<   2017年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

バレンタインデーはチョコの祭典




2月14日は、

バレンタインデーで、

この時期、都内のデパートでは、

特設会場が設けられ、

普段は手に入らない高級チョコレートが

ここを先途と並べられる。

女性たちが押し寄せて、

売り場は汗ばむ程の熱気である。

ベビーカーを押した人が居り、

子供連れかと思ったら、

ベビーカーに赤ちゃんは乗っておらず、

代わりに、

各店で買ったチョコが山積みになっていた。

買い出しに来たのだろうか?



商戦に踊らされてはならじ?

いやいや。

高級チョコレートがこんなに並ぶのは、

一年でもこの時期だけですよ。


ショコラティエの作ったチョコは、

味がまったく違いますよ。


バレンタインデーの商戦だと思うとつまらないけれど、

「チョコレート祭」だと思えば良いんですよ。

実際、殆どの人が自分へのご褒美用に買う。


と、いうことで、

友人と繰り出して、

各店をじっくり吟味し、

友人の息子さん用と、

自分用に、買った。



家に帰って気づいた。

あげる人が、うちには二人いるではないか。


自分用に二つ買って良かった。


と、

素還真と宮無后にチョコを渡した。



翌日。

「人形の君たちにはチョコは食べられないから、

私が代わりに食べてあげるね〜」

といいつつ、

チョコを回収しようとすると。


素還真はもちろん素直に渡してくれたが、

宮無后は両手で抱えているので、

どうも回収しづらい。


e0016517_20511196.jpg

しかも、チョコレートの黒の袋が、

紅い衣と白い肌にばっちり似合っており、

更に回収しづらい雰囲気になった。


画像のような充足したような表情をされると、

本当に回収しづらい。


もうしばらく持たせておこう。。。。












[PR]
by leea_blog | 2017-02-15 21:14 | Comments(2)

人形の不思議・崩壊してゆく胡蝶瓶



ウチに居る宮無后人形だが。。。


宮無后を家に迎える前に、

胡蝶瓶を手に入れてあった。


大宗師の元で、宮無后が、蝶を瓶の中で飼い、

自由を奪われて愛でられながら死んでゆく胡蝶に、

自分の身の上を重ねていた、あれである。


一年以上を経て、

紆余曲折の末、

宮無后を家に迎えて、

胡蝶瓶を持たせてみたら、

どうもしっくり来なかったので、

放置していた。



そこまでは良いのだが、

胡蝶瓶は、

日増しに崩壊して行くのであった!!!!!


e0016517_10444765.jpg
取っ手が取れ、飾りも剥落していく胡蝶瓶。瓶の左手に、

剥落した飾り。


うわーーーー!

ひどい。

こらー!メイド イン 台湾!

台湾の人よ、もっとしっかり作ってよ!


最初の内こそ、剥落した装飾を接着剤で付け直していたが、

追いつかないので、

放置してあるが、

日増しに崩壊してゆくのであった。


りーあ「それなりのお値段したのに、酷過ぎる」

素還真「公主の家に迎えられたので、

    宮無后さんには、もう胡蝶瓶は必要がない、

    という事でしょう。

     胡蝶瓶は、過去の哀しい思い出に過ぎないのでは」

りーあ「確かにねえ。。。。

    それにしても、あからさま過ぎる崩壊振り。

    無后を迎える前はこんな事は無かったのに」

不思議である。



e0016517_10530370.jpg
せっかくだから、記念に胡蝶瓶を持っている所を撮影。

e0016517_10544786.jpg

瓶の中の胡蝶を取り出して、肩に止まらせてみた。

満足そうな表情です。








[PR]
by leea_blog | 2017-02-12 10:58 | Comments(2)

新婚生活

e0016517_19410153.jpg

お布団の上で待っている宮無后


宮無后「お帰りなさいませ。

    お風呂になさいますか?

    ご飯になさいますか?

    それとも、無后になさいますか?」



私の社会復帰の力になってね、とお願いしたら、

早速サービスを開始してくれる宮無后。

いい子だな〜。




[PR]
by leea_blog | 2017-02-07 19:47 | Comments(2)

違法支給物語・中村庶務課長とのやり取り


掛り付けの医師から、
労働基準監督署に行って相談する事を課題に出された。

局の厚生係が、
私の労災申請予定に対して、
「通らないから出しても無駄だ」といった内容を、
庶務係長を通して通告して来たためだ。

私の職場をご存知の方は、

「監督署〜?

