<   2015年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

パワハラ物語・東京労働局の不正・会談の事

平成27年一月十日。

東京労働局の後藤補佐と伊藤厚生係長が私に会いにきた。

会談は、あらかじめ時間を決められて、15分しかないと伝えられた。

三百万近い請求をする立場なのに、私に失礼でしょう?

私の質問状は、局長まで報告が行き、組織としての対応との事。

そうか、局長まで話は通ったのか。

●違法支給の当事者に事実関係を確認する必要は無い
●なぜ違法支給したのかの理由を現在の担当が知る必要は無いし、
私に知らせる必要も無い
●国民に説明する事も無い
●見直しをする事も無い
●私の名誉回復についても回答できない
●当事者責任は認められていない判決だからその為個人の処分をしない、というのが東京労働局の決定
●過失が無いという事で謝罪や名誉回復に付いて組織的に解決できない、つまり解決するつもりが無い
●国民に対しても説明しない

以上が私の取ったメモだ。

国民に、が二回でてくるのは、我々が国家公務員であり、
倫理の問題で重要だと思ったから二度確認してメモを書いたのだ。


凄いですね、違法な支給と分かっていて何ヶ月も支給しちゃって、
過失が無いとか言われても、意味が全くわかりません。

そんな言い分が通るのなら、
雇用保険の失業給付金、これは、失業して本当に困っている人たちが大勢居て、
払われないと分かると、お客様は
「死ねというのか」「どうやって暮らしてゆくんだ」と窓口で粘り強くおっしゃる方が大勢いる。

そうした皆さんに、「あとで返してね」と言って、払ってあげたらどうなのか?
過失無いんでしょう?

何度も言うが、私は当時実家暮らしで、母は年金をたんまりもらい、
家賃収入も有った。
私は貯金が五百万有った。

仮に金が無かったとしても、公務員なら貸してくれる所はどこでもある。
ちなみに当時私は無借金の健全生活だ。


何が悲しくて、違法な支給を依頼しなくちゃならんのだ?
金を扱う係を沢山渡り歩き、実直に業務をこなして来た私のプライドはずたずたになった。



で、国民の皆さんに申し訳ないと思わないのか?

思っていない事が今回の会談で明らかになった。

第一線で真面目に仕事をこなしている職員の皆さんがかわいそうになった。


「寄生獣」という漫画が原作のアニメが放映されているのをご存知だろうか。
人間に混じって、人間の頭を乗っ取った怪物が暮らしているのだ、
それらと、主人公と主人公の右手に寄生したミギーが闘うのだ。

そうか、これは寄生獣の世界なのだな?
人間の心を持った後藤補佐とか、伊藤厚生係長はもう死んでおり、
彼らは乗っ取った怪物、「パラサイト」なのだな????



ところで、当事者の後任の、東京労働局厚生係長に、金林恒子という人が居た。

金林は、当時、私に「林さんなら辞めちゃいましたよ。安治さんでしょう?」といった。
林は当時、辞めるどころかバリバリに在籍しており、林が辞めたのは14年の春の事だ。
すぐバレる嘘で、さすがにまずいと思ったのか、金林に同行していた厚生係の主任が
「林さんはまだいますよ」と訂正した。

このエピソードだけで、ドが付くくらい嘘つきな、しかも一時しのぎな、事態をますます悪化させる性悪な性格が見て取れる。

金林は、私が復帰した後、池袋所に私に会いにきて、池袋所部長、庶務課長と同席の上、
私から事情を聞き、それをメモに残した。

メモと言っても、ちゃんとワープロソフトで作成されたもので、金林、荒井(誰?)とはんこも押してある。

これが問題で、
私の生活の為に「違法支給を善意」で行った事にしたいのに、

実は私には五百万以上の貯金が合った事を、彼らはあとで知った。

私の生活の為に違法に支給したはずなのに、辻褄が合わなくなってしまう。

で、金林は、私からの聞き取り文書のなかに、
私の発言として、「貯金は生活の為に取っておきたかった」と一文を挿入したのだ。

それを見せてもらった。

見た!

確かに有った!

金林。文書まで偽造しちゃうんだな?
犯罪じゃないの?

で、伊藤係長はそれを見せてくれたが、
コピーも転記も許してもらえなかった。

理由は「メモだから」。

私の発言の記録なのに、
メモだとなぜ写しを取れないのか、
私は頭が悪いので、理解が出来ない。

が、確かに見た、捏造文書。


金林は、当時、
私が「なぜ違法な支給をしたのか本当の事を教えて下さい」と懇願すると、
「本当の事を知るともっとショックを受けますよ」と笑みを浮かべながら言った。
教えてもらえなかった。

本当は、何が有ったの?

なぜ、組織ぐるみの違法支給が、
金銭の違法支出が御法度な労働局で行われたの?


私からの聞き取り文書が有るという事は、
支払った側に、つまり金林の前任者、
私はそれが誰なのか名前を教えてもらっていないが、
その人達から事情を聞いた文書も有るに違いない。

私の、名誉回復の闘いは始まったばかりだ。
[PR]
by leea_blog | 2015-02-11 18:58 | Comments(0)

職場復帰一日目。台湾パワーに救われる・人形劇の事


e0016517_20375563.jpg


職場復帰の一日目を終えた。

死ぬほど疲れているかと思いきや、
なんとかクリアーできた。

金銭の心配が減るのは、大変開放的だ。

何しろ、休職中は、本当に大変な節制生活だったからなぁ。

で、問題は、10日の労働局との会談が待っている事だ。

どうせまともな返答はしないのだろうから、
また寝込む可能性が。

が!

