<   2012年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

モーリス・ブランショ/書物の不在/図書館篇




暑い。そんな夏は図書館に避暑だ!


というわけで、避暑地で本を借りる生活です。

本当に読みたい本は無くても、希望に近い意外な本も有って、
欲望にピンポイントで迫れるインターネットショッピングとは全然違う、楽しいアナログ生活の醍醐味を堪能している訳です。


私の借りた本が翌週無かったりすると、「ああ、別の誰かがあの本で手に汗握っているのだな」、と、見知らぬ人に連帯感もおぼえられたりします。


そんなある日。

薄手で小型の、しゃれた本を見つけました。

モーリス・ブランショの「書物の不在」。中山元訳。
月曜社。

手に取ると、美しいんですよ。濃紺の紙に、銀の活字で印刷してあるのです。

叢書「エクリチュールの冒険」第一回配本。



--------------------------
本書は、フランスの作家モーリス・ブランショの生誕百周年を記念し、二○○七年九月二十二日に、叢書「エクリチュールの冒険」の第一回配本として初版八百部が刊行された。そして二○○九年二月二十日、ここに新たな装いで出版されるのは第二版一千部であり、モーリス・ブランショの七回忌を銘記するものである。
------------------------------


はぁぁ。良いなぁ。

この世に千部しかない本を手に取っているのだ。

しかも、思いきりお金を掛けた美しい本だ。

なぜそれが下赤塚の図書館にあるのだろう?


千部と言えば、私の詩集くらいの発行部数である。

私も自分の詩集に何部発行したか記しておけば良かった。


ご恵与頂く詩集も、大体それくらいの発行部数であろう。
貴重な品だ。

まれびと冊子「揺蘭」は、冊子としては意外と発行部数が多く、
4〜5百部である。

ご購読のお申し込みはインターネットでも受け付けております。
[PR]
by leea_blog | 2012-08-31 19:49 | Comments(0)

24時間テレビの不快



不快な事はなるべくゆりうたに書かないようにしているのだが。。。。


最近「快」な事件が無くて、放っておいたら、リンクしている「グリムス」の木がしおれてしまった!

「グリムスの木とは何か」って?

ブログの本文の右側欄外を見ていくと、下のほうに木のイラストが有るでしょう?



これは、ブログを書いていくと成長して大人の木になり、書かないと枯れてしまうのだ。

背景は昼間見ると青空で、夕方見ると夕焼け、夜は星空である。

よく出来ている。

仕方がないな。グリムスの木が枯れると嫌なので、不快だった事も書くか。




最近の「不快」だが。

友人の家で見た、チャリティー番組の、24時間テレビ。


面白かったと思う人は読む必要が無いので、今回は飛ばして下さい。





友人は応援しているアイドルグループが出るので頑張って観たそうだ。

賛否両論がある番組で、こういう企画そのものにアレルギーのある方も居よう。



普段テレビを観ない、観ているのは「平清盛」くらいな私としては、
好みの違う友人の家で一緒に観るテレビは、異文化のようで面白い。
これは結構感謝しているので、友人様はこれを読んでもめげずにご自分の面白いと思うものをご提示下され。
自分一人だったら、一生観なかったかも知れない番組だ。



24時間テレビ。


うーん、何か、こう、「ここでこういう具合に感動して下さい」とラインマーカーが引いてある台本を渡される気分だ。感動って、もっと多義的で、内側から自発的に湧いてくるものではないのかな?作る側が安直だと、感動できる話も「ふーん」(棒読み)になってしまうのではないかな。



演出も、臭過ぎる。。。。。。
こんなに臭くて良いものだろうか???????


文学で例えるなら、

「手あかが付き過ぎて素人さんでも避けるような表現を使いまくった作品」の寄せ集め、

しかも最悪な事に「説明的」、といった感じだ。

感動して欲しい箇所にはアンダーライン入り。



そうだ。私の脳は、手あかの付きまくった表現と、安直な語彙連想の連呼に、試練に晒されていた。




この日ばかりは、普段は文句しか出ない「平清盛」がまぶしく見えた。
相変わらず原典通りにやれば面白いのに、敢えてつまらなくしている意図が不明だが、面白くない事は今始まった事ではないので、仕方がない。気持ちを切り替えて、時代考証と華麗な衣裳を見ていればいいのだ。


ねぇねぇ、NHKさん。
使った衣裳どうするの? 使い回そうにも、この時代をやる事は当分ないよね?
格安でオークションに出品して。それこそ、チャリティー企画で。



だがしかし。24時間テレビで寄付が二億以上集まったという事は、企画に共感した人が結構いるという事か?
テレビをほとんど観ない私は、テレビ文化を論ずる資格が無いし、論ずる気も無い。


ただ、長時間観て、思った。


情報発信するマスメディアは、長期不況時代に合った感動の形を提供していく義務があるんじゃないかな? 

