<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

突然ですが、バンコク スパ事情


突然ですが、
バンコクのマッサージ&スパ事情を差し挟みます。

何年か前の旅の画像が、一昨日届いたのです。


今年の年末年始は、大型連休です。
一月4日を休める、あるいは4日が会社が休みの人は、
ここを先途と海外に脱出する方も多いのではないでしょうか。

都内から京都に年末年始行こうものなら、大変な出費になってしまいますものね。
それなら海外だ!



近場で、食べ物がおいしくて、気候も暖かくて、歴史的建造物も豊富で、お値段もお手ごろな場所、
といえば、バンコク。極楽バンコクはリピーター続出。


ワタクシも、リピーターの一人です。

タイで特筆すべきなのは、マッサージがお値段お手ごろだという点です。

街のマッサージ屋なら、二時間マッサージしてもらっても、日本で喫茶店に入ってケーキセットを頼むようなお値段。

日ごろハードなデスクワークと発狂寸前のストレスで、がちがちに凝った体、一日中マッサージしてもらいたいですよね。


街のマッサージ屋は、お値段がお手ごろなのですが、セラピストさんの技術力は、大きくばらつきが有ります。


ホテルのスパや、高級スパは、お値段は日本よりやや安い位ですが、
ほとんどの場合、かなりの技術力があります。

高級スパは、現地の金銭感覚からすると、バカみたいに高いのですから、
技術力の高い人が働いております。


肩に鉄板が入っているのかと思うくらいに凝っているワタクシとしては、
日本で高いお金を出してハズレのセラピストさんに当たるくらいなら、
バンコクへ飛んで全身の痛みをほぐしたいところです。

もうね、私にとってマッサージは、医療行為。ストレスは仕事を失うくらい深刻な問題です。


タイと言えば、タイ古式マッサージ。
全身をほぐしてくれます。
未体験の人は、是非トライしてみて下さい。



今回ゆりうたでオススメするスパは、

【ディバナ マッサージ&スパ
Divana Massage & Spa】
です。

一軒家を丸ごと使った、いわゆる「一軒家スパ」で、ディバナスパはバンコク市内に三店舗あります。
画像を貼ってみましょうか。

e0016517_21504277.jpg
e0016517_21495527.jpg



バンコクは、大変活気の有る街で、街中は喧騒に満ちているのですが、
街中に有るにも関わらず、スパの門をくぐると別世界です。


五時間のコースを頼みました。
バンコクナビを見てみると、五時間のコースでお値段は以下。

5,650バーツのところ、→キャンペーン中の価格で、4,520バーツ。

チップを加えてみたところで、日本ではあり得ない価格設定です。


受け付けスタッフさんから、セラピストさんまで、マッサージ技術は勿論の事、接客技術も大変高かったです。


ロビーで順番を待っているのは、なぜか日本人ばかり。
情報が偏っているのでしょうか。

もしかしたら、日本人は知らないけれど、技術力の高いスパが有るのかも知れませんね。

以前もゆりうたで書きましたが、
「カブトガニを食べるのが旅の目的の一つ」の男性も居ました。

バンコクのカブトガニ料理など、リピーターのワタクシも知りませんでした。


ディバナスパの、施術の最後の、薔薇風呂の画像を貼っておきます。

e0016517_22173641.jpg

[PR]
by leea_blog | 2012-11-29 22:22 | Comments(2)

「ほぼ300」(ほぼスリーハンドレッド)のこと



「300」(スリーハンドレッド)というアメリカ映画がある。

今回観たのは、そのパロディ版、「ほぼ300(スリーハンドレッド)である。

元ネタの「300」をご存知無い方は、過去にアップした以下をご参照下されたし。

(セキュリティの観点から、当ブログでは直接リンクができません。コピーしてペーストして飛んで下され)

   ↓

http://leea.exblog.jp/6152672/


パロディ版が出来るほどメジャーな映画だったのか!


「ほぼ300」は、オススメかと言うと、大いにオススメである!

そもそも、「ほぼ」という邦訳がうま過ぎる!



元ネタでは、ざらざらとした灰色の殺伐とした舌触りしか残らなかったが、
パロディ版の方は、スパルタもペルシャも、人間味に溢れた潤いに満ちている。

「愛が有るなぁ」と心癒される出来である。

このパロディを楽しむ為なら、元ネタを観ていない人も、元ネタを観ても良いのではないか?


