<   2010年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

秘密の朝帰り/表と裏と真の顔

土曜の朝にこれを書いている。

「りーあさんが絶対起きていない時間帯」である。

盗みに入るなら早朝を狙え。
と、言われるほど、不眠症で、一度寝たら地震が来ても起きないワタクシのはず。

この時間帯に起きている理由は、「昨夜は寝てない」「完徹」しかない。

昨夜は都内某所で行われた、謎のプチオフ会に出かけたのだ。
裏の顔で。
オールナイト、朝帰り。

文学とは全く関係が無い。
全く無いかと言われると、そうでも無いのだが、取りあえずは、
文学関係者は皆無の場所だった。

注)文学はあらゆるものと関係している。メシを食べるのも、喧嘩をするのも、不倫をするのも、
バカ話するのも、行きたくない散歩に出かけるのも、すべて、「文学と関係ない」と線引きは出来ない。
文学から見れば「関係ない」ものなど皆無である。


大人になると、ほとんどの人は、
表と裏の顔、真の顔を使い分けなくてはならない。。。。。。
それは、大抵の場合、利害がどうのの為ではなく、要らぬ面倒を避けるためだ。

裏の顔で死の商人をしていたり、闇の仕置き人をしているというようなドラマティックな話ではない。

ところで、真の顔が、このブログを書いているワタクシである。
幻想詩がどうのこうのと言っているのが、余計な物を取り払った真の人格だ。
真とはいえ、ネット上に公開しているわけだから、
真の顔も「世間様」向けに、愛想の良い事を(これでも)書いているわけだ。
真の顔も、裏と表を使い分けているのだ。
大人とは面倒なものである。

表と裏と真は、人によってそれぞれだろう。
だが、一個の生身が受け持つ以上、互いに侵食しあわない訳には行かない。

生活費を得るための表の顔が、「文学よりも尊厳が大事」と詰めよって、
真の顔から文学を奪う、あるいは命をも提供させる事がある。

表と真が「確かに作品は来世でも書ける、尊厳は大事だ」と合意しているぎりぎりの時点で、
裏の顔が、「尊厳? うん?後でね」と外出して、
裏の知り合いが、歌と酒とフェティッシュなもてなしをさりげなく提供して下さったりする。

「尊厳の話をしている時に、それどころじゃないんだよ、この愚か者」と、
怒り心頭の表と真は、朝帰りの裏を絞め殺そうとするのだが、
裏が受けたもてなしと裏の知人らの善意に呆気にとられ、
「そ」と「ん」と「げ」と「ん」が解体して意味を成さなくなり、
一瞬空中に散ってしまうのだ。

ちなみに、裏の顔は鷹揚な女主人の人格である。
呆気にとられている表の顔に、まず言う。

「こら、表。そなたは国家の奴隷の最下層、奴隷上司に発言や人格までも捏造されてしまう立場、つまり、“お前には人格など無いんだよ”、と公僕に宣言されて“そうだったのか”とようやく気付く愚か者だ。わらわを罵る立場には無い。ごちゃごちゃ言う前に、骨董屋で本物の日本刀でも手に入れなさい」

今度は真の顔に向き直り、

「こら、真。そなたは領土の主を名乗りながらも、同時に物を書く手の奴隷であると宣言している。文学はそなたにとって神なのだろうが、所詮そなたは物語の魔の奴隷でしかない。おっと、口答えは許さぬぞ。偉そうな口をきく前に、わらわがどのような物を見聞きしたのか伏して拝聴せよ。この度の話は、献身についてだ」



不思議な物だ。

人によっては、裏が真や「表」を破滅させる事がある。
表が大事な人は、裏や真を殺しても「表」を守ろうとする。
表も裏も真も無い人も、無論居る。

三界火宅というが、火の粉を傘で防ぎつつ、
思わぬ所から
「ちょっとご免なさいよ、今日も大変な火焔の渦だね。
どこもかしこも炎の中なら、余計、
気晴らしのお誘いに参りましたよ」
と声が掛かって、言葉の意味を違う角度で考えさせてくれるのだ。
[PR]
by leea_blog | 2010-08-28 10:15 | Comments(0)

