<   2013年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

「自由の翼」と替え歌「自由の社畜」/ブラック企業根絶を祈念して


暑い暑いといっても、八月は土曜でお終いだ。

暑くてもううんざり、人生への意欲もずっと下火だったにも関わらず、終わってしまうのが残念だ。

私の苦手な冬が足音を立てて迫っている。

冬っていったら冬眠の季節でしょう?
動いて働くなんて自然に反しているよ。
役所に「冬眠届け」出して眠りに就きたいよ。



で、相変わらず進撃の巨人にはまり中です。


アニメ版、進撃の巨人、後期オープニング、「自由の翼」の
替え歌、「自由の社畜」というのを見つけた!!!!

これがよく出来ていて実に面白いんです。

元ネタ知らなくても楽しめます。

仕事に疲れたあなた、ちょっと聴いてみてください。

URLは以下
(当ブログはセキュリティーの観点から直接リンクが貼れない仕様になっております。
コピーして貼り付けて飛んで下され)

http://www.youtube.com/watch?v=AhCTr1cj4Oo


辞めたい辞めたいでも当てが無い
辞めたい辞めたいでも当てが無い

早急に俺、仕事をやーめたい

には笑った。

この替え歌のように残業代無しで日付が変わるまで残業したり、休日出勤していたら、
まさに「畜」。




いや! 笑っていられない
ウチの会社もそうだぞ。

ワタクシが今、たまたまあまり残業をしなくていい係に居るだけで、
以前は凄かったよ。

終電で帰って翌八時半には始業。
「予算が無いから」といって、残業代は夕食代にもならないくらい。

しまいには疲労で胃が食事を流動食しか受け付けなくなって、
コーンフレークと牛乳持参。

コーンフレークを牛乳に浸して、
柔らかくなりすぎた所をすする。

疲れて、景色が、厚い水槽越しに見たように歪んで見えたものだよ。


お陰様で倒れたよ。



毎年病人が出る係だったので、
私が異動して去った後、しばらくして、
係内で結束して申し合わせて残業せずに帰ったという。

当然お客様から苦情が出たようで、
やむなくアルバイトを入れたそうだ。
係内は喜びながらも「改善しようと思えば出来たんじゃん」、
「今までのは何だったんだ」と釈然としなかったという。

そういえば、ウチの会社は終電逃してもタクシー代やホテル代も出ないので、
日付が変わるまで残業した人々はどうしていたかと言うと、
机に突っ伏して寝て朝を迎えたのだと。

よそ様を笑えないですよ。



今はどうなのかな、最近も、とある係で多数の病人出してたし、
部長が皆を集めて「予算が無いので残業代はやっただけ付けられない、なるべく残業しないように」と告知してたし。
仕事が山積しているのになるべく残業しないようにって?
帰っちゃっていいのかな?

ちなみに、替え歌で「労働基準局はなーんのためにある わが社の給料安すぎるだろ」というフレーズがあるが、
労働基準局や厚生労働省も不払い残業やってて休日出勤も手当て出てないんじゃないのかな?
今は少しは出るようになったのかな?


昔は、リゲインのCMで「24時間働けますか」というのがあったよね。
狂気の時代だったと思う。

景気が持ち直している様相を見せているらしいが、私のような末端には実感は皆無だ。
もう病気になるほど働かないぞ。


うちの父は肺癌で、発見された時は手遅れだったのだけど、辛くても
「仕事休めないんだ」と言って出勤していた。
父よ。あなたがいなくても会社は回る。
定年退職後の再雇用で、もうじき人生を本当に謳歌できる、という歳で亡くなった。
会社は何をしてくれた?



話は戻って、第一期のオープニング曲「紅蓮の炎」があまりにも良かったので、
後期の「自由の翼」はイマイチ感がぬぐえなかったのですが、
よく聴けばこれも名曲だぞ。


といいますか、この替え歌があまりにも面白かったので「自由の翼」も聴き返したのだった。

改変して広めてくれるファン様は、有り難い存在ではないですか。

元ネタの「自由の翼」、URLを書いても削除されると思うので、
検索してみて下さい。


TVでやる長さと、FULLのバージョンが有りますが、
自由の社畜はFULLバージョンの替え歌です。
[PR]
by leea_blog | 2013-08-28 22:39 | Comments(0)

「風立ちぬ」の感想/喫煙描写の事なども


八月は、暑くて無気力な日々。

結構意欲的に活動していそうだって?

