<   2013年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

台北マッサージ事情/セクハラに遭わない為には?


台湾旅行から帰ってきました。
「また台湾なの?」とお思いのあなた。

そうです、またしてもなのです。
もうね、箱根に行く感覚です。

順次、これから旅行する方の参考になるような記事もアップして参りますが、
まずはじめに、残念な話題から。
マッサージを三回受けたのですが、三回の内2回がハズレで、
その内一回は大外れでした。


行きつけのマッサージ店の、上手だった先生が辞めちゃったのです。
体の具合を壊して、今はマッサージ師をしていないそうです。

お店のお勧めで他の先生に施術してもらいましたが、
これがイマイチ!

もうね、どこのお店がおすすめと言うより、
美容院と同じで、相性が良い先生がいれば、場末のマッサージ店でも極楽になるのですよ。

日本語が通じる良心的なお店でも、相性のいい先生と出合えなければ、
お金をドブに捨てるようなもの。


で、ホテルのある西門に、2時間1200元のマッサージ屋が有りました。
安い!
台北ナビが発行しているフリー新聞に載っていたのです。


行きつけの店に電話したら、日本語が通じる人がいなかったので、
西門にあるそこへ行って来ました。

大台北養生館といって、名前の違う系列店が沢山有ります。

看板には日本語が書かれていますが、日本語も英語も通じませんでした。
こういう時は筆談です。

無愛想な男の若い先生に施術してもらったのですが、
これが結構上手。

で、別の日にまた出かけました。

前回が上手な先生だったので、男でも女でもどちらでもいいよ、と伝えたのが間違いだった!
セクハラに逢ったのです。

片言日本語ができる施術師がやってきましたが、
愛想がいいというか、ノリが軽過ぎ。

「大学生ですか?」
をいをいをい。

ワタクシは享年ウン歳。
逆立ちしても大学生に見える歳じゃないよ。
お世辞に無理が有り過ぎ。

「大学生かと思った〜」

だから無理だって。

で、台湾は何度目かとか、どこに行ったかとか、当たり障りの無い話題から始まった。

私はどちらかと言うと、凝りが酷いので会話より施術に集中してもらいたいタイプ。

なんか軽い人に当たっちゃったなぁと思っていると、
北投温泉の、水着来て混浴するプールの話になって、
「目の保養ね」とか言ってる。

ちょっと、話題のチョイスが違うぞ。
男同士で話す話題だろ?

で、一人旅か、結婚してるのかの話題になって、
まぁ指輪してないから、独身だと答えた。
うざいなぁ、と思いながら。

「独身?じゃ、じゃ、ハッピーね。
台湾の女性、二十代の男性と付き合うとかしてますよ。
台湾の女性お金もっている人増えてるから」

うわっ、話題のチョイスがまずすぎる。

後で思えば、この時点で彼は営業していたのだろう。
しばらくそういう事が無かったので忘れていたが、
経済格差のある国に行くと、女性旅行者が地元の男性を買う事もあるらしい事態に遭遇する。

つまり、営業にぶち当たってしまうのだ。

セクハラされるだけじゃなく金取られるのか。
マジで?

あとね、金は払わないけど、旅の一夜の恋を楽しむ女性とかも居ます。

だから、これを読んでいるあなたが女性なら、
海外ではナンパされる確率が高い、
しかもそれは恋愛とかではなくビジネスや性欲から発されているものだ、と、
頭に入れておいて下さい。
台湾は治安がいい方と思いますが、海外ではビジネスや性欲どころか、
単に強盗というのも有ります。

うっかりすると犯されてお金を盗られて殺されちゃう事もあるので、
本当に気を付けましょうね。


治安の芳しくない国に比べれば可愛いくらいのセクハラ事例とはいえ、
台湾では出来れば出会いたくない。

ともかく、私は、マッサージ師を替えてもらおうか、このまま今帰ろうかと考えた。
帰っていれば良かった。

で、この施術師は、足の太ももマッサージの時点で股間に触れそうになるので、
上のほうはやらなくていいから、と強く言ったところ、
「あ。ああ、はい」とよくあるとぼけたリアクション。

触ろうとしていたな?