ここの所私を支えてくれているのは、やはり、台湾パワーなのだ。

一月の台湾旅行は、埔里、高雄、台北と巡った。

十日滞在した台北では、ともかく忙しかった。

朝六時に起きて、台湾の人気人形劇番組、霹靂PILIを観て、
七時半からホテルの朝食、一休みして、
北投温泉で湯治かマッサージ、夜は六、七時には風呂に入り、九時から十時半までまた霹靂を観る。

そんな事を繰り返し、
ともかく霹靂を観るのと体調を戻すのとに重点を置き、
大して遠くない烏来温泉まで行く余裕も無かった。
慌ただしかった。時間がなかった!

闘病だけでは、人間、疲れてしまう。

喜びが無いと。

私に歓びを与えてくれたのが、
伝統芸能である布袋劇を進化させたテレビ番組、霹靂シリーズだった。

これが、もう物凄く長ーく続いているシリーズらしい。
観終わらない夢なのか?

でね、日本でも、ネットで霹靂が観られますよ、と
ホテルのスタッフさん(今回は居なかった。転職したのか?)が教えてくれた、
中国のサイト。

観られる事は観られるんだけれど、台湾語でやっている霹靂を、
中国語で吹き替えしているのだ。

これが全く頂けない。

伝統芸能である布袋劇は、一人の人が声色を使い分けるのだ。
で、実際、それほど使い分けられていないのが、実は大変味わいがある。

一人一人に声優が付いちゃ、あの味わいは出ないんだよ!!!!!!

女性が女性人形の声をやっちゃダメなの!男が全部やるの!

でも、中国語吹き替えで、女だと思い込んでいた人形が実は男だと分かったり。。。。

台北は東京に比べて広いとは言いがたいが、
台北にはガイドブックに載っているだけで、
二つの人形劇博物館があり、
一つのミニチュア博物館が有る。

人形劇は、民衆に大変支持されて来た、根っこが有るのであります。

まぁ、語ると長くなるのでまた別の機会に語るとして、

そんな、台湾の伝統芸能で、
ながーく台湾の人々に支持されて来た布袋劇、
それにハマって、

人形が欲しい!と七転八倒するぐらい欲しくなったのだ。

待て!
わたしよ、わたしは今年こそ詩集を出すのであろう?
そんな高価な人形を買う金を、どうやって工面する?
ただでさえ休職して転地療養で大幅に赤字なのに?

そんな理性の声をたやすく突き崩すほど、
主要人物の素還真(そぉがんじん)に惚れてしまったのだ。

これが、霹靂のシリーズごとに微妙に髪や顔が違って、
色々なヴァージョンがある!

私が惚れちゃったのは、轟定干戈に出ていた素還真。
画像貼っておきますね。

か、かわいい!

顔の輪郭も、優しげ。

あああああ、もう駄目だ、と叫びたいくらい、このヴァージョンが欲しい!

そう、生きる欲が出て来たのだ。
金を稼ぐ欲が出て来て、
仕事に復帰できて大変嬉しいと感じる。

東京労働局の対応次第でまた寝込むかもしれないが、
闘う決意が新たになったのは、この台湾パワーのおかげである。

先日の、諸隈の対応に、負の脳内物質が沢山出た訳だが、
素還真の画像を眺めていると、欲しくて欲しくて、
頭が切り替わる。

恐るべし、台湾。

行くたびに新たな面が私を魅了する。


ちなみに、最初はニュースでも観ようとホテルでチャンネルを触っているうちに偶然観た霹靂。

どのチャンネルでやっているか、分からなかった。

街に張り出されている素還真のパネルをスマホで撮影して、
台南のホテルのフロントで、「この番組を知っていますか?」ときいた。
教えてもらったのが、霹靂台湾台、というチャンネル。

ホテルのテレビチャンネル案内には載っていなかったが、
「11チャンネルで観られると思います」と教えてくれた。

で!

観たら、これが凄いんですよ。

毎朝六時から七時半まで、月曜から金曜までやっていて、
昼はさすがに外出するので飛ばして、夜だけど、
夜の九時から、朝のとは違うシリーズが、月曜から金曜までは一時間半、
土日はさらに別シリーズが二時間、つまり毎日長時間拘束されちゃうんですね!

仕事持っている人は、
録画したとして、観きれないじゃない?

学生だって、勉強する時間が無くなるじゃない?

どうなっているのだろう?????

現地の霹靂ファンは、じっさい、どうやってこの長時間拘束をクリアしているんだろう?????

日本なら、ハマる番組が有ったとしても、せいぜい一週間に一度くらいでしょ?

毎日だよ、毎日?
日本だったら毎週三十分で終わる連載を、毎日繰り出されてごらんよ。
はまったら時間が無くなるよ。

そのような訳で、台湾で霹靂グッズを買いまくり、
人形も欲しいとだだをこねる私の、
仕事復帰一日目は、無事終わったのでありました。
[PR]
by leea_blog | 2015-02-02 21:22 | Comments(0)