元ネタが血と殺戮と死に満ちれば満ちるだけ、パロディ版が愛に満ちて見えてくる。


生き抜くすべを学ばせる為荒野に放たれたレオニダス王を襲う猛獣がペンギンだったり、
スパルタ軍の行軍がスキップだったり、
死を覚悟してペルシア軍を迎え撃ちに王が出陣した後、王妃は出会い系に登録するし、
戦場にジューススタンドが現れて王はシェーキを飲んでいるし、
スパルタ軍とペルシア軍が交互にダンスを競うし、
愛に満ちたばかばかしさが満載なのである。

鉄かぶとと赤いマントと革パンツ一丁の男達の、
馬鹿馬鹿しくて愛に満ちた闘いである。
[PR]
by leea_blog | 2012-11-27 19:42 | Comments(4)

混声合唱と弦楽合奏のための「うろくずやかた」ご案内

e0016517_16562855.jpg


今年も残す所あとわずか。

来月の12月は、良い事も有る。

静岡の作曲家、長谷部雅彦さんが作曲してくれた、
拙作「うろくずやかた」が初演されるのだ。

----------------------------------------

12月16日(日曜日)
開場4時30分 開演5時
浜松市福祉交流センターホールにて。
入場料1000円


第一部合唱組曲の調べ
「嫁ぐ娘に」(曲 三善晃)
「Missa Brevis」より(曲 H.Badings)

第二部 合唱アラカルト
Big Gold(男声合唱)賛助出演
ヴォア・ヴェール「北へ」
プチ・ヴェール(小アンサンブル)賛助出演

第三部 合唱と弦楽の出会い
—ソナスアンサンブルをお迎えして—
ゲストステージ「トリプティーク」
(曲 芥川也寸志)
混声合唱と弦楽合奏のための
「うろくずやかた」(曲 長谷部雅彦)

HP http://voixvert.seesaa.net/

--------------------------------


宇宙に人魚が泳ぐ美しいちらしだ。

私も年休をとってゆっくり聞きに行く。

ご関心の有る方はお気軽にお問い合わせ下さい。


ちらしの裏の解説部分も引用してみよう。


------------------------------

「うろくずやかた」は今回の演奏が初演となります。
指揮者を務める長谷部雅彦が、1995年にアカペラとして作曲し、
2006年に弦楽合奏を伴奏とする版に改作しました。
人魚とその恋人を巡る、やや退廃的でエロティックな幻想譚をテキストとします。
一般に合唱でうたわれるような宗教曲や青春ソングと対極をなすこの合唱組曲の世界観は、
極めて独特であると言えるでしょう。

----------------------------


なるほど。
長谷部雅彦氏が「うろくずやかた」を採用して下さったのは、
合唱曲の世界では、思いきった試みだったのですね。


聴衆の皆様にこれがどのくらい受け止められるかは、とても興味がある所です。


「やや退廃的でエロティックな幻想譚」。


詩人以外の人のご感想は、とても新鮮だなぁ。



自分でコピーを作ってみるとすると、以下になる。

「古代の神話伝説が現代にこだまする、異界者の放浪譚。海はあなたを呼んでいるか」。


うむ。
この落差が良いのだ。



そのような訳で、
是非聴いてみて下されたし。
[PR]
by leea_blog | 2012-11-25 17:05 | Comments(2)

冤罪/法廷はうその嵐?


さて。


私が長期に寝込んだ直接の原因は、
違法な出金にからむ、事実関係の捏造ですが、
死が自分へのご褒美になるほど追いつめられたのは、
私が原告になった「訴訟」の、判決後でした。


職場で事実関係が捏造された、という所までは、
確かに酷すぎるけれど、場所を法廷に移せば、
「被告の言い分がこれだけうそばかりなら、
法廷は見破ってくれるだろう」と思っていたのでした。


生まれて始めて東京地方裁判所の門をくぐった私は、
晴れ晴れとした気持ちでした。
さあ!法廷が事実を暴いてくれる。


が、そんな晴れ晴れとした気持ちは30秒ほどでした。


すぐに、「待て。法廷が本当に正義の場ならば、
なぜ多くの人が判決に不服を抱いているのか?」と
暗雲が頭上を過ぎました。


以下に、双子の星笛宮さんが下さったコメントに対する私のレスポンスをコピー&ペーストします。



----------------------------------------------------
Commented by leea_blog at 2012-11-14 21:09 x

あまり書きたくないのですが、前回の訴訟では、私サイドの弁護士も、被告の証言が事実だと丸め込まれてしまいました。

本当にびっくりというか、ショックと言うか、
矛盾だらけの捏造を事実と言いくるめられちゃうとは、
「検証能力が低すぎ」というか。。。。


問題は、弁護士が私に「被告の言う事が真実なのでしょう?」と
判決前に聞いてくれなかった事でした。

そう聞いてくれれば、
「いえ、私の言う事が真実です、なぜなら被告の言い分はこれこれの点で矛盾しています」と
説明できたのに。

判決が出た後で、弁護士が私に「事実は変えられない」と言ったのです。
「うわー、丸め込まれちゃっていたのですか!」と驚愕しても後の祭り。


痛い経験をしましたので、今回は地道に記録を取りながら足場を固めていかなければならないでしょう。

Commented by 双子の星笛宮 at 2012-11-15 06:57 x
弁護士がりーあさんに言葉の短刀「事実は変えられない」を突き付けるなんて最低です。
被告の矛盾をりーあさんと一緒に突いて行き、勝利に導くのが弁護士の仕事でしょう。
りーあさんの側に立てない弁護士は誰かから脅されたのでしょうか。
それとも経験が浅いのでしょうか。