で、背中マッサージの時は、お尻に置いた片手で、お尻の形を確認している。


お尻は腰の骨があるので、重要な施術ポイントだが、
お尻の形を触る手つきは、施術とは明らかに異なる。

手のひらと指の力を抜いて、お椀に触れる手つきをしてみると判るが、
感触を味わおうとする手つきは、手の温度が上昇する。
電車の中の痴漢の手と同じで、
触られている方は手の筋肉の具合が容易に判るのだ。

でもお尻じゃ触るなとも言えないし困ったな、どう抗議するかな、
気分は最悪、で、最後に背中を押す動作の時に、
例の場所を押し付けてきたのだ。

施術に必要な姿勢だったと言い訳できるぎりぎりの所だが、
不自然すぎる感触。

私の不愉快マックス、で、施術の時間が終わった。

部屋の外でにこにこしながらお辞儀をする彼を無言で睨み、
帰ってきたが、「明日は帰国」という時期だったので、
今回の台湾の思い出が台無しになった。

男性は、セクハラで女性がどれだけ嫌な思いをするかが想像し難いだろうが、
もう、その「嫌な思い度」は、大変なものなのであります。


これから台湾に出かける女性達に声を大にして言います。

足マッサージだけならこういう事も無いけれど、
全身マッサージなら、危険は大です。

あなたが若いとか年寄りとか、独身とか既婚とか、団体とか一人旅とかは関係ない。

前に私と一緒に行った既婚者の友だちも、全身マッサージでセクハラに遭った。
結構な確率であります!!!!!!

彼女は、マップルのムックに載っていた店でセクハラに遭い、
私は台北ナビのフリー新聞に載っていた店で遭った。
ガイドブックに載っているから安心とは思わない事。


確実にセクハラを避ける方法が有ります!
それは、同性の施術師に頼む事です!

こんな簡単な事で、嫌な思いを避けられます。

日本語も英語も通じない所も結構あるので、
(日本語OKの店でもたまたま日本語スタッフがいない時間帯とかもある)
紙に「女」と書いて渡せばOK。

施術師が男性しか居なかったら、その店は諦めて他を当たりましょう。
台北には沢山マッサージ屋があるのです。

日本では、良いマッサージを受けるのに施術師の性別を選んではいられないけど、
日本でも、セクハラを受けた事例は沢山有ります。

私も日本でも受けました。
雇われマッサージ師じゃなくて、院長に。
「ちょっと!先生!」と抗議すると「ああ、ゴメン」とすぐやめるのだけど、
また触ってくる。知り合いに紹介された腕のいい施術師だったので残念だったが、通うのをやめた。


行くのをやめればいいとか、抗議すればいいとか、そうではないのだ。
「被害に遭った」精神的苦痛は、抗議して止めてもらっても癒されないのだ。
謝ってもらっても癒されない。

特に外国では。
女性の体に触れる内に出来心が頭をもたげる施術師が相当数居ると踏んだほうがいい。
リピーターにさえセクハラする事例も多いのだから、
旅人の一度限りであろうお客にセクハラしても、自分の営業成績に響かないしね。

あとね、このセクハラ施術師は、仕事を辞めて色々な国に出かけていました。
「人生は短い。だから楽しまなければ」と言っていました。
マッサージが出来れば、お金がつきて台湾に戻ってきても仕事はあるだろうと思われます。

だから、クビになる事もあまり恐れないのかもね。

悪い事は言いません、旅の思い出を台無しにしたくなかったら、
施術は同性に頼みましょう。
[PR]
by leea_blog | 2013-09-29 21:52 | Comments(0)

朗読ライブ/「妖異の時代2013」/12月7日開催!

e0016517_19465618.jpg
e0016517_19464599.jpg
e0016517_19462940.jpg

撮影/宮崎二健



言葉と音を混ぜ合わせる試み、朗読ライブ「妖異の時代」。

年内開催がかないました。

12月7日土曜日開催!

詳細は続報にて。
御身まれびととなりて会場の扉をひらきたまへ。




明日から旅に出ます。

帰ってきてからもMac激不調により、ネットにつながらないかもです。

ご用とお急ぎの方は、携帯メアドのほうにご連絡をよろしくお願いいたします。
[PR]
by leea_blog | 2013-09-19 19:51 | Comments(0)

Mac残酷物語/新機種の予感



池袋のヤマダ電機に出かけてきた。

ウチの、激不調のMac。新調する為である。

今回、とても親切な店員さんに当たった。
これまでの店員さんは、残念ながら、
私がMac能力が猿以下だと伝えても、片仮名の説明が多くて、
意味が分からなかった。

今回の店員さんは違った!
猿以下、ミジンコ並みの私にも判るような説明が有った!