いやいや、それは涼しい部屋でパソコンの前だけの話。

毎日、仕事行くにもネガティブ思考で、人生にもネガティブ思考な八月。

忙しい来週〜九月を乗り切って、遅い夏休みをひたすら待つ。

で、今日は、スタジオジブリの「風立ちぬ」を観てきたぞ。


うーん、DVDで観ていたら途中で飽きるかも知れないけれど、
映画館の大きな画面で観る分には、ワタクシとしては面白かった。
泣けたしね。


絵の表現の絶妙さも有るしね。

淡々とした描写で盛り上がりも特に無いので、
小さなお子さんは飽きるかもです。

ところでこのアニメは、NPO法人・日本禁煙学会が苦言を呈した事も話題になった。

ワタクシは喫煙者だ。本当に肩身の狭い世の中になった。

そうした前情報もあって観ると、確かに喫煙シーンが多い。

ただ喫煙している描写と言うより、煙草は人生の友という描かれ方なのだ。
それは、時代的にも正しいのではないか?


昔は、駅や病院の待合室にも灰皿があった。
いかに、人生の喜怒哀楽と共に煙草があったか。

日本禁煙学会の言い分もよくわかる。

が。

このアニメを、喫煙描写抜きにしたら。
それは、ずいぶん腑抜けた印象になってしまうだろう。

童顔の主人公の、大人の証。

貧しく苦しい時代で、熱意だけはあって、人がともかくひしめいていて。

例えば、移動する時の荷物の大きさや、
三等列車の込み具合、都市部の人口過密描写。
線路伝いに徒歩で野宿しながら仕事を求めて都市部に移動する人々。
それらと共に、喫煙描写があるのだ。

「うわっ、今では考えられない環境だね」という観客の驚きと共にある描写のひとつなのだ。

批判の矢面に立たされているのは、
主人公の二郎が、死に近い結核の妻、菜穂子の手を握りながら喫煙するシーンだという。

これも、二郎も菜穂子も、2人に残されている時間が短い事を知っている。
で、二郎は残業を持ち帰り、臥せっている妻の手を握りながら残業をするのだけれど、
煙草を吸いたくなって手を放していいかと妻に問う。
妻は、ここで吸ってという。

日常の中で、2人の心理をよく描いたシーンだと思う。
日本禁煙学会の言わんとする事も判る。
こういう重要なシーンを、喫煙者という生きものの描写でするのではなく、
別のエピソードでもいいはずだ、いや、別のエピソードにするべきだ、と言いたいのだ。

でもこれは、そもそも妻が死に近いのに、
ひたすら仕事に打ち込み帰宅も遅い二郎の、
「それはないだろ」の描写の一環だから意味があるのだ。

妻がもう先が無い、として、
仕事もなげうち、禁煙もする、という人もいるはず、
いや、多いかも知れないし、そのほうが感動的かも知れない。
舞台が現代なら、主人公は仕事を休職するか介護休暇を取るか、
辞めるかして、妻が万一助かるかも知れない方法を探るはず。


が!
違うのだ。
もっと大きなもののために生きる主人公二郎を描いているのだ。
仕事もなげうたないし、禁煙もしない。
が、妻を愛している。
そうした時代の、そうした人物を描くのに、もってこいのエピソードなのだ。

だから、ここは、喫煙描写をとやかく言う人はその前に、
「妻が死に近いのに残業ずくめ」の主人公の生き方を批判しなくてはいけない。

家族を放っておいて残業ずくめの描写はよくて、
喫煙シーンが悪いというのは、映画表現の設定の全体像を観ないで、
目先の憎いものにしか目を向けていないといわれても仕方ない。