Commented by leea_blog at 2012-11-15 18:08 x
経験は浅かったようです。
別の弁護士に相談に行った所、
私が依頼していた弁護士は、元裁判官との事。
定年後に弁護士になって間も無かったらしいです。

検証能力の低い裁判官や弁護士には、困ったものです。

「矛盾を突いていく」というようなスリリングな展開は、映画やドラマ、小説にしかないのでしょうか。

------------------------------------------------------------------------




被告のうそは、私を笑いながらミンチにして、ミンチにした肉を更に笑いながら下水道に流す、
それを見せつけられているようなものでした。



「弁護士も法廷も、矛盾だらけの被告のうそに丸め込まれてしまった。

私はどうしたら良いのか。生きて居ても無駄だ。
誰ももう私を信じてくれないだろう。

パワハラ捏造野郎に直接天誅を下すか、
話題になるような派手な死に方をして、
世間が検証し直してくれる事に期待するしかない」

と、追いつめられてしまったのでした。


ここが重要です。
私の頭には、法廷は、
矛盾を突いて嘘を暴いて行く、
法廷物の映画やドラマや小説のイメージが少なからず有った事は否めません。



愚かだった。現実は衝撃的なほどお粗末だった。

「所詮、裁判官は公務員。嘘にまみれた現実のどす黒さを知らないのだろう」。。。。。。


どす黒さは知っているかも知れないけれど、
世間の注目を浴びている訳でも無い訴訟にまで、
いちいち真剣に関われないのかも知れない。


いずれにしても、私の頭には法廷は正義の場、と、そこまで行かなくても、
それに近いイメージも少なからずあった。。。。。


いや、過去数々の冤罪を産んでいる場だ。
判決が覆る事も有る。それらは勿論知っていた。

大体、「法」自体が、現実に対応していない部分がある事も知っている。


が、それでも、自分が経験するまで、頭のどこかは、よその事件に対しても
「判決が出たのだから」と判決に重きを置いていた所が無かったか?


自分の検証能力を高めろと、常に自分にも他人にも言っている、私なのに????



少しですが有りました。未熟でした。
心から謝ります。申し訳有りません。




ところで、私の脳裏に深く刺さっている事件が有る。


富山冤罪事件だ。

冤罪で服役した人が、真犯人が見つかって無罪となった。
無罪男性は取調官の証人尋問が却下された判決に対し、
「3人の裁判官の頭に五寸くぎを打ちたい」と無念の言葉を発した。


そうだ。
でっち上げた警官を殺したいのでも、駄目な弁護士を殺したいのでも無く、
裁判官の頭に五寸くぎを打ちたい、と。





富山冤罪をよくまとめたサイトは以下
(当ブログは安全の為、直接リンクが貼れないようになっております。例によってコピー&ペーストして飛んで下され)。
  ↓
http://tamutamu2011.kuronowish.com/toyamaennzai.htm




われわれは、ニュースなどで日ごろ判決だけを聞いて何がしかの感想を持つ事が多い。
勿論、関心が有れば詳細を追うが、関心の無い事は判決を聞いて判断していないか?


判決も、所詮は他人の判断した事。自分の頭で判断する意識を常に持ちたい。
[PR]
by leea_blog | 2012-11-16 21:35 | Comments(2)

新橋心療内科廃院事件の事/流血沙汰!

新橋心療内科廃院事件? なんぞや?


一つのクリニックの廃院の陰に、
なんと、水増し請求や警察沙汰、流血事件まで有ったのだ。


五月前に遡る。


私が通っていた「新橋心療内科」。薬が切れた頃出かけてみたら、閉ざされたドアに一枚のはりがみがしてあった。突然の廃院のお知らせだった!

病院スタッフも、出勤してみたら関係役所から「理事長が廃院届けを出し、受理されたので営業しないように」と連絡があった、との事。

うわぁぁぁぁ。
何が有った!!!!?????いきなり難民??????。


ジブレキサは効いているのかどうか分からない薬だが、睡眠誘導剤が無いと、私は朝まで眠れずに、一睡もしないまま出勤、体温下がり続けで倒れてしまうのだ。

張り紙には、ネットで緊急誘導先を知らせると書いてあったような(記憶が定かではない)


いずれにしても、ネットで検索した電話番号に電話を掛けて、協力医療機関を紹介してもらったのだ。難民誘導はクリニックスタッフのボランティアである。


誘導された先で同じ薬を処方してもらってしのいでいたが。
そこの先生は善良な人がらの医師とは思うが、死にかけるぐらいの私としては、心細い限りだった。


月曜日の直属課長の、「コメントできない」連発発言に体調悪化の私は、元の伊勢先生に診察してもらえないものかと、検索したのだった。


伊勢先生は新しいクリニックを開業していた!