で、Macbookにするか、iMacにするか悩んだ所だが。

店員さんの説明で、持ち運ばないならデスクトップがおすすめとの事。
理由は、ノート型だと、例えて言うなら2人の人が作業にたずさわる。
デスクトップ型だと、倍の四人の人が作業にたずさわる、
だからデスクトップ型のほうが性能が良い、との事!

何とわかりやすい説明ではないか!

で、先日書いたappleのサポートセンターの件だが。
聞いて見た所、分かりにくいだけで電話番号が秘密と言う事も無く、
わたくしどもでもお渡しできる、だから携帯から電話しても大丈夫、との事だった。

それはそうだよな。
でも、それならもっと検索して引っかかるように電話番号をでかでかと表示して欲しいものだ。

本当は、電話されるのが嫌なんだろう?と勘ぐりたくもなる。

で、ワタクシは買う気満々で、
「今日頼んだらいつ届きますか?明日?」と聞くと。

おおっとぉぉぉぉぉ!!!!

ただ今在庫切れとの事!

えぇぇぇぇぇぇぇ。


で、納品は三四週間掛かるとの事!!!!!!

うわぁぁぁぁぁぁぁぁあぁ。

店員さんが言うには、お急ぎじゃ無かったらしばらくお待ちになるのが良いそうだ。

というのも、Macの在庫が切れて納品に時間が掛かる時は、
新機種が出る予兆だと言うのだ。


いや、もうね、ウチのMac限界なんですけど。。。。


すぐ頼んでも三四週間掛かるなら、新しいのが出るのを待つしかないけど、
一体どういう事よ、apple社!

在庫無いって、在庫を抱えたくない気持ちは分かるけど、
パソコンは日常に必須なのですよ。

もうね、お客の事全然考えてなくて、自分たちの都合優先と言うのが頂けない。

それでも、Macにする悲しきMacユーザー。

いつ壊れるか判らないものをだまし騙し使うって、本当に大変。

で、!

10月19日は独演!俳句ライブの出演、
12月七日はワタクシの朗読ライブ、「妖異の時代」。
12月終わり頃には横山克衛さん主催のクリスマス展と、
予定が目白押しだ。


原稿はすべてパソコンで作成する。

無きゃ困る、なんて言うものではない。

Macの新機種よ、早くでておくれ〜!
[PR]
by leea_blog | 2013-09-15 20:15 | Comments(3)

appleサポートの謎//緊急事務連絡



ウチのMacが激不調である。

家電屋に出かけても、ミジンコ並みのパソコン能力しかない私には、
世界は闇の中である。

Macbookか、iMacか、つまりノート型かデスクトップか迷ったが、
お値段と性能の観点からデスクトップ型にする事になった。

で、家電屋さんの薦める、appleのサポートだが!!!!!

携帯に対応していないのだ。


電源が入らないとか反応が無いとかの質問の時には、
つまりはMacでの問い合わせが出来ない訳で、
携帯から電話するしかないと思うのだが。


謎だ。

サイトのどこかに電話番号が隠されており、私が見いだせないだけかも知れないのだが、
電話番号が掲載されていないのだ。

質問は、サイト内をクリックして進む形式になっている。

不親切きわまりない。


お客のサポートを本気でする気があるのか?
無いだろう?

一般メカ音痴など相手にしたくない、サブのMacを持っている人しか対応したくない気が満々だろう?

パソコンの電源が入らない時に、パソコンでしか問い合わせ出来ないシステム!
何それ?
不条理の世界。


そういや、ウエブ上のパソコン取り扱い説明書。
これもどうなのか?
取説が必要な時はパソコンにトラブルが有った時だぞ?


例えば、電源が入らない。
ウェブに対応策が載っていてどうする。
つまり、アクセスできないんだから。



連休中に、Macを新調する予定だ。
トホホ。

それに伴い、メールでの連絡が出来なくなる予定だ。

お急ぎの用がある紳士淑女は、ワタクシの携帯メアドにgo!

携帯メアドを知らない諸氏は、今の内に問い合わせておこう!



ところで、今回のパソコン不調事件でワタクシの激しい落ち込み振りを見た諸氏からは、
「今後の事を考えてWindowsに乗り換えたら?」と言われた。

全くだ!

マイナーすぎる代物を、メカ音痴が使うなどもっての他。

とはいえ、メカ音痴過ぎて今さらWindows覚えるのが大変なのじゃよ。

ファイルの移行の仕方が全く判らないからね。

Macで作成した文書は、Windowsでも開けるのか?

