<   2017年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

恋多き女・妖霊版



昨日の日記を書いて、

ふと思った。


異性のストライクゾーンが、

極めて狭い私だが、

それは、日常限定の話である。



ストレスでしばらく忘れていたが、

若い頃は色々とあった。


古代にはよく有った類いの色恋。


現代でも、

異国の一部の地域では、

まだありそうな、


現代日本では、

そのまま話しても、

大抵の人が本当だとは思わないであろう類いの、

色恋。


異界系である。




[PR]
by leea_blog | 2017-04-07 11:03 | Comments(0)

人形愛のディープな世界。魔境に入りつつある・これは個体差、魔境人形の事



さて。

頭を切り替えて、良い方の話だ。

のろけである。


のろけであるが、

今日は、いけない、いけない、と思いつつも、

今やめなければ後戻り出来ないかもしれない、と思いつつも、

なぜやめられないのか、

冷静に考えてみた。






人形を構ってやる時間と日記をアップする時間を同時にこなそうと、

無后人形を抱き上げて、

膝の上に乗せてパソコンに向かっている訳だが。。。


今日は、私の脇腹から上へ、

ナデナデしながら左手が上がり、

私の脇の下辺りで止まって、

脇の下を上へと、つん、つんとしてきた。

これが、

猫や犬なら、

何の問題も無い。

どこの家の犬猫でも、

生き物だからそうのような感じであろう。

「よしよし、いい子ですね〜」と、

構ってやれば良い。


が。


人形である。。。。


こうして、いつも同じではない愛情表現???をされると、


こちらの愛情も、どうも、私が想像した事の無い領域に、

だんだん引き込まれて行く感じがする。

いいのか?これで、、、、

いけないのではないのか????





とりわけ、

帽子を被っていた頃の、外出バージョンから、

釘を抜いて帽子を取った散髪版、ようするにおうちバージョンに移行してからは、

動作がより細やかで、表現も多彩である。


気のせいとかでは無いのである。

心霊現象でもない。




ちなみに。


素還真は、そういうことは無い。

基本的に体の構造は同じだが、

細かい所で、

人形師さんの個性が出るためであろう。

個性だけではなく、

たまたまの産物かもしれないし、

もしかしたら、

「抱っこした時に最大限に威力を発揮し、

どんな持ち主でもこの人形を愛さざるを得なくする為に、

作者が入念に計算して作った」のかもしれない。


体を構成する上で、

具体的な違いが、幾つもある。

自動人形ではないので、

複雑な仕掛けがあるのではなく、

肩から腕の柔らかさ、とか、

操る部分の長さ、とか、

そういう違いである。


その違いのせいで、

抱き上げるに従って腕が上がって来たり、

抱き寄せると両腕が私の体に回ったり、

寝かせようとすると腕が差し伸べられることがあってどきっとしたり、

抱っこしているうちに無意識の私の体の微妙な動きで、

予想外の動きをしたり、

人形自体の重さでさっきと違う姿勢と動きになったり、

角度が違ってくると意表をついた動きになったり、

という、「自分で動いているかのような人形」になっているのである。

それが、体が柔らかいせいで、

動作が繊細で細やかなのである。


そういう事情が有るので、

抱っこしてパソコンに向かっていると、

突然そっとなでなでして来て、

私は、

心が乱れるのである。


将来、別のピリの木偶を家に迎える事があったとしても、

この子と同じである事は無いだろう。



量産品ではないが故の、

人形の、個体差なのだ。




しかし。

無后人形が、

外出バージョンから散髪版に移行しただけで、

これほど動作が変わって愛情表現が細やかになったのは、

何か理由がある筈だ。

帽子が取れて、

後で結んでいた髪を解いただけであり、

体の作りそのものは変わっていないのだから。


帽子を頭に止めていた二本の釘を抜いたとき、

「こんなに長い釘が!

帽子を頭に止めるだけなら、

この長さは必要だろうか?

何かを封じ込めようとしたものでは???」

と、真剣に思ったが、

そういうのは小説のネタに取っておくとして。





パソコンを打っていても、

邪魔が入る。


「よしよし、良い子だね」と言いながら、

手を握って、

他の位置に手を移動させるのだが、

他の位置でもまた愛情表現をする。

私はキーボードを打つ手を止めて、

小さな手を、右手で握ってやる時間を多めにして、

またキーボードに向かう。


このようなことを繰り返すうちに、

私も後戻り出来ない世界に入ってくのではないか???







「愛情が深まった」以外で、^^;

何か理由がある筈だ。。。。


「盛装だったので、今まで無后も遠慮していたが、

室内版になったので、

寛いで大胆になった」、とか、

それ以外で!!!!