そして、検索結果には、
「巨大掲示板2ちゃんねる」の、「新橋心療内科廃院事件雑談スレッド」なるものも表示されていた!


ざっと読んで驚愕。AA(アスキーアート)まであるではないか。

理事長の今忠(こん ただし)先生と、新橋心療内科院長の伊勢仁信先生が話題になっているのだが。

2ちゃんねるからAAをコピー&ペーストしておく。以下。


------------------------------------------


★登場人物の分かりやすいまとめ★

           〈V〉
           | |
           | |
          「(ノ |
      /´ノ ヾ゚;~  __  今忠 ⇒ 昆虫
    / `y' ー=〈=・'"`
    / /   /ヽ!
   ∧/  ノ`! |!
  _/ ` ニ ´ .|! ヽ
         ヽ

         __,.-‐v‐、/^ン^ヽ
     ,. -一'´ ,fl〃リk'ニヽ、
    /   ,-、 '}jリ'^´  レ',ハヘ  
   '     ,」ハl|レ'    /,:仁テ,ハ、伊勢仁信 ⇒ 伊勢エビ
       j厂リ'-、、   ッ一' ̄´ l
       ∠_-、>∠、       |
      ∠_ー 、ン´ ̄`ll     l
    r‐イ-、ン'´     リ    丿
   V/  / ぃ
     \/__ム〉    

----------------------------------
         __,.-‐v‐、/^ン^ヽ
     ,. -一'´ ,fl〃リk'ニヽ、
    /   ,-、 '}jリ'^´  レ',ハヘ  もう不正の片棒かつぐのは嫌だ!
   '     ,」ハl|レ'    /,:仁テ,ハ、関係各所に言ってやる!
       j厂リ'-、、   ッ一' ̄´ l  でも廃院はすんなよ!
       ∠_-、>∠、       |  すべての責任はお前一人で取れよ!
      ∠_ー 、ン´ ̄`ll     l 金は全員にお前の自腹で返せよ!
    r‐イ-、ン'´     リ    丿
   V/  / ぃ
     \/__ム〉 


           〈V〉
           | |
           | |
          「(ノ |
      /´ノ ヾ゚;~  __  ふふぇぇ…
    / `y' ー=〈=・'"`   自分一人に押しつけるなんてひどいよぅ…
    / /   /ヽ!     廃院しかないよぅ… ←今ココ
   ∧/  ノ`! |!
  _/ ` ニ ´ .|! ヽ
         ヽ    
-------------------------------------------------


ははは。笑った。伊勢先生、愛されているではないか。

いや、笑い事じゃない。そんな事件が有ったのか。


今日、伊勢先生の新しいクリニックに出かけた。

「先生、流血事件とか本当に有ったのですか?」
「ありました」



伊勢先生は、事前に警察に相談。
警察「何か有ったら、110番してください」

事件勃発。
伊勢先生、110番通報。
警官三人登場。
警官が三人とも席を外している間に、今先生が伊勢先生を暴行、流血。

目撃者無し。
今先生は「やっていない」と容疑否認。


「否認しているから、不起訴でしょうねぇ」。


うわっ。

そんな事まであったのか。

と言いますか、
二人しかいない部屋で110番通報した人が流血していれば、加害者は今先生しかいないんじゃないの? 何を否認? 知らないよ、自分で転んだんだろ、とか?


公正な目で見れば、あらかじめ警察に相談した所も含めて伊勢先生の自作自演も有りうる?

いや、自作自演のメリット無いでしょう。。。。。。



違法出金にからむ捏造で寝込んでいる私としては、
通っているクリニックでも、不正絡みの流血事件が有った事に驚愕した。


大変でしたねぇ、伊勢先生。


ところで、新しいクリニックは、意図的に検索に引っかかりにくくしているそうだ。
新規患者を受け入れる余裕がまだ無いから、旧新橋心療内科の患者中心に診察しているとの事。
余裕ができたら、もう一人医師を雇って、宣伝もするとの事だ。
[PR]
by leea_blog | 2012-11-15 17:54 | Comments(6)