揺蘭2010秋号/もうすぐ

e0016517_8545989.jpg


たまには画像を載せよう。
昨年12月の朗読ライブ「妖異の時代〜百物語」、
国際派俳画人の湊明子氏が撮ってくださったものだ。

【揺蘭】2010秋号は、9月3日に、
分配基地の横山克衛氏宅に届く。
そこから各参加者に配送され、
各参加者は街角で配る(わけはない)。

ああ、長めの散文も書きたい。
散文とは散る文か。
砕けて散った、揺れ動く、散る文、散文。
[PR]
by leea_blog | 2010-08-21 09:02 | Comments(0)

【人魚迷宮譜】の、後編について

「有ったのか、そんなものが!」

うむ。有るんです、実は。

今だから言えるが、【人魚迷宮譜】の原案は、高校時代に書かれていた。

高校生というのは、20代以上の人が考える以上に語彙も豊富だし頭も切れるし、感性も豊かだ。
散文等でも十代の人が素晴らしい作品を書くと、世間は話題するが、
先入観を見直した方が良い。

問題は、特に散文系の場合は、「完成度」に関わる能力。
こればかりは、その人の才能と鍛練によって大きく差が出る。

物語詩の場合は、散文と物語の中間であるため、いかに物心付かない内から書いていたワタクシでも、
原案は今読み返すと「赤面」である。

今は無き文芸冊子「水脈」に少しまともにして前、後編を再掲し、その後、
詩人の丸山勝久氏の強い薦めで単行本にした。

これが「物語詩」とされずに「詩集」と銘打たれて出されたので、
読んでくれた詩人は普通の詩集と勘違いし、私は言い訳に追われた。

更に嫌だったのが、「少女趣味的内容」と受け止められがちだった事だ。

あのなぁ。あなた方の「少女趣味」とは、どのようなイメージなのか?
「精霊趣味」なら、その通りだが。

人魚や人狼や、迎えに来る人魚の王を待っている親を亡くした16歳の娘、というのが、
いかにも「女の子が王子様を待っている」的に受け止められたのだが、
いや、これは呪術的幻想譚である。

たまたま巫女的少女、つまり異界と此の世の橋渡しをする役目の娘が、
偉大な巫女性というより等身大の苦悩や憧れや侮蔑や、無力を露骨に保持しているため、
「少女物」と勘違いされてしまいがちで、ワタクシは、感想を頂く度にがっくりし続けた記憶が有る。

文字が生まれる前から綿々と続く精霊指向の一つ。

それはいいとして、
後編が。
後編は、あまりに昔に書かれた物で内容をよく覚えていなかった。

単行本の主要人物の一人、狩人の「黒沼明」が、
失った少女を忘れられず、彼女がしていたように半ば錯乱しつつ夜を徘徊するのである。

最後は、ハッピーエンドに近かった!
人魚の王、「ルー」の考える事は、人間にも陸の精霊等とも違うやり方だ。
頭の構造が、人間とは違う。
すべての人魚がそうである訳ではなく、「ルー」は人魚の中でも特別なのだ。

それにしても、読み返して、
「これはいけないでしょう」と感じた。

作者が昔の自作品を否定するのはよくある事だが、
作者、つまりワタクシは後編では陰の主役「黒沼明」を救済したかったのだ。
そして、伏線も明らかにして行く。
(伏線を明らかに、という発想自体が散文として書かれた物だ。そこが前編と異なる)

ルーの思惑の前には、黒沼明一人などどうでもいいのだが、
亡くなった主人公れいらが、黒沼明に友情を抱いていたため、特別に扱っているのだ。

いやさぁ。
人魚達の「非暴力侵入ぶり」も大人になって読むと、「いいのか、これで」、である。

ルーの切り札、「夢想の姫・まりえ」も、いいのか、これで。
彼女は人間の身でありながら抗いがたい声に引かれて精霊界に身を投じた者だ。
が、もっとそれを強調するべきだった。

と、いうわけで、後編の再発表は、無いだろう、。。。。。。。。
[PR]
by leea_blog | 2010-08-18 00:15 | Comments(0)

メモの威力/アナログ再発見/詩の鮮度

そのようなわけで。

さきたま県の実家を、一人でこつこつと最終整理していた訳だが。

書物の間に挟まった貴重なメモ類のの多さに、感動した。

パソコンの無い時代、携帯も無い時代、
降ってくるインスピレーションは通勤電車の中であろうと職場の給湯室であろうと、
授業中であろうと、すぐさま書き留められた。

今で言うなら、
携帯で自分宛にメモして送信、といったところか?