行って何の効果が?」とお笑いになるであろう。

もちろん、医師も特に効果があるとは思っていないだろう。

まあ、練習のような物だ。

まあ、軽い嫌がらせにはなるかもしれない。

これくらい行けなくてどうする。

とか言いながら、

正直、パワハラとかセクハラ被害は、

何も知らない第三者に一から説明するのは、

精神的にセカンドレイプのようなものだ。

まだ行けていない。



そうこうするうちに、

職場の庶務課長と早急にやり取りしなければならない事があった。

ついでに、

先月庶務課長がクリニックに医師の話を聞きに来たときの話だが、

その後、どうしたのかを、聞いてみた。

もう2月だよ。

理解に時間が掛かるので、

メモとしてアップしておく。

相変わらず、言っている事がよくわからない。

具体的に、とか、

詳細に、とか、

こちらが言っているのに、

なぜそう返って来るのかよくわからない、

まったく具体的ではないし詳細も分からない返しである。



ーーーーーーーーー



中村庶務課長様

先般、クリニックにお越しの際に、
医師は庶務課長様に
独断で判断せず、
上司の部長様に計るように伝えた、との話を
医師から聞きました。

計っていただいたのでしょうか。
その詳細について、
医師に報告しなくてはなりませんので、
早急にお知らせ下さい。

現在の所、医師には、
「中村庶務課長様からはそれについて私に何の話も無い状態である」
と伝えてあります。

日数も経っており、

よろしくお願いします。



西野様

お世話になっております。

先般、先生とのお話しの中で「上司へ報告」の話があり、酒井部長と相談はしております。

酒井部長からも、「今までの回答及び、今後の見解についても変更はなし」との意見をもらっておりますので先生にもお伝えいただけますでしょうか。

よろしくお願いします。



中村庶務課長様


>「今までの回答及び、今後の見解についても変更はなし」

済みません、ちょっと意味が分からないのですが。
これまでには殆ど回答を頂いておりませんし、
今までどのような見解だったのかすら、
お聞きしていないと思いますが。

もしかして、医師に、
「西野には回答・説明済み」とでも
おっしゃったのですか????

事実と異なるような事は、言わないで下さい。

上記、早急に、具体的にお願いします。

なお、私がこうして休職している事により、
私の生涯賃金には膨大な損失が生まれている事を、
再度書かせていただきます。

なお、医師の勧めも有り、
復職後は労災申請をあげる予定です。

中村庶務課長様、
管理部長様とのこうしたやり取りも、
具体的に申請資料に添付する予定ですので、
よろしくお願い致します。

西野



西野様

お世話になっております。

以前お答えした内容です

・「私個人からの意見を述べることは控えます」

・「適用課職員・相談員へは体調不良により休職していることを説明しています」

この見解については変更ないという意味です。



中村庶務課長様


上記二つの点だけですか?

何に対して
・「私個人からの意見を述べることは控えます」
なのですか?

分かるように、過去のやり取りから引用をお願いします。


判決文と林安治の口頭陳述を読んですらいない人が、
個人の意見とか、ちょっと言っている意味が分かりません。

・「適用課職員・相談員へは体調不良により休職していることを説明しています」

体調不良と説明していると言ったり
神経衰弱と説明していると言ったり、
一体どちらなんですか?
西野
ーーーーーーーーーーー

この後、お返事が無い。









[PR]
by leea_blog | 2017-02-06 17:54 | Comments(0)

遊園地のイルミネーションと人形愛


日曜日。伯父の一周忌、無事終了。

遠出の予定をクリアすると、

ほっとします。

都内なので、

遠出と言う程でもないのですが、

新宿より遠い所は、遠出だ!