個人の生き方も、家族の有り方も、試練への対応も、過去には無い局面に向かい合う、現代人。
もっと一人一人が、自分で考えて自分の納得行く答えを見つけられるような、そして共有していけるような、そういう発想をうながす必要があるんじゃないかな?

押し付けるのではなく、うながしていく。


テレビ離れが進んでいるそうだが、さもありなん。と思った一日だった。。。。。
[PR]
by leea_blog | 2012-08-28 20:13 | Comments(0)

うわぁぁぁ。未来への遺産破壊




うわっ、な、何をするんだ、き、君たち、や、やめなさい、自分が何をしているかわかっているのか!!!

やめなさい、やめて下さい、お願いします、や、めて〜!!!!!


と、叫びたくなるのだった。


何が起こったって?

心配していたらやっぱりだ。

シリアの件でございます。



YaHoo!ニュースをみたら、これでございますよ。

以下引用してみます。


------------------------------------------

シリアの戦闘、歴史遺産にも被害
ナショナルジオグラフィック 公式日本語サイト 8月20日(月)13時45分配信



シリアの古都アレッポで戦闘が激化するなか、先ごろ中世から残る城塞が砲撃を受けた。少なくとも1発の弾が塔を貫通し、数百年前の扉を破壊し、石造りの通路に穴をあけたという。砲撃後、インターネットに投稿された動画には、門をくぐる歩兵たちの姿と、城塞の周辺をパトロールする装甲車の姿が映し出されている。

 戦闘で攻撃を受けたシリアの歴史遺産は、アレッポの城塞だけではない。2011年に始まった戦闘は、2万人以上とも報じられる多くの犠牲者を出しているほか、ローマ帝国時代の史跡、ビザンチン教会、イスラム教徒の要塞、オスマン帝国時代のモスクや住居など、シリアの遺跡にも深刻な被害をもたらしている。

 今も数多く残る建造物や遺物は、シリア5000年の文明を物語る。「人類文明の主要な時代のほぼすべてにシリアが登場する」とロドリゴ・マルティン(Rodrigo Martin)氏は話す。同氏は、武力衝突の勃発以来、シリアの遺跡が受けた損傷を調査しているヨーロッパとシリアの考古学者グループ「危機に瀕するシリアの考古学遺産(Syrian Archaeological Heritage Under Threat)」の広報担当者だ。

 バビロニアもギリシャもペルシアもみな、アジアとヨーロッパの交易の要所であったこの地域の覇権を争った。シリアからは、アレクサンデル・セウェルスとピリップス・アラブスという2人のローマ皇帝も出ている。21世紀の考古学者にとっては、シリアはほぼどこを掘っても重要な遺物を発見できる場所だ。(後略)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120820-00000000-natiogeo-int

---------------------------------------------------------------



いやもうね、シリアだけではないんですが、本当にお願いします。

シリアから遠い国で見守るだけしかできない私が、頭をかきむしった所で、何も変わらない。




遺跡は未来への遺産だ。

大昔、NHKで「未来への遺産」と題する遺跡紹介番組をやっていた。
実に詩的なタイトルだ。内容も良かった。


遺跡は自国の財産であるだけではない。世界の人類の財産なのだ。



戦争は人の心を狂わせる。

「何が遺跡だ、バカヤロー。ぶっ殺すついでにぶっ壊してやる」なのか?

「まずい。遺跡を破壊するのは、取り返しがつかない」と思ってくれているのか?