そして、それは映画表現の大きな枠の中、
表現方法や手法を考えた時、
実に瑣末な事で目くじらを立て、
エゴ剥き出しで苦言を呈したと言われても仕方ないのだ。


そんなこんなで、色々考える事が出来た。
[PR]
by leea_blog | 2013-08-21 21:08 | Comments(2)

進撃の巨人11巻の事




進撃の巨人にはまった話は、過日書いた。

過去日記
 ↓
http://leea.exblog.jp/20894781

8月9日に最新感の11巻が発売された。

普段漫画本を買う事をしないワタクシだが、
買った。



ここから下は、既に読んだ方、あるいは、未読だけれどあるていど話の魅力が判っていた方が手に取りやすい方のみお進み下さい。

私も、手に取るまで少しは話を聞きかじっていた口です。

アニメ版を見て、次週はどうなるんだろうと楽しみに待っている方、「ストーリーの先を言わないで!」という方は、
お戻り下され。

あるいは、「ぜーんぜん興味無いけど、話してみなよ」と言う方は、読み進めてたまわれ。



-----------------------------------------------------------


10巻の最後の方、ライナーが主人公のエレンに、実は自分とベルトルトが鎧の巨人と超大型巨人なのだと告白するシーンが好きだ。

まさに、異界が日常に流れ込んでくるシーン。

大事な話だから、夜間人がいない場所にエレンを呼び出して話す選択も有ったはずだが、ライナーは、日常の、人が周囲にいる状況で切り出した。

この唐突なシーンが好きで、キッチンに置いて何度も読み返した。

わが家のキッチンは、ただ今ワタクシがうつ病の為、調理には使われていません。
絵を描いたり、本を読んだり、煙草を吸ったりするための場所です。


で、11巻を読んで。

何より驚いたのは、「次巻発売が12月9日」だと言う事だ!
ストーリーの展開以上に衝撃だったよ。


何それ!
半年近くも待たなくてはならないのか?

まぁ、連載されているから単行本を待たなくても続きは読めるが、
連載のペースも月一。

何だそれは。。。。。。。


漫画本の読者諸君。

良く待てますね。


私のようにがっつくタイプは、月一回で大して進まない話を根気よく待てないよ!

ああ、落ち着かない。早く飽きる事を自分に期待したい。



でね、私なりに、無理が有りすぎる話にもかか判らず、はまった理由を考えてみた。

これは「トールキン」の一種の話なのだ。
そう、指輪物語の作者、トールキン。


諫山創氏は、これが処女作と言う。

処女作で、長編の構想を抱えて、伏線を張りまくって読者を引っ張っているのだ。


おそらく、小学生の頃から超大型巨人の絵などを描いて、構想を練っていたと思われる。



トールキンも、指輪物語やシルマリルの物語の世界を、生涯掛けて追い求めた。



この、売れるとか売れないとかとは本来異なった、自分にとってのかかざるを得ない物語。その魔性のような魅力が、進撃の巨人にもあるのだ。おそらく、私はそれに魅かれた。


結果として大売れに売れているが、それはあくまで結果。

生活の為に描いたのではなく、描いた結果が売れた。

11巻も、謎が謎を呼んだままだ。

エレンとユミルをさらったライナーと、エレンの緊迫したやり取りが魅力だ。

とはいえ、次号12月。。。。

マジですか。

そして、アニメ版だが。
原作が終わるのを待たずに終了となるはずだが、
どうやって終わらせるのか?

作る立場になって色々考えてみると面白い。
[PR]
by leea_blog | 2013-08-18 16:00 | Comments(4)

グリムスの大人の木



大人の木になった最後の日には、根っこの部分が地球になる。
夢の有るプログラムだ。

明日からはまた双葉からはじまるのだろう。
e0016517_21131372.png

[PR]
by leea_blog | 2013-08-16 21:13 | Comments(0)

席を譲る

ああっ、ちょっと書かないと、すぐグリムスの木が枯れる!!!
これは悲しい。

「グリムスの木」って何って?

