<   2011年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

必要な物が無い/都内の状況 3

地震から二週間が経とうとしている。

私の使っている地下鉄は、まだ平常運転に戻らない。
計画停電のため、運転していない線もある。
駅は節電のため、薄暗い。

パンやレトルト食品、カップ麺などは店頭に戻りつつある。
コンビニやスーパーでは、まだがら空きの棚も散見される。
ドラッグストアでは、トイレ用ロールペーパーが無い。
備蓄が無い家は困る事だろう。

ところで。
ガスコンロの電池が切れそうになったため、単一電池を買いに出かけた。
地元板橋区は、単一電池が品切れ状態。
近所の電気屋では、電池の他、ラジオも売り切れという。
急に防災意識が進んだ人が多いのだ。

仕方なく池袋の量販店に出かけた。
入り口に、品切れ品目が張り紙されている。

単一、単二電池、携帯コンロなどが品切れ、入荷予定未定状態のようだ。

仕方ない。新宿まで出た。
新宿の量販店でも、品切れと張り紙が。


ワタクシは非常用に欲しいのではない。
ガスコンロという、日常使う物の為に必要なのだ。
コンロが使えなかったらコーヒーも入れられないではないか。

非常用に多めに買って行ったであろう人たちを恨んだ。
ネットオークションで電池が売りに出ていたら高値でも買いたい気持ちになった。

切れかかった電池が完全に切れたら、どうしよう。
とほほな気分でコーヒーを飲んだ。

地震以前は当たり前のように買えた、乾電池。
物が簡単に手に入る事の有り難さを痛感した。
そして、乾電池という地味な物まで店頭から消え、入荷が未定という事態の深刻さも、焼け付くように感じた。

夜になって、奇跡的に単一電池の買い置きが見つかった。
ほっとすると共に、地震の爪痕の地味な部分を噛みしめたのだった。

落ち着いてから、ネットで単一乾電池を売っているところを探してみた。
有り難い事に、ネットを使えば手に入るようだ。

トイレットペーパーは。
これも、ネットで手に入る。
道路の交通網が使える地域なら、店頭に無くても慌てる事は無い、とも分かった。
[PR]
by leea_blog | 2011-03-24 20:33 | Comments(0)

スーパームーン/こんな時だからこそ

19日の夜、知人達と池袋にいた。

帰り際に、サンシャイン60にかかる大きな月を見た。

まるで映画のワンシーンのような、異様に大きく、美しくかすみをまとった月だった。
美しくも、妖しい、不吉ささえ感じさせる月だった。

スーパームーンだったと後で知った。
18年に1度なら、もっと事前に報道して欲しい。
もっとタップリ鑑賞するのだった。

震災、原発、都内は買いだめ、計画停電と、報道する事が多すぎるのは確かだが、そんな時こそ、宇宙の奇跡に触れたいのはワタクシだけではないはずだ。そう、こんな時こそ。


記事を以下にコピペしておく。

------------------------------------------------------

大きくて明るい「スーパームーン」、18年に一度の奇跡
19日は、月が地球に最接近したときに満月になる、いわゆる「スーパームーン」だった。月の軌道は楕円なため、月と地球の距離は一定ではなく、月が地球に最も近づいた位置(近地点)にあるときと、地球から最も離れた位置(遠地点)にあるときでは、約5万キロの差がある。地球から見た満月は、近地点のときは遠地点より約14%大きく、30%明るく見える。

米ワシントンD.C.(Washington, DC)にある米海軍天文台(US Naval Observatory)によると、19日の月は、近地点から1時間以内に満月となり、18年に1度のほぼ完璧な「スーパームーン」だった。
(c)AFP/Pedro ARMESTRE
-------------------------------------------------
写真も以下で見られます。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2791647/6984123
[PR]
by leea_blog | 2011-03-21 19:21 | Comments(0)

地震 /都内の状況2

地震から既に一週間経った。

ワタクシの使っている地下鉄は、まだ平常運転に戻っていない。
池袋のデパートは、節電の為18時閉店。

トイレットペーパーやティッシュペーパーは、売り切れで未入荷の状態。
(当家の備蓄は幸い、有る)

