<   2007年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

りーあ いん スフィン窟

e0016517_23232128.jpg


↑ 【アルフォンス・井上さんの 蔵書票 山本六三氏に贈った図柄】携帯で撮影

寝込んでいたが、天気も良いし運動しようと出かけた。
上記の蔵書票が届いたと連絡があったので、銀座のスパンアートギャラリーに取りに行ったのだ。

 翼有るスフィンクス。
 結晶体と球体と、卵と書物と薔薇、冠状に絡みついた蛇。小物も画面構成も、スフィンクスの容姿も、すべてそろった、インスピレーションを讃える小さな宇宙図である。

 山本六三展に出かけた時、山本氏と井上氏(同じ銅版画の師匠に習っていたとのこと)が互いに贈った蔵書票が並んで展示されていた。一目で悩殺された上、手が届くお値段だったので、取り寄せを依頼したのだ。


赤いボヘミア硝子に井筒ワインを注いで、手に入れたかわいこちゃんを眺める。宙に浮いた結晶体に絶妙のバランスでしがみついている、知と神秘と野生と霊性のいきもの。小さな爪が獰猛の片鱗を見せて。


上記ギャラリーでは、【上田風子個展 アクアリウム幻想】をやっていた。
小さい写真で見るより、実物で見なくては凄さが伝わりにくい絵の一つだった。
二枚づつの襖で正方形を作り、外側に海の浅い部分を描き、閉ざされた正方形の襖の内側に深海、海底部分を描いた素敵な作品が有った。

海底に、発光しつつ裸体の少女が落下してくる。
シャンデリアの有る海底。シャンデリアの飾りが海底に落ち、透明な角砂糖めいた結晶を、海底の生き物のように半ば透けた少女が腹ばいに賞味しようとしている。
他の一面では、少女が腹に苺ケーキを乗せて食べており、海底の軟体動物や奇っ怪な生き物もそれに群れている。
海水に打ちなびく髪の具合が素晴らしい。

襖の内側に入って正方形を閉ざし、深海の少女たちを眺めていると、外の会話が聞こえた。ファンの青年が画廊のスタッフと話している。作品が大きくて自分の部屋には置けない、等々。襖じゃ、そうだろうなぁ。日本の貧しい住宅事情。

私も、六角か八角の空間の内外に自分の絵を描き、心静かに瞑想する自分を想像した。
ああ、自分の絵では難しい。自分の作品に周囲を囲まれきっていては、よろしくない。
自作はせいぜい鴨居に並べるか、壁に立て掛ける位にしたい。
壁面に描いては気になってしまう。
うむ、屏風なら良いかも知れない。

いや、その前に、制作にかなりのスペースが必要だ。
仮住まいのはずが、来年そうそうにまた賃貸契約更新時期が来る、犬小屋みたいな狭い住居。それもこれも東京●●局の佞人幹部のとばっちりのお陰。ワタクシがストレスのあまり、収入以上の浪費で自分を励ましているのも、そのお陰。
頼むから表現者に嫌がらせしないでほしい。本能欲求である創作が出来ないまま、かれこれ七年になるのだ。何度も言うけど、嫌がらせはもっと暇な、おとなしくて実家が土地持ちで生活に困らない職員にお願いします。そうでなけりゃ理論面で思考が破綻している職員とかね。まずは、重大な問題を子供みたいな嘘でその場をしのごうとする、船場吉兆の社長みたいな、某Aと某Bと某Cと、、、、、

ああ、こんな風に、せっかくの喜びも一時間と続かないのだ。
愛別離苦よりも怨憎会苦の方が、私には耐えがたい。
「来世で人生をやり直す」、と、楽な方法を選びたくなる。金は墓場に持っていけないので、今の内に使っているのだ。

うむ。井上さんにワタクシ用の、呪力の強い蔵書票を作ってもらうのも良いかも知れない。「これはワタクシの蔵書」、と、自分自身に貼るのだ。そうすれば勝手に自分を処分できないでしょう。

自分で自分の蔵書票を作って、自分に貼るのもいいけれど。
私の作風だと、違う世界に行ったきり戻ってこなくなりそうだ。
[PR]
by leea_blog | 2007-11-25 00:33 | Comments(0)