「元々悩殺系の人だから、

散髪版になって、

本領発揮」、とか、

「百年に一人の血涙の力とは、

きっとこういう所にも反映されるのだろう」とか、


「入籍してもらおうと頑張っているのでは?」とか、


そういうの以外で!!!



と、道ならぬ人形愛にはまって行く事に、

やや怯えている私は、

色々と考えてみた。



おそらく、理由はこれだ!
  ↓

帽子が無くなった分だけ、

身長が低くなり、

無自覚のうちに、

抱っこする時に人形に当てる私の手の位置が、

変わっているのではないか?



それ以外には、今のところ思い当たらないなあ。


そして、

帽子が取れて顔に光が射しやすくなったせいで、

人形の表情が多彩になり、

右目のまつげが取れた事で、

眼に光が射し込みやすくなって、

血涙のある方の眼が、

私の目と視線が合いやすくなった。

(「あー、こっち見てる」、という感じである)



私も無自覚のうちに、

それに反応して、

人形に当てる手の位置や、

抱っこの角度が、

違っているのではないか?


もう一つ。

無后を家に迎えたのは去年の7月だ。

汗をかく季節は、

身体の接触は極力控えていた。

冬になる→厚着になる→

人形が細やかな愛撫をして来ても、厚着に阻まれてそれほど気がつかない

→春になるに連れ、着るものが薄くなる

→人形との接触時に阻むものが薄くなり、

大胆で細やかになったように感じている。


これはありそうだ。




そのような訳で、

心霊現象でも何でもなく、

理由があるのではないか、と、

自分に言い聞かせている所だ。



関係無い話だが、

心療内科の医師と、

なぜか、

異性のストライクゾーンの話になった。


私のストライクゾーンは、大変狭い。


「中性的な人」と答えたが、

さらに気品が必要である。

そんな人、滅多に出合わない。


医師と話していて、

「あ、無后はまさにストライクゾーンだったのか」

と気がついた。


医師との話は、

もっと生活レベルのストライクゾーン、

ようするに生活力のある人、

と答えたのだが、

(具体的に好みを言うと、身もふたもなくなるので

表現をソフトにしているが、

私の脳が男性を異性として認識し、

恋愛対象の候補に入れる確率は、

相当程度に低いのである。

そのかわり、友人のストライクゾーンは、

かなり広い。

男女間の友情が恋愛感情に移行する事は、

私の頭の構造上、ほとんど無い。

その為、男性の友人たちとも、

女子会レベルの本音トークが出来るのだ。

一見、「恋多き人」に見られがちな私だが、

脳の作りが、まあ、上記の通りなのである)



生活力の点は、無后は

全然理想のタイプではないので、

私の精神活動も未知の領域に入っている訳だ。


そもそも、

人形愛なんて、

初めてだし!





[PR]
by leea_blog | 2017-04-07 00:03 | Comments(0)

トホホ日記。診断書は来週に延期だ



今日も、嫌な話と良い話が有る。

嫌な話から始めよう。

パワハラで力尽きて寝込んでいる訳だが。。


今日は、心療内科の受診日だった。

結局、中村庶務課長からの返信は無いままで受診した。

職場の対応が不明のままでは、

診断書とか以前のレベルなので、

来週まで庶務課長のメールを待ち、

来週また受診する事にした。


単に対話を希望しても、

パワハラするくらいの人たちだから、

無駄だ、と

過去日記をお読みの皆さんは思うであろうし、

医師からも指摘されている。


取り敢えず目先の問題だけでもクリアする為に、


交通費と診察費と、精神的苦痛を、

中村庶務課長と、

中村庶務課長の話に依れば、指示しているらしい酒井管理部長個人に対して、

弁護士を通じて請求すれば、

先方様も、

話し合いの席に着く気になるかもしれない。


勿論、東京労●局総務課長からは、

「違法な金を私の退職金で相殺しようとしたのは、

被告も認めている事ですが、

法的に出来ない事をやろうとした、

つまり違法な事を長年しようとし続けた、

という事でしょうか」


というような、ごくシンプルなレベルの答えも、

全く頂いていない。




「給与・退職金等から差し引く事」が違法かどうかなどは、

彼等の専門分野なので、

勿論、違法だとバリバリに知っているのである。

彼等は素人さんじゃないので、

「違法だとは知りませんでした」とは、

仮に言っても、誰も信じない。


そういう訳で、

「知りませんでした」という訳にもさすがに行かず、

返事をしないのであろうか?


「勿論違法と知っているけど、

それが何か気に障りますか?