いや、実際は今もアナログメモだ。
紙がない時はレシートの裏に、ボールペンが無い時は、まゆ墨で。

深い奥底から突然地表を破って噴出するそれらは、
書き留めないと三分も持たずに消えてしまう。

言っておくが、それらは「思いつき」ではない。
これは、地下の鉱脈で、長期間掛けて朝昼晩と手間ひまかけて育てたシロモノなのだ。

私は、それらの鮮度を捉える。
昼間目覚めている脳でやる事は、「散文」だ。
散文も重要な仕事だ。

それはそうと、
そうしたメモ類は、書いた後再度見ないとやはり忘れる。

「うわぁ! すごい。こんな続きが有ったのか!!!!!」
と心中叫びながら部屋の整理をするから、進む訳が無かった。
エアコン無し、体力無しだから進まないだけではない。

これらがデジタルだったら。
MOに乱雑に入っているメモ類を、
一つ一つ見るか?
いや、どちらかというと、見ないままMOが破損してしまう気がする。

アナログは、他人様から送られた小冊子、挟んである手紙に至るまで、
(業者にどっさり捨てられるのをまぬがれたものは)読み返す事が出来る。

ありがとう、アナログ。

便利さと引き換えに、デジタル文章は「読み返し」を促さない。
「まて。俺を捨てるのか。捨てる前に読み直せ。そして判断しろ」。
紙は、そう言ってくる。
デジタル文書は、そっけない。
誤クリック一つですべてが消える。

大体、デジタルは、ソフトの存在が消えて、二度と開けない作品も多いんだよ。

手間と金を惜しまずに、アナログを見直そう。
私はそれしか取り柄が無いのだし。

というわけで、【揺蘭】2010、入稿完全に終了。
九月初めにはでき上がる。
遅れに遅れて、申し訳ない。
[PR]
by leea_blog | 2010-08-16 23:22 | Comments(0)

やめて、お願い、見ないで〜!、の基準

昔は、笑い話の一つとして、
交通事故で死にかけたら、這ってでも家に帰ってエロ本類を処分してから死ぬ話が例として挙げられていた。

今では、パソコンのハードディスクを破壊してからではないと死に切れない人が多いだろう。

例の、「実家賃貸」だが。
8月16日から先様のご入居が決まっている。

業者に親や私の着物も含めて、貴重なものをごっそり捨てられた悲劇から顔を背け、
もくもくと残された私物の整理をしている。
それも、15日で終わる。

大人になった弟達は、いとも簡単に育った家を捨て、父母祖父母の写真に見向きもせず、
とうの昔に立ち去ったまま、「俺の部屋の物?捨てといて」、と言ったまま、
片づけにも戻ってこない。

ちなみに弟達の部屋からは微量とは言い難い量の「エロ系」ビデオや冊子が発見されている。
中高生ではないので、「這ってでも家にかえって処分」の気など起こらないらしい。

他人に見られて恥ずかしい物、死んでも見られたくない物の基準は、人それぞれだ。

ちなみに私は、
SM本もエロ本も、絵や文章創作イメージの「単なる資料」。
そんな物で抜いた事は無いので、
「りーあさんってこういうのに興味が有るの?」と言われても
「資料だよ」。の一言である。

大体、ヌードデッサンを重ねたワタクシ。
女の裸を見る時は、骨格やら肉付きやらポーズやら、筋肉の動きやら、
そうした視線でしか見ないではないか。

おびただしい屍体画像も、「いや〜。りーあさんって変態!」と言われようと、「哲学だよ」、で終わり。

そーいや、知人からもらった手錠が有ったなぁ。
「趣味」、でおわり。


では見られたくない物とは、何か。
【書きかけの草稿】である。

まさに顔を真っ赤にして、「やめてっ! 見ないでっ!」と叫んで飛びかかり、相手の手から奪い返すに値する。
「うわ〜、へたくそ」。
と、言われるのが嫌というだけではない。
自分の生の未熟さが人目に晒されるのが、嫌なのだ。

詩は良いとして、特に「散文」である!
下手な散文、つまり納得行かない散文ほど、悲惨な物は無い。


幸い、当家の身内は全員が絵にも文章にも関心が無い。
活字中毒は姉弟三人が父から受け継いでいるが、
身内の書いた物には関心が無い。

私に何か有っても、中身も確認されずに廃棄されるだろう。

だが!
完成品は捨てないで欲しい。
完成作品は、もはや自分個人の手を離れた、独立した生き物なのである。
[PR]
by leea_blog | 2010-08-14 23:52 | Comments(0)