金曜は、バスツアーでよみうりランドの夜景イルミに行って来ました。

昨今、冬の夜を賑わせるイルミネーションですが、

ちゃんとしたものを観たのは、今回が初めて。

よみうりランドのイルミは、

広い範囲に多彩なイルミが広がり、

心が洗われました。

「ええ〜?イルミって、カップルで観に行くイメージがあるけど」

とおっしゃるあなた。

そんな事はありません。

大人の同性同士も、

童心に帰れます。

e0016517_17475610.jpg
遠景をご覧下さい。

広い範囲にイルミが広がっております。

撮影場所の背後にも、イルミが広がっています。

e0016517_17495762.jpg
こんな感じの光の通路があったり。

e0016517_17511485.jpg
光の色が変わります。

e0016517_17524834.jpg
地面にも光が広がっています。

広いので、

休憩無しで取り敢えず一周するだけで、

一時間半くらい掛かります。

時間は多めに作った方が良いでしょう。

冬の夜は寒い事は寒いですが、

広いし、景色が変わり続けるため、

飽きずに歩けて、歩くと体が温まります。

出来ればじっくり時間を取って、

コーヒーなどを飲みつつ楽しめると良いですね。


ところで!

案内のパンフレットをみた私は驚愕しました。

「恐怖迷路 迷いのマネキン想庫」というアトラクションがあるのですが、

説明に、

「捨てられたマネキンたちの哀しみにより呪われた廃倉庫。

隠された謎を集め、脱出をめざそう」

と、書いてあるのです。


何それ〜。

人形愛にどっぷり浸かった私としては、

「それって、恐怖じゃなくて、可哀想過ぎる設定でしょう!!!

悲しくて悲しくて、泣いちゃうかもしれない」

と、驚愕したのですね。



工場で機械的に作られて実用一辺倒で使用されたマネキン人形が、

哀しみの感情を持つとは、

あまり思えないのですが、

哀しみの感情を持っているのだとしたら、

可哀想過ぎる。

そういう人形が、沢山迷路に詰め込まれているらしい。


うう〜。

入ってみたい!

どんなアトラクションになっているのか、

凄く気になる!!!!


しかし、バスツアーのため、

入場する時間はまったく無し!


イルミネーションも素晴らしかったし、

恐怖迷路も気になりまくりなので、

再訪を企てています。

エスコートしてくれる人を、

年齢性別不問で募集中。
















[PR]
by leea_blog | 2017-02-05 18:08 | Comments(2)

発熱と人形の生霊


昨日から発熱した。

金曜日と日曜日は、

どうしても出かけなければならない用事がある。

熱を下げなくてはならない。


湯たんぽを抱いて暖かくしてずっと寝ていた。

今日起きると、

汗をびっしょりかいていた。

寝具が寝乱れて、凄い事になっている。

汗がこれだけ出れば、

峠は越した。


ところで。

熱にうなされた私の元に、

夢とも幻覚ともつかぬものが訪れた。


「寝ている私の胸元に、

人間よりも一回り小さく、

人形よりも一回り大きい、

色の白い、長い髪の、女の子のように美しい男の子が、

そっと頬を寄せて、

眼を閉じて、吐息をつくのです。

肌はきめが細かく、

うっすらと白粉を刷いていました」。



うむむ。

りーあ「ねえ、素還真。これ誰だと思う?」

素還真「公主は欲求不満だとおもいます」

りーあ「。。。。。」

素還真「冗談です。
  
    宮無后さんの生霊でしょう?」

りーあ「そうよねえ。」


人形の生霊。

短編小説が書けそうである。

メモとして残しておく。










[PR]
by leea_blog | 2017-02-02 17:02 | Comments(4)

陋屋日記・人形愛に傾斜して行く日々



住民税の案内が来た。

住民税は、

前年の収入を元に計算されるので、

収入が途絶えた時に注意しておかないと、大変だよ、と、

よく耳にした。


本当に大変だった!

