野筆のメイクブラシ一式、鏡、色と質感の選定に時間をかけたアイブロウ、その他、もろもろ。

使いかけの化粧品など、泥棒さんには無意味なはずだ。
ワタクシには、少しずつ買い集めた、お気に入りの香りと質感と色ばかりだった。

色彩と質感の宝箱の喪失。

ストレスで、服を衝動買いした。
例によって、実用に向かない服ばかり。
色彩と質感への飢えを、かげろうの羽のような絹のチュニックで補いつつ、
保管場所が無い事に気付いて、吐息を付くのだった。
[PR]
by leea_blog | 2007-06-19 00:45 | Comments(0)