テレビを見ない族が 風林火山 を 途中から見ている事など

一ヶ月ほど前に書いて没にした文を、考える所有ってアップする。
 以下
----------------------

テレビを見ない。
見るのは、朝のニュースと天気予報くらいだ。見ている暇が無いのだ。貴重な時間を裂いてまで見たい物が無い、というのもある。

ところが! 
この所、大河ドラマの【風林火山】を見ている。
時代物は映画でもテレビでも、思い入れのある時代だと突っ込みを入れまくってしまい集中できないが、戦国時代は思い入れも無いので気楽に見られる。

そんな事はどうでも良い。
普段テレビを見ない私がわざわざスイッチを入れて、チャンネルを合わせる程の強力な磁力は何なのか、という話なのだ。

『風林火山』。結構見どころは多い。山本勘助の秘めた恋など、現代では夢でしかなさそうな抑圧と昇華があって、下僕願望を持つマゾヒスト男性は必見である。ドミナタイプの女性も必見だ。どうですか、勘助。見ていて笑みがこぼれませんか?

うむ、それもどうでも良い。どうでも良くないのは、長尾景虎だ。
長尾景虎が、冗談かと思うほど浮いており、見ないでは済まされないのだ。
「あんた絶対変!」の「美形バージョン」なのである。

登場人物の芝居がかかった口調は、時代劇だからいいとしても、Gackt演じるところの長尾景虎は、芝居が掛かりすぎではないか。

ヴィジュアル的にも凄過ぎるぞ。
ストイックな設定なのに、牛乳風呂で肌を磨いていそうな、異様な色気。稚児さんか、、、、? 衣装といい、まなざしや物腰や口調といい、“他者をくらくらさせるお仕事の人”モードが全開なのだ。何かが間違っている。。。。。
高野山でいきなり刃物を抜く程の、アブナさ加減もコワイ。

ある意味、強そうである。
戦国時代にこんな“美形かつ変な人、おまけにアブナイ人”が居れば、「異様さ」に気圧されて逃げたくなるに違いない。美しいところが、もうコワイとしか言い様がない。
かかわりにならない方が良いたぐいの、やばさが漂っているのだ。
こういう人の頭から出てくる作戦は、異次元のシロモノに違いない。こちらにどんな軍師が付いていようと負けそうである。越後には手を出したくない、と思わせて余りある。
地霊天霊の守護も厚く、霊的に越後を守っていそうでもある。

うーん、これは。どんなたぐいの異様さなのか。単に異様なだけなら、「テレビ見ない族」の私は素通りしているだろう。

巨大なヒキガエルとか、妖怪変化とか、妖術使いの切支丹伴天連とかが出てくる映画に向いているキャラである。あるいは北斗の拳とかね。あるいはやおい系の同人マンガなら、こんな人ばっかりかもしれない。

そんなキャラが普通の時代劇に割り込んで、普通に越後を治めて、普通に甲斐の国の武田と対戦する。しかも外見を裏切って、義に厚くストイックでまともな人格者(という設定)。これがナルシストのオナニスト、サディストかマゾヒストという設定なら、雰囲気に一致していて違和感は無い。。。
つまり「お約束事無視」、の異様さなのだ。


美しい事は間違いない。黒髪を垂らして背で束ねているため、後ろ姿もなかなか良い。琵琶を弾いたり護摩を焚いたり、家臣を従えて登場する具合も、いちいち視覚効果抜群。衣装も、豪奢系からシック系、黒と赤で美々しくまとめた物まで、めりはりをつけたお色直しで多彩な魅力を視聴者の脳裏にすり込んでいる。
これを強敵といわずして、何が強敵なのか。

見た事の無い人の為に、「風林火山」のサイトから拝借した画像を貼っておきます。

下段のお写真の違和感は、なかなか凄い。
この衣装でこの目つきは無いだろう。。。。ホストですか。
大体、この人何?????

