<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

林檎到着・丸い物はみないとおし

e0016517_18514877.jpg
揺蘭の日嘉さんからの柿に続いて、林檎が届きました!

こちらは、台湾の旅行中、ゲストハウスで知り合った方からの頂き物です。

林檎農家をなさっているそうです。

蜜がたっぷりで美味この上無し。

ありがとう、Kさん!

それにしても、丸い物がぎっしり箱に入っている光景は、
とても愛おしいものですね。



[PR]
by leea_blog | 2014-11-29 18:55 | Comments(0)

太陽を詰め込んだ柿

e0016517_12583089.jpg
揺蘭で骨太の幻想詩を執筆中の、
日嘉まり子さんから、

大振りの柿が届いた。

太陽を箱に詰めたような、かわいらしい柿たちよ!

丸い物が沢山箱に入っている眺めは、癒される。

なぜ丸い物は、こうも愛おしいのだろう。

ありがとう、日嘉さん!


[PR]
by leea_blog | 2014-11-24 13:01 | Comments(0)

詩人と美術家のアートパーティーに向けたパステル画

今は雑念投げ打って、パステル画を創作中。

だんだんノって来ました。

まだ途中だけど、公開。
e0016517_13014357.jpg
e0016517_13015240.jpg

[PR]
by leea_blog | 2014-11-20 13:04 | Comments(0)

11月の高尾山

高尾山に行って来た。

紅葉が見頃と聞いたけれど、
紅葉する木がそれほどなく、
点在、と言う感じだが、

程よい秋感がすばらしく、
とりわけ山頂から相模湖に降りてゆくコースは、
「私は極楽に居るのか?」な心地よさだった。

e0016517_21411527.jpg
土を踏んで歩く事が、日常ではほとんど無い。

都内では、土は買うものなのだ。

ベランダの鉢植えの土さえ、買わなければ手に入らない。

e0016517_21431462.jpg
見よ、城山の茶屋の落ち葉の絨毯を。

落ち葉の絨毯を踏みながら、
美味しい珈琲が一杯200円。

観光客の足下を見ない、良心的な値段設定に感動して、
二杯飲みました。

昔は、「落ち葉焚き」ってやったなぁ。

で、焼き芋を焼いたなぁ。

歌でもあるでしょう?

「垣根の垣根の曲がり角
たき火だたき火だ 落ち葉焚き」

そんな光景、今じゃ無いよ!

e0016517_21464150.jpg
紅葉といっても、こんな感じ。

ちなみに、服装に迷った。

朝夕は冷えるし、昼間は暖かいし、歩けば暑くなるだろうし、
山頂は寒いかもしれない。

ということで、調整がしやすい重ね着で出かけた。

ストールにもなる大判のマフラー、
薄手のコート、
薄手のニット上着、
ちょっと厚手の七分袖セーター、
手首を暖めるロンググローブ。

e0016517_21501249.jpg
弁天橋の手前の橋からの景色。
なんと美しいのだろう。

一日、歩き続けたが、脳内麻薬が出ていたせいで、
疲労感無し。

相模湖駅から高尾駅に着いて、
駅前の飲み屋でとろろ蕎麦定食を頼んだ。

日本酒の品揃えも多く、
一杯、枡酒を頼んだ。

天明という濁り酒で、
低温熟成一年ものだそうで、
美味だった。

翌日は医者の日だったが、
「顔色が良くないですか?」と言われた。

この調子だ。

皆さんも、高尾山へGO!






[PR]
by leea_blog | 2014-11-18 21:55 | Comments(0)

漂流ベッド、広間にたどり着く ノっている時の絵

e0016517_19374508.jpg
絵もスポーツも同じだ。日頃の鍛錬を怠ると、思い通りに体が動かない。

絵がうまく行かないので、うまく行っている時の過去の作品をアップしてみる。

漂流ベッドシリーズで、ベッドが海や川、天空、砂漠を漂流するのだ。

これは広間にたどり着いた所。




[PR]
by leea_blog | 2014-11-11 19:41 | Comments(0)

月の道が開く・ダメな絵の一例

e0016517_18425025.jpg

グループ展に向けて、パステル画を製作中。

のってないから、絵が全くダメだ!
まだ途中だが、これなど
「凡!」の一言しかない!

何という凡作だ。

だめだだめだ、こんなん描いていては。

という事で、苦戦中です。

[PR]
by leea_blog | 2014-11-08 18:46 | Comments(0)