金額に度肝を抜かれて、

問い合わせの電話をした。


一月から五月までの分を収めなくてはならないとの事で、

要は、先払いだ。

後で人づてに聞くと、

払えない人は分割払いにも応じてくれる、との事だったが、

そういう事を知らない私は、

かき集めて払った。


一月分の厚生年金と、

健康保険の請求も来た。

金額の計算方法が、

実際の収入に基づくのではなく、

「普通に働いていたら、この金額になる」というものなので、

痛手である。


ちゃんとした人なら、

この手の出費は想定内で、

「より節約に励む」のであろう。

私はこういう出費でお金がなくなるストレスがあると、

「節約なんかしても、無駄だ。

貯金したところで、

こんなに持って行かれてしまうのだ。

いくら節約した所で、焼け石に水過ぎる」

と、感じてしまう方である。


うーん、高すぎるでしょう、住民税。

厚生年金も、健康保険も。


普段、私は、給与明細を、詳細に見ない。

額面と手取りの落差を見ると、

真剣に意気消沈してしまうためである。


それらが、ちゃんと使われているのなら、

国民の義務感も湧くのだが。



必死に、大金を?振り込み終わり、

人生お先真っ暗な気分で夜を迎えた。



台湾のSさんから、

中国の人形屋の、宮無后情報があった。

画像を見て、

魅せられた。


ウチに居る宮無后は、

黒目の部分が大きくて可愛い系だが、

それは、美人系であった。

帽子を被っている正装版と、

帽子を被っていない普段版の、

二人いてもいいな、と常々思っていた所だった。


魅せられた、とあっさり書いているが、

「脳に直接活性薬を注射されたら、きっとこんな感じ」という位、

いきなり頭が活性化した。

自分でも驚いた。


私にとって、

宮無后人形と言うものは、色々な点で、

特別の存在である。

素還真も、多くの点で、特別だが、

宮無后は、人生史上初、の特別さである。


私は職場のパワハラで、心を病み、

強度な自殺願望を患っていた。


自殺願望は、何かの魔法かと思う位の一連の出来事で、

消えて行ったが、

「自殺しないで良かったと思うか?」

と人に聞かれれば。

「いいえ。死んでないから生きているだけ」

としか言えなかった。



が。

宮無后人形と毎日接するうち、

江戸川乱歩の短編、

「人でなしの恋」のような、

人形愛が内部に育まれて行った。


単に人形を愛でるなら、

経験はある。

しかし、人形愛は、

これまでの人生で、初の体験である。

素還真は友達人形だが、

宮無后は、ちょっと、言葉に変換しかねている。


そして、根が深い事に、

宮無后は、

私の表現者としてのテーマにも、

深くからんだ設定なのである。



私の作品に、

「人さらい」シリーズがある。

宮無后は、

「異界にさらわれた子供」、その後の一つなのであった。

そして、私の創作テーマと密接に関わりながらも、

絶対私では描かないような、キャラクターなのである。


私の心に様々な神話的な作用を及ぼしながらも、

台湾の人形屋で約束通りに出来上がって来た素還真と異なり、

宮無后は、

長い納期が来ても、出来て来ず、

更に待たされ続け、

督促すると、

とうとう人形屋から

前金の返還を申し出られてしまった。


台湾のSさんのご尽力で、

返還された前金を元に、

別のルートで確保。

私は大型台風襲来で台湾中の交通がストップする中を、

迎えに行ったのであった。。。。


言葉も習慣も分からない私にとって、

宮無后人形は、

「あ、あの、お金なら払います、売って下さい」と言っても

手に入らない存在の象徴の一つであった。

それが、手に入った。

お金では換算出来ない、価値である。




そもそも、

人形劇の人形が、原寸サイズで売っている、など、

まったく想像もしていなかった!

台湾人形劇PILIの人形たちの特別なところは、

実際に動かす事を前提に作られている、という点だ。

これは、観賞用に作られた通常の人形とは、

人形作家が込めた魂の種類が異なる。


と、いうことで、


長く生きていると、

今までに無い経験がまだまだ体験出来るよ、とは、

言えるようになった。






[PR]
by leea_blog | 2017-02-01 13:55 | Comments(0)

人形愛・冬限定バージョン

e0016517_12574627.jpg


素還真「無后さん、良い事を教えてあげましょう。

    公主は、毛皮フェチです。

    毛皮をまとっていれば、

    公主がほおずりしてくれる面積と時間が、

    三倍くらいになるはずです」


e0016517_12575129.jpg

宮無后「暖かい。。。。スベスベする。。。

    これはこれで、

    公主がほおずりして下さらなかったとしても、

    何だか気持ちが良い。。。。。」



[PR]
by leea_blog | 2017-02-01 13:03 | Comments(3)