<   2013年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

引っ越し/単身

幼なじみの息子さんの引っ越しを手伝ってきた。

実家からさほど離れていない、同じ区内に住む。

若い内は、色々経験した方がいいので大いに奨励だ。




一人暮らしは大変だが、マイペースで生活できる。


料理や掃除も、脳が活性化する。

家計も、大変ではあるが、「自分で管理している達成感」が有る。


自分の城、という解放感もある。

好きなものしか置かない。好きなものだけに囲まれて暮らす幸せ。


ところで、わたしはまだ冬物を仕舞っていないが、
これも誰からも文句を言われないので嬉しい。
いや、冬物をロフトに上げるの、大変なんだよ。
ロフトに上がるはしごの回りには、本が山積みになっていて、
本の山を崩さずにはしごに足をかけるのが大変なんだってば。
洗濯機の上にも、本や額縁が山積みになっていて、
どけるのも一苦労なんだってば。

息子さんの荷物は少なかったなぁ。

私など、段ボールが何箱も山積み状態だったのに。

シンプルな生活は素敵だ。





息子さんが住むのは板橋区の成増という街で、
24時間開いている西友が有るし、商店街も有る。
ニトリもある。図書館も有る。

いいなぁ、成増。

わたしは隣町の赤塚に住んでいる。


埼玉県から引っ越してきた当初は、
赤塚に決めるのに理由があった。


図書館が近い。隣の練馬区の図書館も使える。
美術館がある。植物園がある。
スーパー銭湯がある。
東京大仏がある。
大きな公園が近い。


上記の理由が決め手になったのだが、
長く住む内に、「日常の便利」を優先したくなった。



勤め人には、24時間スーパーは魅力ですぜ?赤塚には無い。
しかも成増の西友は大きくて、100円均一ショップよりも安い商品が沢山。

お総菜も沢山種類が有って安いぞ!









私は実家暮らしが長かった。

弟たちが結婚して実家から離れていったため、私が出づらくなったのだ。

父が他界して、母は一人暮らしになってしまうしね。

ところが、この母はかなりの自己中なお人で、
母との暮らしはかなり大変だった。

意思の疎通が出来ないし、私のやる事なす事にいちいち否定的。

一例を挙げて見よう。


私が誕生日に仕事から帰ると、いつものように食事は特に用意してなかった。
カップヌードルを食べていると、母が嬉々とした口調で言った。
「誕生日なのにカップヌードルでかわいそう」


私が病気で寝込んで、医師の指導の元で食事療法を導入した時。
肉類は食べずに根菜を中心とした旬の野菜料理を食する事を母に告げた。
母は隣町のイトーヨーカドーに買い物に出かけ、
私の分のお総菜も買ってきた。
いつもは自分の分しか買わないのに。
それは、カツで、わざわざお皿に載せてラップを掛けてわたし用に取って有った。
だから肉駄目だって言っているのに。


昼のドラマに出てきそうな、嫁に対する姑の嫌がらせシーンのようである。


そういう実家事情があって、
わたしは一人暮らしを始めて極楽だった。

出費は大変だ。


都内は狭くて家賃が高すぎる!
実家から引き上げてきた荷物が山積みだ。


トイレに行くのにも、風呂に入るのにも、
冷蔵庫を開けるにも、靴を履くのにも、
いちいち手前に積んである荷物をどけなければならない。
これは、かなりのストレスだぞ。


マンション買おうか??????

うううむ。
都内マンションは高すぎる。
みんな、ローンどうしてるの?

夫婦だったら、妻も働くということでダブルインカムが可能だが、
一人暮らしだと、ローンきつすぎるよね?

住宅も、低価格高品質が出回らないかな。
[PR]
by leea_blog | 2013-07-29 22:06 | Comments(0)

雷雨の娘/落雷によるocnのネット断絶

一昨日の豪雨は凄かった。

帰宅してみたら、ネットがつながらない!