このまずさを例えるなら、乳児を抱いた丸腰の女性を殺すくらいに、まずい。



次は略奪だ。

以下、同じ所から引用してみよう。



------------------------------------------------

「略奪はこの先、さらに大きな問題を引き起こすだろう」とイギリス、ダラム大学の博士課程に在籍する考古学者エマ・カンリフ(Emma Cunliffe)氏は予想する。同氏は5月に公開された報告書の中で、シリア当局が予防策を講じていたにもかかわらず、ホムス、ハマー、アル・ラッカーの博物館で略奪が発生しており、他の場所もその危険があると指摘している。考古学的遺跡の警備が手薄になり、略奪者がやすやすと侵入できる状態になっている。「多くの物品がこのような形で盗まれ、二度と戻ってこない」。

 現在もなお、シリアの博物館や遺跡から略奪された品々は国境を越えている。アラブ圏のテレビは4月、シリアとレバノンの国境で税関職員に止められた車両から、貨幣、彫刻、モザイク画、アンティークの宝石など、1000点を超える遺物が見つかったと報じた。
-------------------------------------------



博物館の物は、遺跡と違って移動できる。

いっその事、まとめて国連に預けたらどうだ?

略奪された遺物は、大切にしてくれる人が買うのだろうから、まぁやむを得ないといえるかも知れない。

シリアには二度と戻ってこないかも知れないが、人類から失われる訳ではない。


当事者の皆様。破壊するくらいなら、遺跡ごと競売にかけて、軍資金を得てはどうだろうか?
大切にしてくれる人が買うだろう。




更にイギリス、ダラム大学の博士課程に在籍する考古学者エマ・カンリフ(Emma Cunliffe)氏の言葉を引用しよう。

----------------------------------------------
「そこに住む人々と、そこにある考古学遺産、どちらか一方にだけ目を向けるべきではない。人々がそうした場所を作るのだ。この結果はすべて人々に返ってくる」。
-----------------------------------------------


全くである。
[PR]
by leea_blog | 2012-08-20 19:22 | Comments(2)

竹島、尖閣、大津いじめ自殺襲撃



政治的な話はあまり触れたくないのだが。


オリンピックに代わる近ごろの話題といえば、
平和の祭典から一転して、
「せ、戦争?????」と思う事ばかりだ。



韓国大統領の竹島訪問。
中国活動家の尖閣諸島上陸。

これらは先方様のおっしゃりようが挑発的すぎる。
戦争が嫌いな日本人も、
「理性で話しあえる国ばかりではない。殴られた時のために軍備を増強するのもやむなし」に傾くかも知れない。


オスプレイの日本配備に苦慮するアメリカが、日本の近隣諸国に裏から金を渡して、
「理不尽な事を言ったりやったりして、日本に軍備の重要さを分からせてやってくれ」と頼んだのかも知れないぞ?



日本政府は「遺憾」の意を表明したわけだが、いつもながら「遺憾の意を表明」との婉曲的過ぎる表現に、日本語を母国語とする私も困惑してしまう。遺憾だから、どうした?
つまり、具体的にはどういうこと? 

便利な婉曲表現を政治家が多用するのは頂けない。



あとは、大津いじめ自殺問題の、同市教育長に、義憤に駆られた青年がハンマーを携えて特攻した事件もある。


暴力を暴力で制するのは頂けないのだが、自分の人生を棒に振ってまで天誅を下そうとした青年がいた事に、心中涼風が吹かなかったとは言えない。



「対応に当たっていた大津市の沢村憲次教育長(65)がハンマーで殴られ負傷した事件の直後、市教委に寄せられた苦情電話やメールの件数が、事件前の約18倍の273件に急増したことが16日分かった。多くは襲撃を「当然だ」とする内容だった。」(毎日jp)

http://mainichi.jp/select/news/20120816k0000e040188000c.html




前にも書いたが、
大津いじめ自殺事件は大人側の対応の酷さも含め、メディアに露出したが、同じような事件は日々、津々浦々で、また大人の世界でも繰り広げられている。


世の中の流れが改善する方向になってくれればと思う。
[PR]
by leea_blog | 2012-08-17 20:43 | Comments(2)