このブログの右斜め下をスクロールして行って下され。

木のイラストが有るでしょう?

これがグリムスの木。

ブログを書いていくと成長して大人の木になるんです。
で、更新をさぼると枯れてくるの。

ちなみに、背景は朝昼晩で、変化するんです。

今は大人の木になって、新しい芽生えを待っている所。
今日の画像は、枯れかけてます。

何これ、一週間ちょっと開けたくらいなのに、もう枯れ始めてるよ。。。。

よし。書くぞ。




通勤に都内地下鉄を利用している。

ちなみに、「通勤」と変換しようとしたら、それよりも早く「痛勤」と入力文字候補が表示された。

通勤よりもポピュラーなのか?、痛勤。

話は戻って、通勤に利用している地下鉄。

席を譲られた!!!!!

私よりも年配の男性が、私を見上げて、しばし。
腰を浮かせて「座ります?」と聞いてきた。

ともかくびっくりして、「いいえ、大丈夫です!」と答えた。

そして。今日も。

空いた席にダッシュで座る熟年男性。

私が前に立つと、無言で席を立った。
降りる訳でも無い。

こ、これは。

また席を譲られたのだ!!!!!

今回は無言だったのでおとなしく譲られた席に座り、考えた。

間違いなく、「妊婦に間違えられている!!!!!!!!」

私は、手首足首は細いが、お腹周辺に肉がついている。

妊娠中のような体形なのだ(汗)

まぁ、ね、同性が見たら、私の年齢も年齢だし、
妊娠中というよりは不健康な太り方にしか見えないだろう。

(でも、バンコクのスパでは「お腹に赤ちゃんがいますか?」と聞かれた!!!!)

とほほな気分である。。。。。。。。。

判ってますよ、ワタクシだって。
ダイエットしなくちゃ去年のスカートもはけないでしょ?

でも、席を譲られる位、目立ちますか????

ガーン。


それは置いておいて。

妊婦さんに席を譲る男性陣の優しさにちょっと、ほろっと来た。

ありがとう、みんな!

私は太っているだけで妊婦じゃないけど、
そのお気持ちが嬉しい。
通勤途上で、自分も疲れて座りたいはずなのにね。

本物の妊婦さんには、是非席を譲ってあげて欲しい。


で、ワタクシは、プチダイエットをはじめた。

夕食は冷ややっこだけにしてみたのだ。

効果はさっぱりである。

朝ご飯抜き、昼はクリーム玄米ブラン、夕食は冷ややっこなのに、どうして痩せないのかな。

夕食後に飲んでいる缶チューハイがいけないんだろうなぁ。

でも、暑いから、冷えたのをぐーっと行きたくなるんですよね。

「進撃の巨人」11巻の話も有るのだけれど、今日はここまで。

ではではまた。
[PR]
by leea_blog | 2013-08-13 19:23 | Comments(0)

進撃の巨人の事

ところで。

最近アニメの「進撃の巨人」にはまっている。

第一期オープニングの「紅蓮の弓矢」があまりにも良かったので、
中身も見る気になったのだ。

紅蓮の弓矢は、素晴らしく素敵だ。
歌詞は、アレです、突っ込み所が満載なのだが、
ブンガクではないと割り切って聴けば。

URLを貼っても削除されてしまうだろうから、
「紅蓮の弓矢」で検索して欲しい。

実は、原作のほうは、一巻で挫折した過去が有る。

物理的に無理有り過ぎ。
生物学的に無理有り過ぎ。

幻想詩人というのは、
設定に無理が有る幻想作品は好まないのだ。

高く飛ぶのは、地に足がしっかりついてないと。


が、アニメ版のほうは、立体機動と言う移動装置のシーンが大変綺麗だし、
無理有り過ぎな設定も、それほど苦にならなかった。


ねぇねぇ次どうなるの?
早くしてよ、週に一回とか待たせないで!



しまった、完結していないものにはまってしまった。

ワタクシは、待つのが苦手である。

連続ドラマとか連載小説などは大の苦手なのである。

ああ、落ち着かない。

そうだ!