ocnのサポートセンターに電話。

待たされる→ようやくつながる→Macは別番号だと案内される

Macの番号にかける→30分以上も待たされる→ようやくつながる→別番号に案内される

何この待たされ具合。
携帯を膝に置いてつながるのを待ちながら、煙草をすって珈琲を飲んだ。


サポートセンターの女性が、「雷とか有りませんでしたか」と訊ねる。

凄かったよ。何を仙人みたいな事言ってるの?と思ったが、
すぐ電話対応の基地は都内じゃないのだと気がついた。

結局、共用部分のブレーカーが落ちていた為で翌日には治ったが、
ネットに接続できない状況は、本当に心細い。


ところで、雷雨の季節は、この詩だ。


-------------------------------------------

            雷雨の娘


 にわか雨に匂い立つ
    東方の国のわたし、
       飛沫立つ雷雨である。
          しとね濡らす春の雨であり
          押し抱く夏の豪雨であり
          横顔照らす秋雨であり
          身を寄せ続ける冬の小雨である

    いのち荒ぶる 閃光走る
      とどろきわたる雷雨の娘である

    滅亡が熱望されては果たされない
       TOKYOの窓に寄り添い
          あなたよ 夏の雨に足をぬらして
       女の元に 急ぎなさい
    匂い立つ雨に抱きしめられて
      驟雨待ち望む高層ビルの煌々とまたたく幾万の目を横目に
           あなたよ 急ぎなさい
      かぐわしい憂い抱くあなたよ 女の元に急ぎなさい
         求められたい求めたい抱きしめられたい殺されたい
              いっそ殺されたい殺すよりも殺されたい
   刃ひそめて殺されたいあの女に 呟きながら破滅したいあなたが
           暗殺する眼差しうるおす地下の酒
  酒に飽きると豪雨が欲しくなる夏を押し流す強い雨に血をお舐め。
      髪からしとどにしずくをたらすあなたのために
        扉をひらく、雷雨の私が夏にいる。

-----------------------------------------(作/西野りーあ)

音読に向いている詩なので、豪雨を窓から眺めながら音読してみて欲しい。


【高層ビルの煌々とまたたく幾万の目】
夜の高層ビル群の窓の明かりを煌々とまたたく幾万の目と表現したのだが、
伝わるだろうか?
[PR]
by leea_blog | 2013-07-25 20:26 | Comments(0)

箱根湯寮の感想


e0016517_1824150.jpg

箱根大涌谷の噴煙


先日の箱根行きでは、2013年3月27日に箱根に出来たばかりの日帰り温泉、
「箱根湯寮」に行ってきた。出来立てだぞ。


公式HP

http://www.hakoneyuryo.jp/news/


貸し切り露天風呂が19室も有る!

箱根湯本の駅前から無料の送迎バスが頻繁に出ている。
歩いても行けるだろうが、坂がきつくて歩きは夏場はオススメできない。



私は普通の大浴場「本殿 湯楽庵 大湯」に入った。

1300円なり。


見晴湯は、豪快な森林が目の前に広がり、大変眺めが素晴らしかった。
一幅の絵のような光景だ。

冷水風呂「沢水風呂」も見晴湯の隣にあるので、
眺めを堪能しながら冷水に浸れる。

サウナに入れば冷水が気持ち良いのは勿論だが、
サウナに入らない人も、見晴湯で暖まり、景色を見ながら隣の冷水に浸る、
を交互に繰り返すと代謝も高まりそうである。


この広さと眺めの良さを考えると、個室露天風呂を選ばなくても楽しめる。




「箱根湯寮」と「天山湯治境」ではどちらが良いかと言うと、
ワタクシ的には天山湯治境の方が好きだ。

お湯に哲学を感じるのだ。

女性専用の、広い休憩スペースも、だーっと横になれて嬉しいしね。

天山湯治境も、専用送迎バスがあれば言うこと無しなのだが。



景色を楽しみたい方は、是非一度箱根湯寮に出かけてみる事をオススメしたい。
[PR]
by leea_blog | 2013-07-21 16:42 | Comments(0)

カジカ/河鹿と夏の箱根の事


連日の酷暑で、体調を崩した。

これはまずい。
夏は始まったばかりだ。


健康を建て直すために、連休は箱根に出かけた。

箱根も暑かった!

去年辺りだと、地上は暑くても、ロープウエイで大涌谷に来ると、
肌寒かった記憶が有るのだが。
記憶違いなのか?

持っていった夏用上着は出番無し。
e0016517_20384019.jpg



ロープウエイ姥子駅周辺から見た富士山。
祝! 世界遺産登録!



ところで、桃源台近辺の山の中を散策したが、
素晴らしい鳥の声に圧倒された。

素晴らしいさえずりに囲まれて、頭はアルファー派状態。
日ごろのストレスも解消されそう。

いや、待てよ、これはもしかして、カジカ、つまり河鹿、カエルの声ではないのか???