鉄道自殺の心理状態


昨日の続報から始めよう。


直属の上司に、伝えた。

「課長の【コメントできない】ばかりの対応に驚きましたので、
インターネット上にアップロードしておきました。
ご覧になるなら、プリントアウトします」


わたくしの視点に反論が有るなら、して頂きたいからだ。

即答できっぱりと、簡潔に「見ません」と答えが返ってきた。


そうですか。

インターネットに関心が無い人は、ネット上のどこで誰が何を言おうと、確かに関心は持てないであろう。リアル生活に影響が無いからだ。


「コメントできない」を連発したら、
うっかり何かを言うと大変な問題なのだと明言しているも同様ではないか。
少しは何を書かれたか気にしたら良いのにね。






本日は、鉄道自殺の心理について語ってみよう。


「やるならよそでやってくれ」、「ラッシュ時を外してくれ」、「後片づけする人の立場になれ」と、皆さんお思いだろう。


私も、かつてはそう思った。「なにも人の多い場所を選ばなくても。。。。。」と。


が、実際、飛び込みかけた経験を何度かしてみると。
電車に飛び込む人の頭には、「他人の迷惑になる」とか、そんな雑念は無いのである。


「よし、今だ!」「来たっ、飛べっ!」
これに尽きる。


50メートル競争の、「よーい、ドン!」の、ドンの部分である。



普段と変わりなく出勤、通学の為に家を出たのに、
飛び込んじゃう人が多いのにも理由がある。


このチャンスを前にして、「遺書まだ書いてなかった」とか、思わないのである。



個人的な経験で言えば、自分の自殺場面は、抗議の為に職場の上部機関のビルの前で、と決めてある。これは、私にとって重要な意思表示だからだ。


単純に自殺したのでは、
加害者の皆さんが抱き合って喜ぶだけだと分かっている。



それでも。


電車がホームに入ってくるあの何秒か。確実な死を約束する、逞しい車体とスピードに、
頭が空白になり、「よしっ、今だ!」、「飛べっ」になりかけるのである。
「瞬間の誘惑」と言える。


入念に線路に身を横たえる人も居るが、それは飛び込みとは別の心理状態であろう。


2009年09月17日 のニュースに、
【山手線全駅ホームに「青色LED」の自殺防止照明】
というものがある。


飛び込みは「入念な準備よりも、とっさの行動」であると経験してみると、
理論上は効果が期待できるのが分かった。


ただし。
目だつ所に設置しないと駄目だと思う。
私は山手線を利用しているが見た事が無い。



取りあえずの防止策として、通勤通学に電車を利用している自殺願望の皆さんは、
新大久保駅救助死事件を思い出してみよう。


------------------------------------------------------
山手線新大久保駅で泥酔した男性がプラットホームから線路に転落し、さらに、その男性を救助しようとして線路に飛び降りた日本人カメラマンと韓国人が、折から進入してきた電車にはねられ、3人とも死亡した。

人命救助のために命を投げ出したこの事件は、美談として日韓両国で大きく報道されるとともに、事故の犠牲者を追悼・顕彰するプレートが新大久保駅のホームと改札の間の階段に設置された。このプレートには二ヶ国語(日本語・韓国語)で事故の経緯等が記されている。その後救助を行った2人の遺族には、感謝状が贈られている。

最初に転落した男性が駅構内の売店で購入した酒を飲んでいたことが判明し、JR東日本は通勤圏の一部駅構内での酒類の販売を一時取り止めた。
---------------------------------------------------------------------------
(ウィキペディア/新大久保駅乗客転落事故より)


濁流で、必死に鉄柵にしがみついているのが人生だとすると、
昨日の直属の課長のように、顔見知りの間柄の部下が流されてしがみついてきても、必死に振り払う人もいる。

一方で、上記鉄道事故のように、
見知らぬ泥酔者が濁流に流されてきたら、自分の命の危険をかえりみず、とっさに手を差し伸べる人もいるのである。


結果として世の中に必要な人材が失われたのは、痛ましい限りだ。
彼らが生きて居たら、より良い世の中に大いに一役かっていたはずである。


鉄道自殺しそうな御方。

人の多い時間帯に飛び込むと、とっさに助けようとして巻き込まれる人がいるかも知れませんよ。
それは、あなたの辛い悩みにも光を灯したかも知れない、世の中に必要な人に違いない。

鉄道自殺は自重しようではないか。


ちなみに、単純な事だが、ホームではレールの見えない場所を歩くのも手だ。
レールと車体が見えてしまうと、「今だ、行けっ」になってしまうが、
見えなければ、悩みつつも、職場や学校に着ける。


会社が倒産した、リストラされたで、職場が無い?
じゃ、公園にでも行ってみようか。

取りあえずは、遺書位書こうよ。
[PR]
by leea_blog | 2012-11-13 22:10 | Comments(32)