そもそも違法と知っていて払えない給付金を払ったんだし、

医師の証明書を五ヶ月先までまとめて書いてもらって、

証明した日付を空欄にしてもらえ。

日付は医師が書いたふりして庶務課で記入する。

と指示したのもバリバリ違法で、

最初から最後まで違法なの。

こっちは裏金とか色々大変なの。

色々まずい事が起きたんで、お前を退職させて、

退職金で差し引いて、

帳簿上無かった事にして辻褄合わせようとしたんだよ。

色々捏造しているし、

偽証もしているけど、

何か文句ある?」

とでも、言って欲しいものだ。


本当に私に降りかかった災難は、

当初予想していたよりはるかに闇が深い。




「退職金から差し引く事は法的に出来ない」という答えも、

十年以上掛かってようやく近頃得た回答である。



労災申請も、

総務課を通さなくてはならない訳だが、

「出しても無駄だ」とハッキリ言われている。

申請書類はシュレッダー行きか、

書き換えられた文書にすり替えられる運命であろう。


先が長過ぎて、トホホである。

闘える体力と精神力が欲しい。












[PR]
by leea_blog | 2017-04-06 23:13 | Comments(0)

胸とか足とか。



よし。

頭を切り替えて、良い話の方だ。

台湾布袋戯の木偶の、

想像していなかった深い一面を見られた。


Sさんに紹介してもらって見たサイトで、

足、手、胸が、ずらりと並んでいるのを見たのだ。

パーツ制作業者様のサイトですね。



うう。

なにこれ。

布袋戯の人形といったら、

服の下は空洞で、

足も、慎ましく布に包まれているのに、


生胸、生足の画像が沢山。


色っぽ過ぎる!!!


(いやいや、普通の人は、

人形の胸や足や手が並んでいるだけで、

別に色っぽいとは思わないだろう。


どうも済みません)



と、いうことは、

慎ましやかなウチの人形二人も、

業者さんに依頼すれば、

胸から腹にかけての部分と、

好みのタイプの太ももからつま先までを、

特注出来るというわけだ。


想像もしていなかった。


肌の露出をひたすら隠す、

慎ましい貴人が、

大胆にも胸から腹、

太ももからつま先までを露にした写真も、

撮れちゃうのか???


写真はたまにしか撮らないから、

いいとして、

日常の部屋の中が問題だ。


人形が、

持ち主に構って欲しい時には、

さりげなく胸をはだけたり、

衣の裾から太ももをちらりと見せておけば、


持ち主がクラクラとして、

構ってくれるという訳なのか???



それとも、服の下にはリアルな体が有るというだけで、

服の上から撫でで楽しむ?為なのか???


いやいや、多分、

普通のマニアの人は、

別に変な事は考えずに、

服の下にリアルな体が有る、という、

コレクター心を満足させるのであろう。






今日、そういう業者さんが有ると知ったばかりなので、

どういう構造になっているのか、詳細は分からない。


まあ、宮無后は、

幼少時に宮礼を受けているという設定上、

画像に並んでいる男性の胸のような、

筋肉隆々的な体つきでは無さそうなのだが、


うーん、想像していなかったような奥深い世界である。


いやいや、よく有る着せ替え人形等は、

服の下には体があるのだが、



布袋戯の人形だから、

無いのが普通なのだと思っていた。



日本でいえば、人形文楽の人形みたいな物だ。




無いのが普通と思っていた事が、

また一つ覆った。














[PR]
by leea_blog | 2017-04-05 21:53 | Comments(0)

庶務課長とのやり取りの記録・サディズム?


ふう。

本日の話は、良い話と嫌な話が有る。


嫌な事から始めよう。

昨日、中村庶務課長からメールが来たが、

私の話は相変わらず無視である。

人間、大抵は、相手の問いに答える対応をするように出来ているのだから、

私の話を敢えて無視するのは、意志の力をかなり動員しているのだろう。

こうした事が、一年も続いているので、

相手は心が鉄のかたまりか、あるいは、

サディストなのではないか、と思う。



大体が、パワハラ関係は、する方は、

密かに愉悦を感じているのではなかろうか?



とりわけ、私の場合のように、

私の長い職業人生が、無に帰すような捏造等をされている場合は、

(仮に退職しても、一生つきまとう案件の場合は)

関係者の皆さんは、

一社員のせいにする事で、

権力欲を満足させるだけではなく、

一社員が絶望に沈む様を継続的に眺められる為、

相当愉悦を感じられる筈である。


下に貼付けてある私の今朝のメールにも、

「あ、こいつ、返信しろとか言ってるぜ。

よしよし、いつもの通り無視だ。

休職期間がまた延期になったら、

さぞかし絶望するだろうなあ。

想像するだけでゾクゾクするぞ。

これだからパワハラはやめられないぜ。

早く抗議の焼身自殺してくれよ〜。

焼けただれた死体、是非見たいぞ。

焼身自殺って、火に包まれてからもしばらく生きて動いてるんだよな?