海外で心が痛む事



九月に台湾行きが決まっている。
嬉しい。九月の旅行は、毎年の私の黄金イベントである。


日本と習慣も考え方も違う、景色も違う場所では、脳が再起動する。



ところで。
私が若い頃行った場所の多くは、日本とは経済の格差がある場所だった。



モロッコ。

公園で、40代位の物静かな男性が、観光絵葉書と観光本を目の前に並べて売っていた。

私は欲しい物しか買わないので、入念に物色して一枚だけ買った。

物静かな男性は、物静かなまま「ありがとう」と言った。



買え買えとうるさく言われなかったのが、後になって心が痛む。


働き盛りの男性が、公園で絵葉書を売っても、生活は厳しいだろう。
観光客を騙すような事もせず、ふっかける事も無く、静かに僅かな日銭を得ている人。


若い頃の私が日本では裕福ではなかったとはいえ、海外旅行できるくらい恵まれた環境だった。


どうして何枚も買って、男性の生活のつかの間の潤いに貢献しなかったのだろうか。。。。。。
後になってから痛みと共に思い出した。



同じくモロッコで。


これははじめての訪問で、ツアーで行った時だ。
粉雪の舞い散る、アトラス山脈の休憩所で、バスを降りた。


出発までその辺を歩いていると、地元の男性が脇に並んで歩きながら挨拶と自己紹介をした。

旅先ではよくある光景だ。

彼は大学に行く為に働いているという。未来への抱負も語った。

旅先ではよくある光景なので、私は上の空で返事をしつつ、歩いた。



バスが出る時間だ。元の場所に戻る歩みに、男性は鞄から鉱石の標本を取り出した。

買って欲しいという。

私ははっとした。

今までの友好的な会話も、売りたいがためのものだったのだな?

鉱石の標本は荷物になるだけだから買わなかった。



バスに乗り込んで外を観ると、それぞれの売り物を観光客に向けて差し出した手が密集していた。
鉱石標本青年は押し出されて後ろのほうで、標本を高く掲げてこちらに何か言っていた。
バスは出た。



初めての海外旅行が個人旅行でのインドだったから、カルチュアーショックには慣れている。
インドでは、壁の日影に沢山の子供たちと一人二人の青年がいて、羊と羊飼いのようだった。
外国人観光客が通ると、青年の号令一下、子供たちがわっとこちらを取り囲んで「バクシーシ」「バクシーシ」と騒ぐ。

バクシーシとは喜捨の事である。



このアトラス山脈鉱石標本青年は、煮え切らない思いを私にもたらす。


喜捨を求めたのではなく、働いていたのだ。
山中で仕事もなかなか無いだろうに、学資に少しでも貢献すればよかったのに、が、一つ。
土産物屋の出張で、売りたいがための嘘かも知れないじゃん、が、一つ。
大体、身の上話で買わせようと言うのは、卑怯じゃん、が一つ。

アンモナイトだったら買ったのだが。。。。。。



身の上話といえば。以下はやられた例である。


バリ島に、ウブドゥという芸術の村がある。
友だちとウブドゥに滞在した時。


バリ最後の前日に、ウブドゥのエステに出かけた。

素晴らしく気持ちが良かった。


が。


セラピストが、マッサージの間、自分の話をするのだ。

夫と別れて、今は小さい息子と暮らしていて生活が大変だ、
女性が働いてお金を稼ぐのは、ここでは厳しい、云々。

息子の写真もマッサージ室に飾ってあった。

技術も良かったが、身の上話にやられて多めにチップを渡した。


が!!!!


別の部屋で施術を受けていた友人も、全く同じ話を聞かされて、やはり多めにチップを払ったというのだ!!!!


観光客向けの身の上話商法だ。。。。


「やられたね」と二人で吐息した。


技術自体は良かったので、まぁそれに対して払ったと思えば惜しくは無いが、よくあるケースにうっかり乗せられてしまった自分に後味悪いものを感じた。



日本国内経済格差では。

ホームレスの人たちが、ビッグイシューという雑誌を売っている。
売り値の半額が収入になるのだという。

これが、買えないんだな。
勇気が無くて。


そもそも私は活字関係はえり好みが激しくて、余程気に入らないとお金を出さない習慣があるから、その分勇気が要る。。。。。

勇気? 支援に勇気なんか必要ないでしょ? という人とはお友だちになりたくないな。
デリカシーが無い。


何かさ、私が欲しい物売ってくれないかな。


そうだ、ゴシックなビーズのチョカーなんてどう?
手先を動かすと脳の活性化にも繋がるし、装身具というそもそも生活に必要不可欠ではない物を扱うのは、心の潤いにもつながりますよ?