スーパーにはパンとカップ麺の姿が戻った。

昨日、知人と会って、池袋のパセラでカラオケをした。
カラオケ屋も、普段の混雑が嘘のように空き気味だ。

ちなみに、人と会うのは、脳の良い活性化に繋がる。
何を着て行こうかと前の晩考えたが、服装や装身具の色彩を思い浮かべると、良い色彩配置が頭に渦巻いて、久しぶりに楽しい脳内物質が出た。

自分が美しいと思う、色彩の配置。カラーセラピーだ。
落ち込んでいても始まらない。
汝、欲するところを為せ。

ところで。
--------------------------------------------------
降下物からヨウ素など6都県で放射性物質

 文部科学省は20日、福島第1原発事故を受けて18日午前9時から24時間に降った都道府県の雨やちり、ほこりなどを検査した結果、栃木と群馬で放射性ヨウ素とセシウム、東京、埼玉、千葉、山梨で放射性ヨウ素を検出したと発表した。

 文部科学省は、今回の検査のみで健康への影響は評価できないとした上で「検出されたいずれの地域も、別の検査では空間や水道水の放射性物質は健康に問題ないレベルと既に判明している」と説明した。

 1平方キロ当たりの検出量はヨウ素が栃木1300メガベクレル、群馬230メガベクレル、東京51メガベクレル、埼玉64メガベクレル、千葉21メガベクレル、山梨175メガベクレル。セシウムは栃木62メガベクレル、群馬84メガベクレル。その他のほとんどの地域は検出されなかった。震災対応などで報告が間に合わなかった地域もあった。

 農作物などへの影響については今後、厚生労働省を中心に評価するという。(共同)

 [2011年3月20日13時8分日刊スポーツcomより
--------------------------------------------------

天気予報によると、明日は雨だ。大丈夫なのか????
農作物への影響は、土壌汚染も含めて、今後の展開が気になる所だ。

更には、水道水にも!


-------------------------------------------------
1都5県の水道水から放射性物質、国基準下回る

 福島第一原子力発電所の事故の影響を調べている文部科学省は19日、首都圏を中心に1都5県の水道水から放射性ヨウ素やセシウムを検出したと発表した。

 いずれも国の原子力安全委員会が摂取を制限する基準値を下回っている。

 18日に採取した水道水を19日に分析した。水道水1キロ・グラムあたりのヨウ素の検出量が最も高かったのは、栃木県の77ベクレルで、国の基準値(300ベクレル)の3割以下だった。次いで、群馬県(2・5ベクレル)、東京都(1・5ベクレル)、千葉県(0・79ベクレル)、埼玉県(0・62ベクレル)、新潟県(0・27ベクレル)となった。

 一方、セシウムも、栃木県で1・6ベクレル、群馬県で0・22ベクレルが検出されたが、いずれも国の基準値の200ベクレルを大きく下回った。

 厚生労働省は19日、都道府県に対し、国の基準値を超えた場合の対応について、〈1〉代わりの飲用水がない場合を除き、飲用を控える〈2〉シャワーや風呂などの生活用水としての利用には問題ない——と通知した。
(2011年3月19日21時27分 読売新聞)
----------------------------------------------------------------------------------


飲用を控える、と言っても。。。。。。

安全の見解については、政府発表をどのくらい信じて良いのか不明だ。
原発関係もそうだが、尖閣諸島事件から、政府の隠ぺい体質に深い懸念を押さえられない。

これが自民党政権だったら少しはマシだったかと言うと、全くそうは思わない。
重大な情報ほど国民に開示して行く姿勢が必要なのだが、現政権はそうは思っていないふしが有る。

全く、トホホである。
[PR]
by leea_blog | 2011-03-20 19:08 | Comments(0)

福島の原発/都内の状況

電車が不通で出勤できない職員も居る中、ワタクシの住んでいる辺りは、
ぎりぎり間引き運転で出勤可能地域である。

混雑する電車の中は、皆一様に疲労困憊した顔つき。
眉間に縦じわを作って眠り込んでいる人も多し。

スーパーもコンビニも、パンやカップラーメンの類いがキレイに売り切れている。
補充したくても入荷が止まっているのだろう。
トイレットペーパーもしかり。


ところで、福島の原発事故で、放射能が都内にも飛来しているもようである。
-------------------------------------------------
1都4県で過去最高の放射線量…核実験時除く