帰宅して、ネットで河鹿の声を検索してみた。

やはりこれだった!
  ↓
日本で一番きれいな声で鳴くカエル 
http://www.youtube.com/watch?v=kRibeCIS7U4


鳥の声だとばかり思っていた。

河鹿の声を聞いた事の無い方は、是非ネットで検索してみて下さい。

この歳で河鹿の声を知ったとは、「逆おのぼり」状態かも知れぬ。


逆おのぼりとは?

都市部に無いものを、珍しがって大喜びする、地元の人からみると「何この人」な状態のことです。



はぁ。

二泊三日じゃ足りないよ。

夏の初めでこんなに疲れて、これから夏を乗り切れるのだろうか??

栄養の有るものを食べなくちゃ。
[PR]
by leea_blog | 2013-07-15 20:41 | Comments(0)

つけまつける/きゃりーぱみゅぱみゅのこと



あ、暑い。

オーブンの中にいるような暑さだ。
間違いなくアスファルトの上で目玉焼きが作れるぞ。


ところで。

先日、カラオケに行った。

友人の人妻が、きゃりーぱみゅぱみゅの「つけまつける」を選択した。

本人が唄っている映像だった。

本人と一緒に歌う版だったのだ。

「つけまつける」はサビの部分だけ聞いた事があるが、
丸々聞くのは初めてだった。

面白かった!




秀逸なミュージックビデオがあるので、以下に貼って置こう。


http://www.youtube.com/watch?v=NLy4cvRx7Vc


鏡の国のアリスをイメージしたかのような素敵なミュージックビデオだ。
細かい所まで凝っている。


「きゃりーぱみゅぱみゅ人工少女論」をぶち上げたいが、
いかんせん、私の不得意分野の、スポーツ芸能系だ。

団体で出てくる女の子グループより、きゃりーぱみゅぱみゅの方が好きだし、
こういう少女がウケているのは良い事だと思う。


「論」など書かずに、素直に歌を楽しもう。
[PR]
by leea_blog | 2013-07-11 23:47 | Comments(0)

貴婦人と一角獣展

中世・国際ゴシック美術の秘宝の魅力


心に残った自然とアートを紹介なさっている、すてきなブログです。
疲れも癒されそう。
[PR]
by leea_blog | 2013-07-07 23:00 | Comments(0)

facebookのいいねボタンのこと


関東は昨日で梅雨が明けた。

早いっ!

これから酷暑の毎日だ。

ところで、facebookというSNSがある。

ツイッターは、文章のあまりの短さにやめてしまったが、
フェイスブックはまだ籍を残している。


これが、使い方が判り難い。

先日、心療内科の先生との話の中で、
facebookの「いいね」ボタンの話になった。

くだらない書き込みが多すぎる、との事で、
「どうでもいい」ボタンや「よくないね」ボタンも追加するべきだ、との事だった。

例えば、「残業なう」と書く人。
で、友だちがコメントして、コメントを返している。

「残業しろよ!」と「よくないね」ボタンを押したい、というわけだ。
なるほど。


ははは。そんなボタン導入したら荒れまくるでしょう(笑)

幸い、私がfacebookで繋がりを持っている人の書き込みは、
面白いものが多い。

ただ、毎日アクセスしている訳ではないので、
読みこぼしが多い。

皆さんがネットをする時間は、一日に何時間くらいだろうか?

バランスの良いネットライフをお送り下さい。
[PR]
by leea_blog | 2013-07-07 09:42 | Comments(0)

ミッション・インポシブルな夢


帰宅してすぐ寝てしまった。



----------------------------------

内戦中の、アフガニスタンのような国に会社の命令でおもむく。

空港と街は殺伐とした雰囲気だが、指定されたホテルの中は、
内戦中とは思えない。

レストランで上司が待っている。

レストランは薄暗いなかに赤っぽい照明で、
何人もの女性が働いている。
この国で女性達が働いているのに驚く。

名前を告げると、一人の女性が「お待ちしておりました」とにこやかに笑って
奥に案内してくれる。内戦中なのに、ここで働く女性達は笑顔で一杯だ。

レストランはブースで仕切られ、洋、中華、この国の料理とブッフェ形式になっている。

奥には個室が沢山有った。


奥の円卓の部屋で、上司が待っていた。

トム・クルーズだった。

若い頃彼の下で働いた事が有る。
「久しぶりだな、元気か?」と笑顔で握手をしてくる。

懐かしい。

これを読んでおけ、と仕事の資料を渡される。

早速読もうとすると、今夜はくつろいでいていい、との事。
いいのか?