職場のいじめと「コメントできない」


さて。

「幻想文学」で検索して下さった皆様には申し訳ない話題となる。



幻想文学のブログかと思いきや、作者は表現上の悩みで寝込んでいるのではなく、
なんと職場のいじめで通院中なのである。


そういう話題はよそでやれ。

ごもっともです。


お嫌な人は、読まずに飛ばして下され。



でもね、日々のご飯をいただく為に、大抵の詩人は詩とは関係ないお仕事をしているのです。
作品は、日常とかけ離れた所から生まれるのではないのですよ。


そして、私の個人的な問題も、どこの誰かの「一歩」につながるかも知れない、とも思っているのです。



私の「職場物語」の登場人物は、どこの組織にも居るような人ばかり。
そして、「職場における私」も、どこの組織にも居るような一人。



日曜ははいいお酒を飲んだ、とポジティブな話をしたいのだが、
実は、飲んでいる間中、自分が棚上げしている事柄の重さを痛感していたのでした。


私にのし掛かっているのは、職場のトラブルです。


死んだら、表現論も何も無くなるではないか。
そうです、頑張った自分へのご褒美に、人生を終了したいという気持ちが、根強いのです。


直視すると、比喩ではなく、本当に吐き気がしてくるので、棚上げしていた。



昔は「セクハラ」研修も無く、大抵は泣き寝入りだった。
被害者達が地道に声を上げ続けて、ようやく「やってはいけない」事になった。
先人達の血のにじむような経験と、声を上げ続けてくれた事に、頭がさがる。
それでも、いまだ多数の泣き寝入りを、今もどこかで産んでいる事だろう。



最近、遅ればせながら「パワハラ」防止の回覧が来るようになり、
職場にも「セクハラ相談職員」に追加で、「パワハラ相談職員」が設立された。


意識が向上しているか?

本音と建て前という言葉をご存知か。


大きな組織ではとりわけ、建て前と本音の乖離は大きい。



ちなみに、パワハラ相談職員の庶務課長に相談した所、
「力になれない」と言われた。


今日は、問題から目をそらす事の重さに吐き気がして、直属の課長に相談した。



まずは直属の上司に相談するのは、一般的な手順だからだ。
わたくしの職場は、異動が大変多い。
これまでも、歴代の上司に相談してきたが、今の課長にはまだ話していなかったのだ。


直属の課長のリアクションは、
「コメントできない」の一点張りだった。



これは凄いな。
直属の課長が、長い時間一対一で話をしている間、部下に「コメントできない」を連発し続けるとは。
記者団への対応じゃないんだから!


うん、なかなか凄い。

毎日顔を合わせている人と長時間話ながら、
「コメントできない」といい続けるのは、ある種の意思の動員が必要だ。
「拒否」の意思である。



率直な所、こういう対応をしているから告訴されちゃうのである。
相談相手を追いつめる悪い例の対応である。
真摯な対話の拒否だから。



普段は仕事の出来る、穏健な人がらの課長の別の一面を凝視しながら、
「直属の上司に一応、SOSは出しておきましたからね」と言わざるを得なかった。

でも、何か有ったら「知らなかった」とか「聞いていない」とコメントするのだろうな。


驚き呆れたので、仕方なく
「課長にコメントできないと言われたと付けておきますよ」とも言った。


「脅しているんですか」と反応があった。
「どうして脅されていると思うのですか?」と返した。



今日痛感したのは、
こういう人も、いざとなったら加害者になるのだろうな、という事である。


自分を守りたい、その為には自分の部下に対して「コメントできない」「コメントする立場ではない」を連発する、これはどこにでもいるいいお父さん、いい上司の一人の、生き抜く為の別の一面だ。


濁流に呑まれて必死に鉄柵にしがみついた、流されてきた職場の部下がしがみついてきたら、
振り払う。

あなたはどうする? 
私だったら、どうする?


頭の良い皆さんは課長の対応でお気付きと思うが、
私を押し潰しているトラブルは、
「椅子に剣山を置かれた」「机に線香を立てられた」という類いとは異なる。
(されたら、速攻で写真を撮りましょう)


組織人がうっかり関わっちゃいけないダークな問題に直結しているのだ。


「そんなに辛い職場なら、辞めればいいのに」、とお思いか?


それは、一つの選択肢だ。
辞めて自分が納得できるなら、辞めるのも一つの手だ。
辞めたくない人も沢山いるでしょう?