読売新聞 3月15日(火)15時14分配信
 文部科学省は15日、都道府県で実施している放射線量の測定で、同日午前9時までに栃木、埼玉、千葉、東京、神奈川の1都4県で、近隣国で核実験があった時などを除くと調査開始以来、過去最高の放射線量を観測したと発表した。

 同省によると、最も高かった栃木県は毎時0・864マイクロ・シーベルトで、東京都の同0・147マイクロ・シーベルト、埼玉県の同0・129マイクロ・シーベルトと続いた。中国の核実験の時より低く、胃のX線検診600マイクロ・シーベルトの500分の1に満たないが、栃木では平時(0・03マイクロ・シーベルト〜0・06マイクロ・シーベルト)の30倍の値だった。
------------------
讀売オンラインより


直ちに健康に被害が出る値ではないというが、政府発表をどこまで信じていいのか、不明である。

原発に近い辺りにお住まいの方々は避難中なわけだが、放射能という見えない敵が相手だけに、心細さと恐怖は想像に余りある。

これほどの災害は想定外、と言うが、自然災害は大抵は想定外の力で襲ってくるのではないか。

地震の多い我が国に原発がなじむのかどうか、慎重な議論が必要だろう。


------------------------------------------
安全のはずが命がけ…怒る自衛隊・防衛省

読売新聞 3月15日(火)14時47分配信
 放射能汚染の懸念が一層高まる事態に、自衛隊側からは怒りや懸念の声が噴出した。関係機関の連携不足もあらわになった。

 3号機の爆発で自衛官4人の負傷者を出した防衛省。「安全だと言われ、それを信じて作業をしたら事故が起きた。これからどうするかは、もはや自衛隊と東電側だけで判断できるレベルを超えている」。同省幹部は重苦しい表情で話す。

 自衛隊はこれまで、中央特殊武器防護隊など約200人が、原発周辺で炉の冷却や住民の除染などの活動を続けてきた。東電や保安院側が「安全だ」として作業を要請したためだ。

 炉への給水活動は、これまで訓練もしたことがない。爆発の恐れがある中で、作業は「まさに命がけ」(同省幹部)。「我々は放射能の防護はできるが、原子炉の構造に特段の知識があるわけではない。安全だと言われれば、危険だと思っていても信じてやるしかなかった」。別の幹部は唇をかんだ。
---------------------------------------------------


>安全だと言われれば、危険だと思っていても信じてやるしかなかった

酷い話だ。ワタクシも昼間は組織の一員なので、これはよくわかる。
きっと嘘だな、と思っても、断言されて命令されれば行かなくてはならない。

こういう時こそ、正確な情報が重要なのだが、それを提示できないとは。
天災は仕方ないが、人災はまことに恐ろしいものだ。
[PR]
by leea_blog | 2011-03-15 19:07 | Comments(2)

東北地方太平洋沖地震 /予想以上の災害


大変な被害の報告が続いている。

津波や火災の、衝撃的な動画も次々と。。。。。。
原発も心配だ。

-------------------------------------------------------------------------

気象庁は同日、この地震のマグニチュード(M)をこれまでの8.8から9.0に修正。国内観測史上最大を更新した

----------------------------------------------------------------------

被災地の皆様のご無事を祈念します。


当方、くずれ落ちた書物などの整理は進まず。
[PR]
by leea_blog | 2011-03-13 13:16 | Comments(0)

東北地方太平洋沖地震 /予想以上の災害


大変な被害の報告が続いている。

津波や火災の、衝撃的な動画も次々と。。。。。。
原発も心配だ。

-------------------------------------------------------------------------

気象庁は同日、この地震のマグニチュード(M)をこれまでの8.8から9.0に修正。国内観測史上最大を更新した

----------------------------------------------------------------------

被災地の皆様のご無事を祈念します。


当方、くずれ落ちた書物などの整理は進まず。
[PR]
by leea_blog | 2011-03-13 13:14 | Comments(0)

地震 都内の状況



--------------------------------
2011年3月11日14時46分ごろ、三陸沖を震源に国内観測史上最大のM8.8の地震が発生。津波や火災で多数の死傷者。ヤフーニュースより