第一巻で挫折したコミック版を読もう!
完結していないけど、アニメ版よりも進んでいる。

なぜ今まで思いつかなかったのかなぁ。

ということで、ツタヤで借りてきて、日曜の午後をたっぷり使って読みふけった。

途中で、「まだ未読の分がこれだけ残っている、嬉しい」
と歓びを噛みしめた。

ともかく登場人物が死にまくる。
最初の方で主人公エレンの母が、生きたまま巨人に食われる。

エレン宅で一緒に住んでいる少女、ミカサの地獄振りも凄いぞ。

9歳の頃、両親が目の前で強盗に殺され、
ミカサ自身は売り飛ばされそうな所、
9歳だったエレンが助けに来る。
エレンは強盗2人を殺害、
ミカサは絶望と恐怖に打ち勝ち、一人を殺害。

でね! 謎を大量に含んだまま現在も絶賛連載中ですが、
ウトガルド城跡の攻防戦を読んで私が判った事がある!

それはですね!
この話は、
「物理的に無理」とか
「生物学的に無理」とか突っ込みまくる話ではないのだ、という事だ。

ホラー映画とか、ゾンビ映画とかの一種なのだ!
「恐怖物」だったのだ。

ゾンビ映画に、「物理的に無理」とか
「生物学的に無理」とか、突っ込みます?
突っ込まないでしょ?

とほほほ。
10巻まで読んでようやくそれがわかったのか、ワタクシ。

いや、だって、どんなにえぐいシーンが連発しようと、漫画ですよ、
しかも私は大人ですよ、怖くないですよ。

ダメダメ、それじゃ登場人物の葛藤が判らないでしょ!

兵士たちに立体機動増置と刃という武器が有るが、
どれほど有能な兵士でも、
立体機動増置はガスが切れれば飛べない。
刃も切ればなまくらになる。

相手の数が多ければ、死しか待っていないのだ。
しかも、生きたまま食われる!


圧倒的な力の差のある巨人に、生きたまま食われる恐怖、
なぜ巨人たちが人間を食うのかもまるでわからず、
なぜ世界がこうなってしまったかもわからないまま、
巨人と感情や意思の疎通も出来ず、
ともかく生きたまま食われる。
巨人は人類を食べなくても生きて行けるし、
食べても消化器官が無いので半溶解状態で吐き出す。
食べられても相手の生存に役立つ訳ですら無いのだ!
ただ虐殺されるだけ。
その絶望感、理不尽感、恐怖。

それらを、登場人物の心理的な葛藤と、ストーリー展開とともに楽しむのだ。
勿論、貼られまくった伏線を楽しみながら、
「で、結局巨人は何なのだ?」と結末まで読み進める。

恐怖物だから、細かい事は気にしない事だ。
というより、気にしてはいけない。

お薦めか、と聞かれれば?


うーん、私ははまったが、過去一巻で挫折したからなぁ。
娯楽作品としては、良いのではないでしょうか。

少なくとも、「ローンレンジャー」よりは面白いぞ。
ジョニー・デップを観に行ったようなものだ。
[PR]
by leea_blog | 2013-08-05 23:16 | Comments(0)

海洋堂フィギュアワールド/池袋東武百貨店


8月1日から池袋の東武百貨店で開催の、海洋堂フィギュアワールドに出かけてきた。

展示総数約2500点。

小さくて緻密で濃い世界が展開される。

私は実はこういうのが大好きである。

人形の国のアリスシリーズや、フランス人形シリーズも持っているしね。

本棚の上に並べておいたら、
東日本大震災であちこちに散ってしまった。

こういうのは見ているだけで楽しい。

作った人の愛が伝わってくる。

私も立体作りたいぞ。

粘土を買ってきて作った事が有るが、
なかなかの解放感。
昔作った作品の画像を貼っておく。
e0016517_2223465.jpg

e0016517_22252671.jpg




8月6日までなので、池袋東武へ急げ!
[PR]
by leea_blog | 2013-08-03 22:23 | Comments(0)