ホームレスさん支援の人たちは、売るものに幅を持たせてみたらもっと効果が出るのではないだろうか。
[PR]
by leea_blog | 2012-08-16 21:37 | Comments(0)

終戦記念日



今日は終戦記念日だ。

今日の言論の自由も、敗戦のおかげだ。
有り難い事だ。

もし日本が第二次世界大戦に負けず、当時の体制が続いていたら。
私などは非国民としてすぐ引っ張られてしまう事だろう。



うちの親は戦時中は幼く、学童疎開を経験している。


父の兄は戦争で死んだ。

父方の本家では、戦没者の遺族として、
閣僚の靖国参拝は賛成の姿勢だ。

国の戦争で亡くなったのだから、首相に参拝して欲しいとの事だ。
もっともな話である。

戦犯も一緒に祀られている事については置いておいて。



問題は、閣僚が靖国をどういう意向で参拝しているかだ。

「申し訳有りませんでした、ありがとうございました。もう戦争はしません」、と祈っているのか?




終戦記念日を迎える度に、暑い時期だから、
余計戦争の悲惨さを考える。


「戦争は大嫌いだ」。
それを口に出来る幸せを噛みしめたい。
[PR]
by leea_blog | 2012-08-15 20:15 | Comments(0)

消費税引き上げ法参院可決/やめろってば



うわぁぁぁ。

消費税率引き上げ法がとうとう成立してしまった。


だ、か、ら。
私が住居を購入してからにしてくれってあれほど言ったのに。
できれば私が世を去った後に増税して欲しかった。



財源が無いって、納得行かない無数の支出をそのままにして、
国民に負担を求めるって、何?


口当たりのいい事を言っても誤魔化されないぞ。


大体、公務の削減も真っ先に福祉サービス部門だし。
職員増やしているって? 実体は期間雇用職員。。。。。


こんな重要な事を、マニフェストにあげていなかった党が決めるなんて。。。。。


心からトホホである。


大体、法律を決める人たちは、生活を切り詰める必要の無い人で、
化け物みたいに精気がみなぎっており、病身の辛さとも無縁の人たちである。

一般庶民の日ごろのしんどさなど分からない人たちだ。


もう。
がっくりである。

このやるせなさ、どうにかして欲しい。

頑張って働けば無一文からも家が持てた、親の世代が輝いて見える。
貯金の利率も凄かったよね。
ガンガン行けば何とかなる、そんな時代だった。



夢のある政治を期待したい。
[PR]
by leea_blog | 2012-08-10 20:49 | Comments(0)

鬼と悪/日本鬼子(ひのもとおにこ)




ネットで検索してる内、「日本鬼子」という言葉に遭遇した。

日本人の蔑称のようである。



一方で。

その蔑称を「萌え化」してしまおうという運動があるらしい。

日本鬼子(ひのもとおにこ)という女性キャラクターを萌え絵で表現するのだ。


試しに「日本鬼子」のキーワードで検索してみられよ。



その国の言葉に通じていない私からみると、
確かに「日本鬼子」は蔑称なのに、字面がいい感じである。



古語辞典を引いてもらえば分かると思うが、元々「鬼」や「悪」は
現代人が考えるようなマイナスイメージの物ばかりではなかった。

尋常ではない強さ、勇猛さなど、また、強い霊にも使われた。



私自身の作品では、「相聞歌-吉野の鬼-」という物がある。


「葛城(かつらぎ) 金剛(こんごう) 蔦たぐりかけ たぐり寄せ
貪婪(どんらん)の 七彩(しちさい)の 色踏みしだき
にわか造りの 御所の内
夜毎(よごと) 貪(むさぼ)る 夢寐(むび)のうち
五つ緒車を けものに引かせ
       夜毎訪う 影のもの    (引用)」



高貴で猛々しい、猛霊なのだ。端正でもある。



そのような訳で、日本鬼子を「ひのもとおにこ」として
プラスなイメージで毒抜き&萌え反撃する人たちの頭の中が解らないわけでもない。




萌え系は苦手だが、以下の動画・歌曲は気に入った。

夕暮れ時のような壮大な雲海に突き出た橋梁に、なぎなたを持つ女性が。
桜、紅葉、富士山、花火、と日本情緒満載である。

イントロも秀逸である。
   
  日本鬼子アニメオープニング風PV【HAKUMEI】
(セキュリティの為、クリックすればリンク先に跳べる仕様にはなっていません。
いつも恐縮ですが、コピーしてペーストして跳んで下され)


http://www.youtube.com/watch?v=Ilo49Xh1rmM


おぼえてカラオケで唄おう!