私は緊迫した空気を察知したが、
上司はいたってくつろいでいる。

ところで、私の仕事はアメリカに本社が有る貿易会社だが、
過去出張で危険な所にも出かけた。
立っている所に銃弾が雨あられと降り注いだり、迫撃砲を撃ち込まれたり、
我ながらよく生きていたよなぁ、と思う。

ところで、今回の仕事だが、前任者はどうやら死んだらしい。
大丈夫か、私?

それはそうと、トム・クルーズの上司は、明らかに危険でダークな仕事を受け持っているようだ。
うちの会社、こんなにダークな仕事もしていたのか?と驚くような、内部機密で一杯だ。

上司はこの地に愛人なども居り(愛人も死んだらしい)、こういう国で愛人がいると言うのも凄いと言うか信じられないと言うかだ。

上司にレストランの部屋付きのウエイトレスを呼ぶように言われて行ってみると、
彼女は帰る所だった。自分はもう帰るので後はこの人にお願いします、と、
交代する女性を紹介される。

明日も来るの?と聞くと、まさか来る訳ないでしょといった笑い声を上げて、
来ませんよ、この人にお願いします、と後任者を示す。

なぜ来る訳ないでしょ的な笑いだったのか、文化が違うのでわからない。

上司はまだ到着していない部下を待っているようだが、もう12時近い。
私は先に部屋に引き取る事にする。

部屋で、部屋においてある英語のフリーペーパーを読む。
日本の文化が結構紹介されており、驚く。

部屋はスイートルームだった。

こんな危険な仕事をうちの会社がやっていたなんて。
今回ばかりは命の危険を感じる。
が、上司を信頼する事にする

----------------------------------

夢終わり。
[PR]
by leea_blog | 2013-07-03 01:08 | Comments(0)

プラセンタ治療/某クリニック


新橋14クリニックでプラセンタ注射やにんにく注射を激安で始めた事は過日書いた。

打ってもらおうと思ったら、さらに激安なクリニックに誘導された。
プラセンタ注射、一本500円、点滴2000円というあり得無さ。

本日は、そこのクリニックに行って、
激安プラセンタ&ビタミン類&にんにく点滴を打ってもらった。

冷えと肩凝りと疲労感が大変なのですよ。
お肌も大荒れだしね。


日曜日に会った人も、私の肩と首をちょっとマッサージしてみて、
あまりに固いのに驚いていた。
「これはストレスですよ。疲れただけじゃこんなに固くなりませんよ」

そうです。ストレス過多なの。



18時某駅到着、クリニックへダッシュ。
自動ドアをくぐると、中は大変混んでいた!

健康と美容に関心の高い女性達がひしめいていたのだ。

ただ打ってもらえるのではなく、診察が有る。

診察券にID番号が振られており、壁に掛かった液晶画面に番号が表示されたら、診察に行き、診察が終わってまた待つ事しばし、また番号が表示されて
奥の会計に行く。料金先払い制度だ。

会計が終わったら、
2階に上がってまた待つと、順番に呼ばれて、
カーテンで仕切られた個室で点滴を受ける。

薄利多売らしく、ともかくお客さんを回していく感じで、じっくり話すと言う事も無い。
私は初診なのに、説明が少なすぎる。
例えば、点滴が終わったら吊るしてあるブザーで看護婦さんを呼ぶ仕組みだが、
その説明も無かった。
多分終わったらこれで呼ぶんだろうなぁ、と推測して押してみたら、
やはりそうだった。

感想は?

医師に「即効性は無い」と説明を受けたが、確かに即効の感覚は無い。

本当に効くの??????
という感じだが、点滴で2000円の激安振りだから、
また出かけて、ちょっと続けてみます。

マッサージに出かけたら、一時間六千円は飛んでしまうしね。
肩凝りが改善されてお肌も綺麗になれば、有り難いではないか。

全国の肩凝りさん、続報を待て!!!!
[PR]
by leea_blog | 2013-07-01 22:50 | Comments(0)