「何で私が辞めるのですか? 辞めるのは相手のほうでしょう?」と
言いたい人も沢山居るはず。
私は医師にそういいました。


パワハラセクハラで、「運が悪かった」、で終わらせられるなら、それも良い。
でも、そうではない人も沢山いるのです。


が、被害を被って泣き寝入りする時代は終わりつつあると考えています。

セクハラパワハラは、個人的な事のように見えて、
実は社会との関わり方、社会の有り方の問題です。


自分を責めている人がいたら、
「自分を責めないで。とりあえず、立って、自分の意見を言ってみる事から始めませんか?」
と、言いたい。
[PR]
by leea_blog | 2012-11-12 22:36 | Comments(2)

大河ドラマ「平清盛」の駄目さ加減にがっくりし続ける事



はいはい。

大河ドラマ「平清盛」、もう観始めて長いですからね。
期待してなかったです、原作ファンとしては、仕方なく観ているだけです。
華麗な時代考証を観ているだけで充分です、はい。


映画「ロードオブザリング」を、
「なんじゃこれは〜!原作読んで無いのか製作者」と突っ込みを入れまくりつつ、
指輪物語ファンとしては観ざるを得なかったのと同じです。


悲しき原作ファン。
つまらないと判っていても、観ないと「観なかった回がもし面白かったらどうしよう」と苛々してしまうのです。


はいはい、今回の清盛観て、「重盛ファンの西野りーあが憮然としている事だろう」と膝を叩いて笑った方も居られるやも知れぬ。


憮然としましたともさ。


そうです。私は小学校五年生の時からの筋金入りの重盛ファン。


風邪で学校を休んで寝ていて、退屈だから本を読んでいた訳です、あの時。
平家物語を選んだのは、主人公の平清盛は小学生でも知っている有名人だし、
現代小説に比べて、各章が短くて、風邪引きで集中力が落ちている時には向いていたのですね。


いくら現代語訳といっても、小学生が読んで面白いのかって?
大河ドラマよりは面白かったです。
子供向けにダイジェストになっているものなら、つまらなかったと思います。

意味が分からない言葉も沢山出てくるのですが、子供にとって意外と障壁になりませんでした。
なぜなら、子供からみる世間一般は、判らない言葉が沢山有って当然なのですから。
語感を味わい、想像して読む訳です。勿論、想像と違う事は沢山有ります。



で、風邪で寝込んだ小学生にとって平家物語は、意外と新鮮だったのですよ。
祇園精舎の鐘の声、で始まるでしょう?
注釈を読みつつ、「日本の貴族武家の話なのに、なぜインドが関係あるの?」と、
いきなり引き込まれてしまうのです。

諸行無常、万物流転、と来られれば、うわ〜、何だか凄い、になる訳です。


それでも、読みにくい事は読みにくくて、
ぼさーっと読んでいたのですが、小松殿の活躍で、眠気が吹っ飛んだのでした。
「小松殿。誰これ! ああ、重盛、清盛の長男か!」
慌てて最初から読み直し、続きも熱を入れて読みましたとも。


乏しいお小遣いの中から古語辞典を買い、無事平家物語も原文を入手し(小さな町の本屋でも簡単に手に入った)、他の古典文学も読み始めました。


私が古典文学の面白さに目覚めたのも、このようなわけで、重盛のおかげでした。
重盛ちゃん、何で死んじゃったの?


しかし、平家の栄華の極みに有って、重盛は、遥か遠くを射ぬく眼差しを持っていた。
熊野に詣でて死を受け入れる重盛は、現代的な死ではなく、子供心に、
何か、大きなものの元に帰って行く事を知っている人のようでした。




「大河ドラマ平清盛については、もう何も言うまい」と思っていたのですが、愚痴ります。


まぁ、ね、大河ドラマで、重盛が清盛の引き立て役なのは、今始まった事じゃないです。

本当に、かわいそうな重盛。


親に似ぬ不肖の長男に仕立て上げられて、平家物語を読んだ事がない人たちは、
「これでは平家が滅びるのは仕方有るまい」と思う事だろう。。。


平家物語を引っ張り出してきて、「ここはこれこれこうだ!」と叫びたいが、
それも文字の浪費。


重盛のファンじゃなくともね、原作通りに一族郎党(親にも)に強い影響力があり、人望もあつくて、能力ある平家の重鎮として描いていれば、
清盛の人間性も深く描けるし、ドラマ性もぐぐんと上がると思うのですが。


なぜ「父と一門の政治を個人の感情で阻む、能力も無い駄目な棟梁」に仕立て上げるかなぁ。
つまらなすぎる。


ちなみに、平家物語は、大変個性的な登場人物が目白押しです。
やり取りも文章も、本当に細部まで面白いのです。


昔の物語なのに、現代でも新鮮な、漁港直行の魚介が並ぶ築地の市場よりなお新鮮。
「30分前に獲れたばかりですよ」という位に。
その鮮度が、磨き上げられて現代に伝わっている。宝物のような物語なのです。


大河ドラマ観ていると、平家の一門、清盛以下は有象無象ではないですか。
清盛が主人公だから、後は目だっちゃ困るんだ、という発想か?