と思ったら、またしてもカラオケには無い歌曲なのだった。。。。。
[PR]
by leea_blog | 2012-08-09 20:07 | Comments(0)

平清盛は開き直って観る事にした



私は新聞をとっていない。

この時代、何が悲しくて一企業の偏った報道に金を払わなければならんのだ?



今日のニュースはネットで調べる。
関心有れば、更に検索していく。



ところで本日。Yahoo!JAPANのトピックスで。


--------「平清盛」が過去最低の7.8%-----------------

との見出しを見た。



テレビドラマの視聴率がニュースになるほど事件が無いのか????????


娯楽の少ない昔とは違う。
誰もがテレビにかじりつく時代ではない。


NHKの強みは、民放ほど視聴率に左右されずに良いものを作れる所ではないのか?


とはいえ、あの時代が熱狂的に好きなわたくしでさえ、
「どうしてこれほど面白い時代を、こんなにつまらなくするのだろう」
と、困惑するほどつまらないのだ。。。。。


源平ファンとしては、まことに悲しい。

だが、ここまで来れば、もう開き直るしかない。


時代考証を観ると思ってチャンネルを合わせれば良いのだ!!!!


もう、ね、つまらないのは仕方がない。
きっと、制作陣にこの時代の面白さが分からない人ばかり起用されているのだ。


でも、時代考証、イケますよ。
個人的には、十二単やお歯黒や大鎧が観られるだけでも可としている。
[PR]
by leea_blog | 2012-08-06 19:25 | Comments(0)

朗読と音楽再掲 なかなかいいです



なでしこジャパン凄過ぎ、とにわかな私が言っても何も始まらないが。

過去日記に、天津凶夢妖霊草子(あまつまがゆめようれいそうし)に、繰り返す音楽をつけたものを見つけた。


練習無しでともかく合わせた物だが、
音楽と朗読が混じっていて大変良い感じだ。

歌のど素人くささがかえってはかなげで良い。

再掲するので、URLをコピーしてペーストして跳んでみて下されたし。

詩・朗読/西野りーあ++作曲・演奏/田中一夫氏


http://rossa.no-ip.info/~tanaka/mp3/leea/DR000035.mp3


以下に詩を掲載します。



-----------------------------------------------------------

天津凶夢妖霊草紙(あまつまがゆめようれいそうし) 

                   西野 りーあ


                              
            今は はや 鏡に沈め 黄金呪言
            今は はや ひそかにひもとけ 精霊伝説

               七千の稲妻ひらめく夜に
                  黄金の夢がお前をつかむ
           七千の呪文たちのぼる時
                つるぎをかざした精霊の愛

            精霊たちはお前を愛する
              凶夢の翼を広げて飛び立て
             幾万の闇が散り果てる夜に
            三日月かざして荒れ地を駆けよ

                 七千の夢がお前をつかむ
            七千の夢がお前をさらう
        七千の夢を砕いて眠れ
            七千の夢をいだいて眠れ

                炎の夢がお前をむさぼる
                 炎の夢がお前をいだく
                 七彩の夢を揺らして眠れ
                稲妻の夢に見られて眠れ


            &  &  &  &


     今は ただ 此の世を呑み込む精霊伝説
                   水底にすべて呑み込む 妖霊の時間

              血まみれの夢に抱かれて目ざめよ
           神々の夢が降りしきる夜
              炎の夢がお前をむさぼる
                 炎の夢に見られて目ざめよ

               稲妻の夢に見られて眠れ
             炎の夢に揺られて眠れ

               七千の稲妻ひらめく夜に
            お前をいざなう妖霊の声

--------------------------------------------------------------------
[PR]
by leea_blog | 2012-08-04 23:46 | Comments(0)