気になったワタクシはリンクされていたGacktさんのHPに飛んでみた。源平合戦時代のような美々しい武者姿で歌っていた。
慌ててパソコンの音量を無音まで下げた。恥ずかしさに顔を背けつつちょっと観察した。なるほど、ミュージシャンであったか。氏の背後には、武者たちの戦闘シーンの映像が流れており、これも凄い違和感です。どうしましょう。
詳細を確認する勇気が無く、サイトから退却した。

 ヴィジュアル系ミュージシャンが美形で変っぽいのは、普通の事だ。
つまり「変」が「約束事」になっている。しかし氏のバアイは、見る者を日常に残したままなのだ。
この地層のずれ加減が、強力な違和感とともに、猛烈に気になってしまうのだった。

新たな視聴者開拓のために氏を動員し演出したNHKがつわものというより、
Gacktさんがそのままつわものなのだった。
「気になるだろう? 来週も見るであろうな? 」とばかりに、知らない内に相手の術中にはまってしまうわけである。。。。 負けたぜ。

e0016517_1144217.jpg
e0016517_115738.jpg

[PR]
by leea_blog | 2007-11-24 00:01 | Comments(0)

過去の作品の 逸失 に ついて

寝込みながらも、【揺蘭】の編集中。
低予算で安っぽくなく、小回りの利く冊子を謳っている為、いちいち壁にぶつかったりしている。

それはそうと!
作品の散逸に頭を抱えている。アナログ絵と異なり、文章作品はアナログでもコピーが簡単だ。散逸の心配は少ないはずだった。うーん。

上手いか下手か、価値があるか無いかは関係ない。
書いた時は持てる力を注いだのだし、同じ文章は二度と書けない。その時に選ばれた言い回し、語意、語順、描写、それらは二度と書けないのだ。

無くなった方がマシな作品も多数有る。自分が書いたからこそ許せない駄作。或いは駄作以前のレベル。
(ただ、これらについても本当は作者が勝手に抹殺していいのかというと、そうは思っていない。なぜなら、作者がいいと思う物と他人がいいと思う物は一致しているわけではないからだ。)


今年の初めにパソコンを買い替えたのだが。
OSが一気にグレードアップした為、開けない書類が多数出た。旧パソコンに保存してあった作品は、ぽつぽつとテキストデータに変換し直して移動しているものの、MOに保管していた作品の移行処理が手付かずだったと発見した。
青ざめている。

壊れかけた旧パソコンを恐る恐る立ち上げながら作業をしているが、これが壊れたら、新パソコンで開けないデータ類の運命やいかに。
ほんの数年でOSやソフトは激変する。しかし作品はそういう短いスパンで書かれたものでは、まーったく無いのだ。

50年前の作品に用が出来た時、すべて開けなくなっている、或いはMO等が劣化して消えている、或いは、そのMOやディスクに対応した再生機器が無い、という事態になっている事は明白と思われる。。。。。

今日。昔の作品に用が有って探したのだが、新旧のハードディスク内で見つからない。どこに行ったのだ。。。。。。。
アナログ冊子で残して有った物だから、万一データを紛失しても安心、と、データ保管がいい加減になっていた。

で、アナログ冊子を探した。
無い!!!!

そういえば、仮住居のあまりの狭さに、冊子を解体して必要な頁だけファイルに保管したような記憶がある。
  ↓
そのファイルも、雑事に紛れて、「どうせ冊子で保管して有るから」、と、解体した頁はうっかり破棄してしまったような記憶が。。。。
うむ、その時は確かに、実家に冊子の在庫が沢山有ったのだ。。。
    ↓

しかし今現在は状況が違う。仮住居に保存用冊子を持ってきているから、と、実家の在庫を処分した後だ(汗)

うわぁぁぁぁぁ。

うーむ、こんな風に、血と汗と狂気の結晶の作品は、無くなってしまうのだなぁ、と実感した次第だ。。。。。。。。
[PR]
by leea_blog | 2007-11-19 00:47 | Comments(2)

文学フリマ 

先週の事。

疲労で熱っぽいというのに、揺蘭執筆者・夜の会主宰の横山克衛さんと、秋葉原まででかけた。

何しに???
文学フリマの見学に。

【揺蘭】の宣伝に参加を希望したのだが抽選で外れたのだ。
ちょっと感心した。アナログ文学冊子イベントで、抽選するほど参加希望者がいるというのが凄いではないか。
文芸フリマではなくて、「文学」フリマという命名も気に入った。
文芸と文学の、この微妙なようでかなりの違い。
自ら名乗る場合も、「文芸やってます」と「文学やってます」では、姿勢が全く違う。


眠いよ〜、疲れたよ〜、おなか空いたよ〜、やる事が一杯有るんだよ〜状態で秋葉原に着き、会場がワシントンホテルのとなり、という事だけは頭に入れてあったので、あとはカンで歩いていった。
あっけないほどすぐ見つかった。立地が良い!