詩人としての朗読とヴァージョンなど

押し上げてくる音としての言葉に関して。
音楽が有る場合と無い場合、朗読を行う場と目的によって、様々に変わる。

吉野熊野の、荒々しい霊気に満ちた場所で、
地霊に捧げる祈りとして、何時かやりたいものだ。




【音楽無しの朗読】
            「妖異の時代—決壊の領土にて」
             (例によって、コピーしてペーストして跳んで下され)
http://rossa.no-ip.info/~tanaka/mp3/leea/2-1.mp3

【音楽付きの朗読】
          「火の夢」
          (例によって、コピーしてペーストして跳んで下され)
http://rossa.no-ip.info/~tanaka/mp3/leea/1-5.mp3


ちなみに、「火の夢」は、リンクコーナーに張って有るサンプル音源の方が自分の思った通りに出来た気がする。

お時間の有る方はリンクコーナー、【遊行小径】の方も視聴下されたし。
[PR]
by leea_blog | 2010-08-06 23:37 | Comments(0)

【揺蘭】2001/薔薇のつるぎ別バージョン

e0016517_9551774.jpg


来年こそは、カラー表紙にできるだろうか。

コラージュ・加工/西野りーあ
[PR]
by leea_blog | 2010-08-03 09:54 | Comments(0)

揺蘭2010/ 【薔薇のつるぎ】 参考画像

e0016517_756526.jpg


薔薇のつるぎ/コラージュ&加工   西野りーあ
[PR]
by leea_blog | 2010-08-03 07:57 | Comments(0)

さいたま文学館さまの功績/幻想誌を救済のこと

埼玉県にゆかりのある文学者の作品を資料として保管するお役目が。

世間一般がケータイ文学に走っている時に、
散逸しがちな物を地道に保管して下さる役所は、役所のかがみで御座います。
儲かる仕事なら民間がやればいいんだものね。

金にならないどころか全面的に持ち出しの詩人系統のなかでも、
「幻想って何?」と言われがちな、
幻想系、まれびと冊子を保管して下さるとは、これぞ、
まさに「金銭に換算できない公的なお仕事」でございます。


で、弟の事務所経由で、
【揺蘭】謹呈依頼が来た訳です。

「え、りーあさんって、権威系は無関心つーか、認識脳が働かないタイプじゃないの?」と
皆さん思われるでしょ?

今回ばかりは違うんです。

まれびと冊子揺蘭&詩歌文学関係の郵便物の連絡先を、
埼玉県にある、当家の身内の事務所がやってくれているのですが。

ここの西野所長という方が、
「姉貴の詩集はわけわかんなくて一頁も読めなかった」と仰せになる、
文学に関心の無い方で御座います。

そんなわけで、「原稿依頼」=「出版社の営業」と考えて、
郵便物の転送もあまり熱心にやってくれなかった事も過去御座いました。

実際、結構有りますよね、
「◎◎先生の珠玉の御作を是非」と言いつつ“掲載費”取る商売(笑)
心構えの足りないお人の名誉欲を利用した、【欲望産業】は、どこの世界にもございます。

いや、今回は。

さいたま文学館さまが「詩集のみならず拙詩誌」も保管して下さるそのご要請のお陰で、
当家西野事務所の所長が祝いとして、
【揺蘭】をちょこっと豪華にできる賛助会員になってくれました。

おまけに!

前々から逝去しそうだったプリンタが逝去したその五分以内に、
西野所長から一年ぶり位の電話があり、
プリンタ購入資金を助成して下さる事に!!!!!

世間一般が穀潰しとしか見ていない、
幻想系まれびと冊子にまでチェックの手を入れて下さったさいたま文学館様の
お陰でございます。

公的なお仕事とはまさに、
金にならないが重要な事をこつこつとなさること。
諸方面の皆様、ありがとうございました。

勿論、文学美術鑑賞以外は有能極まりない、
西野事務所の所長にも深く御礼。
私なんかビジネスしたら、三日で倒産、電車に飛び込みですよ。
[PR]
by leea_blog | 2010-08-01 00:39 | Comments(0)