---------------------------------------------
枝野幸男官房長官は11日午後5時40分ごろ、首相官邸で記者会見し、首都圏の住民向けに「鉄道等の交通機関が現在、不通になっている。現時点で復旧のメドは立っていない。冷静に落ち着いて、中・遠距離の方は無理に帰宅されないことをお願いする」と職場などでの待機を呼びかける緊急メッセージを発表した。「徒歩等で無理に帰宅されると、2次的な被害に遭うことになりかねない」と、帰宅難民の発生回避を促した。
--------------------------------------------------

身体の弱いワタクシは、職場で夜明かしするより歩く方がマシ、と帰宅組となった。
新宿から青梅方面、千葉方面に帰った人たちは、どうなっただろうか。心配だ。

暗い川越街道は、都内から埼玉県の川越方面に延びる。
歩いて帰る人で、結構な人出だった。

ところで↓
-------------------------------------------
コンビニに帰宅支援要請 首都圏9都県市
首都圏の4都県と5政令指定都市は11日夕、コンビニやファミリーレストラン、ファストフード店などに対し、東北・関東大地震による帰宅困難者への飲料水やトイレ、休憩場所の提供を要請した。対象店舗は首都圏で約1万5千店。徒歩での帰宅者に対し、道路の状態や混雑状況など、可能な限りの情報提供も要請した。9都県市とコンビニなどの事業者は、災害時に帰宅困難者を支援する協定を結んでいる。
-----------------------------------------エキサイトニュースより

コンビニでトイレを借り、地図の確認をした。
災害時に帰宅困難者を支援する協定を結んでいたのか。
知らなかった。
[PR]
by leea_blog | 2011-03-11 23:12 | Comments(0)

地震と徒歩帰宅



地震だ。

東京でも、ビルのガラスが割れるかと思う揺れだった。
職場のキャビネットが傾き、上に乗せた書類が床に散乱した。


YAHOOニュースより↓
------------------------------------------------
鉄道、航空、道路等の混雑状況、災害や事故に伴う遅延、運休、通行止めなど。

地震による電車の運転見合わせが相次いだ。東京駅前にはバスを待つ人の行列ができた

東北・首都圏エリアで終日運転取りやめ JR東日本

 JR東日本は11日、三陸沖を震源とする地震の影響で、東北エリアと首都圏の新幹線と在来線の運行を終日取りやめると発表した。
------------------------------------------------

あっという間に首都圏の電車、地下鉄は止まった。
復興の見通しが立たないという。

千葉、埼玉、東京都下の職員は、職場に泊まるか歩いて帰るかの選択を迫られた。

カップラーメンを食べて気力が回復した頃、
パソコンで地図をプリントアウトし、埼玉近くのわが家へ向けて夜道を歩き始めた。

大きな道は、徒歩帰宅の会社員がぞろぞろと歩いていた。

二時間ほどで帰宅できたが、我が部屋は悲惨な状況となっていた。

扉の内側の本の山が崩れて、扉が開かなくなっている。
すき間から手を差し入れ、扉の向こうの山を崩して行く。

まったく。これをトホホといわすに、何をトホホと言うのか。

パソコンも倒れ、棚の上の物は見事に落ち崩れている。
悲惨だ。

いや。
東北の被害を思えば、
都内はこれくらいで済んで良かった。
[PR]
by leea_blog | 2011-03-11 22:47 | Comments(2)

裁判長!ここは懲役4年でどうすか/漫画篇のこと

職場のストレスが酷くて、出勤が怖くなった。
休みを取った。

何としてでも、ストレスを忘れて心身の苦痛を軽減し、出勤しなければならない。
今の私の仕事は、ストレスを忘れて明日は勤務する事だ。

このような漫画を見つけた。
「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」北尾トロ作/漫画・松橋犬輔
同名のエッセイを元に、ドラマにもなっているらしい。