会場はごった返していた。会場内案内図も品切れで、参加冊子のサンプルが置いて有るスペースは人が多くて近寄れず。狭いから人が多く見える、というのもあるが、それを差し引いても人が沢山居て驚いた。

良い事ではないか。
活字離れがうんぬんされて久しいのに、アナログ冊子系の人がこんなに。
マンガ・アニメ・二次創作系なら別として、「ブンガク」ですぜ?

よくよく見て見ると、人は凄く多いのに交流や販売が活発というわけでもない。人が滞留しているだけだ。私も端から端まで眺めて歩いたが、ちょっと売り子さんと話していると、人の流れがせき止められてしまう。

ブンガク作品だから、ぱらぱらめくっただけで善し悪しは分かりにくい。少なくとも、そのサークルの趣旨や傾向、方向性を聞くなどやりとりしないと、手に取っただけではわからないのだ。

歩いていると、チラシやフリー冊子が差し出されるので、参考にもらいまくった。時々足を止めてどんな傾向の冊子か聞いてみる。返ってくるアピール文句に、「執筆者のだれだれが何々賞の何々選考まで残って云々」、が多い!!!!  

「一般書店に並んでいる物ほど質は良くないですが是非いかがですか」と言っているようなものではないか。そういうものにお金を出して、これだけ本が溢れている時代に、自分の時間を裂いて読みたいと思うだろうか?
さすがにスルーできなくて、「そういうものが読みたければ普通の書店に行きますよ」とやんわりきっぱり言うしかなかった。

こっちは自費出版物を見に来ているんだから、そんなアピールは見当が違うでしょう。
「へっへっへっ、マダム、これなんかいかがですかい?  普通の本屋やインターネットじゃ、絶対お目にかかれませんぜ? 一口で言うと、鬼才ってところでしょうかね」
これくらいのアピールしてくれないと。

「絶対面白いですよ!」というアピールも多かった。何を面白いと思うかは人それぞれなのだ。どういう作風でどういう風に面白いのか聞いて見ても、的を得た答えが返ってこない。

難しい話をしたいわけじゃないのだ。こういう所に来る客は、一般書店に並ぶ本と同じ物を期待しているわけではないし、客自身かなりの読み手だったり自分も書いている可能性が高い。本を読まない人も作品を書く時代だしね。つまり、何らかの形でブンガクに関心が有る、しかもフリマまで足を運ぶ位に、何らかの形で文字表現の「通」だったりする。赤川次郎のファンがアンドレ・ブルトンを面白いと思わないとか、泉鏡花のファンが携帯小説に関心がないとか、それくらいはお互い大前提にしたい。

「手に取ってご覧下さい」と、売り子さん達から呼び止めたのだから、客に自負ポイントを聞かれたら、普通に作者の信念を言えば良いだけの事と思うが。フリマ系は客と作者の生のやり取りが面白いのだし、それが要らないならネットで自費出版物買えばいいような?

と、まぁ、ウチの冊子とはだいぶ傾向が違うサークルがほとんどのようでした。作品傾向が違うというより、自分でお金を出して作品に向かう事の意義が違いすぎる気がする。。。。
(人口密度が高くて求める物に出会えていなかった、という点は、間違いない。)


それでも。手渡されるままにもらいまくったチラシやフリーマガジンは、帰りの電車の中で見るに、工夫が凝らしてあってかなり面白い物も多数!
一枚の紙に何かを込める姿勢は、ブンガクというより文芸的に、芸をこらしてあった。【揺蘭】の宣伝用チラシでこんなインパクトが有る物を作れるか、というと、チラシへの熱意が足りない点で、揺蘭執筆者では勝負にならないだろう。