いやいや。
個々の素材を生かした方が、清盛像も生きてくるし、ドラマ性も盛り上がるはず。
というか、あのメンツで盛り上がらないはずが無い。


長男の重盛がドラマのように駄目男だったら、
平家に不満を持つ人たちは、
清盛が老衰で死ぬのを待つだけで済むんだから、話自体が盛り上がる訳が無いでしょう。


そもそも清盛をどう描きたいのかもさっぱり伝わってきませぬ。


はぁ〜、また愚痴ってしまった。


ロードオブザリングを観て、指輪物語を読む人が増えたらしいので、普及に貢献したと言えよう。。。。大河ドラマを観て、「つまらなそうだから平家物語読むのやめた」という人が増えないでくれる事を祈っている。
[PR]
by leea_blog | 2012-11-05 22:23 | Comments(0)

ホステル 2 のこと/ 行きすぎたサディズムの行く末

散歩を兼ねてツタヤに行き、DVDを借りてきた。


制作総指揮にクエンティン・タランティーノが名を連ねている、「ホステル 2」。
ジャンル、スプラッター。
18歳未満禁止。


「ホステル1」の方は、誰かが借り出し中だった。


借りている見知らぬ誰かに、
「そちも好きじゃのう」と呟いて、2の方を借りた。



イタリアの美術学校に留学しているアメリカ女子学生達。

彼女らのバカンス先には、恐ろしい罠が!

巧みに誘導された旅先のホステルでは、
彼女らが知らぬ内に、
世界各地の金持ち殺人愛好者のオークションにかけられてしまうのだ。




昔有ったよね。都市伝説。

海外旅行者が香港のデパートで試着室に入ると、
試着室には秘密のドアが有って、そこから攫われてどこかに売り飛ばされる話。


「8ミリフィルム」とかいう映画も、
金持ちの老人の秘密の遺品にスナッフフィルムが有って、
未亡人がそれに映っている被害者の娘さんの娘さんの捜索を探偵に頼む話だった。
被害者は殺されていた。


ジョニー・デップが出ていた映画にも、金持ちの殺人愛好者たちが出てきた。
莫大な金と引き換えに、自分たちに殺されてくれという取引を、
ジョニー・デップ演ずる先住民の青年に持ちかけるのだ。
それを引き受ける。


莫大な金が有ったら、やりたい事の一つに、「殺人」が含まれているのだろうか。
含まれているんだろうなぁ。

多くの人の心に、一線を越える願望が有って、
理性で押さえているけれど、莫大な金が有ったらやりたい、という願望があるか、
あるいは、「そういう一線を超えた人たちが居るはずだ」、と想像している人たちが多いから、
この手の作品がリアリティを持つ訳だろう。


ところで、スナッフフィルムだが。

インターネットの普及のお陰で、
人が死ぬ瞬間の動画は、検索すれば多数、観られるようになった。

屍体写真は、もっとたやすく観られる。


映像じゃなく、生で。そして、自分の手で、と願う人たちの妄想が、
「ホステル2」を支えているのだろう。

ちなみに、「ホステル2」では、一線を超えた願望を実現しようとする「やりすぎたサディスト」たちには、報いが待っている。

サディスムはほどほどに。
プレイや妄想で満足しておきましょう。
[PR]
by leea_blog | 2012-11-04 19:20 | Comments(0)

「おんまはみんな」/子豚のしっぽ ちょんぼりちょろり


十一月の朝夕は薄寒い夜道を歩きながら、
童謡を口ずさんだ。

「子豚のしっぽ、ちょんぼりちょぼり、ちょんぼりちょぼり、ちょんぼりちょぼり」


ううむ、この歌詞は。

子供の頃にはこの凄さがわからなかったが、実に天才的だ。

子豚のあのしっぽの様子を「ちょんぼりちょぼり」」とあらわすとは!


子供の頃にはわからなくても、大人になるとその凄さがわかるモノは、沢山ある。
童謡という、子供の為の歌も、大人が唸れるものでなくては駄目なのだ。



なんという詩的感性。
なんという言語感覚。


調べてみたら、中山知子さんという方の作詞で、
元々はアメリカ民謡のようだ。

そして、わたくしの記憶違いも発見された。

「ちょんぼりちょぼり」ではなく、「ちょんぼり ちょろり」が正しかったのだ。


しかし、ちょんぼりちょろり、では、「ちょろり」の部分が説明的すぎて、
有り難さが半減する。

一人で唄う時は「ちょんぼりちょぼり」と唄う事にする。


------------------------------

こぶたの しっぽ
ちょんぼり ちょろり
ちょんぼり ちょろり
ちょんぼり ちょろり
こぶたの しっぽ
ちょんぼり ちょろり
どうして ちょろり
どうしてなのか
だれも しらない
だけど
こぶたの しっぽ
ちょんぼり ちょろり
ちょんぼり ちょろり
ちょんぼり ちょろり
こぶたの しっぽ
ちょんぼり ちょろり
おもしろいね
[PR]
by leea_blog | 2012-11-03 23:07 | Comments(0)