読んでいる間は、心身の苦痛を忘れられた。



ワタクシは原告として、裁判所の柵の内側に座った事がある。

その時の凄さ。

何が凄いって、被告証人の嘘と善人の演技に驚愕したのだ。

証人は証言前に、法廷で真実を話すと宣誓する。

宣誓しても、嘘が並ぶ。

被告証人は国家公務員の管理職。本省でバリバリやっている、いわゆる官僚ではなく、ワタクシと同じ、末端の公務員だ。

それが、嘘の羅列の陳述!
厳粛なる法廷を恐れる気配は無し。

素人離れしたその役者振りに、ワタクシは、心から驚愕した。
「やったがどうした」、と開き直られる方がまだマシだった。

当人の前ではヤクザの如く、第三者の前では「温和な善意の人」の振り。
組織の保身の恐ろしさを知った。
それにしても、演技付き。

恐ろしい事に、ワタクシの弁護士は丸め込まれてしまった。
ワタクシの言い分ではなく、被告の言い分が「事実」と思ってしまったのだ。

辻褄の合わない話を、なぜ「事実」と思ってしまうのか。辻褄が合ってないですよ、先生。
頼りない弁護士もあったものだ。


それ以来ワタクシは病んでいる。
違法な金の給付を、ワタクシが泣いて頼んだ事にされているからだ。
ワタクシのセリフまで捏造されている。
世界が恐怖に染まったのだ。

柵の内側、つまり原告をやった経験は、重要だった。

柵の外側が傍聴席だが、傍聴人が結構居た。
被告の関係者だろうと思ったが、今考えると、北尾トロ氏のような傍聴好きの方々も居たのかも知れない。

ワタクシは自分が理不尽な嘘をつかれる側に立って、
「裁判所」を信じなくなった。
審理がいい加減すぎる!
お粗末としか言いようがない。
法の正義は、漫画やドラマ、小説の中の話にしか見えない。
辻褄の合わない嘘がまかり通ってしまうのを体験したからだ。

刑事事件だったらどうなるのか。
被告が犯行を否認している訴訟だって多いはずだ。

以前、懲役の判決を受け、服役中に、真犯人が見つかって釈放された事件が報道された。

無実の罪で服役までさせられた人は、法廷の被害者だ。
真犯人が見つからなかったら、全科持ちの人生を歩む事になっていただろう。

昔は、テレビや新聞に載っている話を鵜呑みにする人が多かった。
今は、インターネットの普及で、マスコミの話をそのまま受け取らない人も増えつつある。
海外サイトの記事も翻訳ソフトで読めるのだ。

今、ワタクシは病んでいる。これは嘘で固められ、セリフまで捏造された深い傷が、「事実を事実として認めよ」、と叫んでいるのだ。
嘘が平気な管理職とどうどうと渡り合って、二度目の裁判を起こす必要が有れば起さなければならない。

そんな中で、この漫画は、面白く読めた。
ワタクシの裁判の時傍聴席にいらした方々は、被告証人の良い人の演技を見破れたか?
傍聴が済んで、何を思ったか?

ワタクシが言いがかりを付けるモンスターに見えただろうか。

裁判所では傍聴可能なドラマが今日も展開されているのだ。
[PR]
by leea_blog | 2011-03-08 18:18 | Comments(4)

マンダラスパ/癒しの空間

e0016517_1485891.jpg

マンダラスパHPより拝借の写真↑

ストレスで体中が凝っている。

富士屋ホテルに一緒に出かけた友人から、「リンパマッサージを受けるべきだ」と助言をもらった。
筋肉が、骨かと思うほど固くなって、リンパの流れが悪くなり、前身がむくんでいるのだ。

マッサージはお値段が高い。
必ず上手なセラピストに当たる訳でもないため、かかるのがおっくうになっていた。

このままでは病気が悪化する。

思いきって、マンダラスパで施術を受けてきた。

お値段は高いが、セラピストに外れが無い。
海外では、マンダラスパによくお世話になる。

ああ、しばらく海外旅行にも出かけていない。

日本のマンダラスパは、普通のマッサージ店と異なり、高級感がある。飲み物の飲めるラウンジで休憩も出来、施術前にジャクジーやサウナにも入れる。

スパイシーな香油でマッサージをしてもらった。
肩の痛みが緩和した。

放置し放題だった凝り。
一回では解消しない。

ラグジュアリーな空間でジンジャーティを飲みながら、
これも医者代だと思って、定期的にマッサージを受けるべきだなぁ、と痛感した。
[PR]
by leea_blog | 2011-03-05 14:21 | Comments(2)