後でアクセスしたくなるチラシも結構有り、出かけた甲斐はあった。
ただ、会場の通路が狭すぎだ。ブンガクはヴィジュアルでセンスがわかる物では無いだけに、客がもっとゆっくり見て回れて、作者と会話を交わしつつ冊子を手に取りたくなる会場レイアウトを期待したい。 
[PR]
by leea_blog | 2007-11-17 01:26 | Comments(0)

眼球譚 入手譚 —実現編— 付録・太陽系の端からの檄

e0016517_8275945.jpg
e0016517_828133.jpg

【眼球譚 山本六三 携帯で撮影・西野りーあ】

雨の降る十一月の土曜日。

神保町の古書店・臥遊堂にて、山本六三さんの銅版画を入手。
著者控え版で、刷りも保存状態も最高。生きていて良かった。
上記画像は携帯で撮ったので、繊細な線を再現できていなくて残念です。

アルフォンス井上さんのスフィンクスも素晴らしかったが、今回は資金面で断念。
スパンアートギャラリーに、小さいけれど私好みのスフィンクスの蔵書票を依頼してある事だし。(公的HPにはとても書けない散財ぶりなのだ)

寒いのにも気付かず薄着のまま帰宅して、気がついたら熱があった。


「それより揺蘭はどうしたっ!」

と先週来てくれたお手伝い人様からお叱りが来そうだ。
済まぬ、ここは見逃してくれ。ワタクシは嘘が平気な人たちとの仁義なき闘いに疲弊して、栄養剤が必要なのだ。 



太陽系の端から届いた檄文。

「他人が表現したものをお宝にするよりも、巨匠自らの表現をお宝にする事業に1票を投じます!」

ワタクシが周囲にいつも言っていた事を、言われる立場になってしまった。
普通に考えて、作者が自作をさぼって他人の作品をお宝にするのはただの怠慢で、だらしない事きわまりない。
これが他人の事だったら、「馬鹿か、お前」と一声、乗馬鞭で頬げたを張っているところであろう。

ちなみに巨匠というのは、ご隠居、とか、御坊、とか、お姐さんと同様の軽い敬称として使われている。近所のアパートの大家さんを「社長」と呼ぶのと同じノリである。

揺蘭は年内に発酵、いや、発行されるはずである。
[PR]
by leea_blog | 2007-11-11 09:36 | Comments(0)

装身具試作スケッチ

e0016517_1214734.jpg

[PR]
by leea_blog | 2007-11-06 01:22 | Comments(0)

眼球譚 入手譚

アルフォンス井上さんの銅版画の件で問い合わせた古書店に、
山本六三さんの「眼球譚」もあった。

ワタクシにも手が届くお値段だったたが、何と、翌日には売れていた。
ワタクシに手が届くなら、虎視眈々のマニア諸氏には軽々と手が届くだろう。

あれやこれやで、井上さんの銅版画ではなく山本さんの銅版画が手に入る事になった。ばんざーい。

他人の作品を購入して喜ぶのは、自分の作品を順調に仕上げている人の権利のはずだ。
私のように、ストレスから阿片窟に逃げ込むようなヤツは表現者を名乗ってはいけない。
(本物の阿片じゃないよ。美しく習慣性のある、高価な物に手を出す事を言っているのだ)

とはいえ、マニアの足下を見れば高値で売却できる物を、ワタクシに何とかなる値段で売ってくださる某古書店様には、思わず「敬語」である。

こんなことを言っている間に揺蘭執筆者から督促が。
というわけで、明日・明後日はお手伝いの方が来て下さり、揺蘭編集に本腰が入る予定だ。実は明後日は、強力なお誘いも来ており断るのも心苦しかったが、延期に延期が重なった【揺蘭】は今年度中に世に出るべく、ワタクシを動かしたいらしい。

揺蘭延期もりりやま阿片窟逃亡も、俗世の本当にどうしようもない事件のせいである。こちらは平成12年からまだ片づいていないし進展も無い。

そのようなわけで、原稿差し替えを希望する執筆者様は、同じページ数ならまだ間に合います。


— りーあ いん すふいんくす窟(スフィン窟ともいう) —
[PR]
by leea_blog | 2007-11-03 01:34 | Comments(0)