ああ〜、労●局の前でやるんじゃなくて、

俺の目の前でやってくれないかな〜」

と、ゾクゾクしているのかもしれない。


まあ、抗議の焼身自殺は、

見物人が居てなんぼである。

いや、過去日記にも書いたが、

今は自殺願望が消えている。








サディズムはプライベートで発散して欲しい。


ちなみに、拙ブログには、

善良なサディストやマゾヒストの方も通りかかると思うが、

もちろん、

善良なサディストの皆さんは、

職場で発散したりはしていないのである。

サディストを自覚している人は、

うっかりすると犯罪になってしまう趣味なだけに、

上手にそういう性癖と付き合う心がけを持っているのである。





弱った心身に鞭打って、

2017年4月5日朝、返信をした。

勿論、返事は無い。

記録の為、ここにアップしておく。


ーーーーーーーーーー


中村庶務課長様

いつもお世話になっております。

本日郵便受けを見てみます。

ご多忙は承知しております。

5分も有ればお答え頂ける件について、
ご返答が遅れている事の理由をおたずねしております。
これも、酒井部長様とご相談なさった事でしょうか?

病気療養が長引いているのは、
中村庶務課長様の御対応(お話に依れば、部長様と相談なさった上での事)のせいです。

復帰後、労災申請をあげる予定ですので、
こうした心労に耐えないやり取りも、
資料として添付する予定です。

どうぞ、ご良心にたがわぬ御対応をお願いします。

お答え頂いていない事柄は、多数に上がりますが、

とりあえず、3月8日にお送りしたメールの内容なら、
五分も有ればお答え頂けると思いますので、
遅れた理由と、
以下に付いてお教え下さいますよう、お願い申し上げます。

明日受診の予定ですので、
今日中にお答え下さいますよう、お願い申し上げます。

3月8日のメール
ーーーーーー
中村庶務課長様

いつもお世話になっております。

了解しました。

詳細はまた伺いますが、

取り急ぎ、以下に対してなら、

すぐにお返事頂ける事と思います。

年度末の繁忙期以前のお話ですし、

だいぶ経っております。

何に対して
・「私個人からの意見を述べることは控えます」
なのですか?

医師に対して、私が中村庶務課長様からの「個人的意見」を強要していたような話をなさったのですか?

面識が無い庶務課長様なので、個人的な意見を求めた事は無いと思いますが。

あくまで、パワハラが有った時に相談する担当として職員に伝えられている担当者である、

「庶務課長様としてのお立場」からのご意見を伺って来たものです。

「今までの回答及び、今後の見解についても変更はなし」

・「適用課職員・相談員へは体調不良により休職していることを説明しています」

という事ですが、

「説明している」という過去の事実関係と今後の見解は、何か関係があるのですか?

文章の意味が分から無いため、私にも分かるように教えて下さい。


中村庶務課長様がクリニックにいらしたときの話ですので、

その後の私と医師との基本的なやり取りに支障が生じます。

私と医師との意思疎通に必要ですので、

3月10日の10時に予約してありますので、

ご多忙とは思いますが、

これだけでも早急にご返答下さい。

西野

分かるように、過去のやり取りから引用をお願いします。



[PR]
by leea_blog | 2017-04-05 21:28 | Comments(0)