ご存知の方は、教えてたまわれ。
[PR]
by leea_blog | 2013-09-13 21:50 | Comments(0)

パソコン残酷物語



うわぁぁぁぁぁ!!!!!

ウチのMacが絶不調である!

熱を持って、ヴィーンという音が鳴り続けているのだ。

ところで私は、パソコン能力が猿以下である。
蟻ん子並み、いや、ミジンコ並みといえよう。

それなのに、Mac。

買い替えなくてはならないと覚悟はした。

が。

ネットの接続からデータの移動まで、まるで判らない!!!!

トホホなくらい判らなくて、連日のストレスに胃が痛む。


そうである。
パソコンが判らないのに、パソコンに依存した生活をしているのだ。

無いと困りまくる。普通に困るのではなく、激困りなのだ。


作品群も救出しなくてはならない。

あああああ、あ、あ、あ、あ、あ
どうしたら良いのか判らない。

取りあえず、ヤマダ電機にMacを見に行った。


売り場のおねいさんに質問したが、
片仮名が多くて意味が分からない。

まずい。まずすぎる。

他はともかく、作品群が。。。。。。




パソコンは日々進化を遂げている。
ソフトはあっという間に使えなくなる。

一度依存したら最後、ソフトも買い替えて行かなくてはならない。
何という残酷な仕組み。

もう駄目だ、やる事が山積なのに、胃が痛む。。。

今日はこれで寝よう。。。。
[PR]
by leea_blog | 2013-09-08 21:23 | Comments(0)

秋以降の活動



今年も、九月になっても暑い。

夏の疲れがどっと出る時期だ。

皆様、健康管理には充分ご留意を。



疲れてはいられない。

秋以降は、活動しなくてはならない。

10月に、ジャズバーサムライで行われる「独演!俳句ライブ」に参加の予定。

12月に、揺蘭で活躍中の横山克衛さん主催のグループ展がある。

そして、時期はまだ未定だが、年内には私主催の朗読ライブが開けそうだ!


朗読ライブは、音楽担当の楽士、田中一夫氏が超絶多忙で、
開催の目処が立たなかった。

が、10月からはリハも出来そうとの事。
有り難い事だ。


私はリハ無しは考えられない。

耳の肥えたお客さんなら、リハ無しとリハ有りは聞き分けられるはずだ。

ただし、リハの方が良かった!という事例もあるんだよなぁ、これが。


いずれにしても、多忙の折り、生の現場に足を運んで下さるお客様の有り難さを考えれば、
「来て良かった」と思って頂けるような異界朗読をしたいものだ。


ところで、久々の絵画作品の参加となるクリスマス展だが。

私の居住しているアパートが狭すぎて、油彩や日本画を描くスペースが無い。
仕方なく今回も、制作に場所を取らないパステル画参加になる予定だ。

こちらも、「見て良かった」と思って頂けるような作品を出したい。

何点まで出品できるのかな?


絵を描くスペースも無いとは、想像し難い人も多いのではないだろうか?
実家かから荷物を引き上げたので、シャレにならない狭さなのだ。

歩くと本の山が崩れ落ちてくる。
玄関で靴を履くのも、トイレに行くのも、風呂に入るのも、
山積みの荷物をどけなくてはならない。


横になる場所が有ればできるとされているヨガすら出来ない。

寝るスペースは、起きている間は布団を二つに畳んであるので、
あぐらで座る場所が有る程度である。

乾くのに時間のかかる、絵の具を広げるスペースを確保する必要のある類いの絵画は無理だ。
キッチンで膝に画用紙を広げながらパステル画を描くしかない。

とほほほほ。
本当に、なぜ、いい歳なのにこんな生活を強いられているのか判らない。

あ、そうか、海外旅行に行っちゃうからだ。

でもね、海外旅行は仕事を続ける上で必須の一時逃避なのです。
堪え難い現実を耐える為の。


我々の歳だと、年金ももらえるのかどうか怪しいし、
歳を取っても死ぬまで働かされて、物価や税は上がって、ますます暮らしはしんどくなりそうでいやだな。


この、先行き不安感は、景気回復の大きな妨げになるのではないか?

それでも、高価な物が売れ始めていると言うからびっくりだ。

私の所にも届いて欲しい、賃上げの微風。
[PR]
by leea_blog | 2013-09-05 20:35 | Comments(0)