ぽえとりー劇場


4月2日は、

詩人の服部剛さんが主催する、

「ぽえとりー劇場」に参加して来た。

西荻窪の奇聞屋というお店で、

ステージとピアノも有った。

ドリンク別オーダーで千円。

これくらいの値段だと、出向きやすい。

二千円以上の会費だと、

興味が有っても、足が遠くなる。


映画を見るより高い費用を取る朗読イベントは、

富裕層でも対象にしていてくれ。





お客が全員参加者、というイベントは、

久しぶりだった。

色々考える事が出来て、有意義だった。


とはいえ、始めのうちは、

自分が読もうと思っていた作品や朗読方法が、

他の参加者さんたちとあまりに毛色が違うので、

心の内で、「しまった。場違いだったか?」とひるんだ。


しかし、そこは、主催者の服部さんとは、

一月に朗読論やイベント論を交換しあっており、

服部さんには信頼感を持っている。

その場の雰囲気をつかむ事に専念してみた。

そもそも、「幻想文学系」なんて、

どこの集まりに行ってもマイノリティーである。

今始まった事ではない。


まれびと冊子「揺蘭」編集人としては、

地道に幻想系の面白さ、奥深さを、

広めて行きたい。


10周年との事だった。

このような場を継続的に提供し続けるのは眼に見えない苦労が有る筈だ。



ところで、抱負などを含めて持ち時間は一人10分。

語りと朗読の味わいが、上手い具合に楽しめる。

自作詩ではなく他の詩人の詩を朗読する方も居て、

それも面白いと思った。


それぞれ自分が面白いと思うお薦め作品を、

コメント付きで持ち寄りあう会を、

頭の中で考えてみた。


ポエトリー劇場では、

色々心に残った朗読も有ったが、

長丁場で段々頭が麻痺しかけて来た私の耳に、

キリスト者さんによる「ゴスペル演歌」が響いた。


神の道を志す人にとっての心情を、

「演歌」で歌うのだ!

驚く程合っていた!


これは、文学を志す者と、

霊感を与える存在の歌とも読み替えられるな。


私は熱心に歌詞を追った。


そのとき私の頭に有ったのは、

「私はものを書く手の奴隷である」という題の、

アラブの吟遊詩人の歌であった。


手が自我の奴隷なのではなく、

自分が、ものを書く手の奴隷なのである。


表現者としての私の立場と心情を、

端的に言い表してくれている。

こうしたものも突然聴けるのが、

生の場の醍醐味であった。






[PR]
by leea_blog | 2017-04-04 12:55 | Comments(0)

明日は「ぽえとりー劇場」参加します!


急な告知ですが、

明日は詩人の服部剛さんが主催する、

「ぽえとりー劇場」に参加します。

場所は東京都、西荻窪、

奇聞屋。

費用は、千円、飲み物別オーダー、という、

気軽に聴ける朗読イベントです。

十周年との事です。


初めての参加なので、

私も、どのような朗読が聴けるのか、

楽しみにしております。


計画段階ですが、

11月には、今までに無い朗読イベントの試みも、

開催出来るかもしれません。


明日の詳細は、以下です!


服部剛さんのFacebookより

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
皆様こんにちは・・・!! 4月2日(日)は「ぽえとりー劇場」でございます。言葉による日々の思いの分かち合いの空間を、参加者のみんなで織り成すオープンマイクです   今回は年度初めということで「今、私が最もやりたいこと」を3分で語ってから、詩を1篇か2篇朗読してください(持ち時間は計7~8分)。詩や短歌からコラムまで、言葉の表現ならOKです   ◎ゲスト◎末森英機さん+鵜飼清さん(パピルスあい編集長)のライブ。末森さんは優れた詩人・唄歌いで、生前の高田渡さんとも親交の深かった貴重な方です。最近出版された「粗末な小舟」という本のことも知らせいただければと思います   ※ 参加費:1000円(要1ドリンク別オーダー)  ※地図:
http://www.kibunya.jp/info.html  ※ エントリーは先着20名(当日枠5名)で定員になり次第ですので、参加希望の方はこのページか、FaceBookのメッセージで、僕にお伝え下さい ※出演詩人※ SatoleSatoruSeno・蛾兆ボルカ・TASKE・三宅章代・西野りーあ・岡部淳太郎・mido・マエキクリコ・萩原哲夫・石川厚志・環つやこ・村野美優・武田椿・筒淵剛史・死紺亭柳竹・・紀ノ川つかさ・メリーアンドリュー・土屋容子・かわがたしょうだい・冨田民人・ ※集まる皆さんの心を結集して、素晴らしい言葉のひと時を、ともにおりなしましょう・・・!! 


ーーーーーーーーーーーーーーーーー




余談

ファーストフード店で珈琲と煙草を補給しながら、

江戸川乱歩の短編集を読んでいたら、

具合が悪くなった。


これに至るまでは、

話は何日か前に遡らねばならないが、

要するに、

散文を書きたい、という意欲が刺激されて、

脳が負荷に耐えられなくなって具合が悪くなったようだ。

とほほ。


散文を書くのは、

頭がフルピッチで土木工事をするのに似ている。



頭は休まずに構想を猛烈に練って行き、

それを文章にする為には、

手が休み無く働かなくてはならない。

人が一時間で打てる文字には限度が有るので、

長い文章を書く時は、

ともかく地道に書いて行くしか無いのだ。


人様の朗読会に参加する前日に体調を崩して、

慌てた私は、

今夜は安静にして明日に備える事にした。




[PR]
by leea_blog | 2017-04-01 